【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

現在、転職活動をしている33歳の男です。

私は、3年前に今の職場へ就職し、前職では品質管理の仕事をしていました。
今の職場へは、『モノづくり』の最前線で仕事がしたい、間接的に『モノづくり』に携わるのではなく、自分で作り上げたいということで製造現場職を前提に入社を致しましたが、品質関係の新規部門の立上げもあり前職から引き続き品質管理に携わって参りました。
いずれは、製造現場へ戻していただけるということでしたが、このほど今後の経営方針として、製造部門は完全子会社化への移行が決定され、製造部門への異動が困難な状況になってしまいました。
上長とは、異動について話をしましたが、やはり『ムリ』ということでした。

上記を転職理由とし、面接で話をしようとしていいるのですが、やめた方がいいですか?

このご時世に『贅沢なことを言っている!』という方も多いとは思いますが、私としては今後の人生を左右する大きな問題です。

さまざまなご意見お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その程度の理由では退職は止めた方が賢明です。



前の方の意見のとおり品質管理は日本の会社では重要なモノ作りの一環です。これが日本の製品緒質を支えているといっても良いくらいです。

大手の企業との取引ではこの部門の優劣で取引ができたりなくなったりします。

その前に今の経済の情勢からは正社員でいられることのありがたさを知ることも必要です。
多分辞めても同程度の働き口はないでしょう。

優秀な品質管理のベテランになれば、そのときは転職の可能性も広がってきます。

多少のことには我慢をするのも給料の一部だと思って、ここはこらえるのが賢明です。
    • good
    • 0

あくまで参考マデ。


 完全子会社になっても出向などで配置される場合もあるのではないでしょうか。今の会社で異動希望を持ち続けるのがよいかと思います。転職したとしても、また品質管理へ配属される可能性だってあります。企業は本人の希望も少しは考慮しますが、適性をみて配置しますので、思い通りにはいきません。

この回答への補足

出向と形もあり得ます。そのことについても、上長と「相談したのですが、今後さらに削減していくということでNGという回答でした。

補足日時:2010/11/28 23:50
    • good
    • 0

まあ、私の経験から・・


品質も物造りの一環ですよね?
違いますか?
    • good
    • 1

辞める辞めないは本人次第なので第3者が口出し出来ないですが、現状として今本当に仕事ないというのと、品管の前の仕事にも関係します、20代ならともかく30過ぎてくると、製造経験がないので、で断れらる事例少なくない。

という事実があるということだけアドバイス出来ません。自己都合理由としは、筋は通ってますが、私があなたを採用するわけでもないし、これから先面接うける会社の担当者にどれだけ誠意感じられるかの問題なので、第3者としては、それくらいしか・・・・。人の人生を狂わすようなコメントを第3者に求めるものではありません、友達や恋人など身近な人間ならともかく。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング