ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

釣り初心者です。

真鯛を釣りたいと思い、某大手釣具チェーンで真鯛の仕掛けを物色していたところ、近くにいた店長さんと業者の方の立ち話が耳に入ってきました。

どうやら一つテンヤについての会話だったようで、業者が一つテンヤの仕掛けの納入についてお願いしている様子でしたが、店長さんは困ったような顔をして、
「今年はテンヤは壊滅状態だから、これ以上は止めるつもりなんだよね」
と言っていました。

私自身は一つテンヤは未体験ですが、シンプルな釣りが好きということもあり、有力な選択肢の一つに入っておりました。
そんな折に聞いた言葉だったので妙に引っかかっています。

「テンヤは壊滅」というのが、全然釣れてないということなのか、ブームが去って単に売れてないだけなのか?

皆さんどう思われますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「今年は1つテンヤで釣れていない」という話は聞かないですし、話の流れからして、「今年は関連商品の売れ行きが悪いので、当店は新商品を仕入れるのは見送ります」という意思表示ではないでしょうか?



1つテンヤ釣法は3年くらい前から話題になりましたが、まだ乗合船や仕立て船を出している船宿は少数ですし、他の釣りもののと比べて挑戦できる機会は限られています。ブームの初期に1つテンヤ仕掛けが店頭に並び始めたときは、機会があれば試してみるつもりで買った人が多かったものの、最近はそういう人が減った(興味がある人に行き渡った)ため、店によっては売れ行きも落ちているのかと思います。
また、チェーン展開をしている釣具店は店によって客層が大きく異なるので、支店ごとに品そろえはバラバラなこともあります。私はフグのカットウ釣りをよくやるのですが、地元(埼玉)の上州屋ではフグ関連の品揃えがいまいちでも、都内の店(神田店)では精力的に扱っているので、フグ関連の道具はここで調達することが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一つテンヤはわりと最近広まった釣り方なんですね。知りませんでした。
youtubeなどで見ると竿を大きくしならせた面白い釣りのようですので、近いうち挑戦してみたいと思います。
私の釣りにあった店舗も見つけないといけませんね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/26 19:06

 そのお店の客層の違いでしょう


船釣りする人が少ないから、テンヤが売れない、ということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
確かに店舗によって品揃えや力を入れているアイテムに違いがあるようですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/26 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一つテンヤでベイトリールを使いたい

水深40m前後の海で一つテンヤ釣りをすることになりました。詳しい人に聞くと初心者はテンヤは5、8、10号を用意し8号中心で使うそうです。カブラ型を勧められています。

ただしベイトリールは落ちるのが遅いので使いにくい、スピニングが理想とも言われました。

私はベイト派で手持ちのリールで使えそうなのがRYOGA1016HLとアンタレスDC7LVです。スズキのルアー釣りではアンタレスDC7LVで軽いルアーを不満なく投げているのでイケそうに思えます。どうでしょうか?

一つテンヤでベイトリールを使ったことのある経験者がいましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

T3のメリットはレベルワインドが広いため放出スピードが速いことで、最初の一投目を如何に人より早く先に落とすかを考えるとT3が一番みたいです。タイラバに限らず、テンヤでも、ジギングでも、イイダコでも一緒かと・・・。
これはあくまでもダイワの営業に発売前に聞いた話です。実際に実釣で使うって人が結構買っていたという話からで・・・。

一応、話題性もあって出てすぐにT3のハイギヤは買いましたが・・・、バス用に。
リコールのおまけにステッカー貰いました。

ドラグ性能重視だと、レベルワインドが連動するリョウガになると思います。

タイラバでは、60gのタイラバをアンタレスDC7でPE1.5号で使いまいしたが、根掛かり多発させると最後の方は食い込んでラインの出は悪かったです。
PE0.6号では根がかってもすぐ切れるのでそういった影響はあまり無かったです。
前日にPEにシュッのようなモノを吹いておくとかなり軽減はされると思います。

40m、8号錘なら潮の影響を考えるとPEは0.3~0.6号位が良いと思いますが、たくさん釣れたときにはドラグを出しながらやり取りしても多少は食い込むと思いますのでジリオンPEの方が向いているかもしれん。


すいません、一つテンヤはベイトは経験者ではないです。

スピニングでは少しやらせて貰いましたが、釣ったわけでも無いです。


ダイワから、

一つテンヤ用のAGSガイドのロッドが出てますね、多分。
ひょっとしたら、まだかもしれませんが。

そのテスターの人はリールはモアザンブランジーノのレバーリールを合わせて使ってましたよ。

T3のメリットはレベルワインドが広いため放出スピードが速いことで、最初の一投目を如何に人より早く先に落とすかを考えるとT3が一番みたいです。タイラバに限らず、テンヤでも、ジギングでも、イイダコでも一緒かと・・・。
これはあくまでもダイワの営業に発売前に聞いた話です。実際に実釣で使うって人が結構買っていたという話からで・・・。

一応、話題性もあって出てすぐにT3のハイギヤは買いましたが・・・、バス用に。
リコールのおまけにステッカー貰いました。

ドラグ性能重視だと、レベルワインドが...続きを読む

Q汎用性の高いオフショアロッド&リールは?

東京湾&オフショアで青物&シーバスを釣りたいと考えています。(対象魚毎にロッド&リールを揃えるのがベストなのはわかっていますが…)東京湾で釣れるサイズ(どれくらいですか?)から考えて、より青物&シーバスに適しているロッド&リールはどれでしょうか?具体的な製品名を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後ですがラインは3号。
それらを1タックルで済ませるなら上記のロッドなどが汎用性高いですね。

東京湾ですとメインはイナダ、ワラサ、サワラですが、そう思って細ラインで攻める方が少なくありません。
が、ラインブレイクが多いのをみると、大物もけっこういると感じてます。
(もちろんサワラの歯にやられている例もかなりありますが)
なので私はラインは2.5号か3号を使っています。

リールに関しては、汎用性の点からPE3号が300m巻けるものが基準になると思います(実際には2号とか2.5号を巻くにしても)。
私の先代バイオは6000と8000が同じ重さで糸巻き量の違い(ゆえにスプールに互換性があった)だけでしたが、現行バイオはちょっと帯に短し・・・ですねぇ。
5000XGだとキャスティング用としてはいいかもしれませんが、ジギングである程度の大物を狙うには糸巻き量もハンドルの形状もドラグ力もやや不満ですね。
かといって8000はおっしゃる通りちょっと重いです。
ツインパ6000HGはジャストサイズだと思います。
ダイワのキャタリナ4000Hは私も使ってました(諸事情で手放しましたが)が、リコール対策されたものは非常に良いリールです。

資金に余裕があって長く続けるならツインパ、キャタリナですし、とりあえずということであれば重さを我慢してバイオマスター8000HGですね。あるいは先にも言ったように、ニューツインパを待って旧ツインパを買うか。

悩みは尽きませんね・・・

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後です...続きを読む

Q船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。

船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。
 
水深:20-50m
対象:アイナメ・ヒラメ・ソイ
海底:キツイ根と砂地が混在する
 
竿:ハードロックフィッシュ用7ft(7-28g,10-20lb)
リール:RYOGA1016HL
 
糸:?
リーダー:?
仕掛け:?
  
オカッパリ用でテキサスリグ一式はそろえてあります。ただしオモリは7-21gなので少し軽いかも?と思っています。そもそも船でテキサスリグがいいのかどうかも自信はありません。生きイワシでヒラメを狙う場合は30号のオモリを使用するそうです。
 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

釣り場(茨城方面?)の状況や特性にもよりますが、水深50mくらいになると20gのリグではキツイかもしれません。最近流行の、1.5~2ozくらいのZZヘッド+マナティー(90mm)でワインド釣法で狙うのも手かと思います。とにかく、大ハズレの仕掛けを持ち込むと釣りにならない(下手すると船長に使用を禁止される)ので、乗船する船の船長に事前に確認をとることをお勧めします。

ちなみに、ルアーOKの乗合船(またはルアー専門の乗合船)の場合、私はラインはPE0.6~1号、リーダーはナイロン5号を2m、これに上記のZZヘッドとマナティーの組合せで狙います。ラインシステムをしっかり組んで、ドラグの調整を適正にしておけば、万が一大ヒラメが掛かってもなんとかやり取りできるかと思います。

Qサバは刺し身で食べれるのは、釣ってどのくらいまで?

釣ったばかりのサバをいただきました。
刺し身で食べられるのは、釣ってどのくらいが目安でしょうか?
当然冷蔵庫に冷やしています。

刺し身がだめなら、いい食べ方を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。No.3です。
その後、鯖は如何されましたか?
前回の回答の補足をしたかったのですが、一旦書き込むと
訂正や書き足しなどが出来ない仕様のようですので、
再度投稿させて頂きます。

まず、鯖の生食が敬遠される理由は大きく分けて2点であると
思われます。1.ヒスタミン中毒の可能性がある。
2.アニサキスという寄生虫が居る …以上の2点です。
ヒスタミン中毒とは、鮮度の低下によって赤身魚に含まれるヒスチジン
が、酵素の働きによってヒスタミンとなり、それが飲食により一定量以上
摂取される事によって起こるアレルギー症状に似た食中毒です。

http://www.nihs.go.jp/library/eikenhoukoku/2009/031-038.pdf

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/others/his/index.html

ご覧頂いたように、1998 ~ 2008年(過去11年間)に渡ってヒスタミン中毒
の死者はゼロです。他にもヒスタミン中毒に関する文献を、辛抱強くネット検索
しましたが、この中毒によって死に至ったという内容の記述は、残念ながら
私には発見出来ませんでした。

次にアニサキスです。

http://www.infoaomori.ne.jp/~sekiai/stoma-page/stoma31.html

http://www.kenko-shindan.net/yjchiesearch.php?query=%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B9%E7%97%87

と、確かに怖い病気、というか症状ですが、

http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2006_04/2006_04.htm

に有るとおり、1997年までに日本国内で既に30000例ものアニサキス症の症例が
あることを報告していますが、幸いなことに死亡例は一例もありません。

一時期TVで取り上げられたのは、一昔前ならホタルイカ、最近ではイシガキダイ
などですが、これらはいずれもアニサキス以外の寄生虫です。またネット上で
アニサキスが頭に入って脳を食い破ったなどと騒がれた事もあったようですが、
アニサキス自体が人間の体内で長時間生きられないので、これはドジョウなどに
寄生する顎口虫ではないかと言われているそうです。

ですので、どうしてもご理解頂きたいのは、鯖を食べて死ぬような人は、
ゼロかどうかは判りませんが、極、極、極、稀だと言う事です。
回答者の中には運悪く鯖で死んだ人を多くご存知の方が居られるようですが、
もし生の鯖を食べてたくさんの人が死んだという話を、
鯖を扱っている漁業関係者の方々や、鮮度に自信を持って料理を提供されている
板前さんが聞いたら、きっと悲しい思いをすると思います。そして一体何時どこで
誰にそんな話を聞いたのかという話になると思います。

知り合いの知り合いになりますが、東北大震災で壊滅的被害を受けた漁師さんが
居ます。唯でさえ放射性物質が騒がれている中で、鯖を食べて死ぬ人って
結構居るらしい…などという話がされているのを、私は決してその方々に
聞かせたくはありません。
また関西以西では、町の魚屋さんにも、時期によっては普通に刺身用の鯖が
売られています。私は彼ら魚屋さんが、営利のみを目的に、
食べると死ぬかもしれない魚を、平然と売っているとは到底思えないのです。

話を戻します。
前述のヒスタミン中毒ですが、一旦魚肉内に発生したヒスタミンは
煮ても焼いても凍らせても消滅しません。ですから、ちょっと時間が経ったので
酢で〆て食べようというのは無理な話だそうです。お酢でも塩でもヒスタミンは
消えないそうです。
ですから、しめ鯖を作るにしても、生(刺身)で食べられる状態のものを、
敢えて酢で〆る事が必要です。塩で〆ると、ヒスタミンの原因物資である
ヒスチジンが流れ出て、ヒスタミンが発生しにくくなるのです。
そうやって生で保存するよりも長時間保存できるようにするって事です。
これは塩や酢がヒスタミンを消す事とは全く違いますので注意が必要です。
刺身で食べられなくなったような鯖であれば、昆布〆でも結果は同じです。

http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/report/kekka02/6%281%291%29.pdf

プロの板前さんが躊躇するのは、商売柄「絶対の自信がなければ出せない」
という事だと思います。

http://sakanaitamae.seesaa.net/article/146030658.html

このように自信を持って鯖の刺身を勧める板前さんも居ます。

…色々と書きましたが、結論としては「やっぱり、今回は新鮮なうちに
火を通して食べれば?」って事で。
こんだけ鯖を擁護しといて、結論それかいっ!!
って突っ込みが聞こえそうですが、総合的に考えてみたらやっぱりねぇ。

でも、これだけは信じて下さい。新鮮な鯖の刺身は本当に本当に美味しいんです!
そして、万が一、万が一鯖に当たったとしても、余程の事が無い限り死にません。
どうか今も一生懸命に鯖を獲っている・売っている方々の為にも、それだけは
信じて頂きたいと思う次第です。

こんにちは。No.3です。
その後、鯖は如何されましたか?
前回の回答の補足をしたかったのですが、一旦書き込むと
訂正や書き足しなどが出来ない仕様のようですので、
再度投稿させて頂きます。

まず、鯖の生食が敬遠される理由は大きく分けて2点であると
思われます。1.ヒスタミン中毒の可能性がある。
2.アニサキスという寄生虫が居る …以上の2点です。
ヒスタミン中毒とは、鮮度の低下によって赤身魚に含まれるヒスチジン
が、酵素の働きによってヒスタミンとなり、それが飲食により一定量以上
摂取さ...続きを読む

Q鯛カブラ・鯛ラバ・鯛サビキの違い

鯛の釣り方についてですが、鯛カブラ・鯛ラバ・鯛サビキの違いを教えてください。

Aベストアンサー

鯛カブラと鯛ラバは元々同じもので呼び方が違うだけでしたが、最近はヒトツテンヤが流行でヒトツテンヤと鯛ラバの中間的なものも鯛カブラとか言われてますね。

元々の鯛カブラと鯛ラバはシンカーに直接ハリスなどを結びその先にカラーラバー(ゴム)と針を取り付けたもので仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げるだけのシンプルなもの。
シンカーの色や形も様々出ていますし、ラバーゴムの色を色々と換えてその日のヒットカラーを探るのも楽しみの一つ。
しかしアタリが来ても基本的にはそのまま巻き続ける事が重要で、普通の釣りと違って合わせは向こう合わせでしっかり食い込むのを待つのが肝心です。
いつもついつい合わせてしまうので少し慣れが必要な釣りですが慣れると釣果は一気に上がります。

鯛サビキは鯛用のサビキ
仕掛けは10mを超えるモノも多くエダスは1~1.5mでエダスの間隔は1.5~2m空けるのが一般的です。
こちらも仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げて来る釣り方になります。
鯛カブラなどより簡単ですが仕掛けが長いので取り扱いにはちょっと熟練が必要です。

鯛カブラとして売られていることもあるヒトツテンヤは軽めのシンカー(2~10号位)に直接針が付けられている仕掛け、孫針が付いている物も多い。
こちらは針にエビやワームを付けて海底までひらひらと落とし底に着いたら糸ふけを取って少し竿でしゃくり上げ再び底へ落としてしゃくり上げる。と言う様な動作を繰り返す釣り。

いずれの釣り方も仕掛けを落としているときにヒットすることが多いのでフリーフォールさせるより若干テンションかけて落とした方がアタリはとりやすいです。

鯛カブラと鯛ラバは元々同じもので呼び方が違うだけでしたが、最近はヒトツテンヤが流行でヒトツテンヤと鯛ラバの中間的なものも鯛カブラとか言われてますね。

元々の鯛カブラと鯛ラバはシンカーに直接ハリスなどを結びその先にカラーラバー(ゴム)と針を取り付けたもので仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げるだけのシンプルなもの。
シンカーの色や形も様々出ていますし、ラバーゴムの色を色々と換えてその日のヒットカラーを探るのも楽しみの一つ。
しかしアタリが来ても基本的にはそのまま巻き続ける...続きを読む

Q電動リールを車のバッテリーに繋いで大丈夫?

先日初めて電動リールとPE4号のラインを買いました。本来は専用バッテリーを買っておけば一番良いのでしょうが、遊漁船に電源があるので最初の糸巻きだけを自宅でしておきたいのです。
12Vのバッテリーなら車か50CCバイクに繋いでやりたいのですが大丈夫でしょうか?どなたか経験者がいらっしゃれば注意点など教えて下さい。

Aベストアンサー

なんら問題ないでしょう。
注意点としては、エンジンをかけながら使用すると、13V程度になると思われます。これって、リールにはどうなんでしょうか??
エンジンを止めて使用した方が良いのでは、と思います。
初めの糸巻き程度では、バッテリー上がりは問題ないでしょう。
どんなリールかわかりませんが、超大型以外なら大丈夫でしょう。

ところで、お車は12Vですよね。
24V車はバッテリーをはずして、バッテリー1個で使用してください。

Qアオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

最近、関西(和歌山)でアオリイカ釣り(エギ)を始めた初心者です。
大きさにこだわらなければ年中釣れると聞きましたが、アオリイカの本シーズンとはそもそもいつ頃なのでしょうか?
大きなサイズが良く釣れる時期を教えて下さい。
また、アオリイカ釣りで初心者に何かアドバイス等有りましたら、合わせてお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9月中旬~10月初旬)になると重量100~300g位に成長し、エギも襲うようになるので秋の小イカシーズンが開幕します。まだスレてない子供相手、しかもまだ体が小さくて危険な沖には出られないのでほとんどのイカが岸よりに固まって群れているという条件が重なり小さいエギを使えば簡単に数釣りできます。秋が数釣りシーズンと言われる所以です。

秋が深まると共にイカはどんどん大きくなり、晩秋(10月~11月)には300~500gまで成長、早生まれでかつ成長の早い固体の中は早くも1kgを越す固体も出てきます。しかし、イカ釣りが人気の地域では朝に夜にエギが投げ込まれるのでイカはエギに対して警戒心を持つようになってきます。また、イカ自体も大きくなって遊泳力が増し、外敵に襲われにくくなると、もっと沢山の餌を求めて行動範囲を広げていきますので岸よりから離れることも多くなります。群れ自体もバラけはじめてしまうので釣れるサイズがよくなる反面、段々数が釣れなくなって来ます。

やがて冬がやってくると安定した水温と餌を求めてほとんどのイカは沖の深場に落ちてしまいます。岸からの釣りは一旦シーズンオフです。でも全く岸に寄らないわけではなく、捕食回遊で浅場にも回って来るときがあります。このタイミングを掴んでいるベテランは冬でも釣果を出します。

やがて厳しい冬を越して春が来ると、沖の深場で平均して1kg前後、大きい固体は2~3kgまで立派に成長したイカは産卵のために再び浅場を目指します。これが所謂春イカ、大物狙いのシーズンです。でも春イカといっても私が住む関東では群れが岸よりまで十分に寄るのはゴールデンウィーク以降~6月がピークですから春イカと言われてもちょっと違和感がありますよね。一説には岸よりの水温が18℃以上が目安のようです。

彼らは産卵を控えているので積極的に餌を取りますが、十分に成長しているので大きな群れを作らず単独行動も多い。また、岸よりの環境(水温、濁り、塩分濃度、餌の量など)が気に入らないとすぐ元いた深場に戻ってしまうので余程好条件が重ならない限り数は釣れません。一発大物狙いのシーズンと言われる所以です。最終的には多くの固体がつがいになって産卵行動に入りますが、こうなるとエサには見向きもしなくなり、そのまま産卵が済めば力尽きて死んでしまいます。そして生まれた卵は1ヶ月程度で孵化し・・・と最初に戻ります。

ちなみに夏は親イカは死んでしまっていて、子イカはまだ卵なので基本シーズンオフです。
でも必ずしも全てのイカがこのパターンで行動している訳ではなく、季節ボケ?しているのか極端な早生まれなのか?遅生まれなのか?夏でも釣れるイカはいます。数は少ないですが。
また、これは私が住む関東地方のモデルケースであって、地域によってズレはあります。
イカに限らず、釣りをするなら相手の生態を知るのが近道ですよ。

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9...続きを読む

Q根魚ようのサバ餌の作り方

他の釣りの外道でサバに邪魔されてしまいません?
そこでそのサバを活用できないかと思って、
よく根魚(カサゴ)を狙う時に使うサバの切り身の餌を自分で作ってみようかと思うですが、どこ検索しても作り方が見つかりません。
あれって塩に漬けてるだけな感じがするんですが、
実際の作り方わかる方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

回答1がその通りです。生であれば問題ありません。簡単です、針に縫い刺しして使えばOKです。
ストックするなら冷凍するので解凍すると青物は身が弱くなってしまいます。そこで冷凍前に一昼夜、かなり強めの塩で絞めるというより水分を抜く気持ちで…(塩じゃなく脱水シートでも出来ますがお値段が高いです)後は使いやすい様くっつかないように冷凍すれば根魚はもちろん他にも使えますよ。サバ以外にサンマなどでも出来ますね。(ちなみに失敗したらグズグズのくずれた餌を撒き餌に使えます。オキアミより効くかもです)

Qカサゴ釣りに一番適したエサ持ちの良いエサは?

先日、堤防で胴突きの仕掛けでカサゴを沢山釣りました。
その時のエサは、オキアミ(LL)を解凍した物で、
値段も安くて良いのですが、その反面身が柔らかく、
一度でもエサ取りにつつかれると、エサが無くなってしまい、その度に
エサを付けるのがとても面倒でもあり、効率も悪いです。
カサゴ釣りに適したエサ持ちが良くて安価なエサをご存じであれば教えて下さい。

ちなみに、マルキューのパワーイソメも試してみましたが、やはり本物のエサ
程反応は良くなかったです。
私としては、イカの身を細く小さく切って使うと良いのでは?と思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

活性が高いと初心者でもルアーで沢山釣れますが、餌つりでの釣りが主体のようですね。
カサゴを数釣りたいのであれば活エビが定番です。
餌持ちのいいのは虫餌や魚の切り身かな。
保存が簡単で餌持ちがよいとなると鯖か秋刀魚の切り身でしょうか。
他の生餌でもいけると思いますが、皮が強いというのが肝です。
しかしいくらなんでもカワハギの切り身はだめでしょうね。笑

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む


人気Q&Aランキング