地球があるのは当たり前というのが通説でしたが、系外惑星の観測が始まってからは、地球のような惑星が地球のような軌道を公転している惑星系が1つも見つからないというジレンマが起こっていますよね。

 惑星系が恒星に近過ぎるのが問題になっているようですが、木星や土星のような惑星がほぼ同じぐらいの軌道を公転している例があるのに、地球型惑星は恒星に異常に近過ぎて、熱で溶けている惑星がほとんどのようです。

 地球軌道には木星しか出来ないというのが通説になりつつあるようですが、なぜ地球があるのでしょうか。ガスや氷が異常に少なかったからだと説明されていますが、原始太陽が変光星でない限りは、そんな現象は起こらないはずですし、太陽が変光星だったら、大昔に変光が続いていた証拠が隕石などに見つかっているはずですが、何も発見されていませんよね。

 現在までに500に達する個数の系外惑星が見つかっていますが、地球そっくりの惑星は1つも見つかっていないようです。太陽のような恒星、木星や土星のような惑星は珍しいものではないのに、地球のような惑星となると極端に発見が難しくなるのは、なぜなのでしょうか。

 もちろん、観測限界に近い大きさだという問題があるのはわかりますが、地球よりも少し大きい惑星だったら数多く見つかっていますから、地球軌道ぐらいの位置に地球よりも少し大きいぐらいの惑星があっても良いはずですが、1つも見つからないのは何か原因があるのでしょうか。

 太陽のような恒星の場合、すぐ近くに木星ぐらいの大きさの巨大惑星があるはずなのが、それが存在しないのは太陽が中性子星でないと説明出来ないとも言いますし、太陽のような恒星ならば、惑星の順番が逆でないと説明出来ないとも聞きます。

 地球が出来る為に太陽系はずいぶん異常現象が多く起こっているように見えますが、地球があるのは、そんなに珍しい現象なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

見つからないが絶望的で無い。


これがアンサーなのです。

随分と熱心に勉強なされていますね。
中には、妄想(キ)とまで言われる質問者や回答者が登場してしまうカテゴリーです。

気を付けましょう。

ホットジュピター。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83% …

まあ、太陽系のような配列が珍しいと言われる時代が来るかもしれません。

スーパーアースは発見されていますが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC% …

問題は技術力と
http://ja.wikipedia.org/wiki/MOA-2007-BLG-192Lb
恒星の種族の問題(すなわち、若い銀河ではない。)の可能性があります。

後者の場合、種族Iだが全体的に中年~高齢ですので見つからない。
しかしこれが宇宙全体だとは限らない。と難しい局面に到達します。

この場合は絶望的に近い結果が得られます。

まあ、質量mでいくらでも解決出来るような理論を堂々と誇示する方よりはましだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 確かに、銀河系は若い巨星が多くある若い銀河ではなく、宇宙の年齢から見ると、やや古い銀河に属しますが、銀河系には90億年を過ぎるような恒星も多くあり、惑星系も同じぐらい古いものがあるようです。太陽系の46億年という年齢は他の恒星に比べて、それほど古くはないようですから、銀河系内に多数存在しても不思議ではないのですが、微妙な条件が揃わないと太陽系のような惑星系は出来ないようですね。

 興味深いのは、惑星系の公転軸に対して恒星の自転軸が横倒しになっている例が非常に多くて、太陽系のように自転軸と公転軸がほぼ同じという惑星系は変光星に1例あるだけのようです。

 質量が小さくても地球型惑星だとは限らないという話ですが、それは地球でも同じで、太陽系が系外惑星と同じ出来方をしたのであれば、地球が同じ質量であっても氷を大量に含んだ惑星になっていたはずで、木星衛星のエウロパのように深過ぎる海が出来て大陸が無かったと考えられるのですが、何らかの理由で氷が非常に少なかったので、陸地が出来たようです。

 系外惑星では惑星系全体に氷が存在出来たと考えられるのに、太陽系では内惑星が出来た領域に氷が存在出来なかったのが、氷が少ない原因のようですが、従来の惑星形成理論では説明が難しいようですね。

 赤色矮星にある惑星系にはスーパーアースのような地球ぐらいの大きさの惑星があるようですが、深過ぎる海か、大量の氷で埋まっている海王星のような惑星が多いのではないかと思います。

お礼日時:2010/11/28 19:39

 No.1です。


 勘違いされているようですので補足しておきます。
 お礼の前半の部分についてですが私は巨大ガス惑星ホットジュピターの存在に関して回答をしていません。それについて意見を私に向けられても困ります。

> 太陽系は木星以遠の軌道には特に異常は無いのですが、内惑星の軌道には異常な点が多い惑星系です。こういう惑星は500個近く見つかっている系外惑星のどれとも符合しません。太陽系は1000に2つとない惑星系であるのは、この事実からも明らかでしょう。

 私は『「発見できない=存在しない」と思っていたら大間違いです。』と回答しました。もちろんこの回答をあなたが否定するのは自由です。
 恒星の近くを回るホットジュピターの存在が発見しやすいのはご存じですよね。ホットジュピターが多く見つかるからそれが当たり前と決めるのはどうかと思っています。発見の難易度に大きな差がある事を考慮するべきと考えます。私はあなたの考えに賛同できませんが、ここは議論する場ではありませんのでこれ以上申し上げません。

> 太陽系に異常な点があれば、それを指摘して良いはずです。まだ発見されていないから異常ではないという論理の方がおかしいですね。

 真意が伝わっていないと感じます。そう回答したつもりはありません。
 おかしいと言ったのは質問の中の
> 太陽のような恒星の場合、すぐ近くに木星ぐらいの大きさの巨大惑星があるはずなのが、それが存在しないのは太陽が中性子星でないと説明出来ないとも言いますし、太陽のような恒星ならば、惑星の順番が逆でないと説明出来ないとも聞きます。
 この部分に向けて書きました。説明できないのは理論が間違っていると考えるのが普通だと思っています。それを太陽系に当てはめて当てはまらないからおかしいと言うのは違うという事を回答しました。
 「異常ではない」なんて一言も言っていませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 

お礼日時:2010/11/29 10:06

最大の理由は恒星で惑星を伴う事が確認された事例が少ないとうい点。


地球があるのは当たり前というのが通説がどこから来たのかはわかりませんが、
巨大な地球型は見つかっているので、地球サイズの地球型惑星は発見される可能性はあります。
ただ、宇宙は広く、対象となる恒星も多く、発見に至るには自動観測が発達しなければ無理じゃないかと・v・;

この回答への補足

 回答ありがとうございました。

補足日時:2010/11/28 18:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 銀河系全体では地球型惑星が460億個ぐらいあるのではないかという推測もあるそうですから、一概に少ないとは言えないのですが、太陽系がある領域は比較的惑星系が少ない領域にあるようです。

 自動観測によって一晩に何百という数の惑星が発見出来るようになれば、1年ほどで結論が出せるのでしょうが、そこまでいかなくても、たとえば、外惑星が木星、土星、天王星、海王星に酷似した太陽系そっくりの惑星系が見つかれば、内側に地球が見つかる可能性が出て来ますよね。

 昔は銀河系の恒星は惑星が無い星ばかりで、惑星がある珍しい星には地球のような惑星が必ずあるという楽観論が支配していたのですが、現在では、銀河系には惑星を持つ恒星がありふれて存在していて、地球のような惑星は珍しいものだという考え方に変わって来ているようです。

お礼日時:2010/11/28 18:23

横レス失礼します。


>まだ発見されていないから異常ではないという論理
#1の方はそんな事を主張はされていません。
「見えないから分からない」
という事を主張されているだけです。
確かにご質問者のおっしゃる通り、重力のバランスなどの物理的な要請から恒星側から近い側から、
岩石型惑星、アステロイド、ガス型惑星の順に並ぶという過去の通説に反して、
見出されている惑星系では恒星から地球程度の距離にガス型惑星が存在しています。
また恒星のごく近くに巨大惑星が存在してもいます。まあ、こっちは連星系になり損ねたのかもしれませんが。
まとめると、太陽系と同じような惑星系は見出されていないので、現段階では太陽系は異常に見える。ということでしょう。
m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>まだ発見されていないから異常ではないという論理
>#1の方はそんな事を主張はされていません。
>「見えないから分からない」
>という事を主張されているだけです。

 同じ意味の言葉を別の言葉で言い換えているだけのように聞こえますが、確かに、系外惑星は望遠鏡による観測で発見されているものは僅かであり、ほとんどは他の方法で観測されたもので、肉眼で見えない惑星ばかりですよね。

 もっとも、木星のすぐ近くの軌道に地球のような惑星があると言ったら、科学的な矛盾を指摘する人が多いように、巨大ガス惑星が発見されているのに、近くにある地球型惑星が見えないだけだという論理は矛盾していると思います。

>また恒星のごく近くに巨大惑星が存在してもいます。まあ、こっちは連星系になり損ねたのかもしれま>せんが。

 連星系の恒星は近くにあるものも、遠くにあるものもあります。水星軌道の遥かに内側の軌道を公転する連星もあれば、1光年以上も離れた軌道を公転する連星もあります。恒星の近くにあれば連星だというわけではありません。

 系外惑星のほとんど全てに恒星の近くの軌道を公転する巨大ガス惑星が存在する以上、むしろ、標準的な惑星系と考えるべきでしょうし、惑星が恒星の近くを公転している惑星系は惑星の公転軸が大きく傾いたものがほとんどで、これが原因なのかもしれません。

お礼日時:2010/11/28 17:42

 一つ大きな勘違いをしています。


 太陽系外でその恒星を太陽として地球の軌道付近にある地球程度の大きさの惑星は現在の科学力では検出が困難です。
 「発見できない=存在しない」と思っていたら大間違いです。

 太陽系の誕生に関しては未だに多くの謎があります。太陽系外惑星に関しても同様です。存在が説明できないという議論があるのは自然ですが、太陽系がそれに合わないからおかしいと言うのは違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに、発見出来ないから存在しないわけではありませんが、それならば、太陽に近い軌道に巨大ガス惑星が存在しないのは、なぜでしょうか。他の恒星を公転している系外惑星は、ほとんどに巨大ガス惑星が恒星の近くの軌道を公転しているのですが、これは発見されていますから否定出来ませんよね。

 系外惑星に地球と同じ惑星が発見されたとしても、恒星に近い軌道に巨大ガス惑星が同時に見つかったら、太陽の近くに巨大ガス惑星が存在しないのはなぜかという問題が残ります。

 太陽系は木星以遠の軌道には特に異常は無いのですが、内惑星の軌道には異常な点が多い惑星系です。こういう惑星は500個近く見つかっている系外惑星のどれとも符合しません。太陽系は1000に2つとない惑星系であるのは、この事実からも明らかでしょう。

 太陽系に異常な点があれば、それを指摘して良いはずです。まだ発見されていないから異常ではないという論理の方がおかしいですね。

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球深部探査船「ちきゅう」のマントル層到達

 海洋研究開発機構所属の地球深部探査船「ちきゅう」は、海洋底下の上部マントル物質の採取を、重要な目標の一つに掲げて建造されたと記憶しております。
 しかし、建造完成から5年も経過したというのに、私がニュースを見逃したのか、今の処、マントル物質の採取に成功したという話を耳にした事は御座いません。
 果たして、地球深部探査船「ちきゅう」は、2012年8月14日現在までの時点において、上部マントル層までの掘削に成功して、マントル物質のサンプルコアを採取する事が出来ているのでしょうか、それとも未だ、マントル層までには到達していないのでしょうか?
 もし、未だ、マントル層までには到達していない場合には、マントル物質のサンプルコアを採取するのは、いつ頃となる予定なのでしょうか?

【参考URL】
 JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構 > 地球深部探査センター(CDEX) > 地球深部探査船「ちきゅう」
  http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.html

Aベストアンサー

現段階においては、次期統合国際深海掘削計画(IODP)の一環としての予定に留まっているようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu5/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/05/08/1320652_03.pdf

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q地球と地面はなぜ「ち」と「じ」?

知り合いの外国人に説明を求められています。
「ち」も「し」も濁点を付けた時の読み方(「ぢ」、「じ」)は一緒ですよね。
それで、「地球」は「ちきゅう」と「地」の字を「ち」と書くのに、「地面」は「地」の字を「じ」と書き、「ぢめん」とは書きせんよね。
これがなぜかを説明できる方、いましたらお願いします。

Aベストアンサー

同じ疑問を持った方からの質問をみつけました。

おもしろいですね。

今まで私は気になっていませんでした。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s446.htm

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

QラグランジュL2から地球を見ると・・・

はじめまして。私現在仕事の関係で、SFのイラストを描くことになったのですが、その内容が「ラグランジュL2点にある宇宙建造物と、地球をカメラで撮っている」というものだったのですが、
L2が月の裏側にある以上地球をカメラにおさめた場合必ず月も絵に入る、もしくは地球に月がかぶって見えてくるのではないかと思うのですが実際のところどうなるのでしょうか?イラストの発注者がSFに疎く、私もその点考証するほど詳しくありません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご助力お願いしたいのですが。

Aベストアンサー

ちょうどL2の位置の場合には、月の視直径が3.2度程度、地球の視直径が1.6度程度で隠れてしまうことになります。(月-地球を38.4万kmで計算)
#月-地球間の距離は35万km~40万km程度まで変化します

地球から見る月は0.5度程度ですから、かなり大きな月ですね。

>ラグランジュそのものではなく、その点を中心とする軌道上におくことになります。
本当にL2に基地(住居)を造るとしたら、地球が見えない位置を選ぶはずはないので、上記の仮定で書かれたら良いのではないでしょうか。
#地球が見えない位置の場合は、月を経由しないと通信もできない・・・

ところで、L2って、地球-月のL2だけではなく、太陽-地球のL2も
ありますが、そちらではないですよね。

Q水星の近くを12年に1度通る、地球に似た太陽系外惑星について教えてくだ

水星の近くを12年に1度通る、地球に似た太陽系外惑星について教えてください。

数年前にテレビの放送で見たのですが、インターネットで検索しても見つかりませんでした。
その太陽系外惑星は水星の近くに軌道があり、12年に1度、水星の近くを通過して行くという事でした。
その惑星は、地球にとても似ていると当時、放送されていました。

このような惑星の名称や、詳しい事をご存じの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

バルカン(空想の惑星)と小惑星がごちゃ混ぜになったかな?
地球規模の惑星は金星と火星しかありません
地球と同じ大きさの惑星が発見されていたら今頃大騒ぎになっています

Q奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

テレビ朝日系で4月25日放送の「奇跡の地球物語」は犬を特集した回でした。この番組中に、DVDからの抜粋映像が流れましたが、画面左下にDVDパッケージとタイトル等が映っていましたが、よく観えませんでした。この映像のDVDのタイトル等を教えてください。「・・・~イヌ 角川書店から発売中」というのはなんとか観えましたが、すべて確認できませんでした。DVDパッケージにはハスキー犬のようなイラストがありました。教えてください。

Aベストアンサー

こちらではないでしょうか?↓

The Ultimate Guide イヌ
http://www.kadokawa-cc.com/product_info.php?products_id=81

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB-Ultimate-Guide-%E3%82%A4%E3%83%8C-DVD/dp/B00007MCID

参考URL:http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=21407/

Q太陽系の惑星の中でなぜ地球だけ大きな衛星(月)が

あって、他の惑星 火星とか土星には 大きな衛星がないのですか?

http://www.youtube.com/watch?v=trdoc25q9wY&feature=related

Aベストアンサー

比率という事でしたら惑星じゃなくなりましたが冥王星とカロンは地球と月以上に大きさが近いですが。

 絶対的なサイズで言えば木星の4大衛星、土星のタイタン、海王星のトリトンは地球の月クラス(以上)のサイズがありますよねぇ。

 どの辺を指して「地球だけ」なのか補足してくださいませんか?

Q地球の自転公転について

地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています。

1.茶色の机の上にこのイラストを置き、普通に見ると軸は左下から右上です。
机の逆側から見ると軸だけ逆転します。

2.それでは、透明な机の上にこのイラストを置き、公転の向きだけ見ると反時計回りです。
机の下に潜り込み上を見ると、”時計回り”になっていますよね。

ここで、よく問題になるのは 1 ですよね。解答に”軸だけ逆”などとかかれていますよね。
しかし、2だと公転も逆です。

ここまでは間違いはありませんよね?(解答お願いします)

そして、 2 のような問題はでるのでしょうか?
2は真上と真下から見たとして考えています。

よって、軸の向きはただの棒です。

解答お願いします。

Aベストアンサー

回転する向きを時計回り、反時計回りというのは、回転するものをみる方向を決めないと言えません。
台風や環状線、独楽などなら、暗黙の了解事項で上から下にある回転の状況を見て云います。
夜空のようなものなら、下から上にある回転の状況を見て云います。
 
軸の傾きでなくても、電信柱などでも同じですが、暗黙の了解事項で水平面に対する傾斜角度を云うのであれば、見る方向は関係ありません。真上から見ても、真下から見ても、水平面状のどの方向から軸を見ても、見え方の傾きとは関係なく、角度を云います。
 
「地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています」と云うのであれば、それは見る方向を何か前提にしているだけです。

Q太陽系にある惑星・準惑星の全ての衛星の名前

太陽系にある惑星の全ての衛星・準惑星の名前を分かりやすく惑星に近いほうから並んでる順に見易く並べて教えてください 覚えます

Aベストアンサー

wikiの項目に掲載されています

衛星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F

準惑星
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E6%83%91%E6%98%9F

あとはご自身で覚えて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報