出産前後の痔にはご注意!

交通事故における過失の立証責任
先日、交通事故の当事者になってしまいました。
相手側は過失を全面的に認めており、相手側の保険会社を含めて相手側の過失が大きいことについては異議はありません。
問題は、私に過失があったかどうかなのですが、私は接触前に停止しており、過失はないことを主張しています。が、相手の保険会社は私にも過失があったと主張しています。
民事においては証明は被害者側が行わなくてはならないらしいのですが、この場合、私の過失の立証責任は相手側(の保険会社)にあると考えてよいのでしょうか。

この質問には直接関係しないとは思いますが、私側の保険会社100:0を主張し、私も同意していますので私側の保険会社は動いていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>民事においては証明は被害者側が行わなくてはならない



必ずしもそうではありません。
民事事件の立証責任は原告にあります。
被害者が原告で、加害者を被告として損害賠償請求訴訟ならば被害者に立証責任があります。
今回の場合は、keiba_eigo さんは被害者のようですが、加害者は、ほぼ過失を認めておきながら、「私にも過失があったと主張しています。」と云うことですから、
keiba_eigo さんが原告として損害賠償請求する場合は「原告は停止していたにも拘わらず被告の一方的な過失により原告に損害を与えた。」と云うような主張と立証すればいいです。
その裁判の中で「原告にも過失があった」と云うならば、被告側で原告の過失を証明しなくてはならないです。
例えば、「停止していなかった。停止しておれば、それほどの損害にはならなかった。」と云うような主張をして、キズの軌跡などで証明すべきです。
以上で、これは訴訟内のことですが、訴訟外でも同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切な回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:2010/11/27 13:27

完全停止とは、信号待ち中・駐車中の様な事を言います。


事故直前は止まっていたは停止していたとは扱われません。
詳しい事故状況が不明ですが、ここまでしか言う事は出来ません。


立証責任と言うより、裁判で勝つ為には御自身の主張を裏付ける立証をする事が大事です。
立証責任が無いからと言って、立証せずに裁判で勝てるか?っと言えば【NO】です。

質問者様が何時停止したかが問題になるでしょうね、危ないと思って停止したは法的には認められません、停止したとは扱われません。

示談に至らない以上は、1円の賠償金も受け取る事が出来ません、請求するのが質問者様ですから、質問者様が証明すれば話は付くはずです。
どちらに立証責任があるか?ではなく、どっちの言い分が正しいと言う事を証明出来るかだと思います。
勿論相手が証明し質問者様が証明出来なければ、裁判でも負けると言う事です、その逆なら質問者様は勝てると言う事です。

>この質問には直接関係しないとは思いますが、私側の保険会社100:0を主張し、私も同意していますので私側の保険会社は動いていません。

弁護士特約の加入あれば適用できないか、保険会社に検討して貰いましょう。

請求する側が訴える側になりますから、弁護士費用(手付金約30万)・裁判費用(1年約100万)の費用も質問者様負担になります、相手は金銭も弁護士も任意保険が用意負担します、弁護士特約加入なければ、痛いのは質問者様になりますよ。


詳しい事故内容も必要かと思いますよ?

この回答への補足

回答をいただきありがとうございました。

「思いますよ?」
という表現が非常に気持ち悪いので、あなたの回答そのものの評価が下がってしまったことを付け加えさえてください。

補足日時:2010/11/27 13:25
    • good
    • 0

過失の立証責任は「請求者側」です。


つまり、交通事故の損害賠償を請求するうえで、ご質問者が100%の賠償を要求するのであれば、ご質問者が過失がなかったことを立証しなければなりません。

双方過失がある場合は、双方に立証責任があるということです。

この回答への補足

それは幽霊の存在証明になりませんか。
相手側の過失を双方が証明するのが普通だと思うんですが。

補足日時:2010/11/27 09:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過失の証明と立証責任

過失の証明と立証責任

病院の駐車場に車を停止した直後に動き出した隣の車両にぶつけられました。
加害者は私の車が隣に入って来た事に気付かずに
こちらの駐車スペースにはみ出してぶつけました。
加害者は全く目視していないのにも関わらず私の車が動いていたと主張しています。
もちろん停止状態でラインからはみ出すようなこともしていません。

私に過失があるのなら車が動いていた事を証明して下さいと保険屋に言いましたら
「あなたが過失が無いと言っているのだから過失がないことを証明する責任はあなたにあります。」
と言われてしまいました。
過失が「ある」と主張する側に立証責任があるのでは?といいましたら
「では加害者に過失が100%あると立証して下さい。」とも言われました。

加害者は過失が「ある」ことを認めており、加害者7:3被害者の割合で示談を提案してきてます。
加害者が私の過失を立証できなければ自動的に相手が100%だと考えますが
ご意見を伺いたく投稿しました。

Aベストアンサー

「無いことを証明する」と言うのは世に言う「悪魔の証明」と言ってできないものです。
しかし、日本の法の中では立証する必要があります、何か変ですよね。
実際「無いことを証明しなさい」と主張してきた弁護士は性格が悪いと相手に思われて
弁護士界でつまはじきに会うものです。

悪い相手に捕まったと思うしかないです。
「私が動いていたと主張するなら、それを見ていてなおもはみ出して動いたのはなぜですか」と
返せばと思います。
「見ていなかったから気が付かなかったのはそちらなのでは」と主張することは出来るかと。
しかし万全ではないです。

Q事故状況で証言に食い違いがある場合の対応について

事故状況について証言に食い違いがある場合、双方の保険会社または相手の保険会社に立ち会ってもらって相手の方と直接お話することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相手方も同意すれば、四者面談(双方当時者、双方保険担当者)も可能ですが、通常は調査会社を入れます。
調査会社は当事者双方から個別に事故状況を確認し、現場状況等から、どちらの話が信憑性の高い話なのか確認して、保険会社に報告し、その調査結果でもって保険会社が判断するということになります。

相手と直接話し合ったって、お互い感情的になり、まとまる話もまとまらない可能性が高いですし、何よりその場で結論を求められるので、保険会社の担当者は嫌がるでしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング