ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ノートPCの処理が遅くなったので、メモリ増設をしました。
すると、Windows Vistaは起動するのに、Linuxが起動しません。

Windowsブートマネージャーから
ファイル:\vine42.lnx
状態:0xc000000f
情報:アプリケーションが見つからないか、壊れているため、
    選択されたエントリをロードできませんでした。
というエラーが出ました。

ノートPCは Let's note CF-W7 メモリ1GB 空き1(最大2GB)
です。

このPCは学校の指定機種で、友達が増設していたので、
1GB入れた子は正常に起動して、
限度オーバーして2GB入れた子はLinuxが動かなくなって、直してもらってたと聞き、
1GB増設したのですが・・・。
直った子がいるので、私のも直るのではないかと思うんですけれど、
どうしたら良いのでしょうか?

動かなくなってから、一度増設メモリをはずして起動してみたら、
それでもLinuxが起動しなくなってしまいました。

学校の人に聞こうと思ったのですが、
聞ける方と会えるのが遅くなってしまい、課題が出来ないのでこちらで聞きました。

自分があまりLinuxや設定などに詳しくないので、
もし改善策が分かる方がいらしたら、教えて下さい。
急いでと設定しましたが、返答が夜になってしまうかもしれません。
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メモリに起因する問題ではないのでは?



> 自分があまりLinuxや設定などに詳しくないので、・・・

Windowsには詳しいようですのでVistaのbcdedit実行結果をそのまま補足に貼り付けてみてください。

Vistaのシステムpartitionにファイル:\vine42.lnx が見当たらないのだと思いますが、確認してください。
---
修復作業としては、一例として下記サイトの
「E.Win7をインストールしたあとでFedoraをインストールする」という部分の
「(2) Fedoraを Rescueモードで起動してGrubをPBR(Partition Boot Record)にインストールする。」
以降の処理を行なえばいいでしょう。
(2)(3)(4)(5)の文中のFedoraをvine と読み替え、Win7 を Vista と読み替えて、
現在の状況と照らし合わせれば、解決の糸口が見つかるものと思います。
--- install と bootloader
http://ftlabo.sakura.ne.jp/win/install-bootloade …

この回答への補足

回答ありがとうございます。本当に助かります。
補足の方遅くなって申し訳ありません。
今帰宅しました。これからリンクの方見させてもらいます。

それと、Windowsに詳しいということではなくて、
PCの基本設定等に詳しくないと明記したつもりでした。
Linuxのインストールも自分ではしておらず、
学校でインストール済みのを送られてきたものを使っているので、
そのような知識が無いことをお伝えしたく書きました。
誤解を受けるような書き方をしてしまってすみません。

bcdedit実行結果の方ですが、

C:\>bcdedit

Windows ブート マネージャ
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device partition=C:
description Windows Boot Manager
locale ja-JP
inherit {globalsettings}
default {current}
resumeobject {23b52df1-5618-11dc-acf4-000b97bd63f0}
displayorder {current}
{f94d36d1-f124-11dc-8603-000b97548f09}
toolsdisplayorder {memdiag}
timeout 30
resume No

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {current}
device partition=C:
path \Windows\system32\winload.exe
description Microsoft Windows Vista
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
osdevice partition=C:
systemroot \Windows
resumeobject {23b52df1-5618-11dc-acf4-000b97bd63f0}
nx OptIn

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {f94d36d1-f124-11dc-8603-000b97548f09}
device partition=C:
path \vine42.lnx
description Vine Linux 4.2

↑の結果でよろしいでしょうか?
何か分かりましたら、引き続きご協力お願い致します。
回答の情報を元に、改善作業やってみます。回答ありがとうございました。

補足日時:2010/11/27 22:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

改善作業の結果、今Linuxを再び起動させることが出来ました!

最終的に起動方法はGrub4dosを使って、起動し、
その後デュアルのための処理を再度行って、BCDファイルも修正しました。

みなさんの回答を参考にさせて頂いた中で、
復旧作業で一番参考になった8ive22tyさんをベストアンサーにすることにしました。
まったく期待外れな初心者の質問に回答頂きまして、ありがとうございました。
また、少し勉強にもなりました。この学生のうちにより勉強していきたいと思います。
本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 05:36

その構成だと、Vineのためのブートローダーは


PBRに入っているように見えるので…
MBMの起動CDなどで対応できそうな気がします。

正直、Linuxが起動しなくなったというトラブルで
質問してくる人は稀です。
一部は単純に再インストールに逃げているのでしょうが
ある程度の知識を持ったLinuxerにとっては
実際に、復旧に困ることは非常に稀なように思えます。

fsckを行なえるディスクが手軽に入手できるので
HDDの物理破損以外のトラブル以外に
厄介な起動トラブルが出てくることは稀なのでしょう。

利用者のスキルの違いも大きいでしょうが…
WindowsはMBR復旧やchkdskのための
起動ディスク自体の入手から悩まされることがあります。


それを踏まえて、今回のLinux起動不能は
Windowsのブートマネージャーが原因になっているように見えます。

もちろんGRUBもLinuxの抹消を企図した際に
他のOSまで起動不能になることはありますが…
とりたてて、何かを行なったつもりも無いのに
勝手にOS起動自体にトラブルが生じるのは
圧倒的にWindowsに多いトラブルです。

ファイルシステムから重要なファイルが欠損するというトラブルが
頻繁におきているように見えるので、WindowsNTが
OS/2より堅牢と言われなかったという伝承は、今も生きているかのように思えます。
(消えたのが、LinuxのためのNTFS上のWindowsによるファイルのようです)

そういうのを見ていると…
MBMのように、OSに依存しないブートマネージャーを
MBRに入れるほうが、Windowsが混入したシステムでは
より好ましい可能性を感じます。

#Windowsが混入したPCを管理しないから未検証だけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おかげさまで、再度起動させることが出来ました。
MBMを調べていくと、リスクがありそうだということと、
MBMを調べていく途中でGrub4dosの情報が出てきたので、
リスクが少なそうなGrub4dosを使ってみたところ成功しました。
起動後はその後デュアルのための処理を再度行って、BCDファイルも修正しました。

MBMはWindowsの時も利用できるようでしたので、
今後のためにと思い起動CDを作成しました。ありがとうございます。

回答にあったように、このような質問をした背景には、
・Linuxを再インストールするには自分じゃ分からないので、
 学校に渡さなくてはいけなくて、数日~1・2週間かかる可能性がある
・自分が学生でPCを授業で使わなくてはいけない
・就活をしているのでほぼ毎日PCがないと困る
・HDDの空き容量が少なすぎて、いろいろ試したりが出来ない
ということがあって質問しました。
私は知識なく大学に入り、用意された環境下で勉強していた
初心者だったので、稀な質問になったのだと思います。申し訳ないです。

参考にさせて頂いて、ベストアンサーを選ぶのは心苦しいですが、
復旧作業で一番参考になった8ive22tyさんにすることにしました。
本当に申し訳ありません。

こんな初心者の質問に回答、参考になる情報を頂きまして、本当に助かりました。
勉強にもなりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 05:29

 Vine Linuxの起動がWindows VISTAのブートマネージャー経由で行われるように設定されているようですが、


[Bootmgr]が読み込む[BCD]ファイルの[Vine Linux]に関わるエントリーを手動で修復する必要があります。
 この修復は[Linux]の知識ではなく、Windows VISTA/7の回復オプションのコマンド・プロンプト上で[BCDEDIT.EXE]を使いこなすことが要求されます。

この回答への補足

早い回答ありがとうございました。
今帰宅したばかりなので、まだ何も出来ていません。すみません。

「BCDファイルを修復を修復する」
ということだったのでやってみようと思います!
やったことが無いのですが、調べながら頑張ってみます。
やってみた結果は後ほど、お礼に書かせていただきます。

補足日時:2010/11/27 22:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの後、BCDファイル・他の方の回答についていろいろ調べてやってみた結果・・・
今Linuxを再び起動させることが出来ました!データももちろん無事です。

調べている間486HAさんの他の方への回答なども参考にさせていただきました。
最終的に起動方法はGrub4dosを使って、起動し、
その後デュアルのための処理を再度行って、BCDファイルも修正しました。
今後このようなことが無いように対策もしました。

みなさん参考にさせて頂いて、ベストアンサーを選ぶのは心苦しいですが、
復旧作業で一番参考になった8ive22tyさんにすることにしました。
本当に申し訳ありません。

こんな初心者の質問に早い回答頂きまして、本当に助かりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 05:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング