【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

東京、大阪でいわゆる15歳以下の少女達、ジュニアアイドルのグラビアDVDや雑誌を一方的に規制する条例案が作成されているようですが、私は極めて遺憾に思います。この条例は、表現の自由に抵触していますし、また水着の仕事を登竜門に将来は女優やモデルになりたいという少女達の夢を砕く恐れがあるからです。少女達がカメラの前で、水着姿になりポーズをとることを、一方的に猥褻と決め付けるのは如何なものかと思います。むろん、ジュニアアイドルファンの人達は私も含め、その多くがDVDを見ながら股間を熱くし、少女達とセックスすることを想像しながらアスターベーションに耽りますが、それはあくまで想像の中での話しです。想像の世界についてまで、他人にとやかく言われる必要はありません。このような、悪法は絶対に可決すべきではないと考えますが、如何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

表現の自由のもと、


それを逆手にとり、ドンドンエスカレートしていることをご存知ないようですね。

反対は自由ですが、ここでとやかく言っても阻止はできません。
ロリコンの勝手な言い分にかしかなりません。
    • good
    • 1

賛否はあって当然だと思うが表現の自由を盾に出すのは間違い。



それなら13歳未満のセックスしてる映像を無修正で販売することも表現の自由だってことになるぞ?


憲法で規定された表現の自由は
公共の福祉の範囲内に制限されるということも規定されている。

だから表現の自由を理由に悪法とすることは出来ない。


まあ線引きは難しいところなんで、反対意見は当然多いと思うよ。

一部の業者が線引きを悪用して超際どい水着とか使ってたり、
親が子供の意思を無視して出させてるパターンもあるだろうからねぇ。

ていうか、条例だから登竜門的に将来モデルとかやりたいのなら別の都道府県でやればいいだけなんだよね。
今だと田舎から東京に出てくるのが登竜門だけど、それが逆になるだけの話。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング