ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

年末にフランス(モンサンミッシェル・パリなど)に旅行します。
冬のフランスは寒いので、暖かい靴で!とどこを見ても書いており
暖かくて防水機能があるブーツを探しています。
先日、見つけたブーツが気に入ったのですが、
これです→http://store.shopping.yahoo.co.jp/dugout/vwt150. …
初めてのフランスで、向こうのスタイルがわからないことと、
この靴は中がボアとかムートン?ではないことが気になっているのですが
大丈夫だと思いますか?
靴下は厚手のものを履くつもりですし、靴用カイロも使用するつもりなのですが・・・
ご意見お聞かせ下さい。
宜しくお願いします。

また、おすすめのブーツなどあれば教えて下さい☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 なかなか素敵なショートブーツですね。

防水機能があることと、滑り止め機能のあるゴム底も良さそうです。ボアやムートンの内張りがあればなお暖かいことでしょうが、ものは考えよう、とかく同じシューズを朝から夜まで長時間履き続ける旅行などでは、こうした内張りも早く痛みがちなものですから、厚手の靴下などで十分だと思います。

 私も一時期パリで過ごし、その後も何度となく訪れていますが、年末頃のパリはたしかに寒いです。シンシンと足元から忍び上がってくるような冷たさといってもいいかもしれません。ですから、温かい装備は欠かせませんが、といって厚着をしてしまうのもためらわれます。トップ、ボトムともに、下着類から暖かいものをお選びになって、あまりボテボテしないで暖かい服装をするということをお考えください。

 パリは大都会、いろいろな人が住んでいますし、都会の特徴として、あまり人の身なりに目をやることはしません。ましてや、職場に向かう女性たちは概して黒のタートルネックのセーター、まるでユニフォームかのように一般的なものですが、ボトムやシューズ、コートやパーカ、マフラーなどをそれに合わせて上手に組み合わせ、一般的にダークにまとめているようにも思えますが、それぞれさすがにスッキリとセンス良く着こなしています。

 でも、そうした一般市民の姿、それはあの華やかなパリモードといった最先端のファッションなどとはまったく関係のない、別の世界のことと言い切っていいものです。ですから、ご質問者様ご自分が納得なさった服装や身なりなら、ためらうことなくそれがベストとお考えください。そして、気後れしないで、まごまごしないで、きょろきょろしないで、堂々と背筋を伸ばして歩いてください。

 ただ、ゴム底のシューズと、着重ねた化繊の下着やウールの服、こうした組み合わせでヨーロッパの街を精力的に歩きますと、ご自身で身体にしっかり静電気を蓄えてしまいがちです。ことに、ホテルの廊下に敷き詰められたカーペットの上を、疲れた足でこすって歩くともういけません。

 日本とは逆に、冬になってからジメジメと小雨が降って湿気が増すパリなんかですと、戸外ではさほどでもありませんが、それでも時として、ルームの錠前のノブだとか、あるいはカフェの金属のテーブルなどに触れた途端、思いのほか激しいショックを受けることがあります。ご心配なら、キーかコインのようなもので、まず、どこか建物の金属の部分に触れて、静電気を逃がしておいてから、手で触れるということを覚えておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に回答してくださりありがとうございます。
私もあまり重ね着が好きではありません。
だから、インナーに暖かいものを!と思って色々そろえています。
また、静電気のお話・・・
実は、私、すごい静電気女なんです・・・
金属に触れると青い火花が散るほどです 笑
今回、静電気のお話が聞けてよかったです。
腕につける静電気防止のリング??持って行こうと思います!
ありがとうございました!!

お礼日時:2010/12/03 10:01

こんにちは。



昨年末、モンサンミッシェルへ行きました。
普通の革のロングブーツに、靴下とタイツを重ね履きで大丈夫でした。
ご検討中のブーツは防水機能もあるので、尚暖かく良いかと思います。
モンサンミッシェルでは、私は足元よりも、風の冷たさの方が寒く感じました。
首元に大判のカシミヤストールを巻きましたが、耳が痛くなりました。

パリでは色々な格好をした人がいて、人それぞれ。
皆さんがおっしゃるように、人のことは気にしないと思います。
ただ、冬の服装は黒系が多いように思います。
ポイントに、マフラーや帽子、バッグに色を持ってくる感じです。
朝は暗く、曇りがちで雨もパラつきます。雨具があった方がいいですよ。
濡れると寒さが身に染みます。

素敵な旅行になるといいですね♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

普通の革のブーツで大丈夫だったんですねー。
モンサンミッシェルは風が寒いとよく聞きます。
どきどきしてきました 笑
雨具とは折りたたみの傘程度でいいのでしょうか?
カッパが必要??
傘は持っていく予定なのですが・・・
実際に行かれた方の意見、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 09:56

ヨーロッパは底冷えします。


今パリにいる友人がマイナス3度で雪が降っているといってました。

歩き出して5分もすれば足指が凍えてきます。
お考えのもので良いかと思います。
パンツの下にはレギンス タイツ をお忘れなく。

N1の方がおっしゃるように、人の格好なんて気にしません。
かなり以前の雑誌に”日本人のお洒落センスはなかなか良い!!けれども猫背や歩く時に足が曲がっているのは残念”なんて書いてありました。
服のスタイルでなく、体のスタイルに気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイナス3度ですか・・・笑
パンツの下にはく、ヒートテックのタイツ、
購入しました!!
背筋をのばして堂々と歩きたいと思います!
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/03 09:53

ヒールもないしh、歩きやすそうですね。


一応防水効果もあるようだし、大丈夫ではないですか?

 靴用カイロも持っていかれるようだし・・・

 フランスのスタイルがわからないとのことですが、
基本 他人のファッションには興味ないみたいです。
日本みたいに こんなファッションしていたら浮く?という感覚はありません。
自分の好きな格好をしていればOKです。

 モンサンミッシェルは寒いですよ~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答有難うございました。
大丈夫と言っていただけて安心しました。
このブーツを購入します。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/12/03 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬のヨーロッパ、足元のお洒落と雪対策の両立

この冬、ドイツの地方都市(在住日本人が多い都市)に知人に会いに行くのですが、
雪国生活をした事がないので、足元が心配です。
手持ちのレインブーツは長時間はいていると靴擦れしてしまいます。
が、合う靴がなかなか見つからないまま今に至ってます。
雪用ブーツやスニーカーも検討したのですが、
洋服がエレガント系なのでカジュアルな靴が似合いません。
かといって普段使いのハイヒール&ピンヒールのパンプスでは危険そう、
ということで悩んでいます。
(東京の雪の日程度だったらパンプスで乗り切ってます。)
エレガントでかつ雪でも歩ける靴って何かないでしょうか。
雪国暮らしのエレガント系のファッションの人は、どういう靴をはいてますか?
また、何かよい工夫があれば、それも是非教えて下さい。

街を軽く散策する程度で、そんなに沢山歩く事はないとは思います。
昔好きだった人に会うので、
着慣れてなくて着こなせないカジュアル服よりも、
普段通りの格好で会いたいなあと思ってます。
どうかお知恵を貸して下さい。

Aベストアンサー

#3です。

吹雪く、といえる日もありますが、日本の豪雪地帯のようではありません。
雨でも土砂降りのときがあるように、強く雪が降って、風もつよ吹く日もあります。
そんなときは冬の厳しさを実感しますが、だからといって高く積もるわけでもないのです。
あるいは、氷点下が続けば、雪はサラサラのまま溶けませんから、風が吹けば地面の雪が舞い上がって吹き付けてきます。

札幌の方に近いというのはその通りだと思います。
ただ、ヨーロッパでは、地面の雪は融雪剤をまいて溶かしてしまいますから、札幌のように道の横に除雪した雪がうずたかく積まれているという風景はありません。

肝心のファッションですが、チェスターコートなどはちょうど今くらいの時期のコートだと思います。
私、ファッションの話題をきちんと文章にできる自信が無いので、私のイメージに近い写真を探してみました。
http://www.ebay.de/itm/Damen-Winter-Jacke-Fleece-Warm-Mantel-Winterjacke-Wintermantel-3-Farben-34-36-/180981173014
http://de.ioffer.com/i/die-jacken-poncho-kap-wollzweireihiger-mantel-der-frauen-384853522
http://de.ioffer.com/i/women-s-fur-collar-cashmere-black-wool-coat-519335342
http://de.ioffer.com/i/der-faux-pelz-mantel-2011-winter-frauen-outwear-jacke-a54-194665448
http://www.ebay.de/itm/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=140858438399&clk_rvr_id=409002763626&item=140858438399&lgeo=1&vectorid=229487
http://de.aliexpress.com/item/Wholesale-Price-Faux-Fur-Lining-Women-s-Fur-Coats-Winter-Warm-Long-Coat-Jacket-Clothes-A/381732068.html

ただ、コートに注目している写真のせいか、コートの下が薄すぎます。コートの下にセーターなどを着れば、それが私のイメージです。
また、下がちょっと短いかな。冬にスカートなんかはいてただろうか?とちょっと思っています。
あとは、帽子。頭が冷えるととても寒く感じるので、大体みんな毛糸の帽子をかぶっています。

まぁ、男の書くことなんで、多少疑いをもって参考にしてください。

#3です。

吹雪く、といえる日もありますが、日本の豪雪地帯のようではありません。
雨でも土砂降りのときがあるように、強く雪が降って、風もつよ吹く日もあります。
そんなときは冬の厳しさを実感しますが、だからといって高く積もるわけでもないのです。
あるいは、氷点下が続けば、雪はサラサラのまま溶けませんから、風が吹けば地面の雪が舞い上がって吹き付けてきます。

札幌の方に近いというのはその通りだと思います。
ただ、ヨーロッパでは、地面の雪は融雪剤をまいて溶かしてしまいますから、札幌のよ...続きを読む

Qパリでの服装(靴)

来年2月に初めてパリに行きます。
観光もしたいけど、せっかくパリに行くのでクリスチャン・ルブタン、YSL、クロエなどの
ブランドお店も見たいのですが、服装で悩んでいます。
特にブランドショップの店員さんは、靴を見てお客を判断すると聞きました。
実際友達がスニーカー+カジュアルな服装でブランドショップに入ったら、
店員に無視されて全く相手にしてもらえなかったと聞きました。
歩きやすさ重視でダウンコートにスキニーデニムにUGGのムートンブーツで行こうと思っていましたが、
UGGは歩きやすいけれど、カジュアルな感じなってしまうので、悩んでいます。
もしくはフランスブランドsartoreの乗馬ブーツを持っているので、そちらを履いて行ったほうが
無難でしょうか。
どなたかアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なにもパリのブランドショップだけじゃありません、この日本だって昔から「足元を見る」という言葉があるぐらいで、足元でその人の社会的なレベルや美的センスや洗練の度合いや財布の中身の多さを判断して来たのです。

でも、私自身、パリで一時期生活していて、その間に何度かブランドショップにカジュアルなシューズとウエアで入っていったことがありますが、一度も無視されたことはありませんでした。

まして、クリスチャン・ルブタン、YSL、クロエといったレベルだつたら、よほど見苦しくないかぎりは、そんな態度を示されることもないはずなのですが、無視されたというのは不思議ですね。何かほかの理由があったように、私には思えますけれどね。

ただひとつ言えるだろうと思うことは、カジュアルであれフォーマルであれ、大切なことはコーディネートにどこか上手さが伺えること。シューズから耳のピアスまで、どことなく上手にマッチさせているなと店員さんに感じさせられれは、相手もそれなりに丁寧にもてなしてくれるようには思います。
逆に言えば、上から下までブランドもまちまちなら、色調も質感もバラバラなどというコーデでは、特にこうした店では低く見られても仕方がないでしょう。

ダウンコートにスキニーデニムにUGGのムートンブーツならけっして悪いとは思えませんが、大切なのは、カジュアルならカジュアルで、全体の感じが、年齢相当に、どこか少しでもコーデに気を使ったんだなと分かる程度には見せたいな・・・ということだと思うのです。

それから、パリというと華やかなファッションの都といったイメージがおありだと思いますが、実際の街の中では、そんな世界の感じは全然受けません。女性たちはとても地味ですし、ましてやブランド物を持っていたり着ている女性などはほとんど見かけることもありません。

ただ、そうした質素とも言える、セーターとスカート、そしてけっして高価でもなさそうな合成皮革のコートといった日常の姿の中にどこか、何かをひとつ個性を表すものを加えていて、さすがパリジェンヌだなと思わせられるぐらいです。

そうした環境の中で、日本からのツアー客たちの中には、特にはじめてのパリ旅行といった人などは、わざわざファッションのパリに行くのだからと張り切ってしまうせいか、ブランドものや真新しい服を着ている人も多く見かけます。

でも、それだと、どう見てもピカピカの観光客だと浮き上がって分かってしまうのです。それもまた楽しいことではありますが、時として観光客を狙うジプシーの子供たちに囲まれて何かを引っ手繰られたりすることもありますし、また、わざわざ身に着けたブランド物のために、他のブランド店で嫌われたりしやすくなったりもします。

私などは、たとえばシャネルのお店に行くときには、身に着けるものをできるだけシャネルで統一してから出かけます。彼らはとかく混ぜこぜを嫌うからです。

でも、彼らにしてみれば、若い日本人の女性が店に入って来れば、そこでもう、すぐ、この女性は日本からの観光客だ・・・と分かるはずです。そして、観光旅行の最中ともなれば、スニーカーは仕方がないことですし、動きやすい服だって当然のことです。

さらには、日本の女性はとかく、とても若く見られます。私などはもうアラフォー世代なのですが、パリでは時として大学生だと思われたりします。ご質問者様がお幾つだかわかりませんが、まだ少女だと思われたら、それはたしかに、ブランド店なんかでは無視されることもあるかもしれません。

だから、あとは、態度次第だと思います。たとえカジュアルな服装であっても、多少はコーデに気を使い、きちんと着こなし、お店に入る前には着こなしをショーウインドーのガラスに映して確かめて、あとは堂々と入って行く、けっして店構えに気押されてオドオドしないこと、それで大丈夫だと思いますよ。

あ、それから、ブランド店をはじめパリのお店では、日本人の観光客大歓迎といったお店と、静かに普通に営業をしているお店に分かれます。日本人の観光客大歓迎といったお店では、日本人の店員を置いて、いらっしゃいませ、はいどうぞどうぞと至れり尽くせり、そしてしっかり売りつけられる仕組み。
一方、本当に普通に営業しているお店では、客が入って来てもすぐには相手をしてくれるとは限りません。まして、前にお客が居て商談中であったら、次のお客はその客が終わるまで相手をされません。

もしそういったお店であったら、相手がボンジュールと挨拶してくれたら、必ず同じくボンジュールと答えましょう。この大切なマナーが出来るか出来ないかで、相手の態度が変わることはあり得ます。

さらには、彼らは、そこの棚のそれ、ちょっと見せて・・・というのは買うことが前提といった感覚で居ますから、本当にただちょっと手にとって見たいだけなら、しっかりそう伝えることも大切なマナーです。そうしたパリならではの習慣も知っておくといいと思いますよ。

といったわけで、まあ、たしかにシューズは大切かもしれません、でも、少なくとも、相手とてシューズだけで客を値踏みするわけではありませんからね。

なにもパリのブランドショップだけじゃありません、この日本だって昔から「足元を見る」という言葉があるぐらいで、足元でその人の社会的なレベルや美的センスや洗練の度合いや財布の中身の多さを判断して来たのです。

でも、私自身、パリで一時期生活していて、その間に何度かブランドショップにカジュアルなシューズとウエアで入っていったことがありますが、一度も無視されたことはありませんでした。

まして、クリスチャン・ルブタン、YSL、クロエといったレベルだつたら、よほど見苦しくないかぎり...続きを読む

Qフランスに持っていく靴

こんにちは。

パリとニースとモン・サンミッシェルに旅行に行きます。
靴を2足持っていこうと思っていますが、やはり革靴がいいのでしょうか。
当方、サイズが大きいのでかわいい靴はほとんど見つからないため常に布のコンバースです。

新しいコンバースを買っていこうと思っていましたが、調べるうちに、スニーカーは見た目的に不向き、という情報を見てしまい、何をかって良いのか分からなくなってしまいました。

旅行に行ったことのある方、どのような靴を購入しましたか。
教えてください。

Aベストアンサー

ニューバランスのAravonシリーズとかお薦めです。パンプスタイプ等イロイロあります。値段も高くないので、石畳で傷めても惜しくないです。ニューバランスなので、履き心地もスニーカー風で良いですよ。大きなデパートにもあると思いますが、近くにマルイがあればマルイには結構置いてあると思います。

こんな感じです。
http://www.aravon.jp/collection/office/5002.html
http://www.aravon.jp/collection/everyday/2001.html

Q欧米旅行で歩きやすくレストランにも入れる靴

年に1、2度夫婦で海外に旅行をしている29歳女です。

旅行は主に欧米で個人旅行なので、自分達で地図を見ながら歩いたりする移動が殆どです。
沢山歩くので歩きやすい靴を履いて行きますが歩きやすい=スニーカーしか、わからず
毎回スニーカーです。
朝、ホテルを出てから日が沈むまでほぼ歩いています。
なので少々綺麗で高級そうなお店のランチをしたいときや
素敵なお店に入るときには勇気を出さないと入れません。
服装のことばかり気にしていたら素敵なお店には入れないので
極力気をつかった格好と他の靴を持参していって入ったりもしますが
旅してるとき、いつも靴を持ってるのも相当荷物になるので
困っています。
何か良い靴があれば教えていただきたいのです!
オシャレで歩くのに疲れない靴ってありますか?
少し高くてもメーカーや値段など教えていただきたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

スニーカーよりも、踵が低く底がゴム製で革素材のローファーやパンプスタイプが、レストランとかでも比較的入りやすく汚れても表革ならばサッと拭けて良いと思います。

値段は少ししますが、トッズのローファーやスポーツタイプならば、お洒落で歩きやすいです。
http://www.tods.com/home.html#region=eu&lang=en&area=2
もう少しリーズナブルならば、コールハーン。底がナイキのエアー素材だったりするので歩きやすいです。どちらも、デパート等で取り扱いがあるので探しやすいと思います。

どうせ石畳で痛むので、そこそこの値段で良いならばセダークレスト。
http://www.cedarcrest.jp/cc/ladies/index.htm
ハッシュパピーも歩きやすいです。私は結構好きです。
http://www.hushpuppies.co.jp/lady_sports01_index.html
http://www.hushpuppies.co.jp/lady_contemporary01_index.html

あとは、ニューバランスやプーマーもパンプスタイプも良いと思います。コチラは、マルイとかで良く取り扱ってますね。

スニーカーよりも、踵が低く底がゴム製で革素材のローファーやパンプスタイプが、レストランとかでも比較的入りやすく汚れても表革ならばサッと拭けて良いと思います。

値段は少ししますが、トッズのローファーやスポーツタイプならば、お洒落で歩きやすいです。
http://www.tods.com/home.html#region=eu&lang=en&area=2
もう少しリーズナブルならば、コールハーン。底がナイキのエアー素材だったりするので歩きやすいです。どちらも、デパート等で取り扱いがあるので探しやすいと思います。

どうせ石畳...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフランス旅行時の靴、服装

10月始めからフランスへ行くのですが
靴をどうしようか迷っています。

ブーツを基本に考えているのですが

(1)ぺたんこブーツでルーブル美術館やモンサンミッシェル、ベルサイユ宮殿の中へ入場することは
禁止されていないでしょうか。

(2)セーヌ川クルーズでディナーがあるのですが
その時はワンピにストッキングにパンプスをはこうと思ってます。
川なので寒いと聞いたのですが
分厚いタイツの方が適していますか?やっぱり薄手だと冷えますか?

(3)アウターは毛が65%程入ってるコートを着て行くつもりなのですが
暑いでしょうか。
暑がりなのですが、フランスは気温差が激しいと聞くし心配性なものなので・・・。


行かれたことある方いらっしゃれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。先週パリに行って来た者です。
9月中旬でしたが、お天気が悪かった事もあり、涼しいと言うより予想以上に寒かったです!

(1)ルーブル美術館やベルサイユ宮殿にドレスコードはないので、ぺたんこブーツでも全く問題ないですよ!(ちなみに私はVANSのスニーカーで行きました)
パリは不揃いな石畳ばかりで、3cmしかないヒールでも友人は辛かったと言っていました。
高級なレストランやブランド店に入らないのであれば、ぺたんこブーツ、良いと思いますよ!

(2)ディナークルーズ素敵ですね☆
私は乗船しなかったのであくまで個人的なアドバイスですが、
タイツはかさばるものではないので一枚持って行けば安心だと思いますよ!
向こうで寒くてタイツを探して買うような事になれば手間と時間がもったいないし、意外とフランスは物価が高かったので。。。
私は何となーくヒートテックを一枚持って行ったのですが、とても救われました…!

(3)私が行った時は、ジャケットやトレンチコートの人が多かったです。

質問主さんは暑がりとの事なので、もしジャケット等をお持ちなら、そこに厚手の大判ストールを合わせるのはいかがでしょうか?
コートより体温調節がし易いかと思います♪

私は出発前、こちらのサイトを参考にしました。気温と服装が詳しく書いてあり、とても参考になりましたよ。
http://tricolorparis.com/meteo/

素敵なフランス旅行になると良いですね!楽しんで来てください~!

こんばんは。先週パリに行って来た者です。
9月中旬でしたが、お天気が悪かった事もあり、涼しいと言うより予想以上に寒かったです!

(1)ルーブル美術館やベルサイユ宮殿にドレスコードはないので、ぺたんこブーツでも全く問題ないですよ!(ちなみに私はVANSのスニーカーで行きました)
パリは不揃いな石畳ばかりで、3cmしかないヒールでも友人は辛かったと言っていました。
高級なレストランやブランド店に入らないのであれば、ぺたんこブーツ、良いと思いますよ!

(2)ディナークルーズ素敵ですね☆
私は...続きを読む

Q2月にパリ旅行についていろいろ

2月に6日間のパッケージツアーでパリを旅行しようと考えています。6日間といいましても、実際3,4泊の滞在になると思います。
今回が初めての海外旅行で大変緊張しています。現在、地球の歩き方やインターネットを駆使して勉強しているのですが、まだ少し分からないことがあるので、みなさんのご意見が聞けたら幸いです。

箇条書きになってしまい、すみません。

1、たくさんの方がおっしゃっているように、カルトミュゼがお得、便利ということでこのパスは購入しようとおもっているのですが、その場合、国際学生証を発行するのは必要ないでしょうか?

2、スリ(子供でさえ)が大変多いということですが、それは東欧の顔をしているから旅行客だとバレているのですか?しかし、欧州は多国籍なので東欧顔でも旅行客とみなされるわけではないとも聞きます。日本人だ!という感じに狙われたくないのですが、どのようなファッションが良いでしょうか?ちなみに今回20歳女性2人での旅になります。

3、フランスは隣国に比べて英語を話すのに消極的というか、拙いフランス語でも話す努力を見せるととても親切だとみなさんおっしゃいますよね。もっと、具体的な例が聞けたらと思っています。まさにそんな体験をされた方、その時のフランス人の様子を教えてくださいませんか?

以上です。よろしくお願いします。

2月に6日間のパッケージツアーでパリを旅行しようと考えています。6日間といいましても、実際3,4泊の滞在になると思います。
今回が初めての海外旅行で大変緊張しています。現在、地球の歩き方やインターネットを駆使して勉強しているのですが、まだ少し分からないことがあるので、みなさんのご意見が聞けたら幸いです。

箇条書きになってしまい、すみません。

1、たくさんの方がおっしゃっているように、カルトミュゼがお得、便利ということでこのパスは購入しようとおもっているのですが、その場合、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。11/28の英語のご質問ではお返事を有難うございました。

パリに長く在住しておりますので、こちらでもお役に立てればと回答させていただきます。

ご質問1-1:
<カルトミュゼ~国際学生証を発行するのは必要ないでしょうか?>

必要ありません。

なお、美術館巡りが第一目的であれば、カルトミュゼ(現パリ・ミュージアム・パス/以下PMS)は役に立ちますが、パリ旅行が美術館巡りだけでなく、ショッピングや他の観光も楽しみたいというのであれば、あまり有効とは思えません。PMSのお陰で、毎日美術館巡りをしなくては、と強制的な観光をするはめになってしまうからです。

特に、3~4日の短期滞在であれば、主要美術館はルーブル、オルセー、ベルサイユぐらいで十分満喫できますし、それだけで疲れますから、実はPMSは割高になります。

というのも、ベルサイユ行き電車の往復切符、上記3つの入場券を合わせても、30ユーロもしないからです。(たぶん20ユーロもしないと思います)


ご質問2:
<スリ(子供でさえ)が大変多いということですが、それは東欧の顔をしているから旅行客だとバレているのですか?>

東欧ではなく東洋ですね。東欧は東ヨーロッパ(ルーマニア、ブルガリア系)ということです。ちなみに、スリで多いのは東欧系、特に東欧系(ルーマニア)の子供達です。

昨年は地下鉄で、ルーマニア系の少年少女たちのスリ軍団が、一斉に検挙されました。彼らはグループで、車輌に分かれて行動しています。彼らは、獲物は地下鉄に入る前から目をつけています。つまり、ある程度めぼしをつけて、用意周到に獲物を狙っているのです。常に周りに注意の目を向けて下さい。

東洋系のパリの住人で一番多いのは、中国、ベトナム人です。フランス人にとって東洋人というと、まずこの2つの国になります。日本人は少数派ですから、一般のフランス人は日本人を見ても、中国人かベトナム人とみる人も多いです。

オペラ界隈は日本人街ですので、日本人が沢山います。なので、日本人ツーリスト狙いのスリや、ひったくりなど多く、年々暴力的になってきて、昨年(今年初めだったかな?)フランスの地方都市では、日本人女性がひったくりに遭って、バッグを離さなかったため、引きずられうちどころが悪くて亡くなりました。

また、昨年バイクでかばんをひったくられそうになった日本人旅行者が、かばんを離さなかったため、50mほどひきずられ大怪我をしました。たまたまその一部始終を目撃していた夫(フランス人)が、彼らを病院に連れて行き、私も加わってその後の警察への被害深刻などお手伝いたことがあります。


ご質問3:
<日本人だ!という感じに狙われたくないのですが、どのようなファッションが良いでしょうか?>

堂々としていることです。日本人は他人の顔の「目」を見ませんが、視線を感じたら見返すことです。また、繁華街では、半径3m以内には常に監視の目を向けていて下さい。ご友人との協力体制で3m周囲の安全確保にご留意下さい。

ファッションは、あまり挑発的なものでなければどんな格好でも結構です。冬ですから、挑発的な格好もできませんから、歩きやすい格好でいいと思いますよ。こちらでもブーツは流行っていますから、ブーツ+ジーンズやスカートなども、お洒落でいいのではないでしょうか?折角のパリですから、お好みの服装でお洒落な旅を楽しまれて下さい。


ご質問4:
<拙いフランス語でも話す努力を見せるととても親切だとみなさんおっしゃいますよね。>

逆に英語の方が、旅行者だとわかって丁重に扱ってくれます。パリ人もパリのいいところを見せたいですから、旅行者には親切ですよ。

また、慣れないフランス語より、慣れている英語で普通に話すと、英語に慣れていないフランス人の方がかえってあたふたして、より丁重になったりしますから、英語も使い様です。

私も、しつこいナンパや店員などにはわざと英語で対応したりして、うまくあしらっています。ナンパ氏は英語で対応するとかたまってしまうので、効果大ですよ。女性二人旅ということですから、ナンパで困った時は英語で対応されて下さい。

親切な店員や、サービスのいいカフェ、レストラン、お店などでは、最後に「メルシー」「メルシーボクゥ」など、簡単なフランス語で挨拶されると、好感を持たれるでしょう。ちなみに、レストランでは、セ・トレ・ボン「美味しい」などと言うと喜ばれるでしょう。



最後に、フランスでは日本ブームもあって、日本人は人気です。また、日本人旅行者はマナーもよく金払いもいいので、フランスにとってはWelcomeな人たちなのです。逆に、詐偽られないように注意して下さい。

買い物や、レストランでは、毎回レシートをもらって、詳細をチェックするのを忘れないようにして下さい。笑顔で騙すフランス人も多いですから。従業員の質は、日本人とは比較にならないくらい質が落ちますから、日本人的サービスを期待されないようにして下さい。

また、タクシー、レストランなどで、チップを置く必要はないので、あまり神経質にならなくて結構です。代金にサービス税が含まれているのです。ちなみにフランスでは、消費税は20.6%、サービス税5.5%が飲食料金に上乗せされるので、心得ておかれて下さい。


以上気をつけなくてはいけないことばかりですが、そればかりに縛られて、ゆったりくつろいだ旅を過ごせないのは残念ですから、あまり、緊張しすぎず、防犯意識はしっかりもって、リラックスして楽しいパリ観光を満喫されて下さい。

以上ご参考までに。

こんにちは。11/28の英語のご質問ではお返事を有難うございました。

パリに長く在住しておりますので、こちらでもお役に立てればと回答させていただきます。

ご質問1-1:
<カルトミュゼ~国際学生証を発行するのは必要ないでしょうか?>

必要ありません。

なお、美術館巡りが第一目的であれば、カルトミュゼ(現パリ・ミュージアム・パス/以下PMS)は役に立ちますが、パリ旅行が美術館巡りだけでなく、ショッピングや他の観光も楽しみたいというのであれば、あまり有効とは思えません。PMSの...続きを読む

Q12月下旬にイタリア・フランスへ旅行に行きます。服装について教えてください。

12月23日から9日間新婚旅行でイタリア・フランスに行きます。
初めての海外旅行です。周りからはあまり良い格好をして行ってはいけないと言われるのですが
ネットで調べると適度に綺麗な格好をしていた方がいいなどという意見もあり
悩んでおります。
ツアーでの旅行で、イタリアはベニス・フィレンチェ・ローマ
フランスはモンサンミッシェル・パリ(1日フリー)に行きます。

すべてジーンズ+ダウン+スニーカーで過ごそうと思っていたのですが
食事の際(ツアーについています)ジーンズなどラフな格好だと
店員さんからあまり良い顔をされないなどあるのでしょうか?
食事はカンツォーネディナーなどがあります。
最終日のパリではセーヌ川ディナークルーズに参加予定です。

フランスは寒いということで、コートよりもダウンの方が暖かいかなと思うのですが
そうするとディナークルーズに参加する際、上着がなくて困りますよね。
かといって、ディナークルーズのためだけにコートを持って行くのも
面倒です。
また、この時ワンピースの下にタートルネックのニットを着るのは
マナー違反でしょうか?

皆様、どうかアドバイスを宜しくお願い致します。

12月23日から9日間新婚旅行でイタリア・フランスに行きます。
初めての海外旅行です。周りからはあまり良い格好をして行ってはいけないと言われるのですが
ネットで調べると適度に綺麗な格好をしていた方がいいなどという意見もあり
悩んでおります。
ツアーでの旅行で、イタリアはベニス・フィレンチェ・ローマ
フランスはモンサンミッシェル・パリ(1日フリー)に行きます。

すべてジーンズ+ダウン+スニーカーで過ごそうと思っていたのですが
食事の際(ツアーについています)ジーンズなどラ...続きを読む

Aベストアンサー

まずは新婚旅行とのこと、ご結婚おめでとうございます。
ご旅行ももう目前に迫って楽しみな時ですね。

ツアーにご参加されるのですね?
それでしたらあまり細かい事を気にされる必要はないかと思います。
ツアーの内容(ツアーの料金に比例します)にもよりますが、普通のツアーで行く様なレストランやホテルでは、ジーンズがダメなところはほとんど無いです。
もちろん「パリで5つ星クラスのホテルに宿泊」、「ミシュラン星付きレストランでディナー」などというツアーであれば、少しフォーマルな服装も持っていった方が良いかも知れませんが。

カンツォーネディナーも観光向けです。
アメリカ人などは普通にTシャツにジーンズなどが標準ですし、日本人グループにもそういうお客様が一般的になってきました。
稀にドレスアップしているお客様が、むしろ浮いてしまうくらいです。
セーヌのディナークルーズも現状は襟付きのシャツとジャケットがあれば問題ありません。スーツである必要もありません。

まぁ、お2人ともジーンズにもう一本違うボトム(コットンパンツや荷物にならないスカートなど)、ご主人はこれに上着があれば問題ありません。
ちなみに私はだいたい軽いジャケットにパンツ2~3本で済ませてしまいます。
トップスは普通のカットソーなどで問題ありませんし、タートルネックも全く問題ありません。(私は大体ハイネックのカットソーなどで済ませてしまいます)

フランスは寒いというわけではなく、フランスもイタリアもこの季節寒いです。
どちらが寒いかはお天気次第。
お天気が良ければパリでも20℃近くなる可能性も否定はできません。
逆にフィレンツェも盆地なので冬は寒いし、ヴェネツィアも海風をさえぎる物が少ないので、体感温度が低いです。
いずれの街も石畳が特徴。
夜の内に冷えた石畳がなかなか温まらないので、朝方の冷え込みは足元から来ます。
できればスニーカーとショートブーツなどがあると良いかも知れません。
ただ石畳にはハイヒールは禁物ですのでご注意を。

あまりきれいな服装をしない方が良いというのは、非常に治安が悪いためです。
実際置き引き、引ったくりなどの被害に会い易いのは、高級なものが入っている様に見えるブランドのバッグ、ブランドの小物などを身につけた方です。
現地ではブランドを身につけるクラスの方々はお金持ちであることが多く、ブランド品を身につけた状態でどこでもうろうろ歩いてしまうのはアジア系の観光客が主だからです。
お腹に巻いたり首にかけたりするタイプの貴重品入れをお持ちになる事、お財布を分ける事、などの予防策をお勧めします。

ディナークルーズはツアーで行かれますか?
ツアーであればバス利用ですし、個人でもタクシーで行かれれば外に出る時間は少ないです。
後は最近流行の保温性の高い下着は旅にはとても便利ですので、こういうものをご活用下さい。

ちなみに私は薄手のジャケット(ウールなどの秋春もの)の上に軽いダウンを着ている事も多いです。
足元はブーツと皮のローファー、トップスはハイネックのカットソーなど・・・・後はスカーフ、帽子、手袋、ショールなどがとても役立ちますのでお持ちになってはいかがでしょうか?(荷物にもなりませんし)

また何か気になる点がありましたら補足して下さい。
分かる範囲&経験則でお答えさせていただきます。

まずは新婚旅行とのこと、ご結婚おめでとうございます。
ご旅行ももう目前に迫って楽しみな時ですね。

ツアーにご参加されるのですね?
それでしたらあまり細かい事を気にされる必要はないかと思います。
ツアーの内容(ツアーの料金に比例します)にもよりますが、普通のツアーで行く様なレストランやホテルでは、ジーンズがダメなところはほとんど無いです。
もちろん「パリで5つ星クラスのホテルに宿泊」、「ミシュラン星付きレストランでディナー」などというツアーであれば、少しフォーマルな服装も...続きを読む

Qドイツ クリスマス市に行く際の服と靴

12月半ばにドイツのクリスマス市をメインとしたツアーに行きます。
ニュルンベルク→ローテンブルク→ノイシュバンシュタイン城観光→ミュンヘン→パリのコースです。

服装についてお伺いしたいのですが、
アウターは普通のウールのコートではだめでしょうか?
やはりダウンコートのほうが良いのでしょうか?
ハネムーンなので多少は可愛い格好がしたいのですが・・・(ダウンが似合わなくて・・・)

ボトムは普通のデニムでは寒いでしょうか?
裏側にボア加工等がされているちょっと運動着のようなパンツのほうが良いでしょうか?

また、靴は普通のスニーカーにウールの靴下の重ね履きではだめでしょうか?
普段スニーカーをめったに履かないので、試しにお店に雪でもすべりにくい靴を見に行ったのですが、
底が5cmくらいあり、硬くて重くてびっくりしてしまいました。
確かにとてもしっかりしていて雪でもすべらなそうな感じでしたが、底の返りがまったくないので長時間歩いていて疲れないのか疑問に思いました。
ツアーなので各都市の移動はバスだと思いますが、ノイシュバンシュタイン城の入場観光もありますので、上記のような雪でも大丈夫なしっかりした靴を買うべきでしょうか?
(普通のスニーカーだとしても新たに購入の必要があります)

12月半ばにドイツのクリスマス市をメインとしたツアーに行きます。
ニュルンベルク→ローテンブルク→ノイシュバンシュタイン城観光→ミュンヘン→パリのコースです。

服装についてお伺いしたいのですが、
アウターは普通のウールのコートではだめでしょうか?
やはりダウンコートのほうが良いのでしょうか?
ハネムーンなので多少は可愛い格好がしたいのですが・・・(ダウンが似合わなくて・・・)

ボトムは普通のデニムでは寒いでしょうか?
裏側にボア加工等がされているちょっと運動着のようなパンツ...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます♪

一昨年の12月にドイツのクリスマスマーケットツアーに参加しました。
冬のヨーロッパは何度か旅行経験があったので、だいたいいつもと同じような
服装で行きましたので参考になればと思い、書き出してみます。

アウター : ダウンコート(ロングがオススメ)
トップス : 綿素材、または薄手のウール素材のタートルネックセーター
カーディガンか大判ストール(カシミヤがベスト)
基本的に重ね着できる物をチョイス
インナー : 半袖か長袖のババシャツ(高機能な物がたくさん売られています)
ボトムス : コーデュロイなど厚手のパンツ
      その下にはロング丈のレギンス(伸縮性のあるものがいい)、靴下(ハイソックス)
その他、ウールの帽子と皮手袋、マフラーは必須アイテム。

これがわたしのベストな洋服選びです。

ダウンコートですが、ドレッシーなタイプも最近では売られています。
http://item.rakuten.co.jp/mel/87-53436/
何もフード付きでなくてもかまいません、ファーフードは逆にないほうがわたしは好きですし、おしゃれに見えるからです。
でもダウンコートがお嫌ならウールのコートでも問題ありません。
ツアーだとほとんどの時間がバスの中で観光で外を歩いても1時間弱程度ですから。

冬のヨーロッパが初めてでしたらご存じないかもしれませんが
あちらの冬の室内はとても暖かく、室内では半そでの人もいるくらいです。
セントラルヒーティングが行き届いているので薄着で重ね着のほうが
温度調節がしやすいんです。なのでババシャツと薄手のセーター一枚でも
十分暖かく感じることができるんです、寒がりさんならその上にカーディガンや
ストールを羽織るだけで大丈夫だと思います。

パンツはジーンズだと余計に冷えますので、わたしは人には勧めていません。
長時間の飛行機でもジーンズだととても窮屈だし、冬は特に膝が冷えるので
ウール素材やコーデュロイ(内側にボアがあるのはいいですね)などの
パンツやスカートをオススメしています。
膝が冷えてくるのは若い、若くないは関係ないです。
わたしがはじめて冬のイギリスへ行った時にジーンズを履いて行っていて
靴下も普通、レギンスも履いてない状態で毎日何時間も外を歩いていた結果
膝が冷えて痛めてしまいました。(向こうのホテルでバスタブがなかったのも原因)
以来冬になると足を冷やすと時々膝が痛むようになってしまったんです。
なので膝が冷えないようにコートはロング、パンツは厚手で下にはレギンスをはいて
下半身を冷やさないようにしたほうがいいです、これから出産もなさるでしょうしね(^^)

しないほうがいいのはタイツや靴下の重ね履きです。
足先の末梢血管の血流が悪くなり、いくら暖かい靴下を履いていても冷えてしまうので
タイツではなくロングのレギンスをはいて、ハイソックス靴下がいいと思います。

靴ですが、ノイシュバンシュタイン城の為だけに履きなれないスニーカーに
しなくてもいいと思います、わたしもほぼ同じルートで観光したので
このお城にも行きましたが、スニーカーのほうがすべりがひどいし
雪の上は登山用(山登り用)の靴でない限り、やはり少しは滑ります。
あのお城は冬になると雪が積もり、下からお城までの道は車が通行できなくなりますので
徒歩で登ることになるのですが20分くらいかかるんですよ、これがすごくしんどい^^;
ツアーだと歩いて登ってくださいと言われるでしょうけれど、実はご自分で
お金を出せば馬車に乗って登ることもできるんです。
1回いくらなのかはわたしは乗らなかったので知りませんが、他のツアー客は
乗って行かれている方もいらっしゃいました。乗り合いの馬車ですが
たくさんの観光客が来ているのですぐに人は集まりますから、待ち時間もほとんどなく乗れると思います。
ハネムーンならこの馬車を利用してみてもいいのではないでしょうか?
そうすれば靴のことは気にならなくなりますしね。

南ドイツはさほど雪も積もりませんので後の都市では普通の靴でかまわないと思います。
実際、わたしが行ったのが20日~25日までのツアーだったんですが
その間、雪が積もっていたのはノイシュバンシュタイン城のあるロマンティック街道の一部と
シュツットガルトだけでした。ニュルンベルク、ローテンブルク、ミュンヘンは降っていませんでした。

もしブーツを履いて行きたいと考えているなら、ショートブーツ程度にしておいたほうがいいかも。
http://item.rakuten.co.jp/riv-shoes/003-21003cf/
上記URLにあるような歩きやすく疲れにくいタイプがオススメです。
ヒールのある靴は避けたほうが無難です、旅先では自分の思っている以上に
足が疲れたりするものなので普段はいているから大丈夫と思って
ヒールのある靴を選んでいくと後悔することもありますから。

クリスマスマーケット、ローテンブルクは最高にかわいい街でしたので
楽しんできてくださいね☆

ご結婚おめでとうございます♪

一昨年の12月にドイツのクリスマスマーケットツアーに参加しました。
冬のヨーロッパは何度か旅行経験があったので、だいたいいつもと同じような
服装で行きましたので参考になればと思い、書き出してみます。

アウター : ダウンコート(ロングがオススメ)
トップス : 綿素材、または薄手のウール素材のタートルネックセーター
カーディガンか大判ストール(カシミヤがベスト)
基本的に重ね着できる物をチョイス
インナー : 半袖か長袖のババシャツ(高機能な物...続きを読む

Qフランスへ行くのに一番安い時期は?

友人と2人でフランスへ行く事にしたのですが、行くのに一番安い時期っていつでしょうか?
一応、ガイドブックを購入したのですが、その辺の事は全く書いてなかったもので…。期間はそれほど長くはなく、8日間程度で考えています。

Aベストアンサー

ガイドブックによっては旅行シーズンが書いてあると思うのですが・・・

1月 お正月明けは安い
2月 まだ安い
3月 2月よりちょっと上がる
4月~5月 GWを抜かせば安い
6月 季節が良くなり、ちょっと上がって来る
7月~8月 高い
9月 少し下がるがまだ高い
10月 9月より安い
11月 もっと安くなる
12月 前半は安い

こんな感じかなと思います。1月後半~2月、11月~12月前半。
安い時期でも、祝日近辺の出発日は少々値段が上がります。

旅行時期は6月がお勧めのようです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3039243.html
ヨーロッパの6月は値段がピークでなく気候も良いので良いと思います。
パリに行ったことはありませんが、6月のヨーロッパは経験あります。
8月は実はヴァカンスなので都会では閉まっちゃう店もあるんだとか。
リゾートなら別ですが、パリなんかは高いわりにあんまり良くないのかも。

安い時期は冬・・・・寒いとか、日が短い(日の出が遅く、日没が早い)などのデメリットはあります。
でも12月上旬はクリスマスの飾りも出来ているでしょうし、その季節なりの楽しさがあるんじゃないでしょうか。
欧州のクリスマスは普通の観光をするには不便ですが、その前までは問題なしです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1851327.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1488654.html

ガイドブックによっては旅行シーズンが書いてあると思うのですが・・・

1月 お正月明けは安い
2月 まだ安い
3月 2月よりちょっと上がる
4月~5月 GWを抜かせば安い
6月 季節が良くなり、ちょっと上がって来る
7月~8月 高い
9月 少し下がるがまだ高い
10月 9月より安い
11月 もっと安くなる
12月 前半は安い

こんな感じかなと思います。1月後半~2月、11月~12月前半。
安い時期でも、祝日近辺の出発日は少々値段が上がります。

旅行時期は6月がお勧めのようです。
http://oshiete...続きを読む


人気Q&Aランキング