出産前後の痔にはご注意!

SMARTの生の値において
「代替処理済のセクタ数」が000000000C84(10進で3204)という
非常に高い数値を示しているHDDがあるのですが、
その一方で、「代替処理保留中のセクタ数」や「回復不可能セクタ数」は0で、
chkdskの「不良セクター」は0KBという状態です。

HDDはIODATAの3.5インチ内蔵HDI-SA1.5TH7です(どうやらSeagate製のようです)


いまのところアクセスが遅いとか異音があるとかの不具合が全く見られないのですが、
故障の前兆でしょうか?
あるいは、ただ誤った値が記録されているだけであれば、
SMART値を手動修正できないでしょうか?(Windows7の「ハードディスクの問題が検出されました」メッセージ回避のため)


PS
また、このようなSMART値の異常のみで、
読み書き異常も異音も「いまのところは」出ていないハードディスクを
IO-DATAに修理に出した場合、対応してもらえるでしょうか。(経験者の方)
たまたま保証期間が切れる5日くらい前なので気になっています。

「ハードディスクのSMART値について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Smart情報はハードディスク内部処理です。

読み取り専用で書き換えることはできません。
大丈夫な場合もあるようですが、代替処理がしきい値どころか最悪値77を超えているわけですし、いわくつきの品番なのでメーカーIO-DATAに確認したほうがよいでしょう。

関連情報
http://bbs.kakaku.com/bbs/05302015939/SortID=902 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

 SMART値のみの異常であり読み書き正常に行えて異音も出ていないHDD
のはずだったのですが、IO-DATAに送ってみた所、
 ドライブユニットから異常音・認識、アクセスできない(IO-DATAからもデータを参照できない)
との診断結果となり、別のドライブに交換となりました。(ぎりぎり保証期間内)


なぜか当方環境よりも悪化された診断結果となりましたし(この場合は結果オーライか)、
交換後品の方が使用時間(SMART表示上の)が長い個体となってしまいましたが…

質問の件は無事解決と言うことで、クローズさせて頂きます。

お礼日時:2010/12/06 18:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング