【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

一例です。Aさん、Bさんがいます。AさんはBさんに7月1日に50万円
を貸し、9月末までに返すという約束をしました。借用書を作成
しました。しかし、10月になりAさんは何度も返済の催促を
しましたが、11月になってもBさんは一向に返済をしないため、
訴訟を行いました。
その際、Bさんは『返済期限を12月まで延ばしてくれる、とAさんと
話がついてる』と主張。これは嘘なのですが、口頭でのやりとりのため
証拠は存在しません。
こういう場合、どうなるのでしょうか?

A 回答 (3件)

刑事裁判と民事裁判は根本的に違います。


刑事裁判は「疑わしきは被告人の利益に」という原則がありますから、被告人が主張したことが、証拠がなくて証明できなくても、慎重に審理されます。
しかし、民事裁判の場合、被告が主張したことに証拠がなければ、その時点でその主張は無かったことにされてしまいます。
テレビドラマの刑事裁判を見て、民事裁判も同じように進行すると思い込んでいる人が多いですが、民事裁判では例え事実であっても、証明責任のある人が証拠を示せなければ、その事実は事実として認められません。
いくら演技で本当っぽく語っても、証拠がなければ認められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご投稿ありがとうございます。
今回の場合、Bさんがいくら『Aさんとは返済期限を延ばして
もらえる、とこの前話しました』と主張しても、
証拠が無いとダメなのですね。
裁判官?が刑事のようにBさんに何度も質問をしたりして、
Bさんの矛盾を突く、そんなことはないと思っていたので、
絶対的な証拠が無い状況で嘘をつけばそれまでなのかな?と
不安に思っておりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/28 20:37

Aさんが原告、Bさんが被告の場合、原告が被告に金を貸した事実を証明する責任があります。


そして、被告のBさんが、『返済期限を12月まで延ばしてくれる、とAさんと話がついてる』と主張した場合、それを証明する責任はBさんにあります。
Bさんは証拠を持っていないので、Bさんはそのことを証明できません。
判決はAさんの主張通り、被告は原告へ金○○円を支払えという判決になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご投稿ありがとうございます。
民事では、刑事事件のように第三者がアリバイの矛盾を突いたり、
その人の主張の矛盾を問い詰めたり、などは無いと思っていました。
Bさんに証明責任があるのですね。

お礼日時:2010/11/28 19:06

裁判官が「事実ではない」と判断すれば、Bさんの主張は認められません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご投稿ありがとうございます。
確かに絶対の証拠はありませんが、もし仮にBさんの
言い分が正しいとしても、後日のAさんとBさんの
やりとりに矛盾するところがあります。
では、Aさんの立場ではBさんの言い分には矛盾がある
ことを主張すればよいのですね。

お礼日時:2010/11/28 18:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング