ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

はじめまして。

2011年1月後半で引越しを考えていたのですが、先日占い師さんにみて頂いたら
「2月3日までは動いたらダメ!」と言われました。

今年(2月3日まで)は主人が大殺界、私が八方塞がりの年だからだそうです。

2月4日以降に引越ししても、主人にとってはあまり良い方位ではないので
方違え神社へ行ってお札を頂いて来なさいとのことでした。


主人 1969年4月4日 四緑木星
私 1965年11月29日 八白土星
娘 1988年10月3日 三碧木星
わんこ 2008年7月13日
わんこ 2010年4月27日



引越し先の方位・・・南東 2.7キロ程(隣の市へ)

マンション(賃貸)から築6年程の一戸建て(賃貸)への引越しです。


諸事情から、できれば1月末までに引越ししたくて
最初は1月27日を予定していたのですが・・・。

やはり良くないのでしょうか?

不動産屋さんから(日割り家賃の問題で)早く入居日を決めてくれないと
契約書が作れないと言われていて急いでおります。


20年程前に引越し後良くないことが続き、霊媒師さんにみて頂いたことがあるのですが、その際「引越ししてきた日と方角が悪すぎる。11年以内に死人が出る。」と言われ(実際、流産直後でした)それ以降、引越しに関してはどうしても神経質になってしまいます。

でもその後2回引越ししておりますが、2回とも急な引越しで前もって調べる・・・
ということはできませんでした。

今回も同じようなもので、先に吉方位等調べたわけではありません。


現在の所には今年3月末に引っ越してきたばかりで、まだ1年も経っていません。
その前の家には丸3年住んでいました。

どちらも同じ市内での引越しでしたが、この引っ越し後もいろんなことがありました。


主人も娘もそういうことにはこだわる性格ではないので、私ひとりが悩んで焦っています。

どうか良いアドバイスをよろしくお願い致しますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

家族の中に気にする人と気にしない人がいると、かなり善処は難しいですよ。


それに多くに人に聞けば多くの指導が出て来るので、かえって混乱するばかりです。
だから、指導を受けるなら誰か一人に絞るべきです。

人生というのは川を登るようなものです。つまり黙って浮かんでいたら次第に下流に流されます。川上に行こうと思うなら必死に泳ぐか櫓を漕ぐしかありません。その櫓を漕ぐ行為がつまり吉方取りです。
従って流されるままの人がいいほうに行こうとしても、それは無理というものです。
では、難を避ける為に泳ぐのを辞めるのか・・・ということになります。
その人が信じられるなら、その通りにするしかないでしょう。でも人間吉方なんてぜいぜい一年に数回あればいいほうです。
計画的に引越しをするなら判りますが、引越しが決まってから方位を見たって70-80%は悪いほうに行くに決まっているのです。

悪い方角だから行ってはダメというのは簡単だし、殆どの人が悪いほうにしか行かないのが普通の人生です。
私達は「大難を小難に、小難を無難に」と難を小さくして乗り越えられるようにして行きます。
ただ、それには10年吉方取りをしていかなければなりません。川を遡上するのに気軽な方法などないのです。

その人の占い方がなんであるかは知りません。私は気学なので、ダイサッカイなんていうものはありません。
気学は積み重ねなのです。だから仕方なく凶方を取るなら、これか先、吉方をとり続けて、難を小さくし、乗り越えられるようにすればいいのです。

で、1月下旬から節分は土用に入ります。土用は新規事や引越しや穴掘りは厳禁ですから万人にダメです。
それ以外の事は10年間やる気があるなら「気学」をきちんと見れる人に見てもらいましょう。
「悪い方位だからダメ」なんていうのは誰でもいえます。でもちゃんとした人ならどうすればいいかも教えてくれるはずです。それが出来ないなら気にしないのが一番です。

また、神社の参拝や札はマジナイではありません。信仰が無いのに言ったってご利益などありはしません。
その人は神社の事をあまりご存じないようです。
一部方違えの札を出している所もありますが、基本的に神社本庁所属の神社では神社神道と言って、ご利益信仰を主にしている訳ではありません。これらは祭事主体です。
厄災回避等のご利益を主にしているのは密教系や修験道系の神社です。
だから神社を探すより方違えならお大師さんなど密教寺院の方が本家本元なんですよ。
だから方災除けの祈願をするなら、そちらの方が早いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ございませんm(__)m

ご丁寧にわかりやすくご説明して下さりありがとうございました。

人生そんなに甘くないということですよね。

今まで悪いことがあると、つい周りのせいにしてしまったり(引っ越した日が悪かったから?この家が悪かったから?等)自分自身のことをあまり反省しなかったように思います。

こういう考え方ではダメですよね。

まず、もっとしっかり自分というものを持って、その後いろいろ考えてみようと思います。

この度はお力になって頂き、本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/30 09:25

全く気にしなくて良いです。



占いとは本来そういった物ではありません。所謂現代の占い師さんはそういったトークを売っていますが、
そのトークが悪い事を伝えていれば、日常にあって何の不思議も無い悪い事に「本当に悪い事が起きた」と、
良い事を伝えていれば、日常にあって何の不思議も無い良い事に「本当に良い事が起きた」と感じるもので、
また、占い師さんはそれを感じさせるサービス業です。
大抵のお客さんは何かしらの悩みがある訳で、お客さんの反応を見ながら解答していく訳です。
(一応、テキスト的に占いの結果は存在します。それ自体占団によって違いますし、良くも悪くも解答出来る内容です。)
ですので、条件がまるっきり同じでも、お客さんによって(同じ占い師さんの占いに於て)占いの結果が違います。
寧ろ結果が同じだとしたらその占い師さんは技能が低い事になります。
誕生日や姓名や年齢性別等々が同じでも、悩みや性格は違いますからね。

ここに神様や常習性が加わると新興宗教になります。
某占いの大家である細○○子先生はギリギリ占い師側にいる感じですね。

(これは私の個人的考えですが、占い師さんのお仕事の重要な部分の大半は悩みを訊いてあげる事だと思います。
カウンセラーや精神分析医、新興宗教や自己啓発も、その後のサービスが違いますが悩みを訊く事が
一番重要では無いでしょうか。まあその後サービスによって評価は違いますが)

冷静になってよく考えてみて下さい。貴女が20歳以上ならば
11年もの年月が経てば親戚や知り合いの誰かに御不幸がある事は何の不思議でもありません。

お引っ越しの方位で言えば、何処から何処を見て方位が悪いとお考えですか?
地球は丸いです。悪い方位の反対側を向くと、ぐるりと回って新しいお家ですよ。

本来占いという物は農耕や狩猟とか自然災害等に対する長年のデータの蓄積とそれらに対する近い未来の予測でした。
方位等は一例を簡単に挙げれば「この時期季節風であの地は流行り病が起こり易いので
近づいてはいけない」といった事が起こりです。(昔は、病は悪霊が運んで来る)

昔の占いは学術であり、今のスパコン地球環境シミュレーターと同格なのです。

今の占いは生活に潤いをもたらすものとして、また悩んだ時の参考として有意義だと思いますが、
それに縛られたり振り回されたりしてはいけません。悪い事ばかり考えるなというだけではありません。
良い占い結果でも浮かれてたり努力を怠ってはもともこうもありません。

ご主人が方位の悪いところへ転勤になるかもしれません。断りますか?栄転かもしれませんよ?
転勤先で良い事も悪い事もある筈です。良い事には目を向けず
悪い事だけを見てやっぱり方位が悪かったと嘆きますか?
そんな事に心を奪われていると良い事に気付けず、どんどん不幸になる(不幸に感じる)ばかりだと思います。

最後にお引っ越しのタイミングについてですが、
今の時期が占い的にどうであろうと思い立ったが吉日です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ございませんm(__)m

ご丁寧にわかりやすく、元気の出るご回答ありがとうございました。

この数日悩みすぎて精神的にも肉体的にもすっかり弱ってしまい、せっかくの引越しも煩わしいものになっておりました。

たしかに主人も娘もnoise21さんと同じ考えなので「そうよね~!」と納得させられる部分は大きいです。

日取り変更は厳しそうですし、今はこのまま流れに身を任せてみてもいいかな~と・・・

お力になって下さり、本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2010/11/29 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング