【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

射出成形機のコア引き抜きを分りやすく説明できましたら

よろしくお願いします。コアとは何のことでしょうか?

コアは一つの言葉でいくつもの部品を言うのでしょうか?

色々なコアの説明をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「コア抜き」と言った場合は、コアをスライドさせて(動かして)成形品から抜く


動作そのものを指します。

前回答の2番目の参考URLの図17では、成形機の型開き動作に従った次のような動作です。
1)雄(この場合は可動側)と雌の型(固定側)が開き出す、
2)雌側に固定された傾斜ピンがそれが入ったガイドとのカム機構で雄型の一部である
  コアを外側にスライドさせる(可動側のスライドの下にはレールの様なガイドが形成して
  有ります)、
3)成形品のアンダーカット部にコアが引っ掛からなくなると成形品が型から離される。

この金型の場合は、傾斜ピンとそのガイドブッシングからなるカムがスライド機構です。
カム、リンク、歯車、スピンドル等コアを駆動する機構は様々です。
金型はこれらが組み込まれた精密器具です。

可動コアが有ると金型はそれ相応に高価に成りますので、できるだけ可動コアが無いように、
または少なく単純な様に部品設計を行います。

「コア」が金型の「入れ子」と言う意味で使われることも有ります。
金型には耐摩耗性に優れた硬い鋼材が使われます。硬い鋼材全体を削るのは大変ですから、
成形品に相当する部分だけに硬い鋼材を使い、その周辺のベース部には加工し易い鋼材を使います。
ベース部には入れ子「コア」を納める受け部が形成されています。

下記の下りは・・・は小生の経験です。金型屋さんと抜きの難しい型を作った時には、
試作で型が予想通りに動くかは緊張の瞬間でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
色々生の声が聞けるのが一番勉強になります。

寒くなり時間があるため
射出成形の勉強を始めたのですが、どうも本だと表面的で詳しく書いてない
ようで・・・あんまり勉強になってないようななってるような状況で・・・。

油圧コア引抜という言葉が書いてある図面を見たもので
なんのことだろう?スライドコアを油圧で動かしている??

という疑問の確認をしたいと思っていました。

油圧コア引抜=スライドコアを油圧で駆動させる
とゆう解釈でokでしょうか?(一応確認したく)

金型は複雑で多種多用なため、説明も難しそうですね。

ただ色々なテクニック・技術が使用されているようで
おもしろそうですね。やるのは大変そうですが。

お礼日時:2010/11/29 00:47

金型各部の名称に付いては下記URLに図付きで判り易く説明してあります。


http://www.geocities.jp/tukuba777/page4.html


これによれば、コアとは
「成形品の内面を形成するための金型の突起部分(2)をコアといいます。
また、この突起部分を形成している雄型(可動側型板)(3)をコアプレートとも呼ばれています。」
であり、対になる型
「成形品に該当する空間部分(4)をキャビティといます。また、この空間を形成している
雌型(固定側型板)(5)をキャビティプレートとも呼ばれています。」
と組み合わされ射出成形に使われます。

コアは、金型の部分として「動かないもの」と「その一部が動くもの」に分けられます。
技術的に興味有るのは「その一部が動くもの」でスライドコアと呼ばれます。
射出成形で成形品を型から抜くために、型開き時にコアを動かして成形品を離れるように
する技術が必要になる時が有ります。
その為にはスライドコアや組合せコアが使われます。
スライドや組合せの数が増えるほど金型は複雑になり高価になります。
スライドコアの原理は下記URLの9・アンダーカットの処理を参照してください。http://isida.com/kanagata.html

部品図から、抜き方を考え、できるだけ簡単なスライドコア(またはその組合せ)で
金型を造るかは、いつも難しいパズルでした。

「コア」は射出成形以外の他の分野でも使われます。
鋳物等ではコア=中子と呼ばれています。

この回答への補足

コアとはオス金型のことであることは分りました。

コア引き抜きと言った場合、何を言うのでしょうか?
また、どういうものでしょうか?
アンダーカット部を構成しているコアを動作させる機能をそう呼ぶのでしょうか?
それとも、メインとなっている部分のコアを動かす構造の金型があるのでしょうか?

補足日時:2010/11/28 22:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

下記のくだりが記載されているURLを教えて頂けますでしょうか?
よろしくお願いします。

コアは、金型の部分として「動かないもの」と「その一部が動くもの」に分けられます。
技術的に興味有るのは「その一部が動くもの」でスライドコアと呼ばれます。
射出成形で成形品を型から抜くために、型開き時にコアを動かして成形品を離れるように
する技術が必要になる時が有ります。
その為にはスライドコアや組合せコアが使われます。
スライドや組合せの数が増えるほど金型は複雑になり高価になります。

部品図から、抜き方を考え、できるだけ簡単なスライドコア(またはその組合せ)で
金型を造るかは、いつも難しいパズルでした。

お礼日時:2010/11/28 22:12

 プラスチックが金型に流し込まれる様子が注射器の作用に似ている


事から射出成形法(injection molding)と呼ばれます。

http://www.uclid-f.com/what_is_injection.htm


コア
[こあ] [金型]
射出成形用金型において、成形品の内面を形成するための金型の
突起部分(雄型)をいう。

コア=中子 です。

参考URL:http://www.nc-net.or.jp/plastics/search.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

分りやすい説明でした。

スライドコアもあると思いますがコアとゆうとやっぱり
オス金型を指すのが通例でしょうか?

またそのコアを油圧で駆動する場合、どうゆう働きをするのでしょうか?

重ねての質問になりますが、分りましたらよろしくお願いいたします。

(いいサイトもあるとうれしいです)

お礼日時:2010/11/27 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスチック射出成形で『クッション値』って?

射出成形での『クッション値』は成形品の形状寸法にどう影響するのでしょうか?

とある書籍ででクッション値について調べてみたのですが、
『射出成形の保圧を有効に効かすために射出時にスクリュ先端部の溶融樹脂を残す。その樹脂量をいう。』という記述がされているのですが、クッション値と形状寸法の関係がいまいちピンときません。

ちなみに成形機は『日精T-80T』です。
できれば初心者にも理解できるよう噛み砕いて説明していただけると幸いです。ご回答の程よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

熱可塑性樹脂の射出成形では金型内の樹脂が冷えていく過程で樹脂が収縮しますので、その収縮分を補うために圧力をかけて成形品にいわゆる「ヒケ」が発生しないようにします。スクリューを完全に押し切ってしまうと、この圧力をかけることができませんので、通常クッション(クッション値、クッション量、または単に残量ともいいます)を数ミリ設けます。
 クッション量が大きすぎると、その分の樹脂が次の成形に使われるので樹脂が高温状態で長時間置かれることになりNo.1の方が言われているように物性の低下に繋がる場合もあります。
 また、クッション量が大きくばらつくようであればスクリュー関係部品の磨耗などが考えられますので、これを監視することである程度の品質管理もできます。適切なクッション量は樹脂によっても異なりますので、各材料メーカーに聞かれると良いと思います。

Q樹脂材料の曲げ弾性率について

先日、仕事の関係でプラスチックのスナップフィット
(プラスチック部品の一方と他方がパチンとはまる
爪形状です。プラモデルにもよくあると思います。)
の荷重計算をしようとしました。
その爪形状には大きなテーパがついており、
根元が太く先細だったので、
単純な梁の公式では計算できずに
excelマクロによる数値積分で
梁の曲げ微分方程式(d^2y/dx^2=-M/EI)を
解こうとしました。
-------------------------------------
一応できたので、早速荷重を計算して実測値と
照らし合わせてみようとしたのですが、
材料のヤング率(縦弾性係数)を知らないことに
気づきました。
同僚に聞いてみたところ、「曲げ弾性率」というのは
材料の仕様書に載っていると教えてくれました。
職場にある材料便覧を見ても「曲げ弾性率」は
載っていました。
この「曲げ弾性率」はヤング率(縦弾性係数)と
同じなのでしょうか。それとも違うのでしょうか。
もし違う場合、ヤング率(縦弾性係数)は
どのようにして調べるべきなのでしょうか。
似たような経験がある方がいましたら
お手数ですがご教示願います。

先日、仕事の関係でプラスチックのスナップフィット
(プラスチック部品の一方と他方がパチンとはまる
爪形状です。プラモデルにもよくあると思います。)
の荷重計算をしようとしました。
その爪形状には大きなテーパがついており、
根元が太く先細だったので、
単純な梁の公式では計算できずに
excelマクロによる数値積分で
梁の曲げ微分方程式(d^2y/dx^2=-M/EI)を
解こうとしました。
-------------------------------------
一応できたので、早速荷重を計算して実測値と
照らし合わせてみようとし...続きを読む

Aベストアンサー

結果から言うと,Eに曲げ弾性率を代入しても問題ないと思います.

引張弾性率と曲げ弾性率は測定方法が異なりますので,物性のもつ意味は違います.引張りの場合(丸棒を引っ張るようなケースです),材料内部はすべて引張応力になりますよね.

しかし,曲げの場合(板を曲げるようなケース)では,ふくらんでる面には引張応力,へこんでる面には圧縮応力がかかります.このため,例えば引張弾性率と圧縮弾性率が異なるような材料では,引張弾性率と曲げ弾性率は違ってきます.

また,少し専門的になりますが,曲げのかかる部材には,引張・圧縮応力の他に,せん断応力もかかっています.これらの効果が総合的に寄与してくるため,引張弾性率と曲げ弾性率は,「意味合いとしては」異なる物性値です.

しかし,ごく一般的なプラスチックであれば,引張弾性率と曲げ弾性率はほぼ同じ値になります.
下記などにデータが出ていますが,恐らくほぼ同等か,曲げ弾性率の方が10%程度低い値になっていると思います.
http://www.m-ep.co.jp/mep-j/tech/index.htm
http://www.mrc.co.jp/acrypet/04tech_01.html

カタログデータに曲げ試験が多い理由は,試験が簡単だからです.薄い平板の試験片が使えますからね(チューイングガムのような形状です).それに対し,引張試験では,試験片を「つかむ部分」の加工が難しく,やや複雑な形状になってしまいます.

というわけで,プラスチックの分野では,曲げ弾性率を測定して,これをEとして代用するケースが多いと思います.

ただし,圧縮やせん断弾性率が引張と極端に違う材料・・・たとえば,ガラス繊維で一方向強化したような異方性材料では,曲げ弾性率とヤング率は大きく異なります.

あと,蛇足になりますが・・・
曲げ弾性率=曲げ応力/曲げひずみ
とありますけど,前述の通り,曲げ応力や曲げひずみは一定値ではありませんので注意が必要ですね.材料内部で分布をもっています(ここが引張と違うところ).

通常は,曲げスパンL,破断荷重P,試験片幅b,厚さh,たわみxなどを用いて,
E=(P・L^3)/(4・b・h^3・x)
のような式で求めます.試験方法によっても式が違ってきますので,材料力学の教科書をお読み下さい.

結果から言うと,Eに曲げ弾性率を代入しても問題ないと思います.

引張弾性率と曲げ弾性率は測定方法が異なりますので,物性のもつ意味は違います.引張りの場合(丸棒を引っ張るようなケースです),材料内部はすべて引張応力になりますよね.

しかし,曲げの場合(板を曲げるようなケース)では,ふくらんでる面には引張応力,へこんでる面には圧縮応力がかかります.このため,例えば引張弾性率と圧縮弾性率が異なるような材料では,引張弾性率と曲げ弾性率は違ってきます.

また,少し専門的になりま...続きを読む

QDXFファイルを開くフリーソフトは?

MACで作成されたCAD図面(DXFファイル)をWindowsで開くことは出来るのでしょうか?
もしフリーソフトでそのようなものがあれば非常にうれしいのですが。。
是非とも教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージとかなり違う場合があります。

TrueViewは、AutoCADを作っているAutodeskが、公開しているソフトです。
読み込めるファイル形式は、DWGとDXFの2種類があります。
(この2つのファイル形式を決めているのがAutodeskです。)
特にDXFは、AutoCAD以外が作成した物はAutodeskの製品で読み込め無い場合が多々ありますので注意が必要です。

windows版のvectorを扱った経験から言うとTrueViewのほうがJW_CADより元データの再現性は良いと思います。

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージと...続きを読む

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qマスターバッチとは?

マスターバッチとは、自分が関係している印象からすると、粉粒体と粉粒体との混練または予備混練なのですが、正確な意味が良くわかりません。ご存知の方、教えていただけると助かります。英語での表記、その直訳、学問的定義がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マスターバッチというのは,
最終製品を作る前の,うすめる前の「かたまり」
の事ではないでしょうか.

たぶん,メーカがつくって,製品をつくる二次メーカに
だすときの状態です.

たとえば,
顔料とレジンを20%程度にして「マスターバッチ」を作ります.これは,大手のメーカです.(ex. 花王,日本ペイントなど),
それを二次メーカが薄めて製品にします.(ex. ゼロックスなど)


顔料とレジンをまぜるには,たぶん最適の組み合わせが
あって,それは,製品として出荷される最終的な形態とは違うんでしょうね.
トナーでいえば,トナーの「濃さ」というのは,マシンの設定でいろいろ考えられますが,

「顔料」と「バインドレジン」を「とにかく最適にまぜたい」という条件は違っていて,この一番ちゃんとまぜられるものを「マスターバッチ」と言うのではないでしょうか.

Q200Vと220Vがあるのはなぜ?

電動機の仕様で
50/60/60(HZ)
200/200/220(V)
ってありますが、60HZに200Vと220Vの2種類あるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

60Hzに200V、220Vがある理由
海外には、三相60Hz220Vを使っている国があります(参考URLによれば、韓国、台湾が該当)。
また、国内でも事業所によっては、三相210Vを使っているところも有ります。
そういうところでの使用を考慮しているのかと思います。

50Hzに220Vが無い理由
周波数が低くなると、同じ電圧を発生するのに必要な磁束が多くなり、鉄心の磁束密度があがります。が、磁気飽和のため、磁束密度には上限があります。
50Hz220Vがないのは、鉄心の飽和による制約からかと。
(50Hz200Vも、60Hz240V相当の磁束が必要なので、結構厳しい運転条件になってます。)

参考URL:http://www.furuichi.co.jp/material/data/etc/power.htm

Qアンペアの概算の求め方を教えてください。

単相100Vだと、例えば1KWの製品だと
1000W÷100Vで概算で10Aですが、
三相200Vの場合はどのような計算で必要なアンペア数を
求めればいいのでしょうか?
 仮に動力で17kwのヒーターの入った機器を使うような
場合、何アンペアの動力ブレーカーが必要かといったことを
概算で知るにはどのように計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

● ヒーターの場合は  
 17,000÷200÷1.732= 49Aです

● モーターの場合は更に力率と効率の計算が必要です。

● 例えば 5.5kwで200vのモーターの全負荷電流は  効率 90%、力率 80%と推定では
  5.500÷200÷1.732÷0.9÷0.8=22Aと成ります

● 力率、効率は機種、運転条件で異なります。

● 力率とは、交流の特性上、電流と電圧の時間ズレがあり、機械、運転状況で異なります。

● モーター5.5kwとはモーターの軸出力で、モーター内でのファン、発熱などのロスがあり、効率が生じます。 

● 上記の1.732=√3 で、3相交流の計算乗数です。

QTD、MDって何の略?

フィルム関係の仕事をしていてたまに目にする、
流れ方向MDと垂直方向TDって何の略なのでしょうか?

Aベストアンサー

流れ方向 ( MD : Machine Direction )
垂直方向 ( TD : Transverse Direction )

Q電気設計の勉強について

現在メーカーで電気設計の仕事をしております。入社3年目でそろそろスキルを上げたいと考えています。
ハード設計(部品の選定や制御盤の構成、図面の書き方等)の勉強をしようと思うのですが、なかなか良い参考書や資料が見つかりません。

-----
大学では電気工学科で電気回路等を履修しましたが、実務向けのハード設計は全く勉強したことがありませんでした。
(オームの法則やキルヒホッフ、過渡応答現象などの電気理論は得意ではありませんが、それなりに理解できていると思いますが。)
シーケンサなどは会社に入ってから少しだけ勉強した程度です。

所属する部門の業務では、電気設計と呼ばれそうな部分全体を大抵1人で担当します。
仕様を決めて、電装図面を書いて、ソフトウェアを組んで、インターフェースの画面を作って、装置の立ち上げをして… という感じです。

現在も続いているプロジェクトが電気設計としての初仕事です。ただし、ハード設計は上司にほとんど進めてもらった形です。しかしさすがに、次回はある程度1人でやらなければならない状況です。
今回の業務があったので、多少はハード図面も制御盤もどういったものかは分かるようになりましたが、まだ1人では何もできそうにありません。

-----

昔、先輩に勉強方法を聞いたところ、メーカーのカタログを読め、といわれました。でも、もう少し初歩や常識から勉強したい気持ちです。
現在、電気設計チームに歳の近い先輩がおらず気軽に勉強方法を聞く雰囲気ではないので、なんとかいい本に巡り会いたいと思い、質問させていただきました。

初歩から電気設計・電装設計の進め方(実務的なもの)が勉強できるような、参考書や雑誌でお勧めのものがありましたら、是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

現在メーカーで電気設計の仕事をしております。入社3年目でそろそろスキルを上げたいと考えています。
ハード設計(部品の選定や制御盤の構成、図面の書き方等)の勉強をしようと思うのですが、なかなか良い参考書や資料が見つかりません。

-----
大学では電気工学科で電気回路等を履修しましたが、実務向けのハード設計は全く勉強したことがありませんでした。
(オームの法則やキルヒホッフ、過渡応答現象などの電気理論は得意ではありませんが、それなりに理解できていると思いますが。)
シーケンサな...続きを読む

Aベストアンサー

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00135/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00134/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00130/mokuji.htm
盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page10.html

およそ技術系書籍で一冊読めばそれで全て終わりと言う本は存在しない
その傾向は機械工学、電子工学もみな同じ、
http://www.amazon.co.jp/
「シーケンス」で検索して出てくる本を最低10冊程度は読破する事ですね

電気屋のバイブル
http://www.cqpub.co.jp/toragi/

そしてなにより最高の参考書はPLCメーカ発行のマニュアルとセミナ
必要にして十分な情報と解説は全て網羅されてる、何しろ無料
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/fair/sch_top.htm
http://www.fa.omron.co.jp/seminar/
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/
http://www.compoclub.com/products/knowledge/index.html
http://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/serial/index.html

電気屋の法律
電気設備技術基準
内線規定
http://www.amazon.co.jp/
JSIA(日本配電盤工業会)規格
http://www.jsia.or.jp/kikaku/jsia_g.html

以上を全て読破!

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00135/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00134/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00130/mokuji.htm
盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page10.html

およそ技術系書籍で一冊読めばそれで全て終わりと言う本は存在しない
その傾向は機械工学、電子工学もみな同じ、
http://www.amazon.co.jp/
「シーケンス」で検索し...続きを読む

Q【excelファイルは開くがシートが表示されない・・・】

タイトルの通りですが、excelファイルをダブルクリックすると、開くには開くのですが、シートが表示されません(灰色の画面のまま)
※ファイル→開く から追っていくと開けます

シートが最小化されているわけではありません。
また、ツール→オプションで治す方法もあるようですが、「オプション」が選択できない状態で、これも駄目なようです…。

アドバイスよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

EXCEL単体で起動させても、「ツール」→「オプション」は使えませんか?
もし、使えるなら
「ツール」→「オプション」→「全般」タブにある「ほかのアプリケーションを無視する」にチェックが入っていたら外しましょう。

単体で起動させても「オプション」が使えないときは補足してください。


人気Q&Aランキング