【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

危険物取扱者試験の物理化学問題からです。

鉄粉は自然発火することがありますが、その際の反応熱は何になりますか?
選択肢には

1)吸着熱
2)酸化熱
3)分解熱

があります。自分的には酸化熱だと思うのですが自信がありません。

ちなみに、ニトロセルロースの自然発火は「分解熱」、動植物油類の自然発火は酸化熱
でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

微細な鉄粉は空気中の酸素と発熱反応し燃えます。

つまり「酸化熱」が正解です。
下記URLの4.4を見てください。
http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/ka …

ニトロセルロースの自然発火は、ニトロセルロースの分解により発生した硝酸により起こります。
硝酸が未分解のセルロースを酸化し、その発熱により発火します。
硝酸は、直ぐ解離してNO,NO2やH2Oになります。NO2は強烈な酸化剤(NO2は更に解離して
Oが発生します)なので未分解のセルロースを酸化し発熱させます。
紙に硝酸液を付けると焦げて黒くなるのも同じです。
下記URLを見てください。
http://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%99 …

つまり、No.2の回答が正しいのですが、問題の回答が「分解」となっているなら問題です。

動植物油類の自然発火も基本的には酸化熱ではないでしょうか。
”含油物の「余熱発火」は、油脂類の中の二重結合(-C=C-)となっている炭素に酸素が結合
 するときの発熱反応により、熱の蓄熱が起こり、出火に至ります。”
下記URLからの引用です。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~fireschool2/d-A2-07- …

もし問題集の解答が違っている場合は、化学のスレッドで尋ねられるようお勧めします。
    • good
    • 0

言葉の遊びの範囲を超えませんが、反応熱というのは次のどれでしょうか。


1)吸着熱
2)酸化熱
3)分解熱
通常、自然発火と言われる物の多くは酸化反応では?、ニトロも分解して酸素が放出され、酸素濃度が高くなり、発火は酸化反応です。

この回答への補足

何が言葉遊びなのか解かりかねますが、

物質が常温の空気中で自然に発熱して、その熱が蓄積されることによって物質の発火点に達し
燃焼し始めること=自然発火

(自然発火の要因)
分解熱(物質が分解されるときに発する熱。セルロイドなどがある)

酸化熱(物質が酸化されるときに発する熱。乾性油、石炭などがある)

吸着熱(空気中の水分を吸収して化学変化が起こるときの熱)

微生物(微生物が分裂したりするときに発する熱。たい肥やごみなどがある)

◆参考書では上記の様に書かれているのですが、鉄粉がどれに該当するのかが分かりません。

補足日時:2010/11/28 23:17
    • good
    • 0

試験問題集の本に載ってますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

試験問題集とは危険物安全協会の「必携」、若しくはその例題集でしょうか?
「基礎的な物理学おより基礎的な化学」の全頁をチェックしたのですが
鉄粉については載っていませんでした(平成22年度版)

お礼日時:2010/11/28 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素が17%もあるのにろうそくが燃えないのはなぜ?

先日理科の授業で、気体検知管を使った実験をしました。
不思議に思ったのですが。気体に21%の酸素含んでいますが。燃やした後は17%も残っています。どうして17%も残っているのに燃えないのでしょうか。
小6なので深く調べないらしいと聞き。
インターネットを見て回っていてもいまだに。
いい答えがありません。
残されたのはここだけなのでどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えは
燃焼反応を維持できなくなるです

http://se.kcn-tv.ne.jp/users/syuugorou/fire/fire1-7.html

http://www3.u-toyama.ac.jp/kihara/chem/fire/nensho-genkai.html

燃える為には

燃える物
酸素
温度

の3要素が必要なのです

燃やした後は17%も残っていますよね
燃える物
酸素
は有るのですが

酸素が少なくなると反応できる酸素が減ります
酸素が減ると燃える事ででる熱量が減ります

温度が上がる

燃える限界点より温度が低くなると

従って
燃える為の温度が維持できなく成るのです

もしこれが水素であれば・・・もっと低くても燃えます

http://www3.u-toyama.ac.jp/kihara/chem/fire/properties.html

Q0価の鉄粉を水の中に入れて、かき混ぜると鉄粉の塊ができました。

0価の鉄粉を水の中に入れて、かき混ぜると鉄粉の塊ができました。
そしてそれを薬さじで水から出すと塊がはじけるように分裂します。
そしてどうやら表面がぬれていないようです。
鉄粉の表面は疎水性なのですか?
磁性が関係しているのかも?と指摘していただいたのですが、
強磁性のFe3O4は水に混ぜても塊にならないので磁性が関係しているとは思えません。
最近、環境の分野で還元剤として0価の鉄粉が使われていますが、表面が濡れないのに還元剤としてなぜ使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

お手持ちの製品が、濡れにくい性質なのでしょう。

私が使っている鉄粉は、水に良く馴染みます。
固まってしまったりしません。

アルミの一円硬貨が水に浮くことは ご存じだと思いますが、
これは水に濡れにくいことが原因です。

鉄が疎水性だということはないのですが、
金属の表面が水に濡れにくい状態になることはよくあることです。

還元剤などとして使う場合には、あらかじめ水に濡れる状態にするのが普通です。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q比重の計算方法

水溶液の比重の計算方法を教えてください。
たとえば、塩水について。
おねがいします。

Aベストアンサー

お困りのようで、お役に立てるかどうか判りませんが 思いつくままに書きます。私は食品系・化学分析系ではありません(熱力・流力系)故、勘違いや的外れなレスあれば ご指摘ください。判る範囲内でお返事します。

1.ボーメ計の最小目盛は、いくらのものを使っておられますか? 私の記憶では 精密ボーメ計の最小目盛は 0.1度 の物があったと思います。

2.測定方法ですが、良く混合した均質な水溶液をメスシリンダ-等に採り、ボーメ計を浮かべて上下動が安定停止するまで暫くの間(5~10分か?)放置した後、目の高さで読みとっていますか。 まさか、混合水槽の中で直接測定していないと思いますけど。

3.No.2 のお礼欄の ボーメ・比重の式(サイトB)は 正しい。 この式は、水より重い液体に適用される式です。

  d = 144.3/(144.3 - Bh)
   d  : 15℃水溶液の 比重(4℃の水を規準として)
   Bh : 15℃水溶液の ボーメ度

この式は元々 実験式ですし、また式の成り立ちから見ても計算結果の有効数字は 3桁か、せいぜい 4桁 と考えるべきです。
従って、15℃水溶液の Bh=13.0 とすると この水溶液の比重d は ;
  d = 144.3/(144.3-13.0) ≒ 1.099 

「サイトA」の比重計算結果で、Bh=12~14 については 計算間違いしているようですね、多分・・・

5.水温の、密度 ρ(kg/m3)に及ぼす影響について
標準大気圧(1atm)における純水の密度は、水温により下記の如く、少しだけですが 変化します。

 水温t(℃)   密度 ρ(kg/m3)
-------------------
    5     1000.0       
   10      999.7
   15      999.2
   20      998.3
   25      997.1
   30      995.7
-------------------
5℃の水と25℃の水では、密度の差は 約0.3% だけですから大勢には余り影響ないような気がします。食塩水のデータは残念ながら判りません。

この程度の差が気になるようでしたら、2項で述べた試料の入ったメスシリンダーを冷蔵庫に入れ、15℃前後に冷えた頃を見計らって ボーメ度を測ればいかがでしょうか。

6.NaCl水溶液の 比重・ボーメ度 と 塩分濃度の関係

  温度15℃の NaCl 水溶液 
  比重(d)  ボーメ度(Bh) 塩分濃度(wt%)
-------------------------
  1.00      0.1      0.1
  1.02      3.0      2.9
  1.04      5.7      5.6
  1.06      8.3      8.3
  1.08     10.8     11.0
  1.10     13.2     13.6
  1.12     15.6     16.2
  1.14     17.8     18.8
  1.16     20.0     21.2
  1.18     22.1     23.7
  1.20     24.2     26.1
------------------------
上表の如く、15℃のボーメ度(Bh)と塩分濃度(wt%)は 非常によく似た数値となるのが特徴です。ボーメ度(Bh)を監理する事により、その値に近い塩分濃度(wt%)を間接的に監理している事になります。
  塩分濃度(wt%) = NaCl/(H2O + NaCl) * 100

参考 : 日本機械学会編集 機械工学便覧-熱力学編-

以上、とりとめのないことを書いてしまいました。ご参考程度にして下さい。

お困りのようで、お役に立てるかどうか判りませんが 思いつくままに書きます。私は食品系・化学分析系ではありません(熱力・流力系)故、勘違いや的外れなレスあれば ご指摘ください。判る範囲内でお返事します。

1.ボーメ計の最小目盛は、いくらのものを使っておられますか? 私の記憶では 精密ボーメ計の最小目盛は 0.1度 の物があったと思います。

2.測定方法ですが、良く混合した均質な水溶液をメスシリンダ-等に採り、ボーメ計を浮かべて上下動が安定停止するまで暫くの間(5~10分か?)...続きを読む

Q鉄、ガラスなどが燃える温度は?

温度に関して、教えてください。

自分の身近に感じる温度は

体温(36度)
お風呂(42度)
気温(室温27度くらい)
沸点100度
など・・・

またそれ以外に温度で参考になるものを教えて頂けますか?

火は、いったい何度なのでしょうか?
鉄を溶解炉なので燃やすのは何度(1000度位でしたっけ)

またそのような高温はどうやって出すことが出来るのでしょうか。
またガラスを溶かす温度はどのくらいですか?
火災の場合、木造、コンクリートそれぞれ耐火性(温度はどのくらいなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参考URLに、ガスバーナー、ろうそくなど、いろいろな燃焼の温度がまとめてあります。わかりやすいのでおすすめします。

製鉄につかう高炉では、鉄が燃えているのではなくて、コークス(石炭から作った炭素の塊)と空気と鉄鉱石が化学反応を起こして、単体の鉄ができているのです。温度は、上部が300℃ぐらい、下部が1200℃ぐらいになります。

高温が必要なときは、燃料を空気とではなく、純粋な酸素と混ぜて燃やします。また、エネルギー源を電気にすると、理論的にはどんな高い温度でも実現できます。

木材の着火点は、260℃ぐらいです。木の種類によって多少異なります。木材は、加熱されると、可燃性のガスを放出します。そのガスに引火します。

コンクリートについては、それ自体は燃えません。

ガラスはたくさんの種類があり、それぞれ軟化点が異なります。びんや板ガラスにつかうソーダ石灰ガラスは600~700℃ぐらいですが、用途によって軟化点の低いガラス、高いガラスがつくられています。ハロゲンヒーターなどに使う石英ガラスの軟化点は約1700℃です。

参考URL:http://www3.toyama-u.ac.jp/~kihara/chem/index.html

参考URLに、ガスバーナー、ろうそくなど、いろいろな燃焼の温度がまとめてあります。わかりやすいのでおすすめします。

製鉄につかう高炉では、鉄が燃えているのではなくて、コークス(石炭から作った炭素の塊)と空気と鉄鉱石が化学反応を起こして、単体の鉄ができているのです。温度は、上部が300℃ぐらい、下部が1200℃ぐらいになります。

高温が必要なときは、燃料を空気とではなく、純粋な酸素と混ぜて燃やします。また、エネルギー源を電気にすると、理論的にはどんな高い温度でも実現できます。...続きを読む

Q比重の計算

本当にバカな質問してすいません。

ある溶剤の比重が1.2とします

10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?


もう一つ比重が0.8とします

10ml取った場合8グラムでいいのでしょうか?

バカな質問ですいません。頭がこんがらがってきました。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合ってますよ^^

 比重の単位は、g/cm3です。
 cm3とmlは同じ単位ですから、g/mlと置き換えてもかまいません。


>ある溶剤の比重が1.2とします
>10ml取った場合は12グラムでいいでしょうか?

さて、こういう場合は、単位もまとめて計算するといいです。

10ml×1.2g/ml = 12g

「ml」に「g/ml」をかけるということは、
「ml」に「g」をかけて「ml」で割るということです。
「g」だけが残りますよね。

0.8の場合も正解です。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q燃焼熱から生成熱を求めるとき

炭素・水素・メタンの燃焼熱から、メタンの生成熱を求めるとき、「メタンの生成熱=炭素の燃焼熱+水素の燃焼熱ーメタンの燃焼熱」で答えが導き出せるようなのですが、どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
炭素の燃焼熱=二酸化炭素の生成熱、水素の燃焼熱=水の生成熱だということは分かります。

これは、(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式と何か関係があるのでしょうか。

また、基礎的なことなのですが、生成物はどういったもので、反応物はどういったものだという理解ができていません。簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、炭素や水素を燃やしてしまうときの反応熱(1)と、炭素と水素からメタンを一旦作る反応熱+メタンを燃やしてしまうときの反応熱(2)は等しくなるはずです。つまり、
Cの燃焼熱+H2の燃焼熱(2mol分)=メタンの生成熱+メタンの燃焼熱

なお、
>(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式
を知っているのならできないはずがないと思います。
メタンの燃焼の熱化学方程式
 CH4 + 2 O2 = 2 CO2 + 2 H2O + Q
をそのままその式に当てはめればよいのです。
 反応熱Q=(CO2とH2Oの生成熱の総和)-(CH4とO2の生成熱の総和)
生成熱は、(最も安定な)単体から作るときの反応熱なのは当然理解していますよね。
ではO2の生成熱が0となることも自明ですよね。

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング