新品のフローリングの上で重いダンボールを引きずったら
光の加減で微妙に見える程度の擦り傷がついてしまいました。
おそらく木に傷がついたのではなく木の上に施した
コーティング(ニスのようなもの)に傷がついたのだと思います。
ワックスをかければ消えるような気がするのですがワックス不要な
床なので将来ワックスがけをする予定はありません。
傷を消すためにワックスをかけてもいいのですが、そこまで手間とお金を
かけたくありません。熱湯をかけるなど簡易的な方法で傷を消せませんか?

A 回答 (3件)

それが気になるということはこの先も同じ様な程度の擦過痕やムラが気になると思うのです。


ですから将来も考えてワックスを用意されるのがいちばんではないでしょうか。
人間が棲んで行く上でその痕跡というかなじみのようなものは付いて行くのが自然であって、それが手入れとともに味になって行くような素材が今までもこれからも愛されて行くものと思います。
「出荷時がベストであとは劣化するばかり」という素材や考え方には疑問があります。

「ワックス不要」などとうたった製品でも、おそらく出荷時か施工後に指定のワックスは施されていると思いますね。
だとしたら清浄なウェスでのから拭き・磨きでも目立たなくなる可能性も無くは無いです。(残ったワックス成分を延ばすわけです)
磨く前に埃などを良く取っておくべきですが。(傷の原因は箱に付いた砂ぼこりなどだと思われます)

この先、拭き掃除などで磨かれて平均化して行く可能性は非常に大です。(すでに指摘されていますが)
    • good
    • 4

簡易的な方法では傷は消せません、部分的に補修も他の部分と違う状態になり光の加減で目立ちます。



少しの間何もしないでほっておいてみてください、目立たなくなります。
人が歩いて、擦り傷が出来るからです。
    • good
    • 4

フローリング用の補修材などはどうでしょう。


http://www.kentomo.co.jp/flooring/flooring2.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニスとワックスの違い

本日、フローリングにフローリング専用ニスを塗りました。塗り終わってから、ふとワックスでよかったのではと思いました。ニスとワックスではどう違うのでしょうか?また、ニスではいけなかったのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ニスは、素材表面に塗膜を作り素材を保護し艶を出すのが目的です。
堅い皮膜を作るために、乾燥する為の時間も必要です。

ワックスは、その様な塗膜表面を保護し、艶を長持ちさせ傷が付くのを防いだり、小さな傷を目立たなくするのが目的です。

塗膜はそのままでは摩擦に弱く擦り傷が尽きやすい物ですが、その上にワックス(パラフィン成分。いわゆるロウ)を塗ることによって、滑りを良くし傷が付きにくくすると同時に、艶を出すことが出来ます。
また、表面に汚れが付くのを防ぎ、付いた汚れを落としやすくする効果も有ります。

詰まり、ニスは最初に素材の表面に塗って膜を作るのが目的で、一度塗って乾燥させれば完了です。
一方ワックスは、そのニス表面を守るのが目的であり、成分が完全に硬化する性質が無いので、メンテナンスのために定期的に塗り直すことになります。

Qニスとワックスの違い(フローリング)

フローリングについて質問です。
ニスとワックスの違いを教えてください。

通常のフローリングは、
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない

このような理解で正しいでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化学で習っているはずですから、当時の教科書をお持ちならそれぞれの用語を調べてください。---

 ただ、これは由来で現在ではニスのほうは様々な樹脂が使われています。特に床材の場合はポリウレタンが多いでしょう。

 除去液はアセトンが主体のものが多いでしょう。独特の臭気を持っているので判断できると思います。

 よって、お宅の場合は、
     ^^^^^^^^^^^^
 フローリングの塗装に反応硬化型のポリウレタン--一般的にはニ液型ウレタン塗装---が使われていると考えられます。
 
 よって
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない
 ではなく、あくまでお宅の床はアセトンでは溶けにくい樹脂で仕上げられていて、その上を、本来のワックスでない樹脂ワックスが使われていると判断できるかな?
 と言うことです。

 床ワックスの目的は、床の保護とスリップ防止です。洗剤やアルコールなどで比較的簡単に落とせるため塗り替えができます。床ニスは木材の表面強度を上げて傷を付けにくくするためです。工業製品の場合は溶剤を使う量が少なくてすみ工業化しやすい反応硬化型が使われることが多いでしょう。市販されている床ニスは、業務用は兎も角、家庭用は溶剤型ですのでアセトンやトルエンなどの溶剤で溶けます。

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化...続きを読む

Q剥離作業で擦り傷が出来ました…

初めての剥離作業で、あまり知識もなく作業を開始してしまいました。

古いワックスは強くゴシゴシ擦らないと落ちないと思いこみ、目の粗い研磨スポンジ(鍋の焦げを落とす緑色の)で思い切り擦ったらワックスを通り越し、塗装?ニス?が剥げて床に擦り傷が付いてしまいました。
光の加減で見えたり、見えなかったりしますが、
明らかにきちんと剥離できた部分との差があり、艶がなくなり白っぽくなりました。

賃貸のフローリングで(合板だと思います)80×40位の広範囲、しかも出入口付近ですので、なんとか目立たなく補修したいのですが、素人でも出来る良い方法があれば教えて下さい。

私なりに考えた策は、
剥離後、
1、全体にリンレイオールを1度塗り、
2、その後リンレイの色艶復元コートを擦れた部分のみ塗り、
3、最後に全体にリンレイオールを塗って仕上げる、
と考えたのですが、これでは補修は不可能でしょうか?
どうすれば良いのか分からず、作業も中断している状態です…。
簡単に目立たなくする方法があれば教えて下さい!!
お願い致します!!

※剥離剤はリンレイ床クリーナーを使用しました。他の部分は普通のスポンジであっさりきれいに剥離できました。

初めての剥離作業で、あまり知識もなく作業を開始してしまいました。

古いワックスは強くゴシゴシ擦らないと落ちないと思いこみ、目の粗い研磨スポンジ(鍋の焦げを落とす緑色の)で思い切り擦ったらワックスを通り越し、塗装?ニス?が剥げて床に擦り傷が付いてしまいました。
光の加減で見えたり、見えなかったりしますが、
明らかにきちんと剥離できた部分との差があり、艶がなくなり白っぽくなりました。

賃貸のフローリングで(合板だと思います)80×40位の広範囲、しかも出入口付近ですので、なんとか目...続きを読む

Aベストアンサー

程度と状況が、掴みきれないのでなんともですが、この手の修繕は
自動車板金塗装のようなものです。

ですから、程度問題でもあり、気になる気にならないが非常に難しくもありますね。

それはそれとして、個人LVで出来ることとして、コンパウンドでまずスリ傷の被害を
軽くしてあげ、御自身が考えられてるような施工をするのが、良いかと思います。

DIY用品店もしくは、カー用品店で、中目、もしくは2000番程度の表記のコンパウンドを購入し、
スリ傷の凹凸をなだらかにします。

擦り傷となっているところは、塗料が削られ溝になってますので、その部分をなだらかな坂にして
あげるような感じです。

面が平滑に近づくことで、反射も均一方向になり目立ち方はなくなるとは思います。
気をつけるのは、傷のついてない周辺を必要以上にコンパウンドで削らないことです。

コンパウンドによって、必要以上の光沢を出させ、不均一さを出さないように心がけてください。
一概には言えませんが住宅施工全般における塗装の光沢は、自動車板金塗装などの光沢に比べると
はるかに、低いものです。

フローリングなどは、ほとんどのメーカーが半艶仕上げ仕様で、光沢を持たせていません。

いずれにしても、この手の作業は、職人であれば、全部塗り替えてしまったほうが、うまく早く行くと
判断する類のものです。

今以上に被害が拡大しないように注意を払われ作業をしてみてください。

程度と状況が、掴みきれないのでなんともですが、この手の修繕は
自動車板金塗装のようなものです。

ですから、程度問題でもあり、気になる気にならないが非常に難しくもありますね。

それはそれとして、個人LVで出来ることとして、コンパウンドでまずスリ傷の被害を
軽くしてあげ、御自身が考えられてるような施工をするのが、良いかと思います。

DIY用品店もしくは、カー用品店で、中目、もしくは2000番程度の表記のコンパウンドを購入し、
スリ傷の凹凸をなだらかにします。

擦り傷となっているところ...続きを読む

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。

Q床の擦り傷の修復

1年半前に床を檜で張替えた後、自分でウレタンニスを塗りましたが、最近重い荷物を引きずって擦り傷をつくってしまいました。(20センチ程度を二箇所)ウレタンニスを上塗りして修復したいのですが良い方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

傷がへこんでいるのでそのままニスを塗っても傷は隠せないので
ホームセンターに売っている固形アクリル(専用の電気ゴテで
溶かすタイプ)で平らにして色をつければ良いのですが、なれない
と難しいです。
かくれん棒(補修用クレヨン)の方が無難ですかね。。。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報