【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 国民党と共産党が内戦になった時、アメリカ、イギリス、フランスはどう対処したんですか?なぜあんなに多人数の共産主義国家が成立する事を、事実上認めたんですか・・・?高校の教科書を引っ張り出して読み直しても判りません。判る方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

第二次大戦後の世界というのは資本主義(自由主義)と社会主義(共産主義)のイデオロギーの激突の次代でもありました。



大戦が終わったとき、ヨーロッパの東半分はソ連の勢力下となりました。当時の国名でいえば、ポーランド、東ドイツ、ルーマニア、ブルガリア、チェコスロバキア、ユーゴスラビアが社会主義国家となりました。
またフランスは昔からコミンテルン(社会主義)の勢力が強い国でもありました。自由フランス軍を率いたシャルル・ド・ゴールが大統領となったのですがアルジェリアの独立問題などがあって国内も騒然としていました。小説「ジャッカルの日」はドゴール暗殺をモチーフにした小説ですが、実際問題ドゴール暗殺未遂事件は知られているだけでも二度あったといわれています。
日本人にとって、アルジェリアが遠い国の話である一方北朝鮮の問題が非常に身近なように、フランス人にとってアジアの問題は遠い遠い国の話です。なにしろ当時は定期飛行機路線はなく(当時の飛行機は航続距離が足りませんでした)、フランスから中国に行こうと思ったら船でえっちらおっちら三ヶ月くらいかけて行かなければなりませんでした(直行で行かずにあっちこっちに寄るから時間がかかる)。
フランスにとってはアルジェリア独立問題とインドシナ(ベトナム)独立問題のほうがよほど切実な問題で、もちろん大戦の影響で国内もグチャグチャになっているのに「中国なんぞに構っているヒマはない」というのが実際だっと思います。仮に中国に共産政権が誕生することに反対の立場だったとしても、口先で「反対」という以上のことは何もできなかったと思います。

イギリスもまた然り。当時のイギリスはアフリカ、中東、インドなどに植民地を持っていましたが、そこがどこもかしこも独立運動を始めた。しかも、それらの国々の多くが何らかの形でソ連からの援助を受けていました。だから、それらに対処するので精一杯で中国に干渉しているヒマなんぞありませんでした。実際問題、それらの植民地はほとんど全部独立されてしまいましたからな。

アメリカは他の方も回答しているように蒋介石政権を支持していましたけど、肝心の蒋介石が負けちゃいましたからね。直接介入するつもりは毛頭なかったのでしょう。
シェンノートさんというアメリカ軍人が第二次大戦中に蒋介石軍の顧問としていたんですが、これがもう本当にメチャクチャだったらしいですよ。シェンノートさん、中国嫌いになったらしいですから。支援物資を送ると軍幹部が横流ししちゃって全く前線に行き渡らなかったらしいです。とにかく腐敗がすさまじかったようです。
何しろ蒋介石の国民党軍ときた日にゃ、敗戦の一年前の1944年にもう米軍にボコボコにされていた日本軍が「大陸打通作戦」という大規模な作戦をやったんですが、ボロボロの日本軍相手に全く歯が立たなかったですからね。
    • good
    • 0

アメリカは、国民党政府への多額の援助をしていました。



時代は違いますが、アフガニスタンの共産党政権に対する、反政府勢力の勝利等、使い方次第で援助のみでも、軍事的な結果が変わることがあります。それと同じことを期待していたのです。
なお、中国に対する外国の直接的な軍事介入はうまく行かないことは、第二次世界大戦で、日本軍が証明しています。
    • good
    • 0

優先順位の問題です。


今でこそ中国は大国であり、とても重要な国ではありますが、当時のアメリカ、イギリス、フランスにとって中国は最重要な国でも最優先されるべき問題でもありませんでした。
だから中国が共産政権になるのを傍観しました。

イギリスの場合、国共内戦の再燃した1946年、まだ戦争による経済的疲弊から回復していないイギリスを、数十年振りとも言われる大寒波が襲い深刻な燃料危機が発生し、ますます経済を悪化させます。既に政府の予算は巨額な対外借款に依存しており、予算の問題としても深刻でした。その結果、それまでの対外政策が根本から見直され、1947年1月には大幅な軍事支出の削減や植民地の独立(ビルマやインド)の方針が示されました。
中国どころの話ではなかったのです。

フランスもイギリスと同様でした。ドイツからの支配を脱したとはいえ、その戦争の傷跡は深く経済的困難な状態にありました。それに付け加え、回復したアフリカやインドシナの植民地で独立運動が激化し戦闘になっていました。特にインドシナで激しいゲリラ戦にあっていました。
フランスも中国どころではありませんでした。

アメリカは当初、以前より支援していた国民党と共産党との調停に動きましたが、それがうまくいかず、その後は国民党を見限りました。
対欧州援助、対日援助や中近東への影響力強化に重点を置いていたからです。
当時のアメリカの安全保障としてはヨーロッパや日本、中近東が中国よりも優先されたのです。
ことにソ連が1946年頃、イランやトルコに影響力を伸ばそうとしていました。
この頃、特にトルコへのソ連の接近についてアメリカ政府では「ソ連の狙いはトルコ支配にあり、それが可能となればソ連の支配はギリシアから中近東に及ぶ。中近東は交通と石油を含む資源の両面で重要である」との判断が下され、そのためトルコとギリシアに援助が与えられ、東地中海に空母を含むアメリカ艦隊が常駐する事が発表されました。
イランに対しても1947年にアメリカとの間で軍事協定が成立しました。
その一方でヨーロッパでも問題が発生します。1948年にソ連によるベルリン封鎖が始まり東西の緊張が高まります。
この戦争への懸念、ソ連の脅威に対抗するため1949年にはアメリカ、イギリス、フランスなど12ヶ国が加盟したNATOが発足します。
国共内戦が行われている間に、中近東でもヨーロッパでもアメリカにとり重要な安全保障問題が持ち上がっていたのです。

アメリカは大国ですが、その力には限りがあります。アメリカにとっても国民党を単独で支えるのは大きな負担です。
その結果、優先度の高い国に援助が回されました。
国共内戦が再燃した翌年の1947年にアメリカが国民党に援助した金額は、2億1300万ドルです。
同じ年、アメリカはイギリスに対して28億ドル援助しています。国民党への10倍以上です。日本に対しては5億2500万ドルです。国民党への2倍以上です。
1948年にアメリカが国民党に援助した金額は2億2500万ドルです。
戦争している国民党よりも、戦争していない日本への援助額が大きいのです。ちなみに当時、アジアで一番アメリカの援助額
が大きかったのも日本です。なお、アメリカは他にもフランスやドイツなど色々な国にも援助をしています。
そして1949年にはアメリカは国民党への援助を打ち切り、軍事顧問も引き上げました。
中国の国内問題は中国自身に委ね、介入はしないという方針をアメリカ政府がとったからです。国民党を見捨てたのです。
これにはアメリカ政府が、日中戦争時代から国民党を支えてきたけれど、その国民党の腐敗ぶりが明らかで、不信感があった事と、一般市民の国民党離れを認識していたためとも言われます。

つまり、フランス、イギリスは自国の経済・防衛問題で余裕がなく、アメリカにしてもヨーロッパ、アジア、中近東諸国への援助とその防衛問題が優先で、自国民から見放されつつある中国の国民党を援助する意思は、少なくとも当時のトルーマン政権にはなかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。良く判りました。

お礼日時:2010/11/27 19:42

西側各国が中華人民共和国を認めたのは、アルバニア決議による中国国連加盟を認めたのが転機でしょう。


当時ベトナム戦争が泥沼化したアメリカが、ベトナムからの撤退を進めるため中国に接近したのが理由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/27 19:34

 大きく二つの理由があります。


 一つは、日中戦争に関した対日抗戦の戦略に起因し、もう一つは、長く続いてきた中国の農村社会システムを起因とする構造的なものです。

1.国共合作時の国民党と共産党の対日軍事戦略の違いについて。

・明治維新以後、日本は国内統治システムを完全に作り上げ、富国強兵を徹底して「軍」を編成しました。
 それに対して軍閥戦争が終わったばかりの当時の中国には、日本軍と同程度の戦闘力を持つ精鋭正規軍部隊は、蒋介石(日本に軍事留学し日本陸軍の将校だった経験があります。)の率いる国民党部隊だけで、日本軍の10分の1以下の兵力しかありませんでした。
 この虎の子の精鋭部隊を初戦で日本軍と全面衝突して戦わせても、壊滅してしまい、以後は全く抵抗ができなくなります。
 そこで、蒋介石の率いる中国国民党側は、侵入した軍より弱体な軍備しかない場合の、大陸国の伝統的戦術である主力温存策を取りました。

・具体的には、急造の二線級部隊(=民間人徴発)で人数を膨らませ、日本軍よりも多数の兵力にし、精鋭部隊とともに日本軍と戦いますが、日本軍の攻勢で戦況が不利になると、徹底抗戦せずに戦力を温存して内陸部に撤退します。
 ナポレオンがロシアに負けた時と同様に、相手に軍需物資を消費させながら、敵軍主力を補給の届かない内陸部に引きずり込んでいく作戦です。

 中国は絶対に負けず、日本は勝てない戦術で、陸軍参謀本部の石原大佐(満州事変の首謀者の一人)などは、この戦術を中国が取るので戦いが泥沼化するとして、対中戦争を極力回避しようとしましたが、現地派遣軍は戦闘に勝っているので、撤退することなく内陸部にどんどん入り込んでしまいました。
 その結果、食糧など補給に苦慮した日本軍は、住民からの軍票による食料徴発で、太平洋の島のような飢えには苦しまなかったものの、捕虜や住民の食料を保証することはできませんでした。(その結果、住民の恨みを買ってしまい、占領地の治安を確保できなくなりました。)

 また、民間人を駆り出して作った訓練の行き届かない中国の二戦級部隊は、銃の撃ち方などは習っているものの、戦術的部隊行動などは実戦の場では満足にできません。訓練の行き届いた精鋭部隊がさっさと撤退する後に、取り残されて大量に捕虜となり、日本軍のなけなしの食糧を食いつくすこととなります。
 そのうえ、少し前までは普通の民間人でしたから、敗走となると軍服を脱いで民間人となってしまうものも続出し(中国人同士の軍閥戦争の時はそれで何の問題もなかったのです。)、兵士・民間人・便衣兵の区別が極めてあいまいになってしまいました。

・日本がポツダム宣言を受諾して日中戦争が終了後、精鋭の主力軍を失うことなく戦い続けた蒋介石は、その軍事力を背景に「国民党」のトップとして、戦争後の政府の代表者となりました。
 しかし、大した兵力を持たず装備も整っていなかったので日本軍の占領地で便衣兵としてゲリラ戦を行うしかなかった「共産党」との内戦が始まると、『装備の優秀な国民党軍は逃げて戦ってくれなかった。満足な武器がなくても共産党軍は戦ってくれた。』という民衆の気持ちが大きく働いて、国民党は国民の支持を失うこととなりました。
 

2.中国の農村社会と共産主義

 明・清朝時代の中国は、科挙(科挙を受けることは、建前上、男子なら誰にでも許されたが、長期・苛酷な受験の連続で、経済的にゆとりのある大地主の一族しか事実上合格できなかった。)によって官僚となることの出来た富裕大地主層によって支配されていました。

 資本主義経済があまり発達していなかった中国では、都市労働者主体による共産主義革命路線が失敗し、毛沢東の提唱する農民を主体とした共産主義革命路線(毛沢東思想⇔マルクスの提唱したと資本主義のもとでの工業労働者による共産主義革命と決定的に異なる)によって、中国共産党は、農村地域に基盤を伸ばしました。
 その原動力は、共産党支配地域では、富裕地主の土地を没収し、農民の共有とするもので、小作料を払わなくてもよくなり、土地を自分たちの物にすることが出来るという実利によって、小作貧農層に圧倒的な支持を受けました。

 戦後も、国民党が、富裕地主層の土地私有を認めたのに対して、共産党は戦前からの富裕地主の土地没収政策を進め、多数を占める貧農層の支持を拡大していきました。

・大戦後、イギリス、フランスは疲弊しており、唯一、自国が戦場とならなかったアメリカも、厭戦気分が強く、日本が泥沼化した大陸への出兵を回避し、国民党への軍事援助に留めています。

<参考>
 こうして、中国共産党の大陸支配が確立しましたが、貧農層に政治基盤を置いたため、その後の長い経済不振と、鄧小平路線による共産主義の放棄につながっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。日本は中国共産党から礼状を貰ってもいいですね。

お礼日時:2010/11/27 19:36

当時の、今でもそうですが、ある程度ゆったりした暮らしが出来る人は限られています


ほとんどの人はどん底の暮らしぶりです
そう言う人たちに中国共産党は夢を持たせて味方に付けました
だから国民党は支持者を失ったのです
欧米はあれだけ多くの共産党支持者を敵に回すのは得策ではないと見たのでしょうね
だから静観したのでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/27 19:37

何も悪いことをしてないのに罰を受けたり、労働奉仕を強要されたりするからじゃないでしょうか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/27 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第2次世界大戦前後の日中関係

第2次世界大戦中、日本は米国に、国際法にのっとり、宣戦布告し(連絡ミスがあったようですが)、南方で戦ったことは知っています。

ところで、日本は、韓国・中国とは当時の国際法上、戦争していないはずだと思うのですが、中韓両国は、日本軍によって甚大な被害を被ったという話をよく聞きます。

韓国は、一時期の植民地支配(日韓併合)に対して、被害を被ったと主張していることは(善し悪しは別にして)だいたい理解できました。

ですが、中国については、日本との関係がいまひとつ理解できません。被害者と主張している側が、なぜか戦勝国になっていることも含めて。

中国に対して、日本は一方的に(100%)、侵略行為をしたのでしょうか? 中国にも若干非があったのでしょうか。
当時の、国際世論も含め、日中の客観的な、歴史を時系列で教えてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1904~05年の日露戦争で、日本は旅順・大連の租借権(事実上の領有権)と、後の南満州鉄道を手にしました。このとき、イギリスは同盟国でしたし、アメリカも日本に好意的でした。旅順・大連に駐留した日本軍が「関東軍」と言われます。
1914年に第1次世界大戦が始まると、日本は対独宣戦をして、ドイツの租借地青島を陥落させ、ドイツが持っていた山東半島での利権を接収し、翌1915年にいわゆる対華21か条の要求を中国に行い、この利権の継承のほか、満州、内蒙古での権益を要求して認めさせます。このときはアメリカも支持を与えていますが、第1次大戦の戦況を気にしてのことです。1919年に結ばれたベルサイユ条約では、米英仏も同意して、ドイツ利権の日本への引渡しが中国の反対を押し切って盛り込まれます。5・4運動と呼ばれる反日デモが中国全土で起こったのは、これに抗議してのことです。
1921~22年に、アメリカの主導でワシントン会議が開かれますが、中国に関しては「主権尊重・領土保全」を定めた9カ国条約を結び、米英の圧力で日本は21か条要求で手にした利権のほとんど(旧ドイツ利権を含む)を返還します。このときに日英同盟が廃棄されますが、このときから米英は日本の対中進出を警戒するようになり、特に対米関係は緊張に向かいます。1928年に、軍閥の割拠状態にあった中国は国民党によって統一されますが、これに対し日本は山東出兵、張作霖の爆殺で介入しようとしますが、米英を恐れて政府が事態拡大を抑えています。同じく1928年には不戦条約が結ばれ、日本も参加します。
そして、1931年に満州事変を関東軍が起こし、満州を占領、32年には「満州国」を成立させます。形式上は独立国ですが、政府の要職には必ず日本人の副官をつけ、日本が実権を握りました。中国の要求で、国際連盟はリットン調査団を派遣し、その報告では満州国は日本の傀儡だと認定し、日本の撤退を勧告する一方、日本に満蒙での特殊権益を認めるべきだ、とする妥協案も示します。日本はこれを拒否し、国際連盟が報告にもとづく勧告を採択すると、日本は国際連盟を脱退し、国際社会での孤立を選択します。しかし、米英が介入を避けたので、1933年に日中軍事停戦協定が結ばれ、中国は事実上、満州をあきらめることを余儀なくされます。
1935年以降、関東軍は華北分離政策を進めて、華北への介入を強めますが、これに中国はイギリスの支援で経済改革で対抗しようとします。中国で国共合作が成立し、抗日統一戦線が作られるのはこうした状況の下でのことです。
そして、1937年に日中全面戦争が始まります。盧溝橋での日中の衝突は多分に偶発的なもので、現地では停戦協定が成立していたのにもかかわらず、日本は軍を増派して戦争を開始しました。アメリカはこれを激しく非難し、国民政府への援助を強めます。太平洋戦争の前段の日米関係の悪化は、日中戦争の開始に端を発していました。首都南京を陥落させれば、国民政府は屈服する、と日本は考えていたのですが、南京陥落に際して、国民政府は武漢、その後重慶に遷って抗戦します。日本軍の支援で成立した汪兆銘政権は、日本軍占領地域の政府で、日本軍に対する拒否権は持てず、実質は日本軍の傀儡でした。日本軍は占領地域は増やしていきますが、住民の抵抗や、八路軍(中国共産党軍が国民政府軍に編入されたときの名称)などのゲリラ戦に悩まされ、戦争は泥沼化します。このとき、日本軍による住民虐殺が起こったのも、住民と区別のつかないゲリラを掃討するためということでした。このころの中国共産党は「抗日」で民衆と深く結びついて勢力を伸ばしました。中国共産党政権が、抗日戦争を教育に使うのは、中国共産党が中国民衆の味方であることを強調したいためです。
1939年、日独提携に対抗して、アメリカが軍需物資の対日禁輸策をとったため、中国戦線を維持するには物資が不足したことが、日本の南進の動機となります。また、東南アジアからインドにかけて占領する、という作戦の動機のひとつはアメリカによる「援蒋ルート」(アメリカが国民政府に対して支援の兵器や物資を輸送した道)をさえぎる、ということでした。1941年のハル・ノートを日本陸軍がどうしても飲めなかったのは、「中国からの撤退」というところです。このように、太平洋戦争は日中戦争抜きには考えられなかったので、日米が開戦すると、当然のように米中は同盟関係となったのです。
軍事的には、日本敗北の主力をなしたのはアメリカで、日本の降伏時も中国には広大な占領地域が存在しました。しかし、中国撤退を拒否したために、開戦したのですから、中国戦線の泥沼化はその日米戦争の前提条件でした。中国が抗戦し続けたのも同様に前提条件と言えます。したがって、日本の降伏にともない、中国が戦勝国になったのは自然な流れでした。
韓国・北朝鮮はこの戦争においては、植民地として日本の一部だったため、戦勝国として認められず、サンフランシスコ講和会議にも招かれませんでした。朝鮮戦争中ですから、南北いずれにもそれを打開する政治力・外交力はなかったのでしょう。

この過程では、中国が日本固有の領土に侵攻したことは1度もありませんでした。日清戦争も、朝鮮が主戦場です。その後、日本は軍事力をてこに、中国固有の領土上での支配地・占領地を増やしていきました。中国の領土に駐兵し、ついには戦争をしかけて占領地域を拡大していきました。これが侵略でなければ、どういうことを侵略と呼ぶのか、と問いたいと思います。欧米列強の植民地拡大とどこが違うのでしょうか。他の人たちが悪いことをしていることは、自分がしている悪いことを免罪するものではありません。子どものときに悪いことをして叱られたとき、「xxちゃんもやってるよ」と言ったら、「お前が悪いことをしたのには変わりがないだろ!」とさらに叱られたことを思い出します。

中国に非があるとすれば、清朝が近代化に遅れをとり、その一因としては、自由化・民主化をつぶし、民衆の生活を省みなかったこと。1911~12年の辛亥革命で、清朝が倒れ、建前としては民主共和国である中華民国が成立しても、実質的には軍事独裁が続き、その状況をドラスティックに変えることができなかったこと。三民主義を掲げて政権を握った国民党も、政権掌握後は、現在の共産党政府と同じように、独裁と腐敗に沈む状況には、変わりがなかったこと。といったことでしょうか。いずれも国内的要因で、外国の侵略を正当化するのは、「いじめられた方にも原因がある」というようなものです。いじめられた方にどんな原因があったとしても、それはいじめることが悪いことだということを変えることにはならないと思います。

書くのに熱中していたら、とんでもなく長くなってしまいました。ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

1904~05年の日露戦争で、日本は旅順・大連の租借権(事実上の領有権)と、後の南満州鉄道を手にしました。このとき、イギリスは同盟国でしたし、アメリカも日本に好意的でした。旅順・大連に駐留した日本軍が「関東軍」と言われます。
1914年に第1次世界大戦が始まると、日本は対独宣戦をして、ドイツの租借地青島を陥落させ、ドイツが持っていた山東半島での利権を接収し、翌1915年にいわゆる対華21か条の要求を中国に行い、この利権の継承のほか、満州、内蒙古での権益を要求して認めさせます。このときはアメ...続きを読む


人気Q&Aランキング