ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 自分を守るために危険を回避するのは生き物として、まぁ、当然の行動でしょう。

逃げるが勝ちという言葉もあります。

 ビジネスの世界でも、みんなそうやって自分の身を守ろうとしがちです。
仲間や部下を見殺しにしてでも、自分だけは助かろうとする人もいたりします。

 しかし、そんな状況下でも、逃げないどころか、危険に立ち向かっていく人が、時々いたりします。

・こういった方々は、バカなのでしょうか。
・それとも、勇気ある人なのでしょうか。

 ちょっと、抽象的で、すみませんが、どうなのでしょうか?

※あくまで、ビジネス(商売)の話です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

例えば、ある一つの業種そのものが淘汰されつつあり、


市場規模やシェアが大幅に縮小される中で、まだ余力がある会社が
あえて業態を変えたり、方向転換しないで営業を続けるとします。

ビジネスの世界では、逃げないで立ち向かうという行為の原動力が
計算以外の物であれば、全て愚かな行動だと個人的には思います。

計算をせずに行動して結果的に成功しても結果論であり、
事前に成功を予測するのが賢い経営者だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、そうですね!

 戦う、ということ自体が、ビジネスではない、と、思えて仕方がありません。

ビジネスは、戦いから“逃げる”のが、真髄のような気がします。

 戦いは、本質的に「悪(あく)」

 テレビドラマ(特に、時代劇とか)では、戦わないのは「悪役(いわゆる“お主もワルよのう・・)」とされますが、現実は、まったく逆のような気がして仕方が無いのです!

 江戸時代では、商人は、一番、卑しい身分でしたし。

しかし、それは、あくまで“徳川の掟”であって、真実ではないかと。

 世界を見ると、やはり、最も世の中を発展させるのは、商売かと。

素晴らしい御回答、ありがとうございました!

お礼日時:2010/11/27 21:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング