ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

色はシルバーでリアのガソリン蓋付近からリアナンバーあたりまでの角を塗装してもらいたいと思っています。板金塗装の時季なんですが、一番板金塗装で塗装にあまり影響がない時季はいつでしょうか?今の時季寒くなってきましたが、板金塗装をしたところの塗装には影響はどうなんですか?板金塗装をした後季節、天候には影響を受けますか?おかしな質問ですみません。少し疑問になったのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

厳密に言えば季節や気温、湿度により変わりますが、外で塗ってるわけではないし、季節やその日のコンディションに合わせて塗料の調合をしたり、シンナーの種類を使い分けたり、その他のケミカル剤を使ったりするので問題ないです。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 22:20

当たり前と言えば当たり前ですが


季節や天候は関係有りません。

板金でも新車でも塗装すること自体には変わりないですしね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 22:19

圧送式ブースのある板金塗装屋であれば天候季節は関係ありません。



圧送式ブースは、
フィルターを通した空気がフィルターを通し下に抜けますので、
埃は勿論のこと、塗装時のミスト(エアガンで噴霧したときに出来る乾燥したつぶつぶ)が、
下に吸い出されるので仕上げが綺麗に早くできます。

もしブースが無くても、
暑さ寒さに関しては、塗料の調合とハードナー(硬化剤)を気温に合わせて、
変えますので問題はありません。
夏は乾燥しやすいので、伸びのある調合に、冬は乾燥しにくいので速乾気味に調合。

市販のスプレー缶ではそのような気温の変化に対応させるのが出来ませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2010/11/30 19:33

塗装は、湿度が高い時は、不向きとされています。


従って、雨の日の塗装は、適さないと思います。

この回答への補足

今の時季(冬)で天候が晴れてる時はどうでしょうか?

補足日時:2010/11/28 15:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 16:54

実際の塗装はブースと言ういわば部屋の中で塗装を行いますからあまり天候に影響はありません。



あえて言うなら冬より夏の方が気温が高いので速く塗膜が乾きやすい位でしょうか。

でも実際はさほど影響はありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 15:40

板金屋の腕しだいです。


塗料に含むシンナー、硬化剤などの濃度や乾燥時間など
その状況に合わせて仕事します。

バンパーなどは将来的にヒビ割れなど起こす可能性はありますが、
鉄板ならあまり気にしなくていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

板金屋の素材の使い方ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/28 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

塗装」に関するQ&A: 雨の日の塗装

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗装に適した時期ってありますか?

はじめまして。オールペンを検討しているのですが、塗装の仕上りに
適した時期(湿度や気温的に)はあるのでしょうか?
勿論作業はプロにお願いするつもりです。
最近は塗装ブースなども充実しているみたいなので気にすることは
ないのでしょうか?さすがに梅雨時期とかは避けたいと思ってますが。
詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

板金屋に勤めてました。

塗装をする上で重要になってくるのが、「シンナーの乾燥速度」です。
シンナーは乾燥の速いもの、遅いものがあり、このシンナーの選定により、仕上げも大きく変わってきます。メタリックなどは同じ色でもぎらついたり、曇ったりと顕著に出てきます。ですから、極端に寒かったり、暑かったりするときには避けたほうがいいと思います。いくらブースがあっても温度管理まで外気に左右されないようなブースは一般の板金屋では導入は難しいので、春から夏にかけてや、秋の時期にオールペンするのがきれいにできると思います。気温的には15℃~25℃位が適しているといえるでしょう。

Q雨の日の塗装

最近はよく雨や雪が降っていますが、車のバンパー塗装は湿度の多い日は水分を含んでしますので出来ないみたいですが、仕事の休みのたびに雪や雨です、
そこで質問です。
雨や雪の日に塗装をしたいのですが、雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?
プロは設備があるから大丈夫でしょうが、北海道の素人では冬は雪や雨が多いですがそんな方はどうして塗装をしているのですか?いちお車庫を利用しようと思っています。
また、天気のいい日の夜は冷え込みますがそんな時でも塗装は出来るのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?

塗装で問題となるのは、気温、湿度、露点です。
雨の日はこれらの何れの条件も悪い方向になるので、一般に避けたい環境になりますが、 逆に、これらの条件がOKですと、雨や雪の日でも塗装できます。

湿度:
塗装できるのは85%以下。 湿度が高いと塗料の乾燥=溶剤の抜けが悪くなり、問題が生じます。 これはコントロールしようが無いですが、市販の湿度計で計れます。 湿度の低い日を選びましょう。

露点:
塗るモノの温度が、露点より3℃ほど高い事が一般的な条件です。 その時の温度と湿度で露点が変りますので、一概には言えませんが・・・要は塗装する時に、塗るモノが湿っていないことです。
バンパー程度なら、ドライヤーなどでちょっと暖めるとかで対応すれば良いでしょう。

温度:
低いと塗料が乾燥~硬化するのに時間がかかります。 2液混合型の塗料などはある温度以下では硬化しないモノも有りますが、 一般の一液型の塗料は乾燥~硬化の時間の問題かと。
何れにせよ、塗料によって決まりますので、塗料の製造元に温度&硬化時間を問い合わせるしかないでしょう。

>天気のいい日の夜は冷え込みますがそんな時でも塗装は出来るのですか?
気温と湿度と露点の問題で考えましょう。 特に露点、塗るモノの温度がどれほど冷え込んでいるかです。 夜露がおりる状態では・・・夜露の上に塗装する事になるので、乾燥後に塗装はパラパラ剥がれます。 
車庫の中なら、そんなでも無いかと思いますが・・・。

また、塗る事が出来る条件でも、表面の仕上がり状態に影響します。 一度、使用予定の塗料で試し塗りしてみるのが一番確実でしょう。
ご参考までに。

>雨や雪の日にも塗装ができる対策はありますか?

塗装で問題となるのは、気温、湿度、露点です。
雨の日はこれらの何れの条件も悪い方向になるので、一般に避けたい環境になりますが、 逆に、これらの条件がOKですと、雨や雪の日でも塗装できます。

湿度:
塗装できるのは85%以下。 湿度が高いと塗料の乾燥=溶剤の抜けが悪くなり、問題が生じます。 これはコントロールしようが無いですが、市販の湿度計で計れます。 湿度の低い日を選びましょう。

露点:
塗るモノの温度が、露点より3℃ほ...続きを読む

Q自動車板金塗装技術の違い・・・職人芸の世界?

はじめまして。

実は自動車の板金塗装についての質問なんですが、これって上手い下手ってあるんですか?

時々、光の加減によりドアの色が違って見える車を見かけたりすることがあるのですが、これは塗装技術が下手だったということでいいんでしょうか。
それとも微妙な色の違いはしょうがないのでしょうか?

併せて板金の上手い下手もあるんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

okanouenobakaさんが回答されてるの光の事は正解です。

でも調色で調色を仕事としてる人間から見ると不可能では?

板金は一切分かりませんが新車のときの塗料と板金塗装で使う塗料は違いますので厳密に言うとドンピシャの色は出ないし、日本ペイント、関西ペイントなどメーカーの原色の細かい色違いもあると思います。

実際に調色をしてる所を見てもらうのが良いですのですが、回答のお礼で機械調色はこんな言い方は正しくはない?とは思いますが機械調色は大体あってるなというイメージです。全国同じメーカーなら全く同じ色が出ます。
調色するのは手間が要らないのでらくです。
それと利点として前回あわせでデータ-がはっきりしているのでドンピシャ色をすぐに作れます。
欠点としたらデータ-がないと調色は無理です。

同じ色番号でも手調色の場合は人によって薄い濃い色が効きすぎてる少し足りないなど、近いけど違う状態にはなります。
ほとんどの色は自分の目で見て判断して最適な原色を用意してするのでほとんどの場合色的にでない色を除けば出来ない色は無いです。
欠点は前回あわせなどで回数がかさむと色ずれが起こります。

これは当たり前ですが蛍光灯などの下では調色はしません。
調色ランプの下ではします。
日光の光よりは直射日光の当たるとこよりは日陰になるようなところでします。

職人のこだわりは光ももちろん大切ですが経験と技術、技能でどこまであわせれるかが職人のこだわりです。

okanouenobakaさんが回答されてるの光の事は正解です。

でも調色で調色を仕事としてる人間から見ると不可能では?

板金は一切分かりませんが新車のときの塗料と板金塗装で使う塗料は違いますので厳密に言うとドンピシャの色は出ないし、日本ペイント、関西ペイントなどメーカーの原色の細かい色違いもあると思います。

実際に調色をしてる所を見てもらうのが良いですのですが、回答のお礼で機械調色はこんな言い方は正しくはない?とは思いますが機械調色は大体あってるなというイメージです。全国同じメ...続きを読む

Q板金塗装はディーラーが上手ですか?

バックしていて車を当ててしまいました。
18年式のレガシィで、ブラックパールです。
修理に出そうと思いますが、ディーラーと一般の整備工場はどちらが良いでしょうか?
もちろんディーラーも提携している工場に出すのでしょうが、近所の工場とかと仕上がりの違いはあるのでしょうか?
ソリッドの黒ならいいのですが、パールが入っているので、高くてもディーラーが良いのかな?と思って。

Aベストアンサー

板金塗装に関してはここの意見もあり一概にはコレだというのはないのですが参考程度にここで回答した内容をリンクしておきます。

http://okwave.jp/qa2764571.html
http://okwave.jp/qa3073664.html

ちなみにここ最近とあるディーラーで板金塗装を依頼した友人がいたのですが、二度も塗りなおしをさせるような仕上がりをやれれたので、少しディーラーの板金も見直さなければと思っています。

多分そこが提携している板金屋さんに問題があるんだと思いますがね。
でわ

Q車の全塗装したいのですが、プロの方、おしえてください

愛車(平成2年、マツダ、ロードスター、モスグリーン)を全塗装したいんですが!!黄色に塗り替えたいんです。当方、電装屋で多少は車の知識もあるのですが、塗装となるとちんぷんかんぷんで。コンプレッサーはあります。こんな状況で、まずは、色を落とさなくてはならないとは思うんですけど、やすりをかければいいんですよね?何番でかけるんですか?何が必用なんですか?ポリッシャーみたいなのもいりますよね?ガンはどんなのがいいんですか?塗ったあと、クリアも塗るんですよね?と、とにかく必用なもの、どのようにやるのか。詳しく教えてください。かなり、気合入れたいんです。プロの方の厳しいご意見も覚悟です。

Aベストアンサー

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについている部品も外さなければいけません。できればバンパー(前後)も外したほうがいいです。
そして下地処理です。(質問にありましたやすりで色を落とすといったことは不要です)足付け(汚れ落とし&塗料の密着)と言ってやり方はいろいろあるのですが、足付け剤という専用の液体をタオル等に付けて塗装面をこすっていきます。その後1000~2000番の耐水ペーパーをかけます。この時キズがあればペーパーで(600~800番)消すとよいでしょう。(凹みは板金+パテを)最後にエアーガンでボディの隙間の水、ゴミを吹き飛ばし綺麗にふき取ります。
それからマスキングです。マスキングにはマスキングテープ(いろんな幅のテープ)、ビニールシート、新聞紙等が必要です。この作業は文章で説明するのが難しいのですが、色の直接かからないところは新聞紙で、かかりそうなとこはビニール(業界ではブロックマスカーという専用の紙を使う)を貼ります。ふち、際はしっかりテープで。
さていよいよ上塗り作業ですが、その前に(この前に下塗り*サフェーサーを塗布すると上塗りの、のりがよくなるが別に省いてもよい)塗装前にもう一度エアーガンでエアーブローします。そしてシリコンオフというもので脱脂します。できればペーパータオルを2枚使用し1枚にシリコンオフを浸しボディを拭いてもう1枚で拭きとります。それからタッククロス(にちゃにちゃしたガーゼのようなもの)で埃等を拭きとります。
さあ、やっと本番です。が、塗料のほうは大丈夫でしょうか?色は黄色とのことですが配合などはどうなのでしょうか?ちなみに黄色は隠ぺい性(染まり)が悪いです。その為あらかじめ白を塗ります。それでも濃紺色と違い何回も塗り重ねないと染まりません。塗料もけっこう必要だと思います。ここで難しいのは色を均一の濃さにしなければいけません。(メタリックやパールみたいにムラにはならないにしろ)
最後にクリアーを塗ります。
と、言葉で説明すれば上記のとうりですが実際塗るとなると、スプレーガンの調整(噴出量、エア圧)、シンナーの種類(速度)&量、気温、ガンの吹きつけ速度&距離&重ね等さまざまな条件によって仕上がりが決まります。(たれ、ざらざら)
塗り終えたら塗面際のマスキングテープを剥がします。
乾燥が終わったら仕上げの磨きをします。表面がざらざらだったり、ぶつやたれ(あんまりひどいと塗りなおしたほうがいいかも)を1000~2000番の耐水ペーパーで磨きコンパウンドで仕上げます。確かにポリッシャーを使うのですが磨き作業も難しいです。コンパウンドにも荒い、細かいがあります。バフも使い分けたほうがいいでしょう。パネルの角などは塗膜を削れやすいです。
ざっと、こんな作業の流れを説明しましたがいかがでしょうか?けっこう揃えるものがあると思います。いきなり塗るんじゃなくいらないパネル等で練習してからやったほうがいいと思います。
参考になれば幸いです。

一応、業界の者です。まず設備のほうは大丈夫でしょうか?塗装ミストは、かなりすごいですよ。(板金屋では塗装ブースで塗りますので)ある程度のブツ、埃は覚悟しなければいけません。それと、かなりいろいろと道具、材料がいります。
かなり気合が入っているようですので・・
それでは、順に説明いたしましょう。
まずは、部品外しです。(ドアノブ、ライト、ウインカー、モール等)*ちなみにドアの内側やフード、トランクの裏等はどうされるのでしょう?塗るのであれば、外さなくてはいけませんし周りについ...続きを読む

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Qシルバーの車の板金は、そんなに難しいものなのでしょうか?

先日自分の不注意で、ガードレールに車をぶつけてしまい、左側後ろのドアからテールランプ近くまで窪んだ線がつきました。
その後、知り合いの修理屋に板金(外注)を依頼し、3日後出来上がりました。
車を引き取りに行ったとき、修理屋は、「板金をしたので、どうしてもひずみが出るし、シルバーは特に目立ってしまう。気に入らないならドア交換しかない。」と、真っ先に言ってきました。
夕刻だったのでよくわからず引き取りましたが、翌日昼間見てみるとかなりデコボコがあり、とてもプロが仕上げたとは思えないしろものでした。
しかも、色も少し白っぽく、前のドアとは一見して違う色だとわかります。
これはクレームを言うべきでしょうか?もし、クレームを言ったら、やり直してくれるものなのでしょうか?
今から思えば、修理屋自身も予想外の仕上がりのひどさに、思わず逃げ口上を言ったのではないかと勘ぐらざるを得ません。
皆さんのご意見をお聞かせ頂きたく思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

  当方板金塗装のプロです。
 プロとしての意見を書かせてもらうと、ハッキリ言ってその仕上がりではヘタクソです、シルバーは塗る時や色合わせは、確かに難しいですが、ひずみについては比較的目立ちにくい色です。(一番ひずみの目立つのは、黒等の濃色車です)
 あなたと修理屋さんの間で、先に値段を決めて「いくらまでで直してください」という交渉があって、下請けの塗装屋がしかたなく、割に合わない値段なので手を抜いたって事も考えられますが、あまりにもヒドイ様に思いますね、ドアを交換するしかないって言うのも、先に言っておくべきだし、言い訳しているとしか考えられないですね。
 おそらく、クレームで再修理してもらってもヘタなのは、何度やっても殆んど同じでしょうね。
 あとは、「納得いく仕上がりになるまでお金は払わない」とごねてみるぐらいですね。(少なくともまけてもらえるかも・・・)
 もし、もうお金を払ってしまったのなら、もう二度とその修理屋さんに、板金塗装は頼まないようにして、諦めるしかないでしょうね。(返金はおそらくムリ)
 これからは、先に「キレイに直りますか?」って先に聞いておきましょう。

  当方板金塗装のプロです。
 プロとしての意見を書かせてもらうと、ハッキリ言ってその仕上がりではヘタクソです、シルバーは塗る時や色合わせは、確かに難しいですが、ひずみについては比較的目立ちにくい色です。(一番ひずみの目立つのは、黒等の濃色車です)
 あなたと修理屋さんの間で、先に値段を決めて「いくらまでで直してください」という交渉があって、下請けの塗装屋がしかたなく、割に合わない値段なので手を抜いたって事も考えられますが、あまりにもヒドイ様に思いますね、ドアを交換するし...続きを読む

Q部分塗装について

お世話になります。

自動車の鈑金塗装についてお訊ねします。
ディーラーなどでよく、部分的な塗装(例えばドアの全面ではなく半分)をすると、納車の段階では境目がわからないが時間が経つと現れてくるという話を耳にします。
塗装したての頃はなかった境目が、時間が経過するにつれて現れてくるというのは、どんな理由からなのでしょうか。
またそれは、どれくらい時間が経過すると現れてくるものなのでしょうか。
鈑金業界の職人さん、または自動車業界で鈑金知識を有している方などからの回答をいただけると幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

時々誤解のある見解を目にすることがあるので回答いたします。
多少長くなりますが、ご容赦ください。

車両製造メーカーのラインから上がってきたままのオリジナルのボディ塗装は「焼き付け塗装」。
*近年のメーカーの塗料溶剤削減意識の高まりから、水性ベース、静電塗装、紛体塗装も焼き付けを行います。
この時に使用される塗料は、熱によって自己反応して硬化する原料を使用します。
内装などの樹脂パーツ類を組み付ける前に車体を塗装し、120℃~140℃の釜で焼いて塗料を高温で熱反応させることで重合(塗料の分子同士が堅固に連結する)する塗装です。
高温で焼くため、樹脂パーツ類はこの温度には耐えることが出来ません。
*バンパー、ドアミラー外殻、ドアハンドルなどのボディと同色の樹脂パーツは別途違うタイプ(後述の板金塗装で使用される塗料が近い)の塗装を行います。

対して、板金塗装で使用される塗料は、硬化剤を規定量(混合比率と使用期限が厳密に決まっています)混ぜ、化学反応させて60℃~70℃で加熱する「低温焼き付け」または「強制乾燥塗装」と呼ばれるタイプです。(硬化剤は、塗料を化学反応させるための起爆剤だと思ってください。)
塗料自体は吹き付けてしばらくすれば、溶剤が蒸発して塗膜が出来ます。
その塗膜が硬化剤による架橋反応(硬化剤が橋渡しになって、塗料の分子同士を繋ぐ)によって重合します。
赤外線ヒーターなどを使用して約60℃~70℃で40分程度加熱して硬化反応を促進させ、短時間で反応を終了させて強い補修塗膜を形成します。
塗装ブースでサウナの様に温風を循環させて乾燥を促進させたりもします。
自然乾燥も可能なものもあり、概ね72時間で硬化反応が終了します。(市販されているウレタンクリアの缶スプレー等がそうですね)
板金塗装では時間効率が悪いので自然乾燥は行いません。

★オリジナルの「焼き付け」と「低温焼き付け・強制乾燥」では塗料の質が全く異なるのです。
塗膜の硬度、耐候性、耐溶剤性など、オリジナルの焼き付け塗装が最も強い塗装となります。

車の塗装は、同じ色・同じ車種であっても、個体によって色味に濃い・薄い・赤っぽい・青っぽい・黄色っぽい・パール感が多い・少ないなど、生産ラインの塗装や使用する塗料のロットで微妙に違っていることが多いのです。
こういう現象を業界内では「色ブレ」と言います。
通常板金塗装では、個体の色ブレに合わせて基本ベース塗料を調色して入庫した車と比較し、微調整をして補修部分を塗装します。
*ピッタリに合わせても、ドアなどの側面に塗るとピタリと合うのに、ボンネットなどの平面を塗装すると違って見えたりする色があるのですが、その場合は全体が違和感なく、バランスよく見えるように平面に塗る塗料の色合いを別途調整したりします。

パールやメタリックカラーの場合、カラー塗装の後にクリアをオーバーコートしてカラー塗装を保護してツヤを出す設定になっています。
カラー塗装でボカシて、更に広めにクリアをオーバーコートしてクリアのボカシ塗装をします。

>塗装したての頃はなかった境目が、時間が経過するにつれて現れてくるというのは、どんな理由からなのでしょうか。
A:一つは、カラー塗装の塗料の材質が、オリジナルと板金補修の塗装では異なる材質であり、先に書いた耐候性にやや劣るため、青空駐車で直射日光に常時さらされると、紫外線の影響と経年変化で徐々に違和感が出てくるのです。
もう一つは、クリアのボカシ部の下地処理が甘いと、ボカシ際でのクリアの馴染みが甘くなり、うっすらと境目が見えたりします。

違和感を出さないきちんとした板金塗装では、
例:フロントドアを補修塗装する場合
*フロントドアを1枚全部塗装。
*フロントフェンダーの後半部分、リアドアの前半部分をボカシ塗装。
こうすることで、塗装を連続した面に見せるようにして、極力違和感を出さない様な塗装をします。
(先の回答者の方が書かれていますね。)
もちろん、ドア1枚の塗装や部分的なボカシ塗装より金額的に高くなります。金額が許されれば、サイド部全体を塗装する場合もあります。

>またそれは、どれくらい時間が経過すると現れてくるものなのでしょうか。
A:元のオリジナル塗装の色や経年状態によって異なります。
概ね、赤系統の色はソリッドカラー、パールメタリックカラー共に色焼けや色抜けが起こりやすいので、3年程度で出る場合があります。
*オリジナルの塗装が日焼けで色抜けして、塗装した部分は塗膜が新しいので色抜けが遅くなるので、濃く(黒っぽく)見えてくることが多いです。
中間色の薄いライトブルーメタリック系やライトグリーン系なども、やや出やすい傾向があります。
きっちり塗装されていれば、ソリッドのホワイトやブラック系・ダークブルー系などの濃い色は現れ難く、シルバーメタリックなども、5年やそこらでは出難いと思います。
(実際は違いが出ていても、色に敏感な人でないと気が付かない程度)
青空駐車の場合、補修塗装の下地処理が甘いと、ボンネットなど直射日光が当たってエンジンの熱がこもりやすい部分は、色あせや塗装の浮き、クリア層の剥がれが出やすい傾向がありますね。
車の持ち主の手入れ次第でも大きく差が出ます。

塗装は、仕上がりの良し悪しと時間の掛け方が金額に正比例します。
仕上がりに拘るのであれば、どこまでの仕事を依頼するのかをしっかり相談してお願いしてください。
安くあげたければ、「出来るだけ安くお願いします」と、塗装に出す時に伝えることが大切です。
職人さんの腕前が良ければ、金額も上がると思ってくださいね。
相手は板金塗装のプロ、職人です。下手に値切ったり、付け焼刃の知識で話すと印象が悪くなることがあるのでご注意を。
板金塗装工場それぞれで使用している塗料のメーカーと種類が異なりますが、塗料のランクが同程度なら、外国製、日本製で性能に大きな差はありません。

時々誤解のある見解を目にすることがあるので回答いたします。
多少長くなりますが、ご容赦ください。

車両製造メーカーのラインから上がってきたままのオリジナルのボディ塗装は「焼き付け塗装」。
*近年のメーカーの塗料溶剤削減意識の高まりから、水性ベース、静電塗装、紛体塗装も焼き付けを行います。
この時に使用される塗料は、熱によって自己反応して硬化する原料を使用します。
内装などの樹脂パーツ類を組み付ける前に車体を塗装し、120℃~140℃の釜で焼いて塗料を高温で熱反応させることで重合...続きを読む

Qクリア塗装のボカシ部分の失敗を誤魔化すには?

カラー塗装後、クリアを部分塗装しました。いずれも缶スプレーです。

数日後、ぼかし部分のザラツキ除去と、コンパウンドの下準備のため2000番のサンドペーパーで水研ぎしていたのですが、ぼかし部分が薄かったため一部がはがれてしまい、境目が目立つようになってしまいました。

この境目を誤魔化すにはどうすればよいでしょうか?

サンドペーパーで境目を研磨するとか、クリアの上にクリアを再塗装するとか、一からやり直さないで済む方法は無いものでしょうか?

ちなみに、色は黒です。
どうかお知恵を拝借ください。

Aベストアンサー

クリア塗装の足付けしてなければ、
何をやっても無駄。

境目が判るものはぼかしとは言わない。
クリアが剥がれる物は足付けがされていないから。

ぼかし部分のざらつきを耐水ペーパの水研ぎをしても意味がない。
ぼかし剤でざらつきを無くすように密着させないと・・・
今からでは手遅れです。

クリアを剥がし、その部分に色を吹いて、再度クリア塗布。
クリアぼかし吹き。

この寒い時期に缶スプレーで塗装。
缶をお湯であたためて噴霧してますが?

QDIYでクリア塗装後のトラブル処理について

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々ときれいな部分と

白く擦り傷でくもった部分が混在する状態になってしまい、まるで地図のような模様になってしまい

このあとの対処方法がわかりません。

理想としては黒々とした部分で全体を占めてくれれば納得なのですが、磨きをした跡の正解が白く

なっている部分なのか?黒く残っている部分なのかもわかりません。

またクリア塗装のやり直しになってしまうのでしょうか?

何にしても真夏のこの暑さですからまたの失敗がこわいです。

次の対処方法をご教授ください。よろしくお願いいたします。

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々とき...続きを読む

Aベストアンサー

No.2 およびNo.4です。
色々なご意見が寄せられているようですが、質問者様は誰の回答を
真に受けていいのか戸惑っていることと思います。

今のままではペーパーの番手からして何番を使えばいいのか
全くわからないので途方に暮れているのではありませんか?

最初からプロレベルは求めていないと言うことなので
私はそれに合った手順を回答としてきました。

私のHPから「お問い合わせ」をクリックしてメールしてみてください。

現役で塗装していますし、これまでに塗装職人に指導もして来ましたので
わかりやすく教えてあげられます。

http://www.cts-net.ne.jp/~simada-f/


人気Q&Aランキング