出産前後の痔にはご注意!

あと半年強でアナログ放送が終了する事は周知の事実です。
そのため今、エコポイントなどで切替促進されています。
そこで本当にアナログ終了後に購入した場合のテレビ価格はどのように予測されているのでしょうか。
今までは、買い替えと言っても色んな年数のテレビが有りそれなりに売れていたと思いますが、今回の切替で日本全体がここ数年の新しいテレビに変わり経年数をリセットされた状態のようになるのではないかと思います。
買い替えの頻度が殆どなくなってしまい、売れない状態になるのではないかと思うのですが、そうなるとテレビの価格はどうなるのでしょうか。
数を捌けなくなり高騰するのか、逆に何かの原因で安くなるのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

販売数量に対して価格が変動するのは正解です。


ただし、たとえば液晶テレビの場合、価格の大部分は液晶パネルが占めています。
その液晶パネルはと言うと、べつに日本のデジタル放送専用のパネルでも何でもなく、
世界中の国向けの製品で共通で使われている部品です。

日本の国内需要は世界全体からすると、それほど大きな比率ではありません。
(重要な上位販売国ではありますが)
多少は価格に影響するかも知れませんが、何倍にもなるような変動はないでしょう。

逆に今、日本構内向け需要が異常に増加していますので、ワールドワイドでパネルの価格が
上昇しているかも知れませんね。
今のが一時的なブームであることは明らかなので、メーカーもわざわざそのためだけに新規の設備投資はしないでしょうから。
だとすれば、ブームが去った後に値段が下がる(適正価格に戻る)可能性はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
判り易く良く理解出来ました。

お礼日時:2010/11/28 12:13

おそらくアナログ放送停波は延長されるでしょうね。


7月時点で地デジ100%視聴とか無理ですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最近の調査では全国平均90%以上に有るようですが、地域に依ってはまだ90%に届いていない所も有るようです。
私の近隣町村でも難視聴地域対策を議会で話し合ったりしていました。その結果ケーブルになったようです。
あと半年強で5%増え95%以上に到達出来るかどうかは判りませんが、地域の普及率によってはアナログ設備を維持されるか微妙になりそうですね。
果たして総務省は残り数%のためにどの様な結論を出すか注目です。

お礼日時:2010/12/08 01:26

 大した変化は起こらないと思います。

 今は日本メーカーも駆け込みで製造しているでしょうが 反動も考慮しているのでは? 値段的には少しづづ下がると思います。 日本のテレビは高性能ですが 値段も高額で日本でしか売れません。 海外で売れている日本メーカーのテレビは僅かです。 日本のテレビメーカーも テレビの値段が下がれば 海外テレビメーカーのOEMで日本で売る事も考えられます。 最終的に高性能を求める消費者と 安さを求める消費者が値段を決めるのではと思っています。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
メーカーも色々対策を考えているんですね。

お礼日時:2010/11/28 12:11

これだけ売れていても、パナもソニーもテレビ事業は赤字とか。


今回の需要先取りで4月以降は大きく売り上げも落ち込みますから、
傷口を広げるような、安売りはできないでしょう。
そのため、早めの生産調整で、在庫を縮小したため、
納期遅れが発生していると思います。

多少の予測のずれで、想定以上の駆け込み需要があったわけですが、
それもまもなく収まるので、自分の首を絞めるような安売りはおきません。
ブランドイメージを損なうだけで、得なことは何もないですから。

しかし、次の買い替えピークが5年後くらいにあるとして、
それまで研究開発は続けなければなりませんし、
そのためには一定の台数は市場でさばかなければならないので
商品を二極化して、高機能テレビを機種を絞って値崩れを防ぎ、
エントリーモデルは海外生産で間に合わすような方向に行くのではないでしょうか。

今すでに、自動車がその方向に向かっているように思います。
7月以降は、値段はあまり下がらない代わり、
お買い得なモデルが登場するかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
メーカーも生き残りをかけてニーズにあった色々なタイプがリリースさせそうですね。

お礼日時:2010/11/28 12:08

>あと半年強でアナログ放送が終了する事は周知の事実です。



NO

最終的には、2015年で放送終了です
日本の多くの地域では、条件を満たせば2015年までアナログ放送が見られます

>数を捌けなくなり高騰するのか

そんな心配は無用だと思います
それよりエコポイントの反動の方が大きいでしょう

技術革新でコストダウン
付加機能で価値がアップ
商売の種まだまだあります

この回答への補足

回答ありがとうございます。
2015年終了と言う情報は知りませんでした。
条件など詳しい事はどこを見ると良いのでしょうか?

補足日時:2010/11/28 11:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング