【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

皆様、よろしくお願いいたします。

2010年5月に、車対車の交通事故に遭遇しました。

相手が、100%悪いと思うのですが、人生の勉強代として多少の過失は認めてもよい覚悟でした。
ところが、実際にはすべて相手の嘘が通った形となり、担当の警官まで虚偽の記述をしております。
※100歩譲って、警官は勘違いをしている。

相手、100対0で主張しているが、相手の保険会社からは50対50なら話会うという連絡が
私の保険担当に一回ありました。

それ以外は、なしのつぶてで 実況見分調書を待ってからの判断ということでした。
ここにきて、やっと目にした調書なのですが・・・

私の保険会社からは、
以下、調書内容であれば50:50が妥当と判断いたします。
なぜ、なぜ・・・

このような書面が届きまして、めまいで気を失いそうになりました・・・

検察からは、双方不起訴といわれており、過失割合は証拠がないため、お互いの供述を
覆すにはいたらないでしょうと言われております。

ただひとつの救いは、もし罰金刑が双方に課せられる場合は、今回の事故は
客観的に相手のほうの過失が高く、相手のほうの罰金が多くなるケースですと言われました。

ただ、裁判に発展した場合でも、互いに労力と資金を費やすだけの成果は、
期待できないでしょう、とも付け加えられております。

現時点で、私の任意保険の搭乗者保険で対応してもらっています。

ここで、事故の詳細を記載させていただきます。

相手、黒のキャデラック(32才男と妻、5歳くらいの女の子)
私、国産2lのワゴン、7人乗車中(子供3人7,5,3才と両親70代、そして私たち夫婦)です。

ゴールデンウィークのある日、行楽地へ向かう途上のことでした・・・・
ある大きな交差点の手前100m位で、2車線左側から右車線へ、私が車線変更をました。
渋滞中に、片側がスーッと抜けたよううにあいたからです。
すると私の車線変更に怒った後続車両(相手)は嫌がらせのような追跡をして来ました。
交差点に入り、相手は右折レーンから、私の車両に並ん高と思うと、
突然、私の車両の前方に割り込んできて抜き返そうとしました。
※速度は40~60km位 

そのときに、相手は右前輪とフェンダーを中央分離帯に接触させ、
私の車の左後部フェンダーとバンパーに激しくぶつかりました。
左ハンドルで、私の車両に向かって叫んでいましたので、前方不注意だと思います。

180cmをゆうに超えるこの男は、道路に降り立ち私たちに罵声を浴びせ続けました。
暴力団と思えましたので、車に鍵をかけ、うまく頭を下げて近くの駐車場まで手招きで誘導しました。
『あせっていた私は、駐車場のポールに後ろバンパーをぶつけてしまいました。』
このことが後で、問題になります・・・・・・・

私の子供と両親が救急車で病院に搬送されましたが軽症です。

私が怒鳴られているときに、妻が110番をして、
若い警察官がバイクで着てくれました。
そしてけが人がいるとわかると、交通事故処理班を呼んでくれました。

その担当の警察官が今回の問題人物です。

何故か、相手に有利になるような、信じられない行動と事実が続くのです・・・

(1)はじめから私の話は煙たがっていた。
(2)私の話をほとんど話を聞ない。
(3)取調べの日時に、土か日曜日を希望したところ憤慨され、ありえない話をされた。
 ※土、日の取調べを認めるようでは、警官に収賄の疑いがかかる、もってのほかだ。うんぬん・・
(4)私の不利になるような調書を作られた。
(5)なかなか人身事故にならず、機関に再三訂正を求め、物損→人身まで 5ヶ月もかかった。

私の保険会社から実況見分調書の閲覧が可能になり、写しが送られてきて驚きました。

そのまま記載します。

(4)被疑者の運転した加害車両の状況

加害車両の部位
  右後部フェンダー部及び後部バンパー右側部に、前から後ろに向かう擦過痕等が認められた。
  地上高28~54cm
 後部バンパー右側及びリアドア右端付近に衝突痕が見られたが、同痕跡は駐車場にバックで
  進入した際、コンクリートブロックにぶつけたものであり、本件とは無関係であるとの双方の
  供述であった。

(5)相被疑車両の状況
  相被疑者・車両の損傷部位
  前部バンパー左側及び左前フェンダー部に相手車両の塗色の擦過痕。
  前部バンパー右側及びタイヤホイルに中央分離帯のコンクリートの接触痕。
  同乗者の妻は妊婦であり現時点で4ケ月とのことであった。

反省点はあります。

それは・・・ 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

100%質問者が正しくても正しい行動をとっていない以上不利になるのは仕方がありません。


なぜなら質問者は、その段階で全て肯定をしたからです。

相手は何と言ってました?それにその場で反論していない以上肯定です。
車を動かすなんかは論外のことです。その場を保持で110番が鉄則です。
相手の言い分、あいつは頭を下げて謝罪をして誘導をした。これに対する反論はできないでしょう。
その前提に立って現場を見れば、質問者の言い分を警察官も鵜呑みにはしないでしょう。

調書のサインは当然否定しましたよね。これも当然の話です。
不利な話には署名はしない。当たり前のことです。

質問者の不手際を考えると、保険屋の五分は状況証拠から正しい判断といえます。
    • good
    • 0

>暴力団と思えましたので、車に鍵をかけ、うまく頭を下げて近くの駐車場まで手招きで誘導しました。


『あせっていた私は、駐車場のポールに後ろバンパーをぶつけてしまいました。』

その警官じゃなくてもこんなのを信用する第三者はいません。

あなたが嘘をついてる可能性を否定したいのなら証拠を提出してください。
そうじゃなければいくら書いても無意味です。
    • good
    • 0

こんにちは。



字数オーバーですか? それは、の続きを補足欄に書いていただくためにレスしますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故 嘘の証言のペナルティ

交通事故 嘘の証言のペナルティ
事故状況。
路地内の交差点事故で車幅の優先、標識標示共に無し。
当方直進で相手方は左方より交差点に進入。
当方の助手席ドア部に相手方のバンパーが当たる接触事故。
事故直後相手方から「右に曲がるつもりだった」との話を私、妻、義父の3人が聞いている。また、この時あの場所に行くから右に曲がる。(そこに行くなら曲がるだろうとわかるくらいの)と、状況説明をしていただいた感じで話をしていただいたので聞き間違いはありません。(はっきりはしないが相手方保険代理店の方もその話を聞かれておられた気もします。)
その場であとは全て保険会社同士におまかせしましょう。との話になりました。
保険会社同士の話し合いでお互い6:4の言い合いで話がまとまっていないと言うことで詳しく話しを聞いてみると相手方が「右に曲がるつもり」→「直進していた」に話をかえていました。
保険代理店から保険会社に話しが上がった時には「直進していた」になっていたそうです。
道交法の左方優先からこの場合相手直進だと6:4でこちらが悪く右折だと逆の6:4になるそうです。

後付けの虚偽の話で示談がまとまらなず当方保険会社からは6:4でこちらが悪い話で納得していただけませんか?と言われてしまう状況。
仕方なく5:5でいいですよ。と譲歩しても相手方が6:4でなければ無理。と、逆に言われている状態。

少々当方愚痴。
交差点の衝突事故でドアにバンパーが当たるといった状況【こちらがブレーキを踏んでも防げない事故が相手がブレーキを踏めたら防げた事故】で相手の嘘一つで左方優先の観点からこちらが悪くなる。
そんな法律が当たり前なんですね。


最終質問。
この状況に於いて相手方の虚偽証言の真偽が偽りと判明した時。相手方(本人と保険代理店)になにかしらの法的ペナルティは課せられるのでしょうか?

長文失礼致しました。
質問回答以外でも同様な事故でこの様になりました。等ご意見いただけましたら是非知恵をお貸しください。
それではよろしくお願いいたします。

交通事故 嘘の証言のペナルティ
事故状況。
路地内の交差点事故で車幅の優先、標識標示共に無し。
当方直進で相手方は左方より交差点に進入。
当方の助手席ドア部に相手方のバンパーが当たる接触事故。
事故直後相手方から「右に曲がるつもりだった」との話を私、妻、義父の3人が聞いている。また、この時あの場所に行くから右に曲がる。(そこに行くなら曲がるだろうとわかるくらいの)と、状況説明をしていただいた感じで話をしていただいたので聞き間違いはありません。(はっきりはしないが相手方保険代理店...続きを読む

Aベストアンサー

交通事故はごね得がまかり通るのです、これが現状です、当事者にしか真実は分かりませんからね。
身内の証言は立証能力がありません。

ごね得がまかり通るのが現状で、示談に至らなければ、1円の賠償もしなくて良い代わりに、1円の賠償して貰えません。
こう言う相手との事故の為に、車両保険でご自身を守るしか方法はありません、裁判と言う話もありますが、ドア1枚くらいで保険会社は裁判をしません、では、100万前後掛かるような裁判費用だれが負担するのか?ドア1枚の為にお金の工面しますか?相手側から裁判してきたら、質問者様の保険会社が対応しますが、この程度ではありえないです。
どうせ保険使えば3等級ダウンします、車両保険使っても、3等級ダウンは同じです、車両保険加入していれば、質問者様の車は車両保険で直ります、後は相手への賠償ですが、過失割合が納得しなければ、示談しなくても、1円のお金ももらえないのはどちらか分かりますよね?誰が一番困る事になるか?
相手も車両保険加入してば、引き分けになりますがね。

やはりご自身はご自身で守るしかありません、弁護士費用特約の話しも出るかもしれませんが、これは保険会社が認めた場合に限ります、質問者様の意思で弁護士対応になるような特約ではありません、だから年間保険料が安いんですよ。

裁判は費用:効果を考えれなけれないけませんから、裁判やり損という事に成りますね。

交通事故はごね得がまかり通るのです、これが現状です、当事者にしか真実は分かりませんからね。
身内の証言は立証能力がありません。

ごね得がまかり通るのが現状で、示談に至らなければ、1円の賠償もしなくて良い代わりに、1円の賠償して貰えません。
こう言う相手との事故の為に、車両保険でご自身を守るしか方法はありません、裁判と言う話もありますが、ドア1枚くらいで保険会社は裁判をしません、では、100万前後掛かるような裁判費用だれが負担するのか?ドア1枚の為にお金の工面しますか?相手側から裁...続きを読む

Q交通事故実況見分の私(被害者)と相手方(加害者)の言い分が異なる場合は、最終的にどのような決済になるのですか?

私が自転車通行可能な横断歩道内に自転車に乗ったまま停車中に車の追突を受けました。直ぐ救急車で病院に搬送された為、私自身は、発生当日は、警察の交通事故実況見分には、参加出来ませんでしたが、相手方と警察で交通事故実況見分を実施しました。後日警察署に出頭するように言われた為、診断書を持って出頭しました。診断書が加療期間2ヶ月と書かれていたのと私と相手方の言い分(相手方の言い分は、横断歩道をはみ出して走っていた自転車に追突した)が大分違うので再度実況見分を実施しますとのことでした。それと警察官の態度等から、何らかの事情で相手方に警察が付いている様な気もします。多分、目撃証人等もいない為、交通事故実況見分をしてもかなりの相違が有ると思います。私(被害者)と相手方(加害者)の言い分が異なる場合は、最終的にどのような決済になるのですか?

Aベストアンサー

双方の言い分が違い、目撃者もなく実況見分した結果もどちらが正しいとも言えない場合は、食い違ったまま書類を検察庁に送ることになります。
その後は、その実況見分調書をもとに検察が起訴するかしないかを決定し、起訴されれば裁判を経て刑事処分の決定。
起訴されなければ、刑事処分なしということになります。

賠償に関しての民事問題はまた別の話なので、双方の話し合いもしくは保険会社が介入しての話し合いになります。
なお、横断歩道から1~2m離れている場合でも、横断歩道の直近とみなされて、横断歩道を走行していたと判断されます。
しかし、基本的には横断歩道は自転車通行可ではありません。
歩道が自転車通行可でも、横断歩道に自転車横断帯がなければ、自転車は降りて横断歩道を渡るか、車道を走行するのが、法律上の建前です。

Q事故状況で証言に食い違いがある場合の対応について

事故状況について証言に食い違いがある場合、双方の保険会社または相手の保険会社に立ち会ってもらって相手の方と直接お話することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相手方も同意すれば、四者面談(双方当時者、双方保険担当者)も可能ですが、通常は調査会社を入れます。
調査会社は当事者双方から個別に事故状況を確認し、現場状況等から、どちらの話が信憑性の高い話なのか確認して、保険会社に報告し、その調査結果でもって保険会社が判断するということになります。

相手と直接話し合ったって、お互い感情的になり、まとまる話もまとまらない可能性が高いですし、何よりその場で結論を求められるので、保険会社の担当者は嫌がるでしょうね。

Q交通事故(人身事故)加害者です。

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です。
すぐ後ろを走るトラックの運転手さんがすべてを目撃していて「どう考えても悪いのは自転車であなたは悪くないよ。証人になるから」とまで言ってくれました。
警察の話だと過失は明らかに彼女側にあるのだが自動車を運転中の事故であり当然こちらにも過失が発生するとのこと。
また彼女が骨折をしている以上、「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思いますとの話でした。
彼女に対しては会社の上司と共に自宅まで2回ほど謝罪に訪れ彼女の母親も彼女も非を認めて逆に謝罪をしてきました。
しかし当初の予定を上回り完治するのが10月頃に長引く予定です。
ここで質問です。
3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。
警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。
不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。
今後の展開が全く見えません。
過去の色々な事案をネットで調べると長い場合半年から1年後に通知が来たとの情報もあります。
罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違反があり持ち点があれば6点オーバーで免停ですが)。
私も昨年の秋に人身事故を起こし、被害者は全治1週間の打撲で4点加点でした(示談成立済み)。持ち点がなかったため(違反歴がなかった)免停にはなりませんでした。
4点の内訳は、「事故を起こしたことに対する加点2点」と、(私の場合は、特に重大な違反・過失はなかったが、何かしらの過失があったからこそ事故が起こったと言う事で)「安全運転義務違反の加点2点」。
それらの交通違反がつくので、少なくとも9千円の「反則金」(罰金ではない)がつくとのことでした(どなたかが「違反がないのだから“減点”(本当は減点ではなく加点)はありえない」と書き込まれていますが、「安全運転義務違反」という違反が「あります」)。
こういう理由で少なくても2~4点の加点が出ます。
行政処分と刑事処分は別だと書きましたが、私の場合はまず行政処分が事故から1ヵ月後に下りました…加点4点。
刑事処分のほうはあれから8ヶ月経過し、検察からの呼び出しがなかったので、おそらくあのまま不起訴処分になったと思われます(事故の規模は本当に小さかったので、あれでいちいち起訴していたら検察も大変かと…示談も成立しましたし)。
だいたい処分が決まるまで3ヶ月~半年とのことです。

すみません、だらだら書きましたが、罰金・処分の内容等、被害者の方の怪我の診断内容によりますね。
ちなみに最初の診断書の内容で確定されるとことなので、その後治療が長引いたとかは、処分の結果に影響を及ぼさないとのことです。
(現に私の場合被害者の全治は1週間との診断書でしたが、結局1ヶ月近く通院したとのことでした。処分内容に変更なし)

ただ、私も事故をやった当時こちらのサイトでかなり調べましたが、結構地域によって処分内容に微妙に差があるようです。
それで結構混乱しましたがね…
私の場合はこんな感じでした。参考までに…
(しかし、未だに反則金の納付書が送られてきていません…「忘れた頃にやってくる」とは聞いたのですが…)

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違...続きを読む

Q人身事故を起こしました。再度事情聴取をされるのはなぜでしょうか?

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければならなくなった。というのですが、このようなことはどうのような理由からなのでしょうか?検察庁に書類をあげる2日前に連絡が来ました。正式な交差点での事故と見なさず、横断歩行者妨害ですのでしたし、幸い御相手の怪我が軽傷でしたのであなたはラッキーでしたよ、と先日の事情聴取で担当の警察の方がおっしゃたので、安心したのですが、電話の呼び出しの理由は、横断歩行者妨害ではなく、信号無視とみなされるので、再度・・・と。同じ警察の方からの連絡でしたが、担当する方によって(上の方々の判断によって)このように再度聴取必要ということがあるのでしょうか?定義や明確な基準はないのでしようか?初めてのことで全く無知なので、詳しい方のご意見をお聞かせいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければな...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけの事なんです。

同様の接触事故を経験しました。
この経験から書かせていただきます。

再度の警察からの呼び出しですね?
堂々と応じましょう。
これ、稀にあります(再度の現場検証)書類の不備や不明な点があるんでしょう。
別段気にする事はありませんよ。
事実関係だけを確認すればいいだけです。
しかし、実際に在った事実だけを主張してください。
自己弁護が許されてるとは言え虚偽の主張や申告はいけません。
現時点で質問者さんが申告した内容と違ったりしてる場合もありますから、そんな時には「そこは違います」と主張してください。
卑屈になって「何もかも私が悪いんです」なんて言う事ありませんよ。
開き直りと言われるかもしれませんが、そうではありません。
事実確認の説明と逆切れの開き直りは根本が違いますから。。。

「呼ばれたから来ました」「お世話かけて申し訳ないです」って調子でいいです。
車の正面に当たったのか?側面に当たったのか?など事実とは相違があれば否定してください。

赤信号で停止線を超えると「信号無視」になるので、信号のある交差点でしたので「横断歩行者妨害」ではなく「信号無視」の扱いとなったのでしょう。

恐らく最初は「横断歩行者妨害だね」ってなってたのに「ん?よくよく見たら信号機のある交差点じゃね?」「横断歩道上だよね?」「じゃあ信号無視じゃん」「あらホントだ横断歩行者妨害じゃねぇじゃん」ってな会話があったかどうかは分かりませんが、どうせこんな事の流れでしょうね。

んで「検察に上げる書類、信号無視の件として上げよう」ってなったんでしょう。

「歩行者妨害」と「信号無視」ではどちらかと言えば「信号無視」の方がキツイんですよ。
どうせやるなら「キツイ方にしちゃえ」的な感じになったんでは?と思われるでしょうが、そうでは無いでしょう。

「事実」としては「赤信号で停止線越え」ですからキツクする為ではなく「事実関係」としての書類作成は役所ですから当たり前の話なんですけどね。。。

事実は事実ですから。。。

だったとしても、この事実を受け止め、堂々としてればいいんです。
(被害者の前で堂々としちゃダメよ)

今後の予定としては。。。

検察の「査問委員会」なるトコロから「来てね」って手紙が届きます。
これは再度の確認と自己弁護の場です。
検察官が警察より提出された書類の内容に「相違ないか?」ってのと「なんか申し開きある?」ってのが趣旨です。

この場では「自己弁護主張」しても「いい場」なので、言いたいことはキチンと言いましょう。
「示談は済んでる」「相手の怪我は全治一週間である」「誠意ある謝罪は行った」などなどです。
(質問者さんにとって有利な事はどんどん言いましょう)
勿論、件の書類も確認して「ん?コレちょっと違うんじゃね?」ってトコがあったら「この部分は事実と違います」と主張してください。

やっちゃいけないのは虚偽と横柄な態度。
「存在しなかった事実=虚偽」の主張なんかしないでください。
(当たり前ちゃ当たり前だけどね)
そして、反省はしてる態度で臨んでください。
(卑屈になる事はないです)

この日のうちに罰金が確定して罰金の支払いをします。

免停は別の処理で、後に交通センターとかから呼び出しがあります。
恐らく「90日免停」でしょうね。
まあ、程度が軽いので「60日」かもね。
交通センターとかで再度「事実確認」をします。
まあ、ここまで来ると「違う事がある」なんて事はありませんけどね。
で、90日コースなら二日間、60日コースなら一日半、の講習&試験を受けます。
講習をキチンと聞いてれば「合格間違いなし」程度の試験です。
この試験に合格すると免停期間の「30日分」が免除されます。
90なら60に、60なら30になるって事です。

事故に於いて「軽い重いは問題ではない」んですけど、今回の事故は程度から考えると「軽い」方です。
(だからって「そんなもんだ」「よくある事さ」って受けてちゃいけませんよ)
逆に「重大な事故にならなくて幸いだった」「これで、打ち所が悪くて死傷事故だったら」って思ってください。
相手が高校生とか若い人だと少々転倒しても「平気x2」って調子でしょう。
これが高齢者だと「ちょいと転倒」で「死」に到る場合もあります。

今後は安全運転するようにすればいいです。

こんな事を書くのは如何かと思いますが、、、
「大した事故でなくて良かった」です。
(これは他人である立場の人間が言う事ですけどね)

これから色々面倒な手続きや免停などの「拘束」もあります。
まあ「一つ勉強」だと思って粛々と取り組んでください。

私も似たような事故をしました。
もう20年近く前ですけど。。。
当時は相当に凹みました。
今では「いい勉強になった」「いい経験をさせてもらった」と思っています。
(その後の安全運転に役立っています)

これからが色々面倒です。
どうか御身体御自愛ください。

質問とは関係無いことまで(余計な事)書きましたが、関連する事項なので、参考までに読んでください。

御参考になれば幸いです。

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけ...続きを読む

Q人身事故で警察で検察庁に呼ばれると言われました。。。

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の事故で90日免停になります・・・
通勤にも車を使用しておりますし、免停は厳しいですが仕方ないと思っております。
しかし刑事処分のサイトを検索したところ、相手方が告訴しなければ、不起訴になることもあると知りまして、疑問に思ったことがあります。
私が検察庁に呼ばれると言う事は相手方が告訴すると言ったからなのでしょうか?
もちろん、相手方には謝罪にも伺いましたし、怒り爆発という感じでもありませんでした。怪我の方も順調のようですし・・・
私の謝罪が足りなくて告訴されるのであれば、今からでもまた謝罪に伺えば、刑事処分を受けなくて済むのでしょうか?

雨の日に走行中、道幅の狭い道で対向車が来たので、端に寄りました。
運悪く、鉄製のマンホールに車輪が乗り、スリップして、対向車と正面衝突してしまいました・・・
お互いのスピードは30キロ以下でしたが、車は廃車・・・
相手方はご老人の男性で、ベルトが腰に食い込んだりして打ち身・打撲等をして、人身事故になりました。
本日、警察に調書を取りに出頭した際、警官に「点数は4点。年明け頃に検察庁に呼ばれるから、調書の通りに言うように」と言われました。
前にスピード違反で捕まっており、今回の...続きを読む

Aベストアンサー

検察に呼ばれる理由はNo2の方のおっしゃるとおりです。今回悪質な事案では無いと思いますので検察官は警察の調書が間違いないかと言うことと事故後被害者にどう対応したかなどを聞かれると思います。自分も以前経験しましたが何回お見舞いに行ったか?何かお見舞いに持っていったか?それは幾らぐらいの物か?任意保険に入っていたか?など被害者との状況を聞かれました。面接後その場で書類送検することを言われ帰ってきました。自分は書類送検後呼び出されることも罰金もありませんでしたが裁判が必要と判断されればまた呼ばれる見たいですね

Q人身事故と検察庁からの出頭通知と罰金について

去年の11月に人身事故をおこしました。車対車の事故で信号無しの十字路にこちらが飛び出した形です。責任の割合は保険会社に任せていて分かりません。相手の方は全治1ヶ月でした。事故を起こした日に直接家にお伺いしてお見舞いに行きました。3日後に電話で体の状態を確認しました。今年の2月に警察から調書をとるために呼び出しを受けたときに行政処分が7から9点で罰金が10万から20万くらいではないかと言われました。ただ相手の方が警察に調書をとられた際にこちらのフォローをしてくれたみたいです。そのおかげか行政処分は6点で30日免停で講習と試験の点数の結果で1日に短縮されました。昨日、検察庁から出頭通知が届きましたが、罰金はいくらぐらいになるのでしょうか。

Aベストアンサー

>事故の10か月前に一時停止違反をしています。罰金にどの程度反映されますか?

今回6点の10か月前に一時停止違反の2点

合計8点です、前歴が無ければ、6~8点は30日免停同じですから影響しないと言えますね。

http://rules.rjq.jp/gyosei.html

>それと出頭指定日が父親の退院日で行けということと仕事の都合もあってこちらの都合日を指定したのですが、罰金に反映されますか?

ちゃんと出頭通知記載の電話番号に電話して相談したのであれば、反映なんてされません。


質問文を読む限りの事故内容、そして質問者様の人柄、相手の人柄を考えれば、この程度の人身事故なら、懲役になる事は100%無いと言っても過言では無いです。

最悪、罰金刑で済む話です、質問者様が原因の事故で全治1ヶ月は一般的には30~50万には変わりません、初めての事故と相手の対応も良いようなので、20~30万とは私は思ってます。


http://rules.rjq.jp/jinshin.html

Q交通事故 被害者がいつまでも通院したら??

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会社から連絡がきて、相手の車は修理、場合によっては、ボディを取り替えると。


そして、病院には通院し続けるそうです。


警察の方もおっしゃっていた様に、車のボディに傷はありません。

どこを修理するのでしょうか?


ケガ具合は正直、本人しかわからないと思いますが、
スピードが出ていないのに、全身痛いとは…

とちょっと不思議。


謝罪しに伺った時は、小走りをし元気な姿を見てしまったので、また不思議です…。


よく事故で、大したケガじゃないのに、いつまでも通院する悪質な被害者がいるとも聞きました。


でも、保険で出るのは、
実際かかった医療費分だけではないのでしょうか?


通院すればする程、お金がたくさん貯まるなどのメリットがあるのでしょうか…?


通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅そうとする輩もいます、ですが安心して下さい、弁護士費用・裁判費用・裁判所出廷は保険会社が対応ちゃんとしてくれます、ご安心を。

相手から連絡来て、何か請求されても、一切認めない、返事もしないをよく覚えておいて下さい、平謝りする必要もありません、保険会社に任してるの一点張りで良いです、相手が怒っても、保険会社に苦情お願いしますで良いです。

>通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

そんな心配は無用、人身無制限で加入してるでしょ、問題ない、これが保険会社の仕事です。
永久に通院を認める保険会社はありません。



実際、質問者様も首が痛いと病院いけば、あら不思議、全治2週間程度の頚椎捻挫(鞭打ち)の診断書が出ますよ、目には目をと言ってやり返す人もいます。
人身事故になりますから、質問者様に行政処分(免停等)と刑事処分(罰金等)が処分対象になります、事故内容や今疑問に思ってる事を書き留めて、検察に呼ばれた時に釈明して下さい。

まともな検察なら不起訴もありえますからね。


現状の今は相手に関わらない事ですよ。

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅...続きを読む

Q物損事故から人身事故への切り替えについて

先日おかまを掘られて事故当日は物損事故扱いにしたのですが、翌日背中が痛くなり病院に行き、人身事故扱いに変更したいと思っています。理由は相手に誠意が無いため制裁を加えたいのと、相手の保険会社からもそのようにしないと保険が出せないと言われたためです。そこで警察に問い合わせたところ、再度調書など取るため、相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように言われました。この場合、相手側が拒否する、もしくは連絡がつかないなど、同伴できない場合、私1人が望んでも(警察へ出頭しても)人身事故へ切り替えることは無理なのでしょうか。もちろん診断書はあります。ご存知の方おられましたら宜しくお願い致します。(やはり双方の調書を取る必要があるので無理なのでしょうか)

Aベストアンサー

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいますが、この場合には、治療費や慰謝料は全て加害者の自己負担となり、保険から支払われることはありません。

 しかし、治療費などの支払いを確実に行おうと考える加害者は、最終的には保険が適用できる人身事故扱いになることを選択するようです。このときには、加害者から被害者に連絡を取り、人身事故にしてもらうよう依頼します。
 被害者が単独で、警察署に医師の診断書を持参して被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。警察署によっても違いますが、概ね事故から1週間以内であれば、対応してくれると思います。

 また、加害者の支払い能力に疑問を抱く被害者が、保険が適用される人身事故扱いにしたいと思うケースもあると思います。このときには、加害者に連絡する義務は、被害者には全くありません。
 
2.なぜ、警察が「相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように」と、被害者である質問者さんに言ったのでしょうか。

 たとえ、一緒に警察署へ行っても、供述調書は加害者、被害者それぞれ別室で作成します(=別室がなければ、それぞれ離れた場所に移動して調書を作成する)。
 被害者と加害者(=容疑者)が仲良く並んで事情徴収に応じることはありません。

 例えば、ひき逃げ事件の場合、被害者が単独で被害届がだせないとしたら、どうなるでしょうか。
 加害者(=容疑者)を呼び出して事情を聞くのは警察の仕事であり、被害者が加害者に連絡を取らないと警察の捜査が進まないということは常識的に考えられない話です。

 物損事故としたときに現場検証は終わっているはずですから、質問者さんが単独で、医師の診断書を持参して警察に被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。

 それでも、所轄の警察署が対応を渋るようなら、各県警に設置されている「警察相談センター」(=名称は県警によって異なる)に問い合わせてみて下さい。
 警察庁HPを下記に貼っておきますので、お住まいの県警本部を探して下さい。

参考URL:http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいま...続きを読む

Q事故の過剰と思われる請求を拒否できますか?

事故に対する過剰と思われる請求を拒否する事は出来ませんか。
先日、駐車場で車をぶつけてしまいました。
ぶつけたといってもブレーキをかける直前で時速にしたら1km/hも出ていない位の速度です。もっと遅いかもしれません・・・
私のリアバンパーが相手の車のフロントバンパーに擦った程度で虫眼鏡で確認しないと分からない程度の傷がついていました。
それでもと思い警察に立ち会っていただき確認してもらい、相手方に誠意を見せる意味でも修理した場合の費用はこちらで負担しますと伝えその場を離れました。
数時間後相手方電話があり首に違和感が出たので病院へ行くといってきました。「なんの違和感??」と思ったのですが事故は私に非がある為了承しました。
翌日、相手に呼び出され症状は筋肉痛で全治3日と診断されたと言ってきました。事故による衝撃では無いだろ!?と思いながらも「たいした事は無かったですね??」と聞くと再度3日後病院へ行ってみないと分からないといわれ、通院する場合は連絡しますといわれました。
さらには首に違和感が出ている為に車も運転出来ないから全てタクシー移動をしているという事でタクシー代金も請求されました。
絶対に車を運転出来ないという事は無いと思うのですが。

このままではあまりに金額が嵩むと思い、保険を適用させたので金銭面では心配していませんが、豆腐も崩れない程の接触でここまで言ってくる相手の神経が信じられません。
おかげで気持ち良く正月が迎えられませんでした・・・

ほんと金額の問題では無く相手の人間性が信じられないのです。
このまま言われっぱなしでは夜も気持ちよく眠れません・・・
なんとか相手の請求を拒否できませんか??

事故に対する過剰と思われる請求を拒否する事は出来ませんか。
先日、駐車場で車をぶつけてしまいました。
ぶつけたといってもブレーキをかける直前で時速にしたら1km/hも出ていない位の速度です。もっと遅いかもしれません・・・
私のリアバンパーが相手の車のフロントバンパーに擦った程度で虫眼鏡で確認しないと分からない程度の傷がついていました。
それでもと思い警察に立ち会っていただき確認してもらい、相手方に誠意を見せる意味でも修理した場合の費用はこちらで負担しますと伝えその場を離れまし...続きを読む

Aベストアンサー

 新年早々本当に大変ですね。
 私も交通事故の被害者になったことがあるので、一言。
 人間は自分本位。自分に甘く、そしてお金に汚い。
 強欲に「取れるものなら取れるだけとってやれ!」と自己の損害を過大評価し、過剰・不当な要求をする被害者は少なくありません。
 悪人なら、被害者の立場を利用して、これ幸いとばかりに、ゆすってくるでしょうね。
 相手方は人身事故による刑事罰や行政処分をちらつかせて、あなたとの取引を画策してくる可能性がありますが、取引には応じないほうが良いです。
 悪質な被害者に対して安易に自己負担したり自己負担する素振りを見せたりすると、どんどん付けこんで来ます。事ここに至っては刑事罰や行政処分はやむを得ないと考えた方が良いでしょう。これも社会勉強と考え、今後のカー・ライフの糧としてください。
 いずれにしても保険会社とよく相談し、その指示に従ってください。相手方が何を言ってきても「保険会社に任せてある」を貫いてください。相手方からの圧力がきついと感じるようでしたら、保険会社に相談して弁護士対応にしてもらいましょう。弁護士費用や裁判費用は保険会社持ちですので、お金の心配はいりません。こういうときのために、あなたは安くはない保険料を毎年払ってきたのですから、正当な権利として正々堂々と保険会社に要求すればよいのです。
 もちろん、あなたが加害者であることに変わりはないので、謙虚に謝罪する必要はあります。しかし、被害者になめられない毅然とした姿勢を示すことも必要と私は考えます。

 新年早々本当に大変ですね。
 私も交通事故の被害者になったことがあるので、一言。
 人間は自分本位。自分に甘く、そしてお金に汚い。
 強欲に「取れるものなら取れるだけとってやれ!」と自己の損害を過大評価し、過剰・不当な要求をする被害者は少なくありません。
 悪人なら、被害者の立場を利用して、これ幸いとばかりに、ゆすってくるでしょうね。
 相手方は人身事故による刑事罰や行政処分をちらつかせて、あなたとの取引を画策してくる可能性がありますが、取引には応じないほうが良いです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング