サービス業の会社で経理を担当しています。
個人のお客様で、4月に行った業務の支払いを未だにしてくれない方がいます。
何度も再請求書を送っています。お電話もなかなか通じず、一度だけお話しできたときには「忘れてたわ、すぐに払います」と言っていただけましたが、やはりそれから支払いはされません。
請求額は1万円足らずです。
今回、内容証明を送ろうと思うのですが、内容証明を送るだけでも1200円くらいかかるようで、請求額と比べると事務費が掛かりすぎてしまうのが気になっています。

そこで、遅延損害金や、事務手数料を上乗せして請求する事はできるのでしょうか?
最初のサービス施工時には特に契約書も交わしていません。
先月、督促状を送ったときには、書面に「10月末までにご入金いただけない場合には遅延損害金、延滞利息、請求手数料を加算させていただくこともございます」という一文はつけているのですが、おどしのつもりだったので、具体的なことは書いていませんし、請求根拠は何もない状態だと思います。
アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先方と業務の契約をした際に、契約書に、支払いが遅れた場合は遅延損害金、延滞利息を支払う、という条文を入れていなければ、先方は遅延損害金や延滞利息を支払う義務はありません。


あなたがおっしゃる通り、請求根拠はありません。

ただし、先方が約束した期日に支払いをせず、そのために余計な事務手数料が発生したのなら、この分を損害賠償請求はできます。

でも、請求したところで相手に支払う意思がなければ結局同じでしょう。
金額が大きければ民事裁判を提訴すればよいのですが、1万円を回収するためにそこまでする気はないでしょう?
ちなみに民事裁判では、提訴する時に手数料や切手代を納めますが、あなたの会社が勝った場合はこれも相手から取れます。

なお、民事裁判を提訴する場合、原告はあなたの会社ということになり、会社の登記簿謄本も裁判所に提出しなくてはなりません。
請求額が140万円以下の場合簡易裁判所へ提訴することになりますが、簡易裁判所なら裁判官が認めれば担当者(あなた)が代理人として出頭することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃるとおり、民事裁判までは出来ないです。それこそ、回収コストのほうが高くなってしまうでしょうし。。
先方も、低い請求額でそこまでしないのが分かってるので知らんぷりなのかも知れません。

今回は、事務手数料の実費分のみ、合わせて請求をすることにしました。

追記のNo.3の回答もありがとうございます。
今回は、期限までに支払われなかった場合は、遅延利息利率年6%請求します、という一文をつけるだけにしました。

お礼日時:2010/11/29 18:11

No.2です。

すみません訂正します。
商法514条では、商取引における遅延利息の利率は、特約が無ければ年6%と定められていますが、これは契約書に遅延利息に関する条項がなくても請求できるそうです。
今まで勘違いしていました。
    • good
    • 2

請求書の郵送料、電話料金、銀行の手数料等、実際に発生した費用は請求根拠があります。


それらは、「相手が期日までに支払いをすれば発生しなかった費用」です。
完全に相手に過失のあることですから、請求するのに何の遠慮もいりません。
(もちろん実費を大きく超えて請求すれば問題ですが)

遅延損害金や延滞利息については、ある意味、自由です。
ただ、利息制限法の上限利率(年15~20%)を超えると、無効とみなされる場合があります。
税金などの滞納の場合は、年利7.3%~14.6%(元金1万円あたり1日2~4円)が多いので、その程度の利率なら問題にはなりません。
法規制の範囲で、御社が自由に設定できるということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アドバイスを元に、請求に発生した実費用を合わせて請求することにしました。

遅延損害金については、やはり請求根拠が気になることもあり、
内容証明には次に支払わない場合は遅延損害金も請求します、という一文のみ記載することにしました。

お礼日時:2010/11/29 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q経理の売掛金回収

経理の仕事の中で「売掛金回収」という仕事があるという事を知りました。
これはつまり「お金を払わない業者から、督促なり訪問するなりして売掛金を回収する」というものですよね?
私は以前、広告会社に勤めていた事があり、広告料金を払わない法人相手に電話をかけ督促をしていた事があります。お金がないのか、何度も督促されるのが頭にきたのか「そんなもん払わんぞ!!」と怒鳴り散らしてくるお客さんもいました。
当時は私は簿記のぼの字も知らなかったので、これが売掛金回収という仕事だという事は知らなかったのですが、今考えたら当てはまるのでは?と思えてきました。
また破産して売掛金が回収出来なくなった法人の、破産の処理というのも担当していました。
これらは経理の仕事の一貫なのでしょうか?
精神的に続けるのが困難になり、鬱病になった事がありますので、経理の仕事が私が想像しているような仕事なら経理をされている方は凄いなあと思ってしまいます。
実際、売掛金の回収、それに伴うクレーム対応や破産処理などは経理に付随する業務なのでしょうか?

Aベストアンサー

☆売掛金とは,このように理解してください。

大会社の本社
支店がありました。ここに下記の担当者がいました。
A経理担当とB営業担当がいました。
Bは得意先に請求書を届けました。そうして(借方)売掛金2千万円/(貸方)商品2千万円の売掛金計上仕訳伝票を起こしました。

期日にBは現金を回収してきました。それをAにわたしました。
Aは(借方)現金2千万円/(貸方)売掛金2千万円このような仕訳伝票を起票しました。

☆整理するとBが起票の伝票の借方とAが起票の貸方が帳合できました。
Aは入金した金額を本社へ送金します。これが一般的な流れです。

☆取引に際してBは契約・覚書等を交わすのは,もしかの時の権利なのです。
得意先が破産しました。その時契約・覚書等に基づいて担保の差し押さえをします。

あなたが最後に質問として書いていた。実際,売掛金の回収,クレーム,破産対応はBの分野です。
Aは会社としての分野を担当し処理します。参考にしてください。

Q売掛金回収の仕訳について

現金での売掛金回収の仕訳を教えて下さい。

50万円の売掛金(複数件で)を回収するのに、銀行から釣銭分引き出し4万円の釣銭を用意しました。

【仕訳】
(釣銭準備時の仕訳)
現金  4万円     銀行 4万円

(回収時の仕訳)
現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

上記?で悩んでいます。
釣銭時に仮払金等で仕訳をすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃうと、得意先が「大変ですね。これおつり用に使ってください」とくださって現金が4万円増えてることになっちゃいます。

「売掛金50万円回収してきて、どうして54万円あるんだ」という話になってます。
4万円はおつり用に持ってただけです。
おつり用と言ってピンとこない用なら「両替用」ですね。
両替用に別途持ってたお金4万円が「取引先で集金したら増えてしまった」のではないのです。

現金を数えるときに「おつり用に用意した4万円を入れて数えてしまってる」ので、疑問点が出てるんでしょう。
おつり用のお金は会社のものですから、わかりにくいかもしれません。

あなたの財布の中に入ってる小遣いを上記の額に足して「○○財布内現金」として、借り方に記載してしまってるのと同じです。
売掛金がいくら回収できたのか、それは現金なのか、振り込みを受けてるのか、はたまた小切手なのか、もしかしたら切手代用なのか(あまりない)を考えて仕訳するんですね。
この場合は「右が先」です。

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃ...続きを読む

Q「やよいの青色申告」売掛金と回収金の入力方法を教えてください。

個人事業でデザインの仕事をしています。「やよいの青色申告09」を使っています。簿記は初心者です。
集計を出してみると、「売掛金」として入力した額と、その売掛金が回収された時に入力した額のどちらもが「売上高」としてみなされてしまい、実際の売上の倍の額になってしまっています。

「やよいの青色申告09」には毎月以下のように入力していますが間違っているのでしょうか??どなたか教えてください。

・請求書を発行した日(※例えば50万円として)
「売掛帳」に、相手方勘定項目「売上高」として売上金額の欄に請求額50万円と入力。

・代金が銀行口座に振り込まれた日
「売掛張」に、相手方勘定項目「普通預金」として回収金額の欄に45万円と入力。
「売掛張」に、相手方勘定項目「事業主貸」として回収金額の欄に源泉徴収された額5万円と入力。

Aベストアンサー

「売掛帳」に、相手方勘定項目「売上高」として回収金額の欄に45万円と入力。
「売掛張」に、相手方勘定項目「売上高」として回収金額の欄に源泉徴収された額5万円と入力。

Q売掛金の仕訳について

簿記の売掛金の仕訳について教えてください。

医療関係で開業しました。保険請求ということで毎月売掛金が発生しているのですが、記入ミスなどで請求した金額の一部が請求出来ず、再度正しい情報で請求するという作業を行っています。
ここで質問なのですがこういう場合の簿記上の仕訳はどうしたらいいのでしょうか?

例)11月に30,000円の売掛金が発生。
12月に5,000分ミスが発覚し、12月末にミス分5,000円と12月の売上40,000の売掛金を計上。

11月○日  売掛金 30,000 / 売上30,000

12月●日  ???? 5,000 /  売掛金 5,000

12月△日  売掛金 45,000 / 売上 45,000

上記のような感じになるんでしょうか?
ちなみに????はどの勘定科目にしたらいいのか分かりません。

Aベストアンサー

A)お書きのように、請求できなくなった分をいったん売上から減額しておく方法
11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)

〔ミスが発覚した日〕
12月●日  売上 5,000 /  売掛金 5,000(11月の売上減少)

12月31日  売掛金 45,000 / 売上 45,000
         (11月の5,000円+12月の40,000円)


B)または、売掛金5,000円をそのまま次月に繰り越す方法があります。

11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)


12月31日  売掛金 40,000 / 売上 40,000(12月の売上計上)

売掛金と翌月あたりの入金額がぴったり一致したほうがいい場合はA)の方法のほうが適しています。当初は3,000円だった11月分の請求書を25,000円に直して請求しているのであればなおさらA)がいいと思います。

Q売掛金の回収

設備業の経理を担当者する者ですが、今年の1月に工事を行ったお客さま(会社)から工事代金の入金がありません。

何度も催促しているのですが、いっこうに入金いただけない状況です。

特に「お得意様」といった関係でもありません。

このような相手から売掛金を回収する手段として、どのような方法がありますか?また、支払いいただけない場合、設置した設備を撤去しても違法にはならないものでしょうか?

相手も会社経営者です。

是非皆さんの知恵を御貸し下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
大抵そういった会社はなかなか支払いをしてくれません。
なので先に時効を防いだ方がいいですよ。
参考までに他のQ&Aのページをはっておきますね。売掛金回収についてです。
http://okwave.jp/qa35493.html?rel=innerHtml&p=bottom&l=3
※全額でなくてもいいので、一部でも受け取れば時効はふせげるようです。撤去ができるかはさておき、リスクはこちらのほうが低いと思います。

少額なところから返済をさせて、まずは時効を防いだほうがいいとおもわれます。
相手にどれくらいの金額なら返せるか、1ヶ月以内に支払うとすればいくらなら今月分(来月分)として1回目の支払いが可能か、という話を持ちかけてもいいと思います。
(ご注意頂きたいのはこういった場合は極力丁寧に言葉の端々まで気を使い、相手に脅迫やなんだという後々問題になりそうな言い方はしないことです)
まずは一部でいいので支払わせることだと思います。
もしかしたら、時効のことを知っていて放置しているという最悪の可能性もあります。
時効年数についてはこちらをご覧下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014744085

少しでも早く解決するといいですね!

こんにちは。
大抵そういった会社はなかなか支払いをしてくれません。
なので先に時効を防いだ方がいいですよ。
参考までに他のQ&Aのページをはっておきますね。売掛金回収についてです。
http://okwave.jp/qa35493.html?rel=innerHtml&p=bottom&l=3
※全額でなくてもいいので、一部でも受け取れば時効はふせげるようです。撤去ができるかはさておき、リスクはこちらのほうが低いと思います。

少額なところから返済をさせて、まずは時効を防いだほうがいいとおもわれます。
相手にどれくらいの金額なら返...続きを読む

Q売掛金の返金の仕訳

物凄く簡単な質問で恐縮です。

売掛金 / 卸売上高
預金  / 売掛金

の仕訳を立てて入金した売上を、訳あって返金する事になりました。
その返金の仕訳って・・

卸売上高 / 預金

でしょうか??

Aベストアンサー

OKです。

Q売掛金回収方法 と 振込手数料

経理初心者です。
売掛金回収為に、口座へ振込をしてもらった場合に、銀行等で振込手数料を差し引かれますよね?

今回、ご質問させて頂きたいのは、(1)その手数料の検算方法と(2)売掛残高の照合時での問題です。

(1) 先方より入金あった時の振込手数料は、振込側の各銀行で差し引かれる手数料の金額は銀行単位でも異なりますし、窓口での振込・ATMでの振込・パソコン等を使っての振込でも金額が異なってきます。
通常皆様方は、どのようにして手数料部分を調べているのでしょうか?アドバイスを頂きたく思います。

現在は、手数料部分で気になることがあれば、銀行に問い合わせています。

(2) 以前、先方よりの入金で840円手数料を差し引かれているので、調査したところ420円が正確な金額でした。確認の為、先方に連絡したところ先方の誤りだと、口頭で解答もらいました。
この時点で、420円の請求金額の繰越が発生しましたが、何ヶ月経過しても支払てもらえません。
念のため、書面で残高照合の依頼をしたところ口頭て解答もらった分の420円部分がやはり合いませんでした。差異明細には何も記入しておらず、再び420円部分について問い合わせると、『忙しいので、調べる時間も無いし、420円ぐらい好きにして下さい。』との事で、支払う意思は全くありません。

このような場合、どう対応すればよろしいのでしょうか?
相手がお客様なので、きつい言い方も出来ませんし・・・

このままだと、帳簿に420円が永遠に計上されたままになるかと思うと・・・

長々となりましたが、先輩方宜しくお願いします。

経理初心者です。
売掛金回収為に、口座へ振込をしてもらった場合に、銀行等で振込手数料を差し引かれますよね?

今回、ご質問させて頂きたいのは、(1)その手数料の検算方法と(2)売掛残高の照合時での問題です。

(1) 先方より入金あった時の振込手数料は、振込側の各銀行で差し引かれる手数料の金額は銀行単位でも異なりますし、窓口での振込・ATMでの振込・パソコン等を使っての振込でも金額が異なってきます。
通常皆様方は、どのようにして手数料部分を調べているのでしょうか?アドバイスを頂きたく思...続きを読む

Aベストアンサー

私も主人の手伝いで経理をしています。私は売上から入金額や保険料(建設業の為)などを差し引いた金額を振り込み料として計上しています。大手の会社なら振込料は決まっているので事前にわかりますが、それ以外は振込銀行によって手数料が違うので入金があってから確実な数字を記入しています。以前聞いたところによると振り込み料の差額を収入にしているところもあるそうです。私も先日、入金金額と安全会費で引かれている金額が会わなくて、先方に依頼しましたが、向こうの計算ミスでも50円の違いで振り込んでくれるわけもなく、領収書の金額を書き換えて終わりでした。そんないい加減なことで通るのかなーと疑問に思いましたが、そのために安全会費は手書きの領収書にしてあるのだと思いました。お互い苦労しますね!

Q売掛金の仕訳について

売掛金の仕訳について教えてください。内容は…売掛金\300000から保険料\400と振込手数料\210を引かれて振り込まれます。上記内容の仕訳を教えてください。宜しくお願いです。

Aベストアンサー

〔借方〕当座預金299,390/〔貸方〕売掛金300,000
〔借方〕保険料      400/
〔借方〕支払手数料   200/
〔借方〕仮払消費税    10/

Qリーマンブラザースへの売掛金回収

リーマンブラザーズの件でご質問させていただきます。
破綻したリーマンブラザーズ(以下、LB)が東京地裁に民事再生をしてからも同社の依頼でITの請負の仕事(含、派遣)をしております。
LBは弊社に対し支払いの意思を見せていますが、管財人の管理下ということで、本当に支払ってもらえるものか不安です。
野村ホールディングスによる買収の話もありますが、支払い金額については管財人のサジ加減で決められるのでしょうか。
それとも買収後に野村ホールディングスか野村證券から全額支払らってもらえるものなのでしょうか。
また、破綻後の作業については支払い対象としてもらえるのでしょうか。
なお、同社破綻前に締結した基本契約はあります。
ご回答いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

民事再生の場合にはまず、再生手続開始後の再生債務者の業務に関する費用の請求権については、「共益債権」として随時かつ優先的に弁済されます(民事再生法119条2号、121条1項、同2項)。また、同列の債権者に対しては、原則として債権額に応じて弁済されます。法定事項であるため、基本的に「管財人のサジ加減」ということはありません。これは、管財人から発注を受けた場合も同じです。

ただ、キャッシュが無ければ支払うことも出来ませんから、全額支払いが約束されているかというと、そうともいえません。そのため、再生債務者と取引するときは相手方の資金繰りに注目し続けておく必要がある、とよく言われます。

この点、スポンサーがつけば資金も潤沢になるでしょうから、支払の心配も少なくなるものと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報