これからの季節に親子でハイキング! >>

40歳ぐらいで合格&司法修習合格

と、
35歳や30歳でそれを実現した場合、差はありますか?
どんな就職上の不利や現実がありますか。

ご存知の方教えてください。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 法曹資格者が今後増加しますが、有資格者が増えると、将来、就職がどうなるかは、他の国のケースが参考になります。



 ドイツでは、司法試験合格後、研修所に入るまでに2年くらい待機するケースが増えています。研修所を出ても就職や開業できる弁護士は一部であり、開業弁護士も副業を持つ人が多いと言われています。

 アメリカでは、司法試験合格後、公務員や企業に入る者がたくさんおり、司法試験ー弁護士というルートだけではありません。日本では、アメリカと違って、公務員、企業が法曹をあまり採用しないという問題があります。

 フィンランドでは教師の資格を得ても、採用までに何年も待機します。フィンランドでは教師の有資格者が少ないのですが、日本は教師の有資格者が多すぎて、資格があまり意味を持たなくなっています。

 公認会計士は、試験合格後実務経験がなければ資格をとれない仕組みになっていますが、実務への就職待機者が4割くらいいます。その結果、会計士試験の合格者数を減らすことになった。
 
 弁護士についても、将来、試験合格後、弁護士補になり、何年間かの実務経験を経て弁護士になる制度になる可能性があります。その場合、有資格者が増えれば、弁護士補としての就職先の待機者が増えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 09:55

 現在、弁護士の就職難であり、今後、この傾向は強まるでしょう。


 弁護士の就職は、一流法科大学院を優秀な成績で卒業した若い司法修習生の中から選抜される傾向が強まります。
 35歳以上だと、現在でも、就職先はほとんどありません。20年前でも、35歳以上の司法修習生を採用する事務所は少なかった。かつて35歳以上だと裁判官の任用も難しいと言われていたが、35歳以上で裁判官になった人がいないわけではななかった。
 現在は、年齢の問題ではなく、絶対的な求人数が減少しており、以前とは状況が違います。弁護士の絶対的な募集が少ないということ。若い人でも就職難です。
 35歳以上であれば、ほぼ即独でしょう。一人前の弁護士になるには、10年は経験が必要であり、その間、どのような実務経験を積むかが重要ですが、即独の場合には実務経験の機会があまりないという問題があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 09:55

つい最近、その話題を友人としていました。



>35歳や30歳でそれを実現した場合、差はありますか?
35歳は微妙ですけど、30歳とだったらかなりの差があると思います。

私の友人の一人(合格時33歳)は、かなりの上位(上位2%くらい)で合格しましたが、本当に就職に苦労していました。
女性だったので余計だと思います。
一方、今年1000番代後半で合格した20代男性は、もう就職決まりそうだといっていました。

兄弁が、年上を指導できないってのが理由らしいです。
40台となると、いわゆる即独ってのも視野に入れないとだと思います。

もう、法律事務所は飽和状態ですから、今からローへ行くという段階なら、なおさら厳しいでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 09:56

これって、普通の職業と同じだけど25歳で未経験者の人と40歳で未経験者の人をどちらの人を雇いますかと同じ問題です。



つまり、当然ながら前者の方が就職が有利です。

それに、弁護士の数が多すぎて就職難だとマスコミ報道されていますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40歳近くで司法試験合格したとしても…採用してくれる?

 最近、誌面上で「30過ぎて司法試験の受験を決心し、数年後、苦学の末合格」とか
「昔は悪かったけど、その後改心して司法試験勉強に取り組み合格」などの話題を目にする事がありますよね。
しかし、司法修習が終わった時にはもう30代半ばから後半になっている訳です。
実際、都心部でなければ(地方であれば)40歳近くになっても採用してくれる事務所はあるのでしょうか?
無いとしたら彼等(彼女等)の努力が報われないんじゃない?
と思ったもので。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 純粋な試験合格だけの知識だけではなく、それ以外の職歴、資格、キャリア、人脈なども考慮され、有利にはたらくこともあるのではないでしょうか?
 たとえば、私の知っている人で、税理士の実務を踏んだ上で弁護士になった人がいますが、ちゃんとした税務の出来る弁護士としては、かなり珍しいらしく、売れっ子状態です。あと、これからは、ビジネスマン経験のあるネゴシエート力のある弁護士の方なんかも必要になってくるような気もします。

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Qいつまで司法浪人できるか

今年40歳になる友人のことで相談ですが、
大学を卒業してずっと、司法試験の勉強をしています。

司法試験制度のことはよくわからないのですが、旧司法試験が
今年で最後ということもあり、それで不合格だったら、あきらめて
就職をするのかと思っていたのですが、今度は新司法試験を受けるために
法科大学院に入学すると言っています。

しかし、これから法科大学院を受験して、卒業してさらに新司法試験に合格するとなると、
もう、あと何年もかかります。しかも受験制限は三回で、三回不合格したときには
もう40半ばになります。

こんな彼に友人としてどう言ったらいいのでしょうか?
私は正直もうあきらめるべきだと思います。

ご意見いただければと思います。

Aベストアンサー

40歳まで仕事もせず、司法試験の勉強にいそしんでこれたり、これから法科大学院にいけるぐらい環境が恵まれているなら、続けるのは本人の勝手、カラスの勝手の世界でしょう。友人のあなたがいくら客観的に、論理的に説得しても、理解できないから、届かないから続けているわけで、正論を言えば言うほど逆恨みされるだけです。(ま、そもそも悩み相談の回答とはすべてそういうものですが)

だからむしろ、70歳でもハチマキ巻いて司法試験を頑張るように応援してあげてください。

Q税理士になりたいのですが年齢が40歳を超えてます

税理士事務所で働いている人、又は税理士をやっている方に質問です。私は簿記1級を持っています。そこで、転職して税理士受験を考えています。しかし、年齢的に40歳を超えており、会計事務所への転職は難しいとTACのアドバイザーに言われました。やっぱり、40歳を超えると、一部科目合格していても、年齢的に会計事務所への転職は難しいですか?ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が生きるのではなく、中小企業・個人事業主の日常の処理がほとんどですので、3級合格程度でも若い体力のある方を求めます。
高度な処理は税理士がするので、これで充分なのです。一級合格40歳だと「こき使うわけにはいかんだろうな」という面もあります。
40歳、税理士試験の簿財合格という方が、知人の税理士事務所に採用されましたが、この方は外資系営業経験があり、日常英会話と、契約書を作成するレベルの専門用語を使用しての会話ができた点を買われて採用されました。
会計事務所で「それが欲しい」という別の能力があるなら、採用もあります。

仮に45歳で合格、独立したとして、少なくとも3年間は喰っていけるような収入はないと思った方がいいです。
ここで奥様がどのように協力してくださるかも考えてください。

定年退職がない仕事ですので、魅力があります。
勧めないという意見ももっともです。
仕事以外の時間をすべて学習に向けるのは、きついですよ。
私自身は「独身時代の空白の6年間」と呼んでますが、夕食時と大晦日、元旦以外はテレビを見ない6年間でしたので、その間のアイドルとか流行歌とかまるっきりわかりません。
なつかしのアイドル番組などみても「これって誰?」状態です。流行っていたドラマなど名前も知りません。
妻は「あなたの空白時代に活躍した人だよ」と笑います。
覚悟しないとできませんよ。

一級合格してるのですから、それを無駄にしないようにして欲しく思います。

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が...続きを読む

Q税理士資格の取得条件の「実務経験2年」とは??

 こんにちは。今、税理士を目指して頑張っているところなのですが、試験が終わったら、まだ途中段階ですが就職しようと思っています。そこで、ふと初歩的な事が疑問になったのです。税理士の取得条件の「実務経験」とはどういうことなのだろう?
 普通の会社の経理担当であればいいのか。または会計事務所や税理士事務所に勤めなければならないのか??いまいちわかりません。ご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実務経験とは、租税に関する事務又は会計に関する事務で政令で定めたものとの規定があります。
特に、税務官公署や税理士事務所での経験とは規定されていません、一般の会社でも、その実務経験の内容が規定されたものなら大丈夫です。
なお、実務経験に該当するかどうかは、登録申請書及び在職証明書等を提出した後、税理士会の調査段階で個別に判断されます。

詳細は、参考URLをご覧ください。

試験、頑張ってください。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/07shiken/touroku.htm

Q放射線科医と放射線技師の違い

こんにちわ。
放射線技師というのは、よく病院に行って怪我などをしたときにレントゲンをとってくれたりする人のことですよね。
では、放射線科医というのはいったいどのようなことをするのでしょうか??
放射線を使って治療をするのでしょうか?
気になっています。
どなたか教えてください!

Aベストアンサー

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療などありますね。これらの機械を患者さんに必要以上の危険をあたえず安全に操作する技術を持った職業でもあります。

一方、放射線科医というのは医師の専門領域の1つです。専門は放射線診断装置(X線単純からCT・RI・MRIなどなど)による画像の専門的な解析(読影といいます)および、放射線治療機器を用いた治療です。

ここまで読まれて、あれ?と思われるかもしれません。共通なんです。元々あまたある医療職というのは医師の多岐にわたる職分を分担して行うように作られたものです。(例外は看護婦くらいでしょうか、看護婦は医療補助の側面以外に看護という専門職の唯一の担い手です)臨床検査については臨床検査技師…なども同じです。
放射線科技師に出来なくて放射線科医に出来ることは、技師に出来なくて医師に出来ることと等価です。つまり『診断』『治療』行為です。放射線の照射線量の決定は治療行為の決定でありますから医師の仕事なんです。
放射線技師は医師の指示・監督下で放射線を扱う業務の補助を行うというのが正しい表現だと思います。

まわりくどいかき方をしましたが、いいたいことをまとめます。診断を行い、治療行為に責任を持つのは放射線科医(医師)ですが、実際に検査行為や治療行為を担当するのは両者であり、どちらがどちらだけというものではありません。白衣を着た放射線科医に実際に出会われるとしたら、検診などの画像検査の結果について説明を受ける時か、放射線治療の必要が起こった場合などでしょうね。

放射線とはご存知の通り取り扱いに関して非常に慎重な操作を要するものです。ですから放射線を扱う職業は全て資格制度が作られています。

放射線技士というのは『診療放射線技師』という国家資格で、医療分野での専門職です。おっしゃるとおり医師のオーダーによってX線写真を実際に撮影したり、CT・RIも扱います。本来はMRIは被爆するわけではないのですが放射線技師がしていますね(なぜだろう?)そうした診断に使われる機械以外にも医療の世界では放射線を治療に使っていまして、ガンマ線治療や陽子線治療...続きを読む

Q30代半ばで弁護士になった場合

現在20代後半なのですが、今から法科大学院へ入って司法試験に合格後、司法修習を終えて30代半ばで弁護士になった場合、就職先はあるのでしょうか?

実務は未経験なのですから法律事務所への就職は無理なのでは?と思うのですが、法科大学院には社会人の入学者も多いと聞きます。また、そういう趣旨(社会人を受け入れる)で法科大学院の制度が作られたとも聞きます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法科大学院制度は、なるべく若いうちに弁護士になるような仕組みにすること、しかも弁護士の数を現行の数よりも増やそうと画策されたというのが本当のところのようです。
司法試験自体を何回までしか受けられないという制限がありますから。
2010年まではいままでの司法試験と新司法試験が併存して行われます。

30歳半ばで弁護士になられても今のところは大丈夫でしょう。そういう人は毎年何割かはいますし、いまのところ制限なく受けられる司法試験合格を目指して、30代で受けられている方はたくさんいます。
毎年法律事務所に、新人を入れませんかという通知が日弁連からあって「いそ弁」(居候弁護士)を受入れ、新人の弁護士は法律事務所から、事件に対する報酬ではなく給料という形で取得することになります。
ある程度の実務を経験して、顧客も分けてもらえるとか、自分で開拓する事ができるようになって、独立したり、いそ弁の形から共同経営者に昇格したりという道を歩むというのが一般的のようです。

法科大学院や試験については日弁連のHP等で解説しているところもありますので、読んでみてください。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/shihokai/kadai/houkadaigakuin/qa_3.html

法科大学院制度は、なるべく若いうちに弁護士になるような仕組みにすること、しかも弁護士の数を現行の数よりも増やそうと画策されたというのが本当のところのようです。
司法試験自体を何回までしか受けられないという制限がありますから。
2010年まではいままでの司法試験と新司法試験が併存して行われます。

30歳半ばで弁護士になられても今のところは大丈夫でしょう。そういう人は毎年何割かはいますし、いまのところ制限なく受けられる司法試験合格を目指して、30代で受けられている方はたくさ...続きを読む

Qサークルに入らなかった私

現在大学3年です。大学1年のサークル勧誘の段階で、どこに入ろうか迷っているうちに完全に出遅れ、結局部活・サークルに入らずに現在に至っています。
振り返れば、お世辞にも友人が多いとは言えず、上記の通りサークルにも所属せず、飲み会や合宿といったイベントをほとんど知らずにきた私の大学生活は、家庭教師や塾の事務といったバイトと、資格取得のためのハードな勉強(履修)で埋め尽くされていました。資格は教育関連のものですが、将来は、バイト経験や講義で得た知識を生かして、教育関係の企業に就きたいと考えております。
そこで質問なのですが、サークルに入らなかったことについて、面接でその理由を聞かれたり、突っ込まれたりすることはあるのでしょうか?大学生活を送るなかで、そこから自分が何かを得たとはどうしても思えないので、面接がとても不安です。バイトの経験や資格取得に燃えたことも、立派なネタになるでしょうか?ご意見やアドバイス等いただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、

 最近は殆どお見受けしなくなりましたが、「趣味:特になし」、「特技:特になし」、「サークル活動:経験なし」、「バイト経験:なし」という履歴書も実在しました。

 この場合、面接直前の履歴書の読み返し時に、どうしても、「不活発な人(暗い人)」という先入観が生じるのは事実です。先入観を持ってしまうと、どうしても、実際の面接が多少おとなしいだけでも、不活発と感じてしまいます。

 反面、上記の様な履歴書であっても、面接してみると、とても明るく、活発な受け答えで、「なぜ、サークルに入らなかったの?」と言う質問に対しては、

 「(笑顔で、)1年の時にに2年生の単位も取れるだけ取ってしまおうという無謀な計画を立ててしまい(ここでまた笑顔)、結局思ったほど取れなかった上に、サークルに入るタイミングも失ってしまいました(ここで、明るく照れ笑い)」

 と答えた方もおります。(もちろん合格、現在も活躍中)

 要は、「サークルをしていない」人が嫌われるのではなく、「何も計画や目的なしにダラダラしていた人」が嫌われるのです。

 貴方の場合は、きちんとした目的があったのですから、それを相手に伝える言葉さえ用意してあれば、全く問題はありません。

 ご参考になれば幸いです。就活応援します。

こんにちは、

 最近は殆どお見受けしなくなりましたが、「趣味:特になし」、「特技:特になし」、「サークル活動:経験なし」、「バイト経験:なし」という履歴書も実在しました。

 この場合、面接直前の履歴書の読み返し時に、どうしても、「不活発な人(暗い人)」という先入観が生じるのは事実です。先入観を持ってしまうと、どうしても、実際の面接が多少おとなしいだけでも、不活発と感じてしまいます。

 反面、上記の様な履歴書であっても、面接してみると、とても明るく、活発な受け答えで、...続きを読む

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む

Q35歳で公認会計士取得は遅すぎでしょうか

3年越し35歳での公認会計士取得を目指しています。
35歳という年齢で取得して、その後会計士として、実際どのような
キャリアを積むことになるのでしょうか?

本を読んだところ、学生合格の公認会計士の監査法人での
キャリアパスについて↓
25~26歳でシニアスタッフ(3次試験合格後)
28~29歳でマネージャー
30~33歳でシニアマネージャー
40歳でパートナー
とありました。階層制度のようで、35歳で会計士1年目でも学生
合格した方と一緒に監査法人で雇ってもらえるのでしょうか?
独立開業の道しか残されていないのでしょうか?

実現場の方、貴重な体験談などお聞かせ頂きたく、よろしく
お願いいたします。

Aベストアンサー

順当に行ったとしても35歳で会計士合格ですよね。
その後に監査法人などに就職するとしても、競争相手は
20代の合格者です。10歳以上年が離れていて、実務経験が
ない人が採用されるのは難しいのではないでしょうか?
監査法人としても一つの会社です。人事処遇上経験のない
ベテランを雇うことは少ないと思われます。
効果の薄いことに時間を割くのはためたほうがいいです。
それならば、今の会社でもっと活躍できるように精進するか
他の回答者ご指摘の通り、税理士にトライするのがいいかもしれません。


人気Q&Aランキング