中小企業の働き方改革をサポート>>

先日退職し、私の被保険者期間と年齢から算出すると、
失業保険の給付日数は「240日」となります。

この給付日数を月で換算すると、

(A) 240÷30=8ヶ月間(ひと月30日計算)
(B) 240÷20=12ヶ月間(ひと月20日計算)
(C) またはそれ以外の計算方法

…どれになるのでしょうか。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

>この給付日数を月で換算すると、


 (A) 240÷30=8ヶ月間(ひと月30日計算)
 ・大体8ヶ月相当と言う事です
・実際の支給は、28日単位です(初回は21日で2回目より28日になります)初回が14日の場合もあります
・初回21日の場合の例(通常の場合)
  1.ハローワークで手続き・・この日より7日間は待期期間・・失業状態の確認期間(この期間は支給対象外)
  2.待期期間の翌日から給付期間に入る・・認定日の前日までで21日間になります
  3.手続きした日から28日目に認定日があります(上記の2.から認定日の前日までの21日間の認定を行なう)
  4.認定がされると、4日~5日後に失業給付21日分が指定口座に振込まれます・・次回からは28日分の振込
  5.3.の28日後に次回の認定日で28日分の認定がされます
  以下同様に、240日まで5.の繰り返しになります
  (21日+28日+28日+28日+28日+28日+28日+28日+23日)で認定日が9回あります
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく教えていただきありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2010/11/28 21:25

どこから20日というのが出てきたのかわかりませんが。



Aがだいたい正解です。

240日なら約8ヶ月です。別にひと月30日ではなく、月によって28日だったり31日だったりしますが、土日関係なく、1日当たりの給付金額が240日間受けられます。

8ヶ月というと、給付制限がある退職だとギリギリになりますから、一日も早く申請しましょう。
    • good
    • 0

(C)4週(28日)で一か月として計算 4週間に1回認定され手当てが支給されます


240日であれば28日支給が8回 最後1回は16日分になります。
ただ認定日が祭日になる場合はハローワークは休みなので日数は増減します。
このようないくら出るなどの質問はハローワークではしないことです、働く意思がないと受け止められます。
雇用保険は働く意思があり就活をしていることが条件です、失業をしたからと言ってもらえるものではありません、なので名称も失業保険から雇用保険と変わったのです。





   
  
    • good
    • 0

A)です。



ただし、離職日から1年間有効です。1年経過すると、残日数があっても無効になります。また4週(28日)分づつもらいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング