【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

最近良く、特に都会での孤独死が増えていることが社会問題としてテレビ・本などで指摘されているのを見かけます。
「無縁社会」としてNHKで特集されているのも拝見しました。

しかしそこで言われている論調では「孤独死は問題である」ということが前提となっており
「何故問題なのか」という事が触れられていないように感じます。

私個人としては今は仕事をしている以上社会とのつながりがありますが
引退した後は血縁、地縁含めて人との関係を可能な限り完全に絶ち、
誰にも知られずに一人で死んでいきたいと願っています。
自分が死ぬことで葬式をあげて誰かに出費させたり、誰かを悲しませたくないからです。

ですので「孤独死は問題」とだけ言われても理由がまったくわかりません。
遺体の発見が遅れるというのはあるかもしれませんがあまり本質的な問題ではないように感じます。

いったい「孤独死」とは何が問題なのでしょうか?ご意見ありましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

家族間の繋がりが薄れているというヒューマニズム的な論調でしょう。



子供が親に定期的に会っていれば孤独死にはならないわけで、
孤独死が増えているということは親に会いに行かない子が増えているということです。

昔ながらの感性で言えばあまり好ましいことではないと思います。


しかし一概に孤独死が悪いわけではないことは質問者さんのおっしゃる通りです。


なんせ日本人の大好きな高福祉のフィンランドなんかは孤独死の数が桁違いに多いですからね。

配達サービスや家電製品の向上などにより
「老人一人でも生活しやすくなったこと」も孤独死が増えている要因ですから、
本人がそれを望んで生活しているケースについては何も問題は無いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

みなさんの回答から孤独死の問題が少し理解できた気がします。

・孤独死とは今の日本では一般的に自ら求めるものではないということ。
・そのため、一般的に言えば孤独死するということは、医療や福祉など社会の支援を望んでおきながら受けられない状態になったためだということ。
・孤独死を望むのであれば、然るべく準備をしておくのであれば、あくまで本人の自由であること。

ということです。

「自ら望む孤独死」「自ら望まない孤独死」を混同して考えていたため
孤独死を社会問題として捉えることに反感を感じていましたが、そのような問題ではないことがわかりました。

いろいろご意見いただきありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 15:45

 自分もよく分かりませんが、孤独死と無縁死は別々に考える


必要があると思います。
 家族がいても、何らかの理由で別居したり、友人知人がいても
亡くなる時に独りぽっちであるのが孤独死と思います。この場合、
本人が死の間際に伝えたいことや伝えられたいことが出来ず
無念が残るのではないか、「可哀想」という意味が強いと思います。
これは社会が崩壊しつつあり、親兄弟妻子という家族関係が希薄
になった事や安心安全が保てなくなりつつある世の中に人々が
危機感持ったものと思います。
 無縁死は、家族や知人からも縁を絶ち、本人一人で外界と交流
を持たずして死ぬ。その人がこの世界に存在していたか、しないか
自体が不明で、何かの節に第三者に亡骸が見つかり、死亡が確認
される。しかも無縁死の場合、孤独死+無縁であるため、その人が
どこの何という方か個人が特定されないケースが多く、死後の始末
を行政がすることになり、遺品の保管管理や遺骨の扱いに難しい
問題があると言うことだと思います。
 振り返れば、戦地で亡くなった兵士や一瞬にして亡くなってしまう
交通事故死者、大地震で埋もれて亡くなった方々も皆孤独死であると
思います。それだけに残された家族は悲しみが強いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど。そもそも「孤独=可哀想」という感覚があるのですね。社会的なタブーのような。
確かにこの感覚は僕は理解できないですね。おせっかいのように感じてしまいます。

「無縁死」のご説明については、No.3の方から指摘いただいたように
本人が身元と遺物の扱いを明確にしておけば解決できる問題のように思います。

お礼日時:2010/11/28 14:42

>誰にも知られずに一人で死んでいきたいと願っています。



あなたがそれで良しとするなら、別にどうこう考える事はないかと思いますよ、
脳内でそう思考完結している方は、何を回答しても理解できない問題でしょう。

生前から亡くなった際の後始末の方法(遺書)は、記しておきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「孤独で死ぬことは良しとしない」ことが一般の価値観であることは頭では理解していますが
その理由がわからないためこの質問をさせていただきました。

確かに理由を知ることができても理解することはできないかもしれませんね。

お礼日時:2010/11/28 14:28

医療や福祉のささえを受けないで老人が死ぬ社会が、良い社会と思われるなら、それでもよいのですが、ほとんどの人間は、そういった状況が当たり前になることを、問題視するものと思われます。


なお、日本は自由な社会なので、あなたが、孤独死を選ぶことは、あなたの自由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「孤独=医療や福祉のささえを受けない」
では無いと思うのですが違いますでしょうか?

医療や福祉の支えが無い社会が問題というのは理解できます。

お礼日時:2010/11/28 14:22

>誰にも知られずに一人で死んでいきたいと願っています。



で、その死体は誰が片付けるのでしょう。

身寄りが出てくるまで、(いないことが確認できるまで)
いろいろな人が迷惑を蒙ることでしょう。

いわば社会に迷惑をかけてはばからないと宣言しているのと同じです。

それに比べれば身寄りがいて、事前に費用の心配などもさせずに
静かに逝ってくれれば誰も迷惑を感じることがありません。

孤独死の問題はまた別の問題で、
社会の成熟性の話になりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうござます。

質問の方にも書きましたが、遺体の処理については本人が生前にしかるべく準備しておけば
解決できると思うので、あまり本質的な問題ではないと思います。

>孤独死の問題はまた別の問題で、

そちらの方を知りたいと思っているのですが。

お礼日時:2010/11/28 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自殺者増加の原因は?

98年から自殺者が3万人を超えているそうですが、自殺者増加の原因って何ですか?
解明できていないのでしょうか?

Aベストアンサー

昨今の不況・失業と言うのが大きいでしょうね。
客商売していても倒産や自殺の話はちょくちょく耳にしましたから。

All About 自殺5年連続3万人台はなぜ? -
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20030727A/index.htm

小さくしか報じられませんでしたが
17年度に消費者金融が受け取った保険金は3万9880件で
そのうち大手5社で死因が自殺とはっきりしているものは3649件です。
金融庁から指導が入りましたが。怖いと思いませんか?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/18106/

03~05年、消費者金融業界は与党に政治献金をしてます。
新聞のページが日付が古くなって消えているので共産党のページですが
別に共産党員ではありません。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-10-13/2006101301_01_0.html

山本金融相
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/808963.html

(H18年6月発表 警察庁統計資料より)
高齢者の健康問題を理由とするものは昔からありますが
中高年の経済生活問題(生活苦)を理由としたものが増えています。
20代から50代の自殺の原因の第一位となっています。
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm

ご参考までに。

昨今の不況・失業と言うのが大きいでしょうね。
客商売していても倒産や自殺の話はちょくちょく耳にしましたから。

All About 自殺5年連続3万人台はなぜ? -
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20030727A/index.htm

小さくしか報じられませんでしたが
17年度に消費者金融が受け取った保険金は3万9880件で
そのうち大手5社で死因が自殺とはっきりしているものは3649件です。
金融庁から指導が入りましたが。怖いと思いませんか?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/18106/
...続きを読む

Q孤独死の何が悪い??

孤立死が問題になっていますが、何が悪いのでしょうか??

しょうがないと思います。

ネコは孤独死を望んでいるとの聞きます。人によってはいろいろ事情がありそう望んでいたのではないでしょうか?

もし問題だと思う人がいるのでしたら孤独死になりそうな人といっしょに暮らしてみたらどうでしょうか?

孤独死じゃなくなると思います。

Aベストアンサー

 孤独死は結末に過ぎません。その前の、長い孤独の生が問題だと思います。家族や友人に囲まれた和やかで温かい余生は、幸せな人生の終わりを飾るにふさわしいものではないでしょうか。

Q「地方自治体」って??

本を読んでいたらわからなくなったので教えてください。
小さなことなのでどうでも良いと思うのですが、もしかしたら 大事なことなのでしょうか??

====================
小六法を読んでいると「地方公共団体」と言う言葉が出てきてました。それに併せて「地方自治」と言う言葉も出てきます。
でも よく 「地方自治体」って 言葉も耳にします。
ところが 私の持っているちょっと古い(平成6年版)小六法には 索引に「地方自治体」って載っていません。
たぶん 「地方自治体」≡「地方公共団体」なんだろうなぁって思うのですが 「地方自治体」ってなんなんでしょうか??
=====================
「政治」コーナーかな とも思いましたが やはり 「行政」コーナーだと思い ここに質問させていただきました。
あと 私は 法律に興味がある素人で 法学など習ったことはありませんので できるだけ簡単に教えてくださいね。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳密に言うと別のものです。

1 地方公共団体
 都道府県や市町村のように、一定の地域とそこにすむ住民を構成員として、法令で定めた自治権を行使する団体。地方自治体(普通地方公共団体)と、特別区、地方公共団体の組合、財産区及び地方会は事業団(特別地方公共団体)をさす。

2 地方自治体
 地方公共団体のうち、都道府県、市区町村をさす場合が多い。

です(法律学小辞典:有斐閣)。

ちなみに、地方公共団体の組合と言うのは一部事務組合などのことで、清掃関係の事務を、いくつかの町や村が集まって組合をつくり、それを数個の地方自治体で運営するもの。財産区と言うのは、墓などです。

Qヨーロッパの国では老人の「孤独死」ありますか?

<都心の孤独死> 明確な定義はないが、東京都監察医務院は「一人暮らしの人が自宅で死亡し、死因がはっきりしないケース」を孤独死(孤立死)としている。医務院の統計によると、2012年に東京23区内で孤独死したのは計4472人。男性が3057人、女性が1415人だった。03年には男女合わせて3千人を切っていたが、約10年で1・5倍に増えた。平均すると、毎日12人ほどが孤独死している計算だ。

#############

私がよく知っている東南アジアのある国では、「孤独死」はあり得ません。老人は必ず肉親と同居するし、仮に一人も肉親がいない場合は、誰か彼かが引き取っています。日本も昔はそうでしたね。

ヨーロッパではどうですか?
質問1.老人の一人暮らしはあるんでしょうか?

質問2.老人の孤独死はありますか?分かればその数を。

国によって違うと思いますので、出来れば国名も教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

ヨーロッパに孤独死が無いのでなくて、もともと日本よりは核家族志向だから「最近は一人暮らしの高齢者が増えた」という感覚ではないとか、日本ほど急激なスピードで少子高齢化が進んでいないため目立つほど急増していない、とかいうことなのではないでしょうか。

ただ、福祉大国スウェーデンでも高齢化と不況でかつてほど「高負担で高福祉」がうまく行かないような記事も出ています。

「福祉大国」は幻想? スウェーデンの高齢者介護事情
2012年05月15日(Tue)  伊藤清香
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1878

業者の対応が悪いとか色々あるようです。
とはいえ国際的に見れば高水準だそうでして、1970年代からすでに在宅介護とか、高齢者が自宅で暮らすための取り組みがなされてきたとのこと。

ヨーロッパでも国により社会制度や文化が違うようでして、イタリアやスペインは比較的、家族の文化が強いように聞きます。
ただ最近スペインなんかだと不況で若い人が仕事や充分な収入を得ることができず、やむをえず実家住まい、という理由もあるとか読んだことがあります。
逆に、ヨーロッパの他国に仕事を求めて出て行くスペイン人もいるんですが。

こういう海外事情の話とか、あるいは海外文学をちらちら読んでいる程度ですが、独居のご老人の話は出て来ますよ。

しかし上の記事にもあるように、日本より向こうのほうがそもそも核家族な傾向だから、日本とは感覚が違うのではないかと推察します。

ヨーロッパに孤独死が無いのでなくて、もともと日本よりは核家族志向だから「最近は一人暮らしの高齢者が増えた」という感覚ではないとか、日本ほど急激なスピードで少子高齢化が進んでいないため目立つほど急増していない、とかいうことなのではないでしょうか。

ただ、福祉大国スウェーデンでも高齢化と不況でかつてほど「高負担で高福祉」がうまく行かないような記事も出ています。

「福祉大国」は幻想? スウェーデンの高齢者介護事情
2012年05月15日(Tue)  伊藤清香
http://wedge.ismedia.jp/articles/...続きを読む


人気Q&Aランキング