ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

読書好きの20代女性です。
本はよく読むのですが、好きなジャンルがミステリーに偏っているので、もっと視野を広げよう!と最近時代小説にチャレンジしているのですが、どうも時代小説を楽しめません。

時代小説独特の、昔の言い回しとか読みにくい名前に苦戦しています。
そして最も厄介なのは、その場の情景がまったくイメージできないことです。

例えば…「○○門の下馬所の前」「白書院の帝鑑の間からさらに奥」「奉行や大目付などが詰める芙蓉の間」など、特に城内の描写がまったくイメージできません。
テレビでやっている時代劇や大河も苦手なため見ないので、そのような光景が頭に浮かんできません。
時代小説が好きな方は、その場の情景をうまくイメージしながら読んでいるのでしょうか??
やはり時代小説は、時代劇などが好きな方が読むものでしょうか…。

ちなみに、日本史自体は好きなんです(^_^;)学生時代は日本史の成績だけすこぶる良かったです。でも、時代モノのドラマや時代小説が苦手という変わり者です…。

ちなみに、今読んでいるのは沖方丁の「天地明察」です。まだ数ページですが、苦手意識が先行して、早くも挫折しそうです…

時代小説をよく読む方、時代小説の魅力や、読むにあたってのアドバイスなどがあれば、是非教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。



私などが偉そうなことを言うようですが。
小説の中で、風景などの描写は、登場人物の心情を投影したり、暗示したりする「小道具」のような役割が大きいですから。
それ以外の描写は、あまり気にせず飛ばしてしまってもよいと思います。
作家さんから見ても、恐らくオマケというか、通な読者へのサービスみたいなものでしょうから。

それより、「人」を読むのが一番大事です。
登場人物が、質問者さまにとって、魅力的に思えないのでしたら、それは、その作家さんとの相性が合わないだけだったりしますから。
他の作家さんの作品を読んでみてはどうでしょうか。

また、最近はコンビニで、さいとう・たかを氏が作画をした「鬼平犯科帳」の漫画が売っていまして。
それに描かれている江戸の町並みなどは、感動するくらい綺麗ですから。
それで一度、目を慣らしてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
「人」を読む…!なるほど、確かに風景よりも登場人物の心情の方が重要ですよね。
そのアドバイスを参考に、情景はあまり気にせず人物の心情を捉えながら読んだら、すごく分かりやすかったです。いいアドバイスをありがとうございます(^^)

お礼日時:2010/11/30 19:20

>昔の言い回しとか読みにくい名前に苦戦しています。


これは、なれだけだと思いますけど。
たとえば、
主水・・・もんど
主税・・・ちから
読めないですよねぇ。
下のサイトとかで調べてみるとかどうでしょう。
http://kotobank.jp/word/%E4%B8%BB%E7%A8%8E
由来とかが分かるものもあるので、かえって面白いかもしれません。

>その場の情景がまったくイメージできないことです。
映画やTVを見ると大分とちがうのですけど、
実物を見てみると少しはわかるかも。

「○○門の下馬所の前」
江戸城大手門の前に今でも、下馬札が立っているのかどうかは知りませんけど
「下乗」と書かれた高札(看板の親戚。棒が地面に垂直に立っていて棒の上のほうに
長方形または小さい屋根をつけた上に角のある五角形の板をつけているもの)
がかかっているかどうかはわかりませんけど、これ自体はあちこちで見ることができます。
城でもよく見れますし、寺社でも見かけます。

「奉行や大目付などが詰める芙蓉の間」
どこの城のことかは知りませんけど、本陣や脇本陣の広間を見ると類推できるかと。
一段高いところに殿様が座る場所があって、ふすまを開けると複数の部屋が一直線に
見渡せるようになって・・・といった感じ。

## 情景をイメージするのは苦にならないほうなので
## そちらに関するアドバイスはできないですが。
## 私はSFやファンタジーをよく読むので、情景をイメージできないと
## もっとつらかったりする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
詳しい説明ありがとうございます。
>情景をイメージするのは苦にならないほうなので
うらやましいです~私にもそういうイメージする力があればと思います(笑)

お礼日時:2010/12/05 22:54

江戸時代ものに限ると江戸開府四百年を機に江戸時代検定ほか江戸時代の諸相を知るための本が刊行、復刊されているのでそういうもののうち写真、イラストレーションの豊富な本に目を通すといいでしょう。



江戸城については深井雅海著『江戸城』中公新書が手頃な一冊。同著者には『図解江戸城をよむ』原書房もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やはり関連する写真などを見たほうがイメージしやすいのですね。
実はお城にちょっと興味があるので、そういう関連の本を見てみます!

お礼日時:2010/12/05 22:50

30代男です。


戦国時代の実在武将を題材とした小説をメインに読んでいます。
武将達の知力を尽くした駆け引きと、戦のシーンの勇敢さ、そして男気や潔さに魅力を感じています。

時代が違ったり、ファンタジー性の強い物、実在の人物が題材になっていない作品は読まないので一概には言えないのですが、仰る通り、言い回しが独特であったり、場面の情景がイメージし辛かったりで、慣れなければ辛いでしょうね。

まず独特の言い回しですが、これは作家によっても随分と難易度が違います。
司馬遼太郎なら、人のセリフは時代掛かった言い回しが多いですが、ナレーションや解説的な部分は非常に読み易くなっています。
山岡荘八は、ナレーションだけでなく登場人物のセリフも、かなり現代的な感じになっています。
吉川栄治になると、セリフはもちろんナレーションや説明的な部分も強烈に独特なので、この手のジャンルが好きな者でも難易度は高いです。
よって、購入される前に図書館なり立ち読みなどで、シックリ来る作家の本から入られた方が良いかと思います。

次に場面背景のイメージですが、この手の小説を読みかけた頃は、イメージできないシーンが多くありましたが、そういう所は何となく内容を理解するだけに留め、イメージできる所はイメージして読んでました。
そのうち、テレビで大河ドラマなんかを見るようになり具体的なイメージができるようになりました。
ですから、イメージできないシーンは無理にイメージしなくても良いと思いますよ。
逆にどうしてもイメージが欲しければ、作品や題材人物によっては映画化やドラマ化されていてますから、先にそちらを見られてから、小説を読むのも手かと思います。

さらに戦国物ですと、(他の時代でも?)、登場人物が非常に多く歴史的背景も複雑ですので、事前の知識がないと読んでるうちに訳が分からなくなるという問題もあるようです。
(例えば、織田信長の妹“お市”と、その娘の“茶々”を混同して意味不明に陥るとか)
これも最初の言い回しと同じで、作家によって随分と差がありますね。
吉川栄治は、読み始める時点で最低限の知識がある事を前提としているよいうな感じで、あまり解説してくれないので難易度は高いです。
司馬遼太郎は、文中で歴史的背景や人物像を解説してくれる部分が多いので、それなりに読み易いです。
山岡荘八になると、作者の思いにより歴史的重大性と文的ボリュームが違う(例えば有名な合戦が数ページで終わったかと思うと、それより小規模な小競り合い多くのページと使っていたり)や、とかく主要登場人物ばかりをクローズアップする傾向にあるので、読んでいるうちに訳が分からなくなり勝ちです。
これも事前に調べてシックリ来る作品から入るのが良いかと思います。

って、読まれているのが 沖方丁の「天地明察」なら(分からないのでネットで調べたんですが)、同じ歴史物の小説でも感じが全然ちがうので参考になりませんよね。
ただ、読む為に興味を持つのではなく、興味を持ったから読むというスタンス方が良いんじゃないでしょうか。
例えば、私の入り口はテレビゲームでした。友達から「信長の野望」というゲームを借りたのが切っ掛けで、そこから個別の武将に興味を持ち、本を読むようになった感じです。

ちなみに私、小学校の時は、日本史は不得意でした。中学の頃から戦国物を読むようになりましたが、成績は中位でしたね……。日本史では各時代を幅広く勉強しますが、個別の時代のマニアックな知識は殆どやくに立ちませんから(苦笑)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
お~、回答を読んで、回答者さんは時代小説が好きなんだなと感じました(^^)
私も戦国武将好きです。天地明察はそれより後の時代の話だったので、今度は戦国物を読んでみたいと思います!いろいろ参考になりました☆

お礼日時:2010/12/05 22:45

個人的な意見ですが、歴史物と時代物は別のような気がします


歴史物=実在の人物を主人公にして、ある程度史実にそっている
時代物=実在しない人物が主人公、実在しても史実にとらわれない
例=歴史物は竜馬がゆく等、時代物は鬼平犯科帳等

日本史が好きなら歴史物を読んだ方がいいのかもしれませんね
ちなみに私は池波正太郎さんを全て読んでるくらい時代物が
好きですが、私も情景はもやっとしかイメージできていません

「○○門の下馬所の前」=城の門前
「奉行や大目付などが詰める芙蓉の間」=そういう広間があるんだな
「白書院の帝鑑の間からさらに奥」=これは将軍と大名の謁見の間
のようなものだった気がするので、説明がないとわからないでしょう
この程度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
言われてみれば、歴史物と時代物って別物なんですね~
確かに日本史好きの私なら歴史物の方が向いているのかもしれません。
今度、歴史物の小説を読んでみます!

お礼日時:2010/12/05 22:39

沖方丁の「天地明察」は比較的よみやすい方ですが、挫折しそうですかー。


「私は」時代小説を「ファンタジー」として読んでいるのではないかと最近思います。「よくできた」異世界であるできごとかのように読んでいるかなと(笑)。
時代小説でも、あまり身分の高い人たちや、かけはなれたものよりは、身近なものをテーマにしたものが、入りやすいのではないでしょうか?読みなれていくと、用語なども気にならなくなってくると思いますよ。
いちおしは「みをつくし料理帖」(高田郁・角川春樹事務所ハルキ文庫)情景というよりは、料理が思い浮かべられれば勝ちです。とってもおいしそう……。
あとは読みやすさでいくと、「しゃばけ」シリーズ(畠中恵・新潮文庫)がかなり読みやすいかと思います。
時代もののミステリもいくつかあるのですが、どれも読みやすさでいくとちょっとまだ難しいかもしれません。
最後に、思いきって子ども向けはいかがでしょうか。
「浪華疾風伝あかね」(築山桂・ポプラ文庫ピュアフル)や「忍剣花百姫伝」(越水利江子・ポプラ社Dreamスマッシュ!)など。特に後者は注釈が細かく付いていて、イラストもあるので思い浮かべやすいかと思います。いずれも大人が読んでも楽しめるストーリーでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
オススメを教えてくださって感謝です(^^)しゃばけシリーズは読みやすいと評判ですよね。
実は、このお礼を書くちょっと前に「天地明察」を読むのを諦めてしまいました;
やはり私は時代小説が苦手です(^_^;)でも機会があれば、今度はしゃばけ読んでみたいです!

お礼日時:2010/12/05 22:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおやじはなぜ歴史(時代)小説がすき?

電車の中とかで50~60代の男性が歴史小説よんでる姿をよく見かけます。
なぜおじさんは歴史小説好きなんでしょうねー。
私はいま30代ですが歳をとっても好きになるとは思えません。

Aベストアンサー

読んで見ると面白いですよ。テレビゲームの「信長の野望」や「三国志」の基本情報の収集用にと関連した小説を読んだのをきっかけに歴史小説を読み始める人、ジャニーズが好きでNHKの大河ドラマを見始めて、歴史小説に目覚めた人など若い世代でも意外なきっかけから歴史小説にはまる人がいるようです。
あなたもただの食わず嫌いかもしれません。意外と好きになるかも。
歴史小説にもいろいろあります。伝記ではないので史実にもとづいてはいますが作者の想像や創作も入りますし、どのような視点で人物を描くかでも作品は大きく変わります。たとえば信長にしても昨年売れた 信長の棺 や 覇王の道 などは今までとは一味違った信長像を描いています。信長も尾張出身なのだから「~だぎゃ」としゃべらせてみたり、日本どころか世界征服の構想を披露したり。単に歴史の事実を追うのでなく戦の勝敗について組織論的に分析したり、経済学や文化人類学、民俗学、宗教学などもからませて考察したりと筆者の個性が出て楽しませてくれます。
今のマンガの方がよっぽど商業的でワンパターンなモノマネが蔓延していてしらけてしまいます。
おじさんが歴史小説好きなのは今も昔も変わりませんが、歴史小説自体は大きく変化してきているのを理解しておいてください。
さて、おじさんが歴史小説好きな一般的な理由。
1)登場人物になじみがあり、大まかなストーリーも分かっているため、期待はずれがない。読んで損したというリスクが少ないから。
2)歴史通であることを人にひけらかしたいのでその情報源として。また取引先などのお客との共通の話題の収集元として。一般常識の蓄積のため。
3)あまり頭を使わなくても読めるので。マンガはさすがに人前では恥ずかしいし、週刊誌や新聞も結構かさばるし毎日買ったのではお金もかかる。文庫本はコンパクトでカバンの中でも邪魔にならない。中古で買えば安く済む。
4)推理小説やSF、ファンタジーなどは非現実的な絵空事でウソが見えてしまうと興ざめして物語にのめりこめない。
こんなとこでしょうか。

読んで見ると面白いですよ。テレビゲームの「信長の野望」や「三国志」の基本情報の収集用にと関連した小説を読んだのをきっかけに歴史小説を読み始める人、ジャニーズが好きでNHKの大河ドラマを見始めて、歴史小説に目覚めた人など若い世代でも意外なきっかけから歴史小説にはまる人がいるようです。
あなたもただの食わず嫌いかもしれません。意外と好きになるかも。
歴史小説にもいろいろあります。伝記ではないので史実にもとづいてはいますが作者の想像や創作も入りますし、どのような視点で人物を描く...続きを読む

Q自宅以外で読書する快適場所はないですか?

自宅でも読書をしているのですが、
インターネットを開いてしまうと中々読書する時間がなくなります。
それで、外に出て環境を変えて車の中とかで読書するようになりました。
だけど、快適とはいえません。
何か良い読書空間はないでしょうか?
ヘミングウェイみたいに一ホテルに長期滞在して作品作りできたらいいなぁとか。
羨ましく思っています。
2週間ほど会社を休んでローカル列車に乗って旅をしながら、
買って読めないでいる本をたらふく読んでみたいです。
あと、こちらは田舎です。都会ではありません。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どこかキレイな川の支流のザラ瀬。
木陰なら、なおよし。

その上にコット(キャンプ用の簡易ベッド)かディレクターズチェアを置いて、足先を水に浸けて読書。
傍らにはビール満載のクーラーBOX。
「風の博物誌」とかの自然の本がいいかな

至福の時間ですよ~。

あとは高い場所に立ってる灯台とか。

逆に雨の降る日にテントの中に篭ってるのも意外といいですよ?
なんか狭い所で安心できるんですね。
シトシトと雨が降って、時々バババと木の枝から落ちた水滴がテントを叩く音…

んーー、どうしても野外になってしまう。

ローカル列車っていいですね!
寝てしまいそうですがw
じゃ、無人駅の待合室とかいいですね。
できれば木造建築で。

いーなー2週間、読書って。

Q超初心者向けの歴史小説、または時代小説を探しています

自分は、読書量は少ないですが読書趣味を自称している者です。
しかし、タイトルに挙げたジャンルは未だまるで読んだことがありません。
なので、すいませんが、初心者向けに一押しをお願いします。
国内物で、シリーズ物ではなく、上下巻でもなく、1冊完結で願います。
ネットで調べても、シリーズ物が人気があり、そうでない無難なものはあまり知られていないものがほとんどで困っているのです。
もちろん1冊目で一応の完結がなされていれば、それでもかまいません。

Aベストアンサー

シリーズ物や上下巻ではないということで、

柴田錬三郎『御家人斬九郎』
山本周五郎『赤ひげ診療譚』『さぶ』
池波正太郎『幕末新選組』『幕末遊撃隊』
山本兼一『火天の城』
飯嶋和一『神無き月十番目の夜』
風野真知雄『水の城』『われ、謙信なりせば』

Q初心者にお勧めの時代小説を教えて下さい

これだけは面白いから読んでおいた方がいい
って感じのをお願いします。

Aベストアンサー

読者の好みによって、面白いと思う要素も異なるのでこれ!と断定はできませんが、こんなのはいかがでしょう。

・「剣客商売」池波正太郎
言わずと知れた…という感じの王道、名前の通りの剣客シリーズものです。
文体は軽めであっさり。

・「初ものがたり」宮部みゆき
「模倣犯」や「理由」の映画化で有名になった作者ですが、江戸ものも書かれます。初ものがたりは短編集で、それぞれに江戸の「初もの」を題材に岡引の事件を追っていきます。かつおのたたき、白魚などなど。思わず和食が食べたくなります。

・「壬生義士伝」浅田次郎
こちらは時代変わって新撰組もの。新撰組といっても、有名な土方、沖田などは脇役で、「守銭奴」と言われ、隊内でも鼻つまみ者だった男が主人公。
これはクセが強くて好き嫌いが分かれると思いますが、浅田氏に男っぷりを描かせたら絶品です。

本当は浅田次郎氏の「天切り松闇がたり」というシリーズ(戦後・戦前あたりの義賊一家の物語です)をオススメしようかと思ったのですが、これを「時代小説」というべきか疑問だったので外しました。ひそかに、「天切り松…」が一番オススメなので、気が向いたら手にとってみてください。「闇の花道」というタイトルで、集英社から出ています。

読者の好みによって、面白いと思う要素も異なるのでこれ!と断定はできませんが、こんなのはいかがでしょう。

・「剣客商売」池波正太郎
言わずと知れた…という感じの王道、名前の通りの剣客シリーズものです。
文体は軽めであっさり。

・「初ものがたり」宮部みゆき
「模倣犯」や「理由」の映画化で有名になった作者ですが、江戸ものも書かれます。初ものがたりは短編集で、それぞれに江戸の「初もの」を題材に岡引の事件を追っていきます。かつおのたたき、白魚などなど。思わず和食が食べたくなります...続きを読む

Q一冊の本を読む時間について、

通常、約300ページくらいの本を何時間くらいで読んでおられるでしょうか。私は、約12時間くらい、かかっているのですが、遅いでしょうか。ある本に、約3時間と書いてありました。そんなに早く読んで、内容を理解できるものなのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっと気になる場面だけ読んで,改めて最初からじっくり読んだりもしますね。やはり,皆様が仰るように,本の内容と本への取り組み方で時間のかかり具合は違うようです。また,1つの本を読んでいるとき,以前に読んだ関連性のある本の内容を即座に思い出せるかどうかでも,理解力や読書時間はかなり変わってくるのではないでしょうか。
ちなみに,私が最近はまっているジャンルの本はドラマCDが出ており,読むときには頭の中で好きな声優さんをキャスティングして声を再生(?)しているので,結構,時間がかかるときもあります。これも一種の楽しみ方かしら(笑)

内容によっては1時間くらいで読んでしまうものもありますが,平均するとやはり3時間くらいでしょうか。
関連性のある本をすでに読んでいる場合などは,語句の意味を改めて咀嚼しないでよいので早く読めます。というか,斜め読みって感じですね。
反して普段読まないようなジャンルでは,出てくる語句の意味を別の本で調べながら読んだり,前へ戻ったりとするので,10時間とか軽くかかっちゃうこともあります。
ミステリーなどは逆に早く結末が知りたくて一気に読んでしまったり,恋愛ものでは最初にさらっ...続きを読む

Q苦手な作家がいたら教えてください

タイトルどおりなんですが、苦手な作家(小説)さんがいたら教えてください。決して作家さんを中傷するわけではありません。
好きな作家さんはよく聞きますが、苦手な(または嫌い)作家さんって聞かないなあ、という単純な好奇心からです。
理由付で教えてくださると嬉しいです。

ちなみに私は内田春菊さんです。作風が私の感性とあわなかったみたいで…。

Aベストアンサー

金原ひとみさんの作品は、おじさんには向かないでしょう。

Qいわゆる江戸時代の娼婦はどうやって避妊してたんでしょうか

コンドームのない時代にどうやってたのかな?
とよく思うんです。

事のあとで洗浄するとか、外出しですか?
(あの時代にはピンと来ない方法ですが…)
それとも妊娠の都度、堕胎したんでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなものと、女性用として御簾紙という薄い髪を丸めたタンポンのようなものとがあったそうです。いずれも紙製の頼りないもので避妊率は極めて低い、ほんの気持ち程度のものでしかなかったようです。
それでも妊娠すると堕胎する場合がほとんどだったそうで、場合によっては遣り手(遊女を取り仕切る年寄り女…「遣り手ババア」は吉原のこの役職の女性が語源)に強引に堕胎させられていたとか。当然ダメージを負った女性の中には性病や容姿の悪さなどで追いやられた遊女達と一緒に羅生門河岸という最下級の場所に送られたとか。

…というと江戸時代=昔=封建社会という背景も助長して「女性がとても虐げられている」というイメージが強いですが、実は江戸市中でも最も女性が強かった地域でもあるのです。特に花魁ともなると容姿はもちろん最高級の教育を受けた教養の高い女性であり、「源氏物語は、全部読んでありんす」というスーパーウーマンであり、それぞれの廓屋の看板であり、身分の高い武家階級や大金持ちの大店の主人を相手にするにふさわしい女性であったのです。
廓屋が大枚を叩いて徹底的な教育を仕込む所なんざ映画「プリティ・ウーマン」を思い起こさせますが、あの程度の金の掛け方では花魁の簪ひとつ分くらいじゃない?というくらい破格のものでした。今風に言えば伊東美咲に叶姉妹やマリエやデヴィ夫人や西川先生の持っているそれぞれ10倍くらいのものを与えちゃった、って感じです。
おまけにこれだけのスーパーウーマンだから、誰でも床入りできるような「安い女じゃない」のです。なんと花魁が気に入らなかったら床入りを拒否出来ちゃったんです。「いっくら金積んだって、あちきはあんたみたいな下衆とは、お断りでありんす」だったんですな。それだけに花魁目的で廓屋に通う男達は身だしなみに気を使いセンス良く知的におしゃれして花魁に気に入られようと必死だったのです。事実一生処女のまま生涯を閉じた花魁もいたのです。

それなりに格のある身分の遊女はおいそれと抱く事はできなかった、というわけですが…今の時代もそうですね。銀座の高級クラブはもちろん六本木の超有名キャバクラ嬢だって、気に入らなきゃ「おめえとなんか寝ないよ、バーカ」です。故杉浦日向子さんは「江戸時代の江戸市中は女性主導の社会だった」と指摘している通り、実は花のお江戸は女性によって成り立っていたようです。それが男尊女卑に一変したのは明治維新以後…長州と薩摩の習慣が入ってきたせいかなぁ、と個人的には考えています。
もちろん廓屋という特異な世界では劇になるような悲惨な面もありますが、実は現代とさほど変わらない面もたくさんあるんですね。

吉原細見というHP(http://yosiwarasaiken.net/)に「遊女と避妊(http://yosiwarasaiken.net/moyou/hinin.html)」というサイトページがあります。それによりますと…

遊女(吉原の花魁などの幕府公認遊興場の売春婦=女郎;深川・辰巳などの岡場所の売春婦は売女と言った)の世界では妊娠は恥とされていた。当時は絶頂を迎えると妊娠しやすいと言われていたため「男に負けた」的な捉え方をしていたようです。
避妊の方法は「洗浄」「薬」「灸」それに「道具」。道具は男性用として大人のおもちゃのようなもの...続きを読む

Q女性におすすめの時代小説を教えてください

宮部みゆきさんや畠山恵さんの時代小説、憑神を読み、とても面白かったので、もっと時代小説を読んでみたいと思っています。
女性におすすめの読みやすい時代小説を教えてください。

<好きな傾向>
○江戸時代(江戸時代以外でもOKです)
○町人のお話(町人以外でもOKです)
○ほのぼのするお話が好き
○妖怪や神さまの話も好き
○美男・美女・かわいい子が出てくる小説大歓迎
○妖しいお話も好き

<嫌いな傾向>
×戦闘ものには燃えません
×TVの大河ドラマや水戸黄門にはあまり興味がありません

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も暗いものや武将ものは好みませんので、多分趣味は同じですね。

宇江佐真理の「髪結い伊三次シリーズ」とか

北原亞以子の「慶二郎縁側日記」「深川澪通り木戸番小屋」とか

定番ですが藤沢周平の後期の作品
(前期のものは暗いものが多いです)
用心棒日月抄 花のあと etc 

白石一郎 十時半睡事件禄

澤田ふじ子 閻魔寺シリーズ? 借りたので手元にありません

諸田玲子 お鳥見女房シリーズ

佐藤雅美(この人は男性) 居眠り紋蔵シリーズ

もちろん皆さんお勧めの御宿かわせみは、背景が明治時代になっても雑誌で続いてますから、当分楽しめますよ。
概して女性作家の方が切った張ったが少なくて、安心して読めるようです。

Q時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

「宮部みゆき」さんなどの本も現代物しか読んだことがありません。

「山本一力」さんなどは、そこそこ読んでおります。

はば広く、教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体は非常に読みやすく、かつ現代的で、推理小説としても超一級ですが、普通の小説としても十分に楽しめます。


東郷隆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E9%9A%86

守備範囲が広いことが仇になって時代小説では中堅どころの扱いをされることが多いですが、昭和以降の時代小説作家の中では、もっとも江戸時代の空気を再現することに成功している作家の一人だと思います。ぜひ一度試してください。

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体...続きを読む

Q読みやすい時代小説を教えてください

読書家じゃないくせに、時代小説が読んでみたくなりました。

育児の合間に読むので、あまり複雑なのや、どろどろしたのは避けたいです。
ホラーも苦手です。

時代小説でもいいですし、
タイムスリップで江戸時代に行ってしまう、、、というようなのもいいです。

戦争とか抜きで、恋愛モノやほのぼのした作品が読みたいのですが、
そんなのあるんでしょうか。。。

おすすめがあれば、教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「春秋の檻―獄医立花登手控え」 (講談社文庫)藤沢周平

出版社/著者からの内容紹介
島送りになる若者の頼み事。無実を訴える男の正体。御家人毒殺未遂の真相。恋人を刺した女囚の愛憎。さまざまな暗い人間模様が江戸小伝馬町の牢屋に持ちこまれる。小さな罪の背後にうごめく大きな悪。心優しい青年獄医立花登が市井の人情も細やかに、柔術の妙技と推理の冴えを見せて事件を解く時代連作集。

「橋ものがたり」 藤沢周平(新潮文庫)
 
「驟り雨」 藤沢周平 (新潮文庫)
 
内容(「BOOK」データベースより)
抗いきれない運命に翻弄されながらも懸命に生きる市井の人々―。その哀歓を確かな視点で捉え、陰翳深く彫り上げた珠玉の十編。江戸情緒が色濃く漂う、円熟した筆の味わい。

どちらも短編集なので家事の間に読むのにいいと思います。

「みおつくし料理帖」は今私も読んでますがおもしろいですよ。
ちょっと少女漫画みたいな感じですが。


人気Q&Aランキング