【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

熱伝導率κ(>0)の材質でできた半径aの球がある。全体を温度T(0)で均一にしといて、時刻t=0で全表面を温度0の熱浴に接触させ
その後の温度分布を求めたい。

(1)変数分離法を用いて一般解を求めよ。
Hint : rについてはR(r)=f(r)/r またはR(r)=f(r)/√r とおくとよい。

(2)初期条件、境界条件に合うように温度分布の時間変化を求めよ。


解法がわからないです。。。ご教授お願いします><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1の回答に引用してあるURLの(3.32)式から始めましょう。



“球(半径a )の表面が温度0 に保たれているとき、熱伝導方程式と境界条件を
極座標を用いて表せ。
解. 熱伝導方程式を極座標で書くと、
(∂u/∂t)/c = {∂^2/∂r^2 + 2(∂/∂t)/r}*u + {θとφの偏微分項}/r^2   (1)“

数学より物理と考えると、球対称な場合は球内の熱分布はθとφによらない
とすれば、解uは u(r, θ,φ,t) = R(r)*T(t) と変数分離形で書けます。
これを(1)式に入れて整理すると、
左辺 = R(r)*(dT/dt)/c
右辺 = T(t) {d^2/dr^2 + (2/r)*d/dr}R(t) + 0

したがって
(dT/dt)/(cT) = {(d^2/dt^2 + 2(d/dr)/r)R}/R (2)

ここで R(r) = f(r)/r と置いて(2)の右辺を整理すると
右辺=R*(d^2f/dr^2)/r = (d^2f/dr^2)/f (3)

(2)と(3)をまとめると
(dT/dt)/(cT) = (d^2f/dr^2)/f                  (4)

これが常に成立するためには
(dT/dt)/(cT) = λ , (d^2f/dr^2)/f =λ            (5)

dT/dt – cλT = 0, d^2f/dr^2 – λf = 0 (5’)

と簡単化することができるのではないでしょうか。

形式的に厳密な解なら参考URLのステップが必要なのでしょうが。
初期条件や境界条件は参考URLの説明を参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここに代表して書かせて頂きます。
お二方とも分かりやすい説明、ありがとうございました!!!

お礼日時:2010/12/03 04:07

ここにあるようですが,ハンパじゃないですね。



http://coral.t.u-tokyo.ac.jp/fujiwara/Mathematic …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング