ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

プロの対局は、現在行われている竜王戦を初めとして、とても持ち時間が長く、数日にも及ぶことがありますよね。
また、対局中に席を外す人も多いと思います。

そこで疑問なのですが、あくまで制度上の疑問として、以下に挙げるような「カンニング」は可能なのでしょうか?
また、「カンニング」と書きましたが、これは制度上、不正とはされていないのでしょうか?

・対局中に、コンピュータのデータベースを利用して、過去の同一局面などを検索する
・ソフトを使って研究する
・他の棋士等の意見を聞く

もちろん、プライドに賭けてこんなことをする棋士はいないと思いますし、プロレベルであれば自分の頭で考えた方が早いし強いだろうとも思うのですが、あくまでルール上の疑問です。
ソフトはどんどん進化を遂げていきますが、いずれトップ棋士も追い抜かれるのではという人もいます。
そうなると、上にあげた、「ソフトを使う」というのは、可能性として大変な不正となりうるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カンニングというのは人に尋ねたり、参考書を見たりですよね? その相手やプロが満足できる参考書なんてありませんよね(^_-)


やりたいなら自由にできます。しかしやっても無駄なのです。自分の頭脳が一番なのですから・・・。囲碁、将棋はそういうレベルの戦いなのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはわかっていますが、念押ししたとおりあくまで制度上の質問です。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/26 09:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング