今月中旬に上棟し2月完成予定で家を建てているものです。

断熱材にグラスウールを予定していましたが、昨今のグラスウール不足で入荷のめどがたたず、発砲ウレタンへの変更を提案されています。

費用については、工務店側もちということで話が進んでおり結果的にはいい買い物をしているような感じですが、屋根の断熱材についてはすでに、予定していた発砲ウレタンではないものをとりつけているのでそれをそのまま使用して発砲ウレタンは壁のみに使用する予定です。

発砲ウレタンにする場合、通常は屋根にも吹き付けるそうなので我が家のような方法は何か問題がないのか心配です。

工務店の担当の方は、屋根断熱は普通の断熱材で壁が発砲ウレタンでも問題ないといっていますが、実際はどうなんでしょうか?

家の建築や断熱材について詳しい方がいらしたら、この方法で問題があるかどうか教えていただけないでしょうか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

別段問題は無いと考えます。



住んでいる地域により屋根・壁・床下への[断熱材の最低厚さの早見表]ってのがあります。
例えば、関東のような温暖地域では、けっこう密度の小さいものでもよかったりします。
地域別に断熱材に必要な厚みとその種類が表になっているので、これを参考の一つにできるとは思います。

断熱材は、小屋裏(天井材の上)へ敷くのではなく、野地板下面(垂木の間)へ取り付くものが性能上効力があるようです。
また、屋根の野地板上面に敷くもので「アストロフォイル」という遮熱材があります。値段もお手頃で、「小屋裏の温度の差が日中で最大9.9度」を宣伝文句にしているものもあります。
今度現場が出たら使ってもみようかなと思っています。
URL http://www.astrofoil.jp/

屋根用でも垂木の間に入れるスチロール系の断熱材はあります。
強度的、作業上で効率がいいのは、トステムの「ダントツルーフパネルIII」というのがあります。
これは吹き付けタイプではなく発泡材が構造用合板に挟まれているものです。
お高いので、予算との相談かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。

建てている場所は、千葉県です。

安心しました。

屋根に使用しているものは、家に帰ったら確認してます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/29 13:58

住宅エコポイントつかいますか。

長期ですか。
断熱材様々のものがでています。天井に敷き詰めるものですと、セルロースファイバーがあります。
優れものです。ネットで検索してください。
発泡系は燃えやすいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

遅くなりました。
ご回答ありがとうございます。
住宅エコポイントは使います。

セルロースファイバーですか。調べてみます。

お礼日時:2010/12/14 10:14

発泡ウレタンフォームの現場発泡は爆発的に普及している断熱方法です。



そのメリットとして、
1.従来の断熱材では施工が難しい壁と天井などの取り合い部分にも隙間なく充填可能。
2.断熱だけでなく、気密の機能があるので、気密シート張りを省略可能。
3.値段が従来のグラスウール充填などよりも格安。
4.現場施工は1日~2日の短期間で可能。

要注意事項としては、
1.水対策が重要
2.専門工事業者に頼まなければならない
3.他の工法と併用するとコストメリットがでない

質問者さんのケースでは、従来断熱材のとの混用になりますので、メリットのうち1.と2.と4.は無くなってしまいます。
3.は残りますが、その分値引きしてもらいたいところですね。

発泡ウレタン断熱工事の費用比較がありますので、ご参考まで。

http://www.foamlite.jp/whatis/feature03.html

参考URL:http://www.foamlite.jp/whatis/feature03.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

水対策ですか。。。。。

次回の打ち合わせ時に確認をしてみます。

お礼日時:2010/11/29 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨建築の場合の断熱材(グラスウール)の固定方法は?

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウール(断熱材)
+「防湿シート」
+石膏ボード(クロスの下地)

グラスウールを固定するには上記に加えて、やはり「合板」等を加える必要があるのでしょうか?

もし、加えるとしたらどの部分でしょうか?

結露対策を考慮すると多重構造となり、かなりコスト高になるのでは?と心配しております。

また、外壁材にALCを使用した場合のグラスウールの固定方法は一般的にどのようにしてるのでしょうか?

現在、施工業者と打ち合わせが中断しており、話が見えない部分が多々あります。

申し訳ございませんが教えて下さい。

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウー...続きを読む

Aベストアンサー

 コストと施工性の問題を一緒には出来ませんが、グラスウールを空隙に挟み込むだけですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はあります。
 最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。
 
 施工業者と直接打ち合わせをしていらっしゃるようですが、設計監理はどうなっていますか?
 グラスウールの施工レベルについて、設計監理担当に心配だという事を伝えては如何でしょう。
 少なくとも、グラスウールを使用する場合、それがへたってこないように施工せよというのは当然主張してOKです。

Q遮熱材&グラスウール → アルミ断熱材&ウレタン吹き付け と変更する場合、増額50万は妥当でしょうか。

家を建築予定です。
工務店に、高断熱の家にしたいと伝えたところ、次のように仕様が変更になりました。

変更前 ・・・ 天井裏:遮熱材 壁:グラスウール100mm 床:スチロール40mm
変更前: 天井裏:アルミ断熱材 ウレタン吹き付け30mm 床:変更なし

このとき、変更によるコストアップは50万になります。
(家の大きさは40坪、建築地は大阪です。)

断熱は重視したいので実行するつもりなのですが、この金額が妥当なものなのか、判断つけかねています。
ご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

アルミ断熱材という名前のものは、一般にありませんから、そこの仕様がどのようなものか分かりませんが(さらに変更前は天井に断熱材が無い)・・・
その仕様で、高断熱になるわけがないでしょう。

施主が、高断熱を希望しているのにもかかわらず、そのような仕様を提示する工務店で建てるのは、止められるものなら、止めた方が良さそうです。
特に関東以西の建築士や工務店など建築関係者の10人に9人は、断熱気密に関して、知識・意識・配慮が全くありませんから、そういった部類と思われます。
冬に寒いだけでなく、結露の原因となり建物の耐久性の落とすことにもつながります。

Q値が、今や古いとも言えますが、次世代省エネ基準を、最低限クリアさせるべきでしょう。
http://www.ibec.or.jp/pdf/sjuutaku7.htm
なお、次世代省エネ基準での、断熱材の目安は次のとおりです。
(表に誤記があり、壁と土間床等の間に書かれている壁は床のことです)
http://www.ibec.or.jp/pdf/sjuutaku14.htm
東京などのIV地域であれば、
発砲ウレタンの場合(今は脱フロンで性能が落ちていてさらに必要かもしれません)
屋根:130mm(天井なら115mm)
壁:65mm
床は、押出法ポリスチレン3種で、65mmです。

残念ながら、建築業者がダメだと、施主が勉強するしかありません。
簡単で一日で読めますから、次のような本をご一読されることをぜひともお勧めします。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%96%AD%E7%86%B1%E3%83%BB%E6%B0%97%E5%AF%86%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6-%E5%8D%97-%E9%9B%84%E4%B8%89/dp/4534037996

アルミ断熱材という名前のものは、一般にありませんから、そこの仕様がどのようなものか分かりませんが(さらに変更前は天井に断熱材が無い)・・・
その仕様で、高断熱になるわけがないでしょう。

施主が、高断熱を希望しているのにもかかわらず、そのような仕様を提示する工務店で建てるのは、止められるものなら、止めた方が良さそうです。
特に関東以西の建築士や工務店など建築関係者の10人に9人は、断熱気密に関して、知識・意識・配慮が全くありませんから、そういった部類と思われます。
冬に寒いだ...続きを読む

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q断熱材 断熱ウール材について

陶芸の電気の窯を使用しています。
フタにとりつけてある断熱ウール材がとれてしまったので
交換しようと思ったのですが、
ホームセンターなどにおいてある安価な断熱ウール材と書いてあるものと
陶芸の電気窯用の断熱ウール材とは、ちがいがあるものなのでしょうか

窯の中は1250℃まであがります。
電気窯のフタについていた断熱ウール材の色は白いのに対して
ホームセンターの方の断熱ウール材は黄色でした。
もし、ちがいがなければ、消耗品なのでホームセンターの安価なものを購入したいと考えています。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

ホームセンターにある黄色い断熱材って言うのはグラスウールのことでしょう。
一般に出回っているのは下記のように常温での使用を前提にしています。
http://www.afgc.co.jp/faq/faq_performance01.html




超高温用は昔はアスベストでしたが今はこのような製品ですね。
http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html



グラスウールでは事故になるかもしれませんから止めておいた方がいいですよ。

参考URL:http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html

Q断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷ってい

断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷っています。

床、壁、天井に隙間なく断熱材を入れたいと考えています。

カネライトフォームか、グラスウールかで迷っています。

カネライトフォームにした場合、防音シートを貼ったほうがいいですか? もしくはカネライトフォームだけでいいですか?

断熱材施行方法の教科書があればURLなども教えてください。

また工務店に依頼したほうがいいですか?僕は素人で断熱材の施行方法は無知です。

URLに写真、画像ありますので、よろしくお願いします

http://brabra-star.lolipop.jp/

Aベストアンサー

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「正しい施工」にはなりませんね。

(4)一番被害が少ない方法は「外貼り工法」で施工する事ですね。
問題なのは「断熱材が高い事」と、一度全ての外壁を剥がす必要性がありますので、
大掛かりな工事になるのが「欠点」ですね。

(5)正しい施工が出来るのであれば「グラスウール」の方が楽なのですが、
室内側には必ず「防湿シート」が必要なので、この辺りは「知識」が無いと
厳しいので(欠陥住宅になりますから)どうやって適切な業者を探すのか?
そこが一番難しい点ですね。

「補足」があれば「追記」が可能です。

(1)残念ですが「国土交通省」から提示されている「施工用マニュアル」で
実際に使える様な内容の書籍は皆無ですから、探しても無駄だと思いますよ。

(2)これも残念な話なのですが、いくら「断熱材」だけを施工しても「気密層」や
「防湿層」に「通気層」まで、その全てが揃って初めて機能し始めますから
全体の理解が出来ていないと「壁体内結露」の恐れまでがありますよ。

(3)もっと残念な内容なのですが、日本の多くの建築会社では
「正しい断熱材の施工方法」が知られてはいませんから、
どこに依頼しても「...続きを読む

Qグラスウール断熱材の伸縮について

以下、ご教示下さい。

当方、断熱にグラスウール24kgを使用予定なのですが

(1)奥行き90mmの空間に100mm厚のグラスウール24kは納まるか
  (床部にて《裸品+防湿シート貼り》この上に床下地合板貼り)

  GW24k品実物を見た事がなく、伸縮性が分からないので判断出来ずお尋ねしました

(2)24kとHG16kでは、施工性では実際どちらが良いか、コスト面ではどうか

  これも施工経験がない素人なので、経験者に伺いたいと思います

どうぞ宜しくお願い致します。



  

Aベストアンサー

(1)奥行き90mmの空間に100mm厚のグラスウール24kは納まるか に対する回答です。

納まるかと言われれば、無理をすれば納まります。
しかしながら、断熱材(グラスウール)は、所定の厚みが確保できる状態で施工して、所定の断熱性能が得られることになりますので、90mmのスペースに100mm厚の断熱材を施工することはお奨めできません。

また、無理やり押し込む(納める)ことによって、部分的に負荷がかかり、結果として隙間ができてしまう(断熱欠損にもつながる)ことがあります。

(2)24kとHG16kでは、施工性では実際どちらが良いか、コスト面ではどうか に対する回答です。

グラスウールの性能は密度と厚みで決まります。
高性能グラスウールは通常品に比べて繊維を細くすることで、密度が16Kでありながら、通常品の24K品と同じ性能が確保できる製品です。繊維が通常品に比べて、細く弾力性に優れているため、施工性にも優れています。

また、価格面では通常品24Kと同レベルと考えていただいて結構です。

※密度=繊維の量と考えてください。グラスウールは繊維と繊維の間に動きにくい空気の部屋を作り出すことで断熱性能を作り出しています。
繊維の量が多いほど、より動きにくい空気の部屋を作り出すことができますし、繊維を細くすることで、同様の効果が得られます。

(1)奥行き90mmの空間に100mm厚のグラスウール24kは納まるか に対する回答です。

納まるかと言われれば、無理をすれば納まります。
しかしながら、断熱材(グラスウール)は、所定の厚みが確保できる状態で施工して、所定の断熱性能が得られることになりますので、90mmのスペースに100mm厚の断熱材を施工することはお奨めできません。

また、無理やり押し込む(納める)ことによって、部分的に負荷がかかり、結果として隙間ができてしまう(断熱欠損にもつながる)ことがあります。

(2)24kとHG16kでは...続きを読む

Qグラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウー

グラスウールの断熱材を入れてから外壁の防水シートを貼るべきか、外壁の防水シートを貼ってからグラスウールの断熱材を入れるのかどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

内断熱か外断熱の違いですね。一般的に内断熱の方が断熱効果はあります。デメリットは費用が外断熱より高いことと工期が長くなることです。

Qグラスウールの断熱材

 グラスウールの断熱材が欲しくて
ホームセンターを廻ったのですが どこも置いていませんでした。

 大型店舗の店員に聞くと置いていないという事
店員いわく 「他店舗でもないと思います」という事でした。
置いていない理由を聞くと歯切れが悪くハッキリ答えてくれませんでした。

 詳しい理由て何なのでしょうか?

Aベストアンサー

国が行ったエコポイントのおかげで、昨年の10月ごろから姿を消しました。
建築業者の私でも10月1日に10本注文して12月半ばに半分で我慢してくれと言われました
現在もスムーズに入ってこない状態です。
スタイロフォーム等の発砲スチロール系のものが代用品として使われ、そちらもない状態です。
実際に工事が止まっている、現場で断熱材が盗難にあったなど聞きました。
当分一般の人では手に入らないでしょう。逆に売っているところがあったら教えてほしいぐらいです。
いきなり、どっと出てくると思いますが、定番だった50mm厚のは廃番になっています(一部残る)

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Q断熱材施工(グラスウール)アクリアネクストについて

新築一戸建てを建てております。

グラスウールはアクリアネクストを選択しており標準は430の厚さ85mmでしたが

オプションで430の厚さ105mmを選択しており実際にそれが入っているかどうか

確認できません外観上確認する方法はありますでしょうか?ちなみに105mmとかの表記はありません。

又、グラスウールをチェックしました所サッシ取り付け部分の隙間や筋交い部分にグラスウールが十分に施工されていない気がします(写真参照願います)

105mm厚のものを指定しオプションで金額を払っているのに105mmは無いような気がします(柱は105mmなので隙間があること自体おかしいような気がします)

素人考えですのでこれがあっているかどうか分かりませんがアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

写真では良く解りません。

イ:GW
 柱105に対して、GWがはみ出さないなら、GW105ではない可能性が
 考えられます。

 確認方法は、1)工事監理者(確認申請許可書に記載)、2)施工店、に
 確認する、しかありません。
 
 GW105である、と言う事であれば、納入伝票を提示してもらう、と言う事に
 なるかも知れません。
 納入伝票の型番で、メーカーに確認すれば、正体が解ります。

 一方、単純に、現場担当者の勘違いでGW85が納入されている事例も考えられます。

 何れにしても、工事監理者、施工店に確認しないと、ここでは解りません。

ロ:隙間
 隙間に関しては、現状がGWの限界でしょう。
 GWでは、隙間なく、と言う事が、基本的に無理だと思います。

 しかし、実際には、この隙間こそが重要なので、北国ではサッシ周りは、発砲ウレタンを
 吹き付けて、断熱欠損を防止したりします。

 恐らく、お住まいの地域は比較的温暖なのではないか、と思います。
 厳密には、GWを挟み込む間柱自体が断面欠損ですし、筋違等の処理の仕方も
 それで問題が発生しない地域である事を暗示しています。

 間柱や筋違の断熱欠損を問題としたところで、現実に、その地方で特段問題と
 なっていなければ、正直、あまり意味が無いと思います。

 ただ、サッシ周りに関しては、直接的に、結露と言う状態で表面化しますので、
 可能なら、発砲ウレタンを吹き付けるようにお勧めします。

 温暖な地域では、この発砲ウレタンが無い事を責めても、極寒の地域でもなければ
 入れる習慣もありませんので、場合により、有料になるかも知れません。


ハ:その他
 いずれにしても、基本は、工事監理者(設計者)、工務店に相談、質問すること
 だと思います。

写真では良く解りません。

イ:GW
 柱105に対して、GWがはみ出さないなら、GW105ではない可能性が
 考えられます。

 確認方法は、1)工事監理者(確認申請許可書に記載)、2)施工店、に
 確認する、しかありません。
 
 GW105である、と言う事であれば、納入伝票を提示してもらう、と言う事に
 なるかも知れません。
 納入伝票の型番で、メーカーに確認すれば、正体が解ります。

 一方、単純に、現場担当者の勘違いでGW85が納入されている事例も考えられます。

 何れにして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング