満月の日が知りたいです。今年の7月。月暦を記したホームページ知りませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

7月は7日です。


下記のHPで、先の月齢もCK出来ますので是非見てくださいね

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/mainindex.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速H・P拝見しました。
おもしろいですね。月暦よりもおもしろのが、ありました

お礼日時:2001/04/14 19:45

下の記事でjj3desuさんのお名前に「さん」が抜けていました。

失礼しました。
と,それだけではなんですので…天文情報に関するリンク集を一つ紹介しておきます。
横浜こども科学館/(財)横浜市青少年科学普及協会の「便利な天文情報資源案内」です。
何の説明も付けられていないただの一覧表ですが,かなり広い範囲を網羅しています。
なお,海上保安庁水路部のページ「1997-2010年の月の満欠(朔望)」(http://www.jhd.go.jp/cue/KOHO/reki/moonph.htm)では,分を四捨五入(というか29捨30入)して,時の単位で表記していました。
以上補足説明でした。

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/sci-resou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。HPみました。役立ちそうですね。

お礼日時:2001/04/14 19:50

おやおや? jj3desuのページでも2001年7月は6日が満月のようですが…。

(このページ,便利そうでいいですね。)
手元の本を見てみたところ,理科年表(国立天文台編),天文年鑑(誠文堂新光社)とも7月6日00時04分となっていました。
Zz_zZさんの回答では0時3分となっていますが,まあ満月の時刻で1分単位のずれを気にしてもあまり意味がなさそうですし,日本時間では7月6日に入ってすぐが一番丸いんだよと理解しておけばよいと思います。

(といいつつ,個人的には,なぜ計算がずれたのかは興味あるところです。満月の定義の違いかな。理科年表は視黄経の差が180度としていますが,これを視赤経で計算したら違ってくるかもしれません。)
    • good
    • 0

2001.07.06(Fri.) 00:03 (午前零時3分)が真の満月(月齢 14.1)です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/14 19:48

こんなスクリーンセイバーを見つけました。


インパク/J-PHONEサイトです。

「空の歳時記」は、 空を舞台に、月や星々、そして雲が繰り広げる
「空のイベント情報」が分かるスカイカレンダーです。
あなたのパソコンにダウンロードして、 スクリーンセーバーにすることができます。
デスクトップに置いて、空を思い、空と一緒に暮らしてみませんか?
とのこと。

あ、7月分はまだみたいですね..。

関係ないですが、このページで初めて知ったんですけど今年7月初めに月蝕があるそうですね。
jj3desu さんによると7/7ですか。七夕じゃないですか。

参考URL:http://inpaku.j-phone.com/top/html/calendar/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速HPみました。スクリーンセーバーDLしました。

お礼日時:2001/04/14 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の11月の23時から25時に関西で満月が見える日を教えて下さい

天文学のことはまるで初心者なので、よろしくお願いします。
日付変更をまたいで、11月に母に満月を見せたいのです。ささやかなパーティを開くので、招待者に早めに日時を知らせないといけません。なるべく空が広く見えるお店を予約したいので、方角についても教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満月の頃は、月は太陽と反対の位置にあります。
太陽が沈む頃に東から上ってきます.
だいたい24時頃に真南にくると考えて良いでしょう。
また、その頃が一番高度が高いです。
で、太陽と同じ様に西へ沈みます。

なるべく西の方で見たいなら、時間は遅い方がいいことになります。
ただ、あまり高度が下がると地上の障害物などで見難くなるかも知れませんけど。
また、月の出,入りの高度が低い頃は大きく見えるとか、
赤く見えるとかありますので、
どういう月が見たいかで時間を考える必要があるかも知れません。


流星ですが、一般に明け方近くの方がよく見えます。
もちろん明るくなると見えなくなりますので、空があかるくなる直前がベストになります。

流星は空のどこに見えるかは決まってませんので,
別にどこを見ていても構いません。
できるだけ広い範囲が見えればいいのと、
できるだけ暗い場所がいいのですが、
満月が出ていると空が明るいため、流星を見るには一番適していない時期です。
明るい流星なら見えるでしょうが、それでも満月のそばではさすがにほとんど見えないと思います。
ですので、両方みようとはしない方がいいかと思います。

11月というと結構寒いと思いますので,防寒にはご注意ください。

満月の頃は、月は太陽と反対の位置にあります。
太陽が沈む頃に東から上ってきます.
だいたい24時頃に真南にくると考えて良いでしょう。
また、その頃が一番高度が高いです。
で、太陽と同じ様に西へ沈みます。

なるべく西の方で見たいなら、時間は遅い方がいいことになります。
ただ、あまり高度が下がると地上の障害物などで見難くなるかも知れませんけど。
また、月の出,入りの高度が低い頃は大きく見えるとか、
赤く見えるとかありますので、
どういう月が見たいかで時間を考える必要があるかも知...続きを読む

Q太陽暦(グレゴリオ暦)は廃止し、太陰太陽暦を採用すべきと思うのですが・・・

そろそろ太陽暦(グレゴリオ暦)は廃止し、新しい 「月・太陽運行併用連動制歴」(太陰太陽暦)を採用したほうがよいのではないでしょうか?

人間の体内時計は月の周期と同期していることがほぼ分かっています。月の満ち欠け(一朔望)を1か月とし、1年は354日という周期で暮らすほうがごく自然だと思うのです。

仕事にしても作業の圧縮化(能率化)が進んでスケージュールの前倒しも可能になります。
また、かつての旧暦(天保歴)等との対応を考えて改暦すれば、古い行事や慣習が復活して経済の活性化にも繋がります。また「二十四節気」を24シーズンポイントとし導入すれば季節感もより明瞭になります。農作業や漁業に携わる方にも優しい暦となります。

現在の精密な天文観測を反映させればズレも極めて抑えられると思います。

人間にも優しく、経済を活性化させることのできる利点だらけの新太陰太陽暦に移行すべきではないでしょうか?

Aベストアンサー

太陽暦はとりあえず残しておき、和暦をきちんと復活させて併記させるといいですよね。

そうすればもともと和暦で行われていた行事や慣習が蘇ります。

そもそも太陽暦というのは太陽(地球)の運行を数字で表しているだけの暦。情緒も何もない。

二十四節気を重ねるだけでも季節感をより感じて暮らすことができる。

日本の古い文化などを再発見するかもしれませんね。

Q夏の満月と冬の満月、どっちが高く昇りますか?

夏の満月と冬の満月、どっちが高く昇りますか?
わたしは夏だと思うのですが、友人は冬だと主張します。
11月27の満月を見て、そう確信したそうです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 最も満月の高度が高くなるのは冬至に一番近い満月です。その頃では約78度まで昇るそうです。
 秋分前後の満月は50~60度の高度で、春分の頃も満月の高度はほぼ同じだそうです。

(結論)
>夏の満月と冬の満月、どっちが高く昇りますか?

 冬の満月(冬至に一番近い満月)です。

Q満月から次の満月までの期間が29.5日(朔望月)であることの意味?

小学5年生の息子から質問され、答えられませんでした。彼の理解では、1.満月は真夜中に南中する(太陽の真逆に位置するのだから)。2.ならば満月から次の満月までの期間は日で言えば整数でなければおかしいのではないか。3.ある満月の日の午前0時から29.5日後ということは、昼の12時。これは新月のはずである、と。
実際には、月は27.32日で地球の廻りを公転していますから、地球の公転分2.2日を足して、満月から満月までの周期29.5日というのは、それはそれとして理解できるのです。しかしこれでは彼の質問には答えたことにはなりません。
この辺の整合性の説明を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか将来が楽しみなお子さんですね。

月の満ち欠けは、一日単位で変わっているのではなく、連続的に変化していきます。
つまり、月齢15日で昇った月は、沈むときには月齢15.5日になっているということです。

これを踏まえた上で・・・
ある日の午前0時に、月齢15.0日で南中したとします。
29日後の同じ時間には、月はおおよそ月齢14.5日で真南から12°ほど西の空にあります。
(月齢15.0日+29日-29.5日=14.5日)
また、30日後の同じ時間には、おおよそ月齢15.5日で、真南から12°ほど東よりにあります。

では月齢15日のときに月がどこにあったかというと、29.5日後、つまり日付で29日後の午前12時(午後0時)に、地球の反対側で満月(月齢15.0日)を迎えていた、というわけです。

通常は月齢を四捨五入して15日になるときを「満月」と呼んでいるので、それが混乱の元になってしまうのだと思います。

Q満月の基準!教えて!一番丸くないけど満月?

昨日8月31日は月に二度めの満月で珍しいということでした。
しかし、月齢は翌日9月1日のほうが丸いし旧暦でも15日は9月1日です。
一体、満月はどうやって決めるんですか?

Aベストアンサー

>新月から15日め?

おしい!14日目、です(うぃんく)
1日が新月ですので、15日は1日から(新月から)14日目(^^)/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報