【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

最近、外付けHDDのファイルを見ようとするとき、
中の一部のフォルダが「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」とでたり、文章ファイルや画像がこの形式は読めないだとか、壊れていると表示され、読なくなりました。これは、もしかしたら不良セクタが出たからかもと思いました。その後、再起動をしたときにチェックディスクが自動でかかりました。
しかし、チェックディスクをした後も「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」とまた出てきてしまいました。また、HDDの不良セクタが原因かと疑いましたが、「HDTune」で調べても、出てきませんでした。ほかのソフトの「HDD Regenerator」で、修復できるかと試してみても直りませんでした。おまけに、また起動させたときにWindowsのチェックディスクが実行されました。このときは怪しかったのでとりあえずスキップしました。その後、外付けHDDのケースを入れ替えて中を見てみました。そうすると、正常になかのフォルダやファイルが見れるようになりました。この現象はいったい何なんでしょうか?
ご存じの方がいましたら回答お願いします。
また、自動でチェックディスクを行わないようにする設定がありましたら、教えてください。

環境は、OS WindowsVista
      HDD WD20EARS
      HDDの外付け用ケース 前Logitec製 LHR-DS02
                      後IODATA製 HDCN-UA
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと遅れましたが原因と思われる理由を回答します。



外付けのケースを交換したら解決したということですよね。もし、同じケースに戻しても発生するなら、それはケース内のコントローラに問題があります。SATAとeSATAまたはUSBに変換する場合は、外付けディスクの筐体にブリッジコントローラ(USBとSATA,SATAとeSATAを変換する半導体)が内蔵されています。

この半導体に不具合があり、情報がビット化けする(ビットエラーと言います)状態になるとエラーが多発するようになります。ケースを変えて治る場合は、これが原因の可能性が高いです。また、ケーブルに不良がある場合、パソコン本体のホストコントローラやUSBルートハブに故障がある場合も症状が出ることがあります。
こういった場合は、別のコントローラやハブに接続することで改善します。(ポートを別の正常に動くポートにつなぎ替える)

他にも原因としてハードディスクそのものが本当に故障していて、つなぎ替えることでたまたま正常に見えているという場合もないとは言えませんが、まあ、ご心配なら別のディスクにバックアップを取られることをお奨めします。

尚、次回起動時のチェックディスクを停止したい場合は、
CHKNTFS /X ドライブレター名
というコマンドをコマンドプロンプトやファイル名を指定して実行、ファイル検索で実行することで停止されます。
Cドライブを停止するなら、
CHKNTFS /X C:
となります。

ただし、異常が本当に繰り返し発生している場合は、何度行っても再起同時にチェックディスクが走る可能性があります。特に、イベントログでdisk及びATA関連のエラーが出ている場合は、ハードディスク(diskのみ)、ポートやケーブル、ホスト、またはブリッジコントローラ(disk、ATA、ATAPI、USB関連)のいずれかに認識上の重大な不具合があります。
一応書いておきますが、イベントログはコントロールパネルの管理ツール(クラシックメニューで探して下さい)にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
回答ありがとうございます。
今読み返すと質問文が意味不明でした。申し訳なかったです。
問題に関しては、チェックディスクも止めて今は自然に解決しました。
原因はいまも分かっていません。ただ、正常に記録はできていたのでとりあえずよしとしました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/01/23 02:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング