ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

近江屋事件で坂本竜馬と中岡慎太郎が殺害されました。
この状況では、
1 坂本竜馬の殺害が目的で、中岡慎太郎が道連れになった。
2 1と逆に、中岡慎太郎の殺害が目的で、坂本竜馬が道連れになった。
3 二人とも殺害の目的だった。
4 どちらも殺害目的でなく成り行きで殺害された(強盗など)
などが、考えられると思います。
巷の見聞では、上記の1の場合しか取り上げられていないように感じますが、
2~4はどのような根拠で除外されてるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

下宿 京都」に関するQ&A: 京都での下宿先

A 回答 (1件)

「本当のターゲットは中岡だった」という説自体はありますが、これはかなり信憑性が薄いみたいです。



京都見廻組が実行犯だとすると、見廻り組はかなり前から近江屋を張ってたのが分かっています。

となると、中岡慎太郎が龍馬を訪ねて近江屋に来る日をわざわざ待って、龍馬の下宿を監視し続けるというのは、あまりに不自然です。

仮に、そこまで綿密に計画していたとすると、肝心の中岡にはとどめも刺さず、生死確認すらしないという事はあり得ないと思われます。

(中岡慎太郎が襲撃されて死亡したのは、2日後です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。
御回答内容は、京都見廻組が実行犯でない場合は、質問の第2項も信憑性はありうるということで宜しいでしょうか。
ただ、中岡慎太郎がとどめを刺されなかったことは、確かに第2項の信憑性を疑わせる根拠にはなりそうですね。

お礼日時:2010/11/28 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング