マンガでよめる痔のこと・薬のこと

愛知県の枇杷島(名古屋の1つ手前)から、甲府まで(経由:名古屋・新幹線・豊橋・飯田線・岡谷・中央東線)の学割乗車券を持っています。(viewカードで購入、東Cと記載あり)

今のところ予定通り乗車する予定ですが、場合によっては当日になって(つまり、枇杷島乗車後)のぞみ号で「東京」へ転進せざるを得ない状況です。

この場合、豊橋から先が「方向変更」(変更後区間:豊橋~東京都区内、差額収受なし)に該当すると思いますが、その申告のタイミングは以下のいずれが良いでしょうか。
(1) 名古屋駅新幹線改札手前の切符売り場で申告
(2) 新幹線の車掌に申告
(3) 東京駅精算所で申告

A 回答 (5件)

度々失礼します。

No.3で回答した者です。
原券は枇杷島→甲府でしたね。誤って岡谷までの運賃で計算してしまいました。
前回の回答文にある計算は全て無視していただいて結構です。

【東京まで変更する場合】
○乗車しない区間:豊橋→甲府(経由:飯田・岡谷・中央)
・片道乗車券:5250円

○変更する区間:豊橋→東京都区内(経由:東海道)
・片道乗車券:4940円

4940円-5250円=-310円となりますが、差額がマイナスになる場合は払い戻しがありません。

【東京まで乗車する後に中央線経由で甲府まで変更する場合】
○乗車しない区間:豊橋→甲府(経由:飯田・岡谷・中央)
・片道乗車券:5250円

○変更する区間:豊橋→甲府(経由:東海道・山手・中央)
・片道乗車券:6830円

6830円-5250円=1580円の収受となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明解なご回答ありがとうございました。
とりあえずそうなった場合は、名古屋駅で相談してみます。

お礼日時:2010/11/27 21:12

回答はすでに出ているのですが、


お持ちの乗車券が岡谷経由の甲府までの乗車券なので差額は発生しません。
    • good
    • 0

枇杷島は名古屋市内の駅ではありませんので、名古屋駅で途中下車する事は可能です。



>>この場合、豊橋から先が「方向変更」(変更後区間:豊橋~東京都区内、差額収受なし)に該当すると思いますが、

使用開始後の乗車券の変更は、乗車しない区間と変更する区間の運賃の差額計算になりませんでしたっけ・・・

○乗車しない区間:豊橋→岡谷(経由:飯田(線))
・片道乗車券:3890円

○変更する区間:豊橋→東京都区内(経由:東海道)
・片道乗車券:4940円

なので、4940円-3890円=1050円の収受額になると思うですが。

また、豊橋→東京→岡谷と変更する事も可能です。

○変更する区間:豊橋→岡谷(経由:東海道・山手・中央)
・片道乗車券:7670円

7670円-3890円=3780円が収受額ですね。

旅客営業規則
第249条 普通乗車券、自由席特急券、特定特急券、普通急行券又は自由席特別車両券を所持する旅客は、旅行開始後又は使用開始後に、あらかじめ係員に申し出て、その承諾を受け、当該乗車券類に表示された着駅、営業キロ又は経路について、次の各号に定める変更(この変更を「区間変更」という。)をすることができる。
(1) 着駅又は営業キロを、当該着駅を超えた駅又は当該営業キロを超えた営業キロへの変更
(2) 着駅を、当該着駅と異なる方向の駅への変更
(3) 経路を、当該経路と異なる経路への変更

2 区間変更の取扱いをする場合は、次の各号に定めるところにより取り扱う。
(1) 普通乗車券
イ 次により取り扱う。この場合、原乗車券が割引普通乗車券(学生割引普通乗車券を除く。)であつて、その割引が実際に乗車する区間に対しても適用のあるものであるときは、変更区間及び不乗区間に対する旅客運賃を原乗車券に適用した割引率による割引の普通旅客運賃によつて計算する。
(イ) 前項第1号に規定する場合は、変更区間に対す普通旅客運賃を収受する。
(ロ) 前項第2号及び第3号に規定する場合は、変更区間(変更区間が2区間以上ある場合で、その変更区間の間に原乗車券の区間があるときは、これを変更区間とみなす。以下同じ。)に対する普通旅客運賃と、原乗車券の不乗区間に対する普通旅客運賃とを比較し、不足額は収受し、過剰額は払いもどしをしない。

引用終わり。

なお、変更する旨を申告するタイミングは、(1)→(2)の順ですね。
(3)はマズイというか、新幹線に乗り続ける時点で車掌さんに精算してもらう事になるかと思います。


もしくは、枇杷島から使用し始める前に申告するかですね。
使用開始前の変更であれば、原券の全区間と変更後の全区間の運賃で差額を計算します。
取扱としては、使用開始前に行うのが間違いなくスムーズなので、可能であれば使用開始前に申告する事をお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が前後して恐縮ですが・・・

実際にこの場面になり、名古屋駅で相談しました。
(1) 名古屋駅在来線改札
 ~ 「この券は東日本で発行したので、ここではどうすることもできない。
    とりあえず新幹線に乗って、車掌に言って欲しい。」

(2) 名古屋駅新幹線改札機に乗車券と特急券(東京まで)を投入したところ
 「区間不一致」ではねられる。
  飛んできた駅員に話したところ
 ~ 「これは方向変更になるので、脇(新幹線改札手前)の窓口で精算します。」

(3) 窓口に並ぶも
 ~ 「これは車掌に言ってください。」

(4) (2)の駅員に話したところ
 ~ 「本当ですか?そこで出来るはずなのに・・・どうもスミマセン」と言って
  特急券にスタンプを押し、通してくれた。

(5) 検札に来た車掌に話し、乗車券と引き換えにレシート(車内券?)を発行

こんな感じでした。
次回からは、乗車券はギリギリに買うことにします。

お礼日時:2010/12/06 13:03

No1に捕捉を読んで、続いて・・・



枇杷島は名古屋市内じゃなかったですか?とすると、途中下車はできませんから、最初、枇杷島から名古屋まで普通の切符で行って、名古屋で成り行き次第で買いなおすのが正解では?
    • good
    • 0

場合によって当日になって・・・というのが状況がよくわからないのですが、


通常なら、枇杷島の乗車前に申告してその切符の未使用・変更の処理をしてもらい、枇杷島で新たに購入して、東日本管内の駅で原券の払い戻し手続き(JR東海の駅で証明してもらっていれば手数料なし)でしょうけど、その状況ですと、(1)の名古屋でしょうね。

この回答への補足

早速ご回答ありがとうございます
質問の仕方がやや舌っ足らずでしたが、枇杷島から乗車後、所用のため名古屋に途中下車し、1泊します。ここまでは確実です。
当初の予定は、名古屋で用を済ませ、あとは飯田線経由での旅を楽しむ算段なのですが、名古屋での成り行きで、東京に行く可能性もある、という事情があります。

補足日時:2010/11/27 17:04
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJRの方向変更・経路変更

実際にやった事のある方か、JRにお勤めの方にお尋ねしたいんですが、旅行の途中でやってもらうと、どのような切符に変えてもらえるんでしょうか?

変更分をマルスで作ってもらうんでしょうか?
全体を作り直されるんでしょうか?(だとしたら元の切符は没収?)
それとも、大きな駅でも手書きなんでしょうか?

あと、これって「乗変」では無いんですよね?確認させてください。

Aベストアンサー

>>1です。

> 区間変更だと規則上は何回でも出来ますよね。

その通りです。

> 原券と束になった補充券全てを有人改札に持っていって
> 長々と説明することになるんでしょうか?

先に書いた通り、
> 一部の例外を除いては、区間変更の際はもとの乗車券類
> (原券といいます)を回収します。
ですから、原則として、区間変更を請求する際に持っている乗車券は1枚ですし、変更後に受け取る乗車券も1枚です。原券の情報は変更後に受け取る乗車券に集約されています。

「一部の例外」というのは、特別の区間変更券を設備してある場合です。例えば、といってもこれ1例しか知らないし、ひょっとすると全国でこの1例しかないのかもしれないが、長岡には「六日町←→犀潟」の区間変更券が常備されており、これは北越急行線経由の乗車券を所持する旅客に対して発売するものです。この場合原券は回収されず、区間変更券は原券とともに使用する時に限り有効です。

Q学生割引普通乗車券の区間変更について

いつもお世話になっています。
学生割引普通乗車券の区間変更についての質問です。
旅客営業規則249条を見ると、
区間変更する際、基本は打ち切った形で乗り越し分を収受しますよ。
ただし、このうち学生割引普通乗車券を除いた割引普通乗車券に関しては乗り越し部分についても原券の割引率を適用しますよ。
次の場合に限っては発駅からの差額をいただきますよ。
大都市近郊区間内相互発着の場合と原券が営業キロ100キロメートル以下で計算された乗車券の場合。
ただし、このうち学生割引普通乗車券は除いて割引普通乗車券に関しては乗り越し後も割引が適用であるときは発駅からの差額を割り引いた金額で収受しますよと書いてあるかと思います。

ということは、学割を所持していて大都市近郊区間内相互発着となるよう乗り越した場合は打ち切り計算のみになるということでしょうか?
例:水戸→東京山手線内の学生割引乗車券を所持して横浜まで乗り越した場合、普通乗車券の場合は差額を収受しますが、学生割引乗車券の場合は品川→横浜間収受と考えてよいのでしょうか?
近郊区間内であってもすべて打ち切りになるのでしょうか?

回答お願いします。

いつもお世話になっています。
学生割引普通乗車券の区間変更についての質問です。
旅客営業規則249条を見ると、
区間変更する際、基本は打ち切った形で乗り越し分を収受しますよ。
ただし、このうち学生割引普通乗車券を除いた割引普通乗車券に関しては乗り越し部分についても原券の割引率を適用しますよ。
次の場合に限っては発駅からの差額をいただきますよ。
大都市近郊区間内相互発着の場合と原券が営業キロ100キロメートル以下で計算された乗車券の場合。
ただし、このうち学生割引普通乗車券...続きを読む

Aベストアンサー

そのとおりです。

改めて旅規第249条(区間変更)の第2項(1)普通乗車券を見てみましょう。

イ 次により取り扱う。⇒★【これが基本】
  この場合、原乗車券が割引普通乗車券(学生割引普通乗車券を除く。)であって(後略)⇒【学割を除くので以下無関係】

(イ) 前項第1号(乗り越し)に規定する場合は、変更区間に対す普通旅客運賃を収受する。⇒★【これが該当】
(ロ) 前項第2号(方向変更)及び第3号(経路変更)に規定する場合は、(後略)⇒【方向変更でも経路変更でもないので無関係】

ロ イの場合において、原乗車券(学生割引普通乗車券を除く。)が次のいずれかに該当するときは、(後略)⇒【学割を除くので、以下無関係】

ということは、消去法により★を付した部分だけが残ります。つまり、単純にイの(イ)を適用するわけで、もうロは無関係なのです。

どうしても、ロの(イ)にある「大都市近郊区間」という文言に引っ張られがちですが、もう関係ないのです。

Q往復乗車券の乗車変更について

往復乗車券の乗変について教えてください。

往復乗車券から乗変できるのは、往復乗車券だけなのでしょうか?

片道2枚もしくは片道1枚に変更はできないのでしょうか?
たとえば、広島市内 ←→ 大阪市内 の往復乗車券を、
広島 → 北長瀬 と 北長瀬 → 大阪 いう2枚の乗車券
もしくは、広島市内 → 大阪市内 という1枚の乗車券

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、2券辺同時に差し出して変更を受ける必要があります。なお、乗車後の区間変更に関してはこの限りではありません。

第243条第1項には割引のある乗車券や回数券の変更ができない事が定めてありますが、第2項は往片・復片同時にさしだした場合は変更できると定めています。
このため、往復乗車券の場合、往復割引きの有無にかかわらず変更が可能です。

普通乗車券相互間の変更については、2003年10月の改訂で追加された項目ですが、窓口では未だに混乱が生じるようです。

(備考)
往復乗車券の往復2券片から変更できるのは、片道乗車券1枚となります。
なお、1回目の変更では手数料がかかりませんから、金額的には往復乗車券を行きと帰りの2枚の片道乗車券にするということは、
「往復乗車券を行きの片道に変更して過剰額返却」+「帰りの片道を新規購入」=「2枚の片道に変更できたように感じる」
となりますが、受け取った片方(往復からの変更分)は次の無手数料変更ができません。

(完全なる蛇足)
片道乗車券・往復乗車券で発売できるものは、連続乗車券としては発売できません。これは第26条第3号に定められています。(往復を片道ずつ2枚の片道乗車券でも発売できるのはご存じの通りです)

(参考URL)
旅客営業規則はJR各社共通ですが、JR西日本公式サイト内の規則(抜粋)へのリンクを張っておきました。pdfファイルなのでJR東日本のような条文ごとへのジャンプはできませんが、第69条の各号にカッコが表現されているなど、htmlでは表現しきれない部分も表現されていると言った点もあります。お好みに応じて東西を選んでみてください。

参考URL:http://www.jr-odekake.net/guide/stipulation/

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、...続きを読む

Q特定特急券とは?

特定特急券とは?
本日岡山駅で岡山→広島間の新幹線自由席特急券を買ったら、題字(っていうのかな?)の部分に
「新幹線自由席特急券/特定特急券」とありました。何らかの企画切符でもないし、特定区間でもないと思うのですが、一体この「特定特急券」とはどういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「のぞみ」があるための表示になります。
「のぞみ」には3両の自由席がありますが、
「自由席特急券」では乗車出来ないことになっています。
「のぞみの自由席」には「特定特急券」が必要となり、
この表示がなかったり特急券(指定席利用は単なる特急券と言います)で、
「のぞみ」を指定していなければ「のぞみ」に対しては無効となります。
自由席特急券も特定特急券も同額ですし、
「のぞみ」の自由席にわざわざ「特定自由席」と言うような表現もないので、
混乱してしまいそうですが、
みどりの窓口などで自由席特急券購入に際して、特に説明する内容でもありません。

東海道山陽新幹線の自由席特急券を窓口や自販機で購入した場合は
必ず「特定特急券」の表示があります。


特急券のセットされたフリー切符類はほとんど、「のぞみ」に乗れないことになっていますが、
大衆化されても「のぞみ」はあくまでも特別扱いの考えは継続されているようです。

よく金券ショップで自由席特急券がセットされた回数券のバラ売りがあり、
東海道山陽新幹線用については」「ひかり・こだま自由席回数特急券」など、
「のぞみ」では使用出来ないことを表示しています。
窓口での購入は「のぞみ」の自由席と他の自由席が同額であっても、
乗車出来ないことになり、
誤って乗車した場合は乗車券部分のみが有効となり、特定特急料金を請求されるとそれに応じることになります。

隣の駅同士や、その制度を実施後中間に新設された駅については
その駅をまたいで2駅間で、自由席利用に限って格安に設定した特急券も
特定特急券と表現されますので、非常にややこしいです。

ちなみに時刻表などの料金運賃案内では、東海道山陽新幹線については
「自由(特定)特急料金」「のぞみ自由席利用の特定特急料金」と記載されています。

「のぞみ」があるための表示になります。
「のぞみ」には3両の自由席がありますが、
「自由席特急券」では乗車出来ないことになっています。
「のぞみの自由席」には「特定特急券」が必要となり、
この表示がなかったり特急券(指定席利用は単なる特急券と言います)で、
「のぞみ」を指定していなければ「のぞみ」に対しては無効となります。
自由席特急券も特定特急券も同額ですし、
「のぞみ」の自由席にわざわざ「特定自由席」と言うような表現もないので、
混乱してしまいそうですが、
みどりの窓口などで自...続きを読む

Q乗車券発行してくれない理由

先の三連休、大阪府内のJR某駅から京都に行き、京都観光してから広島に向かい、最終のみずほで岡山まで戻る予定でした。

時節柄京都駅の窓口は大混雑が予想されるため、某駅で事前に乗車券を購入しておこうと思い「京都から広島までの乗車券ください」といったら「特急券は持ってますか?」「いや帰りが何時になるかわからないのでまだ買っていないけど」「特急券持っていないなら発券できません」とのこと。
質問(1)
なぜ特急券がないと他駅からの乗車券を発券してくれないルールになっているのでしょうか?

「そんなん、帰りの時間がわからんのに。じゃあ、エクスプレス予約は直前まで変更可能やからとりあえず遅めの時間で仮予約しとくわ。その予約画面見せたら発券してくれるな?」「いや、予約して特急券を発券してからじゃないと乗車券は発券できません」
質問(2)
エクスプレスの予約済の段階では不可で、発券済でやっとOKになる理由は何でしょうか?直前まで変更可能なことがエクスプレス予約の最大のメリットだと思うのですが

その後広島に行たっときに、新幹線を降りて在来線の乗換口に「みどりの窓口(本日分)」と書いてある切符売り場があったので「岡山までの乗車券と自由席特急券ください」といったところ「ここまでの切符見せてくれますか」といわれ京都→広島の乗車券を見せると「いまから広島で下車するんですね」「はい」「ではここで切符は発券できません」「はぁ?看板には『本日分の切符のみ発券します』とかいてあるやんか」「今からすぐ乗る人だけにしか発券できません」との回答。
質問(3)
本日分と書いてあるのに、本日中に乗る人には発券せず、今からすぐ乗る人にしか発券しない理由は何でしょうか?

先の三連休、大阪府内のJR某駅から京都に行き、京都観光してから広島に向かい、最終のみずほで岡山まで戻る予定でした。

時節柄京都駅の窓口は大混雑が予想されるため、某駅で事前に乗車券を購入しておこうと思い「京都から広島までの乗車券ください」といったら「特急券は持ってますか?」「いや帰りが何時になるかわからないのでまだ買っていないけど」「特急券持っていないなら発券できません」とのこと。
質問(1)
なぜ特急券がないと他駅からの乗車券を発券してくれないルールになっているのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)については、すでにご回答があるとおりです。

質問(2)についても、すでにあるご回答のように、エクスプレス予約でe特急券などを発券しないと、特急券を持っているとはみなさないという「決め」の問題だと想像します。エクスプレス予約ですと、何度でも変更できるというメリットのため、何日も先の列車に変更できてしまい、それを条件に発券する乗車券と整合がとれなくなるという事態を避けるためでしょう。それは乗客にとって親切でもあるし、悪用を防止するためであるともいえます。

質問(3)については、以下のように考えられます。
改札内のみどりの窓口の場合、その駅まで使用したきっぷを見せて「精算」することになります。改札内の窓口で、広島から岡山までのきっぷ(乗車券+特急券)を買ってしまうと、広島までの乗車券は用済みとなり、回収されてしまいますので、広島駅(あるいは広島市内のどこかの駅)で改札を出ることができません。「広島で下車するの?」「いますぐ乗るの?」という係員の質問は、改札を出るのか出ないのかを確認しているわけです。
改札内窓口の「本日分」という表示は、前売りではないという意味合いであり、その日のきっぷなら何でも買えるわけではありません。そのまま(基本的には改札を出ないで)旅行を継続するためのきっぷのみ購入可能と解釈できます。

あたり前ですが、広島駅で改札を出て、外のみどりの窓口で買えば何の問題もありません。その日に乗車する広島からの乗車券を広島駅で買うので、特急券と一緒に買う必要もありませんし、エクスプレス予約のe特急券と組み合わせることもOKです。
つまり、今回の質問者さんのケースは、改札内のみどりの窓口という特殊事情によるものです。

西日本管内でも、みどりの券売機であれば、他駅発の「乗車券だけ」を買うことが可能です。すべての駅間というわけにはいきませんが、今回のように新幹線停車駅相互間であれば、ちょっと操作が面倒ではありますが購入できます。みどりの窓口よりも空いていることが多いのでおススメです。

質問(1)については、すでにご回答があるとおりです。

質問(2)についても、すでにあるご回答のように、エクスプレス予約でe特急券などを発券しないと、特急券を持っているとはみなさないという「決め」の問題だと想像します。エクスプレス予約ですと、何度でも変更できるというメリットのため、何日も先の列車に変更できてしまい、それを条件に発券する乗車券と整合がとれなくなるという事態を避けるためでしょう。それは乗客にとって親切でもあるし、悪用を防止するためであるともいえます。

質問(3)につ...続きを読む

Q新幹線自由席特急券の分割

時刻表をみていたら、自由席特急料金は浜松-三島2410円に対し浜松-静岡950円+静岡-三島950円=1900円です(510円も違う!)。浜松-名古屋間も同様(豊橋分割)、他にもあると思われます。乗車券の分割のように、この場合もあらかじめ分割購入しておけば、同一列車で乗り通してもかまわないのでしょうか。また、もしそうなら知る人ぞ知る、使われている方法なのでしょうか?

Aベストアンサー

 特急券の効力としては連続していますので、特に問題はありません。分割した駅を通過する列車でも使えます。
>また、もしそうなら知る人ぞ知る、使われている方法なのでしょうか?
 確かに知ってる方は使いますし、知らない方が買うことはないでしょうね。これらは『特定特急料金』になりますので、通常のルールとは若干離れるわけです。
 

参考URL:http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/07_setsu/index.html#125

QJRの新横浜駅と横浜駅は同一駅扱い?

東京都区内→大阪市内の乗車券で、東海道線を利用し横浜駅で途中下車して、別の手段(タクシー・地下鉄等)で新横浜駅まで移動し、新幹線で新横浜駅からその乗車券を続けて使用することができますか?
新富士駅で途中下車して富士駅から続けて使用できるように、新横浜駅と横浜駅でも同じ取り扱いが適用できるのかを教えてください。できる場合は、その根拠(規則等)も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文の上では意味が違います。
>(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)
これだと、新子安→東神奈川→新横浜と乗車後に、
新横浜→小田原の代わりに横浜から小田原まで東海道線に乗れることになってしまいますが、
>(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)
こちらではそのような乗り方は認められないと読めます。

(27)は品川~新横浜・横浜と新横浜・横浜~小田原の二つをまとめて書いたもの、
(28)は東神奈川~小田原の一つを書いたもので、横浜駅とは無関係と解釈するのが妥当だと思います。

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文...続きを読む

Q経路変更と途中下車

JRで乗車券「明石>和歌山市 経由 山陽 東海道 阪和 紀勢」を使用開始後に日根野以降を変更して関西空港ゆきの切符に変更してもらいました。変更前は途中下車できたのですが、変更後りんくうタウン駅で途中下車しようとしたらできないと言われました。変更後のきっぷにも下車前途無効などの文言は見当たらなかったのでやや納得がいきません。明石>関西空港のきっぷを普通に買えば途中下車できないのはわかるのですが、途中下車できるかどうかは変更後の切符の規定できまり、途中下車はできないのでしょうか。

Aベストアンサー

明石→和歌山市 途中下車可能 有効日数2日
明石→関西空港 下車前途無効 有効日数1日

ご質問では上の乗車券を下の乗車券に変更したわけですから、変更後は下の乗車券の効力が適用されます。
しかし、ご質問のように距離が短くなるような変更など、変更の前後で効力がかわる場合はいろいろなケースが存在します。
例えば、すでに途中下車をしてしまった後で、ご質問のような変更はできるのでしょうか?有効2日目に変更できるのでしょうか?
原則論としては、JRとの運送契約を変更したわけですから、変更後については新たに結んだ運送契約の条件に従うこととなります。

営業規則などからは、変更に関わる金銭収受と有効日数については明示されていますが、途中下車はハッキリとはわかりません。
有効日数に関しては営業規則の第246条に明記されており、変更後でも原券の有効日数を下回らないことが保証されています。従って、変更後も原乗車券の日数は確保されますが、次に述べる途中下車の観点から、下車前途無効ゆえ実質変更当日のみ有効となってしまうと思われます。
途中下車に関しては、変更した時点で、それ以降については変更後の乗車券の効力にしばられますが、その効力は変更前に遡及して適用することはありません。
従って、効力に関して、変更前に遡及して適用することが必要で、そのような遡及した取扱が不可能なものに対しては変更そのものができません。
詳細についてはJRで取扱ルールがあるのでしょうが、公開されていませんので、ハッキリとはわかりません。有効2日目の変更が可能なことは明らかですが、途中下車してしまった後の変更については私も?です(連続乗車券の変更しない方については影響を及ぼしませんので、変更する券片で途中下車した場合です)。
例えば、途中下車をしている駅で変更を申し出た場合、どう扱うのかなどハッキリとわからない部分があります。
このように、明確ではない部分がある回答ですので、参考意見といたしました。

備考:有効期間について
旅客営業規則第246条
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/02.html
第1項において、変更後の有効日数は変更当日を含む原券の残余日数となっています。ただし書きにある乗車券類変更は使用開始前・旅行開始前の場合です。
第2項では、変更区間に対する有効期間から、原券の変更前日までの経過日数を引いた方が多い場合、(距離が長くなった場合などが該当します)はそちらを有効日数にするとなっています。「この場合」以下は、今回の例のように方向を変更する場合は、ご質問の例ですと明石駅(原乗車券発駅)から関西空港駅(変更着駅)を変更区間として、この区間(明石~関西空港)の有効日数から経過日数を引くと言うことです。ご質問の場合は長くなりませんので適用しませんが、長くなる場合は第1項ではなく、こちらを適用します。

明石→和歌山市 途中下車可能 有効日数2日
明石→関西空港 下車前途無効 有効日数1日

ご質問では上の乗車券を下の乗車券に変更したわけですから、変更後は下の乗車券の効力が適用されます。
しかし、ご質問のように距離が短くなるような変更など、変更の前後で効力がかわる場合はいろいろなケースが存在します。
例えば、すでに途中下車をしてしまった後で、ご質問のような変更はできるのでしょうか?有効2日目に変更できるのでしょうか?
原則論としては、JRとの運送契約を変更したわけですから、...続きを読む

Q新幹線乗車区間内の定期券を持っている場合、乗車券代はどうなりますか?

通勤のために小田原~新橋間の定期券を購入しました。
品川から名古屋へ旅行に行こうと思うのですが、新幹線の乗車券の中に定期の区間が入っています。うまく説明すれば値段が安くなるかなーと目論んでいますがこれは可能でしょうか?
また、可能であれば駅員さんに説明する効果的なフレーズを教えてください。

Aベストアンサー

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹線定期券は新幹線特急券を込みにした定期券です。在来線定期券でも新幹線や特急に乗車することは(別途、特急券等を用意すれば)可能です。
品川・小田原間の別線規程は、品川~小田原間の駅を発駅・着駅とする場合であって、両端駅である品川・小田原は別線の対象外です。No2さんが引用されているURLにもそう書かれています。
>(品川、小田原、三島、(中略)、長岡及び新潟の各駅を除く。)


ちなみに、新幹線停車駅を2駅以上含む、という例ですが、A~Cの定期を持っていて、すべてA、B、Dには新幹線が停車する、cには停車しない、と言う場合を考えたとき、
A === B === c --- D
(===定期券の範囲)

乗車可能な新幹線の範囲は、
 A~B
の1区間だけで、B~Dの区間は足りないC~Dの乗車券を買い足してもダメです。この場合、B~Dの区間を乗車するにはB~D全区間の乗車券が必要です。

参考URL:http://jr-central.co.jp/co.nsf/kip_rule/kip_rule_07_03

在来専用定期券で新幹線に乗車することは、別途、新幹線自由席特急券を求めれば可能です。(指定席には乗車できません)

ただし制限事項がいくつかあり、その一つとして、新幹線の停車駅を2駅以上含む必要があります。

今回の場合、小田原~新橋間の定期には、新幹線停車駅の「小田原」と「品川」が含まれていますので、品川~小田原間においては乗車券は必要ありません。ですので、名古屋まで行かれるのであれば、乗車券は小田原~名古屋、新幹線自由席特急券は品川~名古屋を買えば乗車可能です。

新幹...続きを読む

Q新幹線の自由席券を乗車後に指定席券に変更できますか

来週の平日、大宮から長野へ出かけます。たいていは自由席でも十分座れますが、団体客等が始発駅である東京駅から乗り込んで自由席が満席だった場合、指定席に空きがあれば、車内で指定席に変更してもらうことは可能ですか?
もし可能ならば、その時必要な費用は、自由席券と指定席券の差額だけですか?

Aベストアンサー

差額を払えば指定席に座ることはできます。

ただし、車掌さんはリアルタイムで空席の情報が解るわけではないので、車掌さんに差額を払った時点では空席であったとしても、その席の指定券をもったお客が現れたら、席を譲らないとなりません。席の持ち主が現れたと申し出ても、いったん支払った差額は戻ってきませんので、そうなると指定席料金を払いながら、立ちっぱなしで長野までというまことにお間抜けな状況になります。心配ならば、最初から指定券を買ったほうがよいですよ。大宮に満席で着くような状況だと、東京を出た時点で自由席に座れなかった人が、指定席に差額を払って座っているでしょうから、指定席に行けば座れるとは限らないように思います。自由席には熊谷や高崎までの人も乗っているでしょうから、そういう席を狙って、自由席で待ち構えている方が得だと思いますよ。

なお、通常はごく短区間の乗車を除き、団体が自由席を占拠することはありません。団体は乗る列車を指定して申し込みますので、団体で自由席が一杯になるような状況でしたら、JRは団体扱いを拒否するか、複数の列車に分散して乗車するように団体乗車券を発券するはずです。

差額を払えば指定席に座ることはできます。

ただし、車掌さんはリアルタイムで空席の情報が解るわけではないので、車掌さんに差額を払った時点では空席であったとしても、その席の指定券をもったお客が現れたら、席を譲らないとなりません。席の持ち主が現れたと申し出ても、いったん支払った差額は戻ってきませんので、そうなると指定席料金を払いながら、立ちっぱなしで長野までというまことにお間抜けな状況になります。心配ならば、最初から指定券を買ったほうがよいですよ。大宮に満席で着くような状況だ...続きを読む


人気Q&Aランキング