最新閲覧日:

私は雨が好きなのですが、雨っていろんな種類がありますよね。でも、どういう雨があって、どんなふうな呼び方があるのかあまり知りません。
自然科学用語でも、国文的表現、なんでもかまいませんので、教えてください。
「雨」にまつまる本などもあれば紹介してください!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

気象庁の主任予報官を務めた倉嶋厚さんが監修する『雨のことば辞典』には、雨の種類だけでなく、「てるてる坊主」や「狐の嫁入り」といった雨に関する言葉も含めて全部で1190の言葉が載っていますよ。

辞典とありますが、読み物としてもとても面白く、立ち読みのつもりが買ってしまいました。
    • good
    • 1

コメントがなくなってしまったので、読まれているかどうかわかりませんが、


三度の登場、endersgameです。

産経新聞の社説で、新しい言葉を知りました。
「卯の花腐し」(うのはなくたし、くだし)
5月下旬の卯の花(ウツキ)の頃から6月に降る、物を腐らせるような長雨のことだそうです。
他に、参考URLのサイトを見つけました。

梅若の涙雨、栗花落(ついり)、翠雨、麦雨、甘雨、洗車雨、御山洗い、肘笠雨、天泣、御降、寒九の雨、私雨、外持雨・・・
いやぁ、まだまだたくさんありますね。

参考URL:http://www.weather-service.co.jp/
    • good
    • 1

大辞林によると以下のように書かれています。



なたね-づゆ 【菜種《梅雨》】
菜の花の盛りのころに降る春の長雨。

じう 【慈雨】
めぐみの雨。ほどよい時にほどよく降って、草木や作物をうるおしそだてる雨。「旱天(かんてん)の―」

りんう 【霖雨】
幾日も降り続く雨。ながあめ。


とらがあめ 【虎が雨】
陰暦五月二八日に降る雨。この日は曾我十郎の忌日で、妾(しよう)であった遊女虎御前の涙が雨となって降るという。曾我の雨。虎が涙。[季]夏。《ひとたびの虹のあとより―/阿波野青畝》
    • good
    • 0

「雨雨雨・・・」と書き込んだ者です。


来るのが遅く、既に詳しい回答がされていたので、直接の回答は書かないでおきますね。後からここを読む人の楽しみのためにも。

さて、雨関係の言葉をいろいろ思い浮かべていたんですが、
こんなのも回答に寄せてよいでしょうか。

しのつく雨
しのつ・く 【篠突く】
篠竹を束ねて突きおろすように、細いものが集中して飛んでくる。多く雨の激しく降るさまにいう。しのをつく。「―・く雨」

そぼふる雨
そぼふ・る 【そぼ降る】
〔中世末頃まで「そほふる」〕雨が静かに降る。しとしとと降る。「雨が―・る」

車軸
しゃじく ―ぢく 【車軸】
〔雨滴が車の心棒ほどもあるの意〕雨脚(あまあし)の太い雨。また、大雨が降ること。
車軸を=流・す(=下(くだ)・す)
車軸のような太い雨脚の雨が降る。大雨の降るさまにいう。
雨車軸(しやじく)の如し
〔長阿含経〕雨が激しく降るさま。雨脚を車軸にみたてていう。

探せば、まだまだありそうですね。
    • good
    • 0

度々すみません。

さっき一緒に書けば良かったんですけど、急に思い出したので(^^;
ご存知かもしれませんが、「きつねの嫁入り」という表現もありますね(天気雨のことです)。
    • good
    • 0

遣らずの雨について。

。。

訪れた人が帰ろうとするときなどに、まるで「帰らないで・・・」って引き止めるかのように降り出した雨のことです。
この言葉は、特に趣があって好きなんです。

いろんな言葉を知って、表現力が豊かになるのは素敵なことですね。
    • good
    • 0

endersgameさんの川柳についての参考です。

面白いですね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/bandeo/guest2/seki-ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
自分なりになんて読むんだろうとしばらく考えてみたんですが、ぜんぜん分かりませんでした。すっきりしました。でも、考えた人すごい!サイトも面白かったです。

お礼日時:2001/04/14 20:16

「同じ字を 雨雨雨と 雨て読み」ってのがありますね。

川柳でしたか。(実家に出典本を置いてきてしまったので、どなたか補足してください)

どうしましょ、ちょっと悩んでみますか?

補足なくても、明日には回答書きますので、ご心配なく。
(他の人に先に書かれちゃうかな ^^ゞ )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い川柳ご紹介いただきありがとうございました。
しばらく「?」と一人で悩んでみましたが、結局分からなくて、答えを見ちゃいました。でも、この川柳を考えた人ってすごいなぁと関心しました。同時に私って頭かたいわ~って実感しちゃいました。
きっと、俳句や川柳や短歌などもっと調べてみたら、色々な表現方法が見つかるかもしれませんね。自分で少し調べてみます。本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/04/14 20:21

私は雨自体はあまり好きじゃないのですが、表現はいろいろあって好きです。


比較的よく使われていて、これまでの回答に出ていないものをあげてみます。

小糠雨(こぬかあめ)、通り雨、天気雨、長雨、にわか雨、遣らずの雨などです。

他にもたくさんありますが、雨を表現する言葉には趣がありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございました。
私も昔は雨は好きじゃなかったんですが、今ではその雰囲気がすっかり好きになってしまって・・・・。でも、自分の好きな雨を人に説明しようと思うと、意外に難しかったんです。ayoriさんに教えていただいたものをこれからフル活用します!あの、ちなみに、「遣らずの雨」ってどういう雨なんですか?お時間あれば教えてください。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/14 20:31

前の方がいっぱい書いてますね~もうないかなぁ?



■驟雨(しゅうう)
急に降り出し、強弱の激しい変化を繰り返しながら、急に降り止む雨。前線または雷雨に伴われたものが多い。にわか雨。夕立。

■雷雨
雷鳴をともなった激しい雨。[季]夏。《大―来ると渡舟のあわたゞし/豊原青波》

■涙雨
(1)悲しみの涙が化して降るという雨。「虎御前の―」
(2)ほんの少し降る雨。


ちょっぴりでごめんなさい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!!
ぜんぜんちょっぴりではないです。内容が濃くて、特に
「ししゅう」なんてはじめて聞きました。すごくお得な気分です。ありがとうございます。あと、私は「涙雨」という言葉、すきです。たまに、「空が泣いているような」感じがするときがありますが、まさにそういう時にこの表現を使えばいいんですね。表現方法が増えて、本当に嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/14 20:39

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ