【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

すみません。
動画のビットレートにより、
容量の重さなど画質の良さが変わりますが、
動画形式事のメリットとデメリットを教えてください。

僕はなるべく容量を食わないで、尚且つ画質を落としたくないので、
aviをflvにしております。

そうすると、容量が軽くなります。
なんででしょうか?

それも教えてください。
お願いします。

それと、flv形式より画質を落とさないで、
容量が軽くなる形式があるなら、それも教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

動画のフォーマットは複雑怪奇なので簡単には説明出来ませんが・・・。



AVIもFLVもコンテナと呼ばれる入れ物です。(FLVはコンテナ型ファイルフォーマット)
これは動画コーデックと音声コーデックをまとめるためのものです。
例えば拡張子が.aviであったとしても少し前のDivxだとかMotionJpegだとかH264やら無圧縮なんて云うのもあります。
音声もAACだとかMP3だとかPCMだとかこれまた色々有り、これらの組み合わせです。
似たようなものにMOVだとかMKVがあります。

>そうすると、容量が軽くなります。
なんででしょうか?
>flv形式より画質を落とさないで、
容量が軽くなる形式があるなら、それも教えてください。

現状ではH264が最有力ですが、YouTube等で最近採用されている高画質版は殆どがこれです。
大雑把に説明するとガンガン圧縮して容量を減らします。
また、動きが激しい部分には多くのデータを割り当て、動きの少ないシーンはデータを間引いたりして調整します。
で、再生時にはこれを伸長するのですがそのためにマシンパワーをかなり食います。
つまり高画質低容量はマシンへの不可が非常に高いのです。
だから低スペックなものや古いマシンでは再生すらままらならず紙芝居のようになってしまうのです。
    • good
    • 0

ど素人ですw



ど素人なりの回答をしてみようと思います。

単純に無圧縮、もしくは圧縮率の低い動画ファイルを高圧縮することで
ファイルサイズが小さくなります。

WMVなどはムービーメーカーで編集するには便利ですが
圧縮率が低いためファイルサイズが大きいです。(画質は悪くないですけど)

高圧縮にすると、再生時にパソコンへの負荷が大きくなります。
まあ、それなりのパソコンであれば気にするほどでもないですがw

んで
私の場合
MP4 H.264 という形式とコーデックで圧縮して保存しています。

例:(私の場合)
1920×1080サイズのフルハイビジョンで撮影されたAVCHDビデオカメラの動画ファイルを

1280×720サイズにする場合(YouTubeなどへ)
MP4 H.264 ビットレート4000kbps 音声AAC ビットレート128kbps

640×360サイズにする場合(ニコニコ動画へ)
MP4 H.264 ビットレート100~256くらい 音声AAC ビットレート32~128くらい
この設定で最高で2時間の動画を99MBにしましたw
(まあニコエンコというフリーソフトで簡単にできるのですが)


順番としては
AVCHDビデオカメラで撮影

VideoStudio Ultimate X3で編集

1280×720 or 640×360 サイズのMP4 H.264へ変換。

ってな感じですw
(今のところこのファイル形式とコーデックが一番「高音質、高画質、高圧縮」のような気がします)

DVDへ焼くときは、VideoStudio Ultimate X3で編集したら、そのままDVDへ書き込みしますけど。。。

すみませんw
ど素人の回答ですw
    • good
    • 0

動画編集などに関する書籍などを読みましょう。


そこに関わる要素は、たぶん何度か書いたことがありますが
このサイトの2000文字制限では、具体的な説明ができるほど簡単なものではありません。
(基本的な要素の説明だけで2000文字を超えかねない)

というわけで、最初の勘違いをまず正しておきましょう :-)

aviからflvにしたら…
これ、弁当箱をアルマイトからプラスチックにしたら
ご飯がおいしくなったというくらいに、見当外れの理解です。

aviやflvは弁当箱のような入れ物にすぎない
動画のコンテナー規格なのです。

実際に重要なのは、実際に映像と音声の保存に使われている
圧縮技術(とその実装であるコーデック)の違いや
それぞれの圧縮技術におけるオプションの使い分けです。

flvでは、h.264やVP6などが映像コーデックとして使われていますが
YouTubeではflvだけでなくwebmが使われるようになり
それに伴いVP8が映像コーデックとなります。

通信のためのデータ縮小と高画質化は、先端技術とも言えるもので
DVDや地デジには、驚くほどの差をつけてきています。
そして、今現在も改良が続けられています。

厳密に言えば、映像の内容によってもコーデックの向き不向きはありえますし
アニメと実写では、細かいオプション指定を変えずに
充分な効率化が得られることは無いと言えます。

まぁ、非常に難しいのです。

縁に立って、その先を踏み込まず
難しく考えずに使っていくほうが気楽ですけどね。

それにしても、現段階では知識不足です。


なお、現在flv形式でh.264コーデックを使っているのであれば
とりたてて、異なるコーデックを選ぶ必然性は無いでしょう。

しかしflvはFlashのための形式ですから
ローカルなデータ蓄積のためにflvを使うことには
あまり意味がありません。

VLCのようなソフトを使うのがあたりまえだと考えれば
aviやwmvに比べて、flvがはげしく不便ということも無いでしょうけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて下さい、圧縮ファイルにはどんなメリットがありますか?

私はパソコン初心者ですが、圧縮ファイルにすると容量を小さくできる
と聞きました。
圧縮ファイル・フォルダには、その他にどんなメリットがありますか?
もしデメリットがあるとすればどんな事でしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、画像、音、映像はほぼ圧縮できません。
それぞれの専用の圧縮は質を落とすものです。

テキスト、プログラムなどが、質の変化をしないで
圧縮が可能です。

一般的には、それらは圧縮だけを行うわけではあり
ません。「書庫」という概念で、複数のファイルを
1書庫=1ファイルにすることも同時に言われることが
多いです。

書庫化するメリットは、複数の必要なファイルが1部
欠けたりしないことです。

また圧縮するということは、ただ単に小さくすること
ですが、環境によっては意味が無かったり、劇的な効
果が生まれたりしますので、一概にはこうだ、とは言
えません。

例えば、今の時代は10KBを5KBにしたとしても手間を食
うだけで意味が無い場合が多いでしょう。

700MBに収まるかどうかは大きな意味がある場合があり
ます。つまりCDに収まるかどうかです。

ただ単に小さくする、でも状況や環境によってその意味
はまったく違う、ということを覚えられると、色々な使
い方が生まれます。

Qmp4のメリット・デメリット

avi等の動画を全てmp4に変換してまとめようと考えているのですが、mp4にした場合のメリット、デメリットを教えていただけませんでしょうか?特にデメリットが気になります

mp3は音を圧縮する技術らしく変換すると音質が悪くなると聞きました、jpegはファイルを保存する度にデータが劣化するらしいです、このような具体的なデメリットを教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デメリットが気になるとの事なので、まずはコレから書いてみますと
今はまだそこまで一般的ではないので、人にも渡す場合
見れない事があります。また、デコードや圧縮に掛かるマシンパワーが
他の形式に比べて若干高い事が多いようで、古いPCでは処理が
追いつかず滑らかな動画再生が出来ず、カクカクとした物になります。
また、MP4は動画のコンテナファイルなのですが、音声のビットレートなど
(音声AAC形式)の設定を極端に低すぎるものにすると、再生時、音が固く
なりすぎてキンキンと頭に響き不快なものになります。
つまり、まだそこまで一般的ではないので動画のエンコード設定を
ある程度理解した人でないと、返って質の悪いものになってしまいます。
MP4も、MP3同様音+音声を圧縮する技術なので変換すると質は
前述した通り、確かに悪くはなりますが、MP4以外の形式に比べると
質の劣化が少ないのです。
その質なのですが、音声だけで比較すれば、同じビットレートで変換した
場合、MP3とMP4(AAC)の違いは低ビットレートになればなるほど顕著です。

>jpegはファイルを保存する度にデータが劣化するらしいです
これは間違いです。jpegは画像の圧縮形式ですが、単純にコピーするだけ
であればデータ劣化はありません。コピー機で言う孫コピーとかの概念
とは違います。

デメリットが気になるとの事なので、まずはコレから書いてみますと
今はまだそこまで一般的ではないので、人にも渡す場合
見れない事があります。また、デコードや圧縮に掛かるマシンパワーが
他の形式に比べて若干高い事が多いようで、古いPCでは処理が
追いつかず滑らかな動画再生が出来ず、カクカクとした物になります。
また、MP4は動画のコンテナファイルなのですが、音声のビットレートなど
(音声AAC形式)の設定を極端に低すぎるものにすると、再生時、音が固く
なりすぎてキンキンと頭に響き不快なものに...続きを読む

QH264はどのようにして映像を圧縮しているのでしょうか?

MPEG2の動画圧縮は 見た目の映像に動かない映像はそのまま使って、映像が変わって動いた所だけ映像を書き換えるという感じで動画を圧縮していると聞いたのですが、MPEG4 H264はどのようにして動画を圧縮しているのでしょうか??

ハイビジョンカメラで撮影した物で MPEG→H264だと半分以下に容量が抑えれるそうですが、どうしてそれが実現できるのでしょうか??MP3みたいに人間の普段判別することが出来ない色みたいなのを間引いているのでしょうかね。。。。

同じ映像なら容量が少ない方がいいですよね。。。。H264の欠点なども教えていただければと思います。

質問が雑文ですが、高画像で高圧縮なので気になってしまいました。

Aベストアンサー

H264で時間がかかってしまうのは、まだ他のエンコーダーに比べ未成熟な為です。
最適化が進むと、もっと早くなるでしょう。

>動かない映像はそのまま使って、映像が変わって動いた所だけ映像を書き換える・・・

基本的にはその延長です。
それをもっと精細にやっているので時間もかかるのです。
また、動画として再生している時は奇麗に見えるが、ストップモーションにすると、ぼけていたりします。
これはMPEGの欠点であるブロックノイズを誤魔化すためだと思っています。

欠点はエンコードにもデコードにもCPUパワーバカ食いすることです。
ただ、これはH264に限ったことではなく、高圧縮高画質はどうしてもそうなってしまうようです。
WMVでもハイビットレートなものはロースペックなマシンだと紙芝居のようになってしまいますから。


人気Q&Aランキング