このような小型酸素溶接バーナーhttp://www.hometool.co.jp/star-top.htm がありますがアーク溶接のような溶接(ロウ付けでない)は可能でしょうか?
(溶接棒を使用した溶接方法というのでしょうか)
溶接はあまり詳しくはないのですが銀ロウづけと通常の溶接棒とでは強度は違うのでしょうか?
溶接したい部分が屋外にあり電源がとれないのでホームセンターで売っているアーク溶接機が使用できず温度的にはアセチレンバーナーと同じくらい(?)の温度が出そうなので使えないかなと思いますが。補修部分は部分的にパイプをつなぐような感じの作業です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんばんわ


コレ持っています。
アーク溶接をしようとする素材には全く不向きです
温度はそれなりに上がりますが、火力が弱く
鉄の、母材、接合素材、溶接棒 を同時には溶かせません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経験談参考になります。

お礼日時:2010/12/27 22:21

 補修部分は部分的にパイプをつなぐような感じの作業です、とのことですが、そのパイプの材質は何ですか?太さ長さはどれくらいですか?


 その小型酸素溶接バーナーは、使用例の写真にあるように、対象は貴金属の彫金や模型工作などの、指先でつまめるくらいの小さなものに限られるでしょう。
 最高温度が3000度とはいっても、なにしろ小さな炎ですから発熱量が少なく、ちょっと大きなものが相手ではとても仕事にはならないでしょう。
    • good
    • 0

プロパンはアセチレンより燃焼温度が低いようですが、解体屋さんなどでは切断に使用していますね。


プロパンでもガス溶接はできますがバーナーの能力次第でしょう。

最近はあまりやらなくなりましたが、以前は時々はガス溶接もやりました。
薄板の溶接にはまあ向いているかな、入熱が大きくなるので、その影響は考慮しなければいけませんが。

このバーナーはどうも彫金用の感じがしますので、能力不足のような気がします。
ナマシ番線10♯(3.2mm)を火炎だけで簡単に「溶断」できる程度の火力があれば問題ないと思います。ちなみに、鉄材のガス切断で高圧酸素を出すのは鉄の燃焼温度が溶解温度より低いことを利用するためで、溶接では高圧酸素は必要ありません。

溶接棒はTig棒が使えますが、重要な品物でなければナマシ番線でも代用にはなります。
けっこう黒皮が邪魔しますので、できれば黒皮や錆を除いてから使用すると良いです。
全姿勢できますが、それほど簡単な溶接法でもありません。
ガス溶接の経験がないのでしたら、しっかり練習してからにしてください。
    • good
    • 2

そこのサイトを見る限り、ガス溶接可能、みたいな内容ははっきり書いてないようですね。


ロウ付け棒は各種でていても、ガス溶接の棒はのっていないようですし。
主にロウ付け用と考えていいかもしれません。
ただし、ロウ付けのみなら、普通のハンディガスバーナーみたいなのでも可能ですので、わざわざ酸素と反応させるのですから、ガス溶接も可能かもしれませんし、技があれば可能かもしれません。
普通のバーナーで普通に溶接できる技があるなら、これで応用も可能でしょう。

ロウ付けとは、接着剤みたいなもんで、比較的低温で溶ける金属を溶かして、接着したい物同士をくっつけます。
隙間などに流れ込んで固まるので、それなりに強度も出ます。
鉄以外の材質にも可能ですし、目的別に各種のロウがあり、便利な手法です。

ガス溶接とは、主に鉄がメインです(アルミもガス溶接可能)。
くっつけたいお互いをガスの火で溶かし、なおかつ、鉄の溶接棒も溶かしてくっつけて一体化します。

同じもの、条件、で比べれば、溶接のほうが強度はあると思います。

固定されたパイプを溶接するのはプロでも難しい技です。
下向き横向き上向きと、ぐるりと一周するのは難しい技です。

状況によりますが、ロウ付けでもいいなら、そのほうが間違いないです。
強度と言っても、ガス溶接が完璧かどうか、などで変わりますので何とも言えません。
(へたなガス溶接は、一見、くっついたように見えても完全にくっついていない場合があります)
そんなに力がかかる部分なら、新たに作り直し、などがお勧めです。
    • good
    • 1

パイプの肉厚はどのくらいでしょうか。


バーナーの温度は十分に鉄などを溶かし溶接をすることは可能ですが、厚み有る素材ですと全体を溶解する前に熱が逃げてしまいます。
うまく部分的に溶接できても、表面しかくっついていないと、溶接による素材の変化で簡単に割れが発生して折れてしまいます。
逆に薄い素材であれば、仮に接続面に多少の隙間があっても、アーク溶接よりバーナーでの溶接の方がうまく出来ます。
いずれにしても、表面だけ熔解させての溶接では強度が得られませんので、接続面にある程度の隙間を空けて、厚み全体を溶かして溶接することが大事です。

蝋付けは、接着部分の面積を大きく取らないと溶接に比べて強度は大きく落ちてしまいますが、接着面が広く密着していれば逆に粘りがあって強度があります。
パイプの外径を削ってもう一方のパイプにはめ込むような形や、一回り太いソケットなどを差し込めば接着面も広くなり、銀蝋での接続でも十分な実用強度を得ることが出来ます。

仮に素材が少々厚みがある場合、補助バーナー(トーチランプ等)で溶接面の近くを加熱しながら溶接すれば、以外とうまく出来る可能性があります。
この場合は、ロー付けの時にも言えることです。
    • good
    • 0

銀ロウはハンダより強いです、溶接棒とは比べものにならないほど弱いです。


(主に設備やさんが銅管をつなぐのに使用しています)

アセチレンの場合、溶接する部材を溶かして、そこに溶接棒で肉盛りして溶接をしますが、
このバーナーは、狭い範囲の温度は上がりますが、パイプの溶接する箇所を溶かすほどの熱量はないので溶接することは出来ないと思います。
    • good
    • 0

難しいと思いますよ。


温度も低そうだし、量も少ないし(温度が上がる前に空になりそう)、ガス溶接は難しいですし。

ガス溶接は溶接なので、強度は高いです。ロウよりも。
    • good
    • 0

母材の溶接面が溶ける手前くらいになれば出来るでしょうね。


ただ3000℃もの高温だと薄物は溶けて穴が開くことに神経を使うんじゃないですか。

あとは腕次第ですよ(^^;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いは?

被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いって何ですか?両方ともフラックスを気化させて、シールドガスを作っているようですが。

Aベストアンサー

アーク溶接では溶接品質の確保のため大気中の窒素や酸素などが溶接部に浸入するのを防がなければなりません。
大雑把に言うと、「セルフシールド」は語義からいうと溶接材料(棒・ワイヤー)から自己的にガスを発生させ、溶接部の周囲を溶接に適した雰囲気で覆う、ということです。
言葉の意味だけでは両者とも同じことを指しているように見えますが、実際は違います。

「セルフシールドアーク溶接」は普通、フラックス入りワイヤーを用い、炭酸ガスのようなシールドガスを使用しない溶接を言います。いわゆる「ノンガス」ですね。
産業用途ではシールドガスを使った溶接にフラックス入りワイヤーを使うことも多いですが、これはシールドガスを使うフラックス入りワイヤーで別のものです。

「被覆アーク溶接」は被覆のついた溶接棒を用いる溶接法で俗に「手棒」とか「手溶接」と呼ばれるものです。

Qアーク溶接棒の選択は?

バッテリー溶接機を買いました。 3.2ミリまでの溶接棒が使える機種です。

溶接棒を買おうと思うのですが、3.2ミリの溶接棒だけでいいでしょうか?

板厚 1ミリ~3ミリ位を溶接することが多くなりそうです。 板厚に合わせて、溶接棒は買うものなのでしょうか? 溶接棒の場合、大は小を兼ねますか?

素人です。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

溶接機使われるならどこかで一度訓練受けるか、知り合いに鉄工所でもあれば相談して教えてもらうことをお勧めします。
ご質問の溶接ですが板厚考えるとどちらかといえば難しいほうの部類に入ります。薄板溶接は少し技量を必要とします。少しだけくっついていれば良いと言うような目的ではなさそうですので。通常はほかの方の指摘にも有ります様に板厚から板厚より少し細い棒径位でしょう。板厚に合わせてそろえるのがよいでしょう。が板厚1ミリ、2ミリは苦労します。板厚3.2mでも多少ましくらいで。母材が入力の熱で溶けて溶接にならないからです。長さ1cmとか2cmをとびとびに溶接し冷ましながら又隣を溶接というような手順になります。
板厚3ミリ程度ですともう少し長い距離でもいけますが、連続で溶接していくことはむつかしいかと。
ネットで薄板溶接で検索すると結構説明や要領が出ております。溶接棒の大は小を兼ねることはできません。やってもかまいませんが失敗するだけです。大の棒にはそれに適した板厚があり板が薄くなれば小に変えるしかありません。素人と表現ありますがどのレベルかわかりませんが一言老婆心を書かせてください。
1・溶接するからには、防護メガネか溶接面も揃え、手袋(溶接用)も買われたと思いますが半そでなど皮膚が直接出ないよう気を付けてください。この火花はとても高温で、服を着ていても火傷することがあります。素肌など危険です。結構深いところまで焼けます。アイロンでアッチチ程度のものではありません。点状で深いやけどです。溶接部など冷めていれば良いのですがすぐ素手で直接触らないように気を付けてください。見た目以上に高温ですので。
2・溶接するときどうしても溶接部を見てその後溶接面や防護メガネで目を保護して溶接するわけですが、最初はうまくいかずアークを直接に見てしまう瞬間があります。これが結構何回も続きます。やって見ればわかります。これで結構目をやられてしまいます。昼間はまだあまり感じませんが夕方から目が開けていられないくらい痛みます。時間とともにおさまっていきますが翌日まで残ることがあります。あまり長時間なさらないほうがよいと思います。30分~1時間。できるだけアークを見ないよう努めてください。また目をよく濡れタオルなどで冷やしてください。現場では熟練者からまた目を火傷したかとからかわれていました。
3.溶接する鉄板にアースをとること。 注意してください。
4.火花が飛びますので、付近に燃えやすいものなどおかないよう気を付けてください。火災に注意を
また電気系統の配線、安全等溶接機の取説に書いてあること十分注意してください。
安全第一で進めてください。
私も素人で偉そうなことが言えませんが、若い時会社に入って現場実習の時しばらく溶接も教えてもらったのでその時の体験をお話しした次第です。多少参考になれば幸いです。
趣味で使われるようですが 現場用語 ご安全に を最後にお送りしたいと思います。

参考URL:http://image.orange-book.com/image/pdf/help_file/file56651t010005665087.pdf

溶接機使われるならどこかで一度訓練受けるか、知り合いに鉄工所でもあれば相談して教えてもらうことをお勧めします。
ご質問の溶接ですが板厚考えるとどちらかといえば難しいほうの部類に入ります。薄板溶接は少し技量を必要とします。少しだけくっついていれば良いと言うような目的ではなさそうですので。通常はほかの方の指摘にも有ります様に板厚から板厚より少し細い棒径位でしょう。板厚に合わせてそろえるのがよいでしょう。が板厚1ミリ、2ミリは苦労します。板厚3.2mでも多少ましくらいで。母材が入...続きを読む

Qアーク溶接とノンガス半自動溶接 ランニングコスト

趣味で溶接をしています。
アーク溶接機を使っているのですが溶接棒の交換が面倒臭くなってきました。
そこでノンガスタイプの半自動溶接機が欲しくなりました。
しかし所詮は趣味でやっていますので溶接棒、ワイヤーにかかるランニングコストは無視できませんです。
そこで教えて頂けませんでしょうか?
同じ量を溶接するとしてぶっちゃけどちらがどのくらい安くなるでしょうか?
溶接棒、ワイヤーの溶接量当たりの値段を教えて下さい。

Aベストアンサー

正確なことは計算できませんのであくまで「ぶっちゃけ」です。

私の勝手な計算ですのであてにしないでください。

いろんな品物があり、比較するものが変われば変わりますので参考としてあえて計算してみます。

低電圧アーク棒 1.6ミリx250ミリx1箱(80本入) ¥1400
軟鋼用ノンガスワイヤー 0.8ミリx250m巻  ¥3000

アーク棒長250ミリのうち200ミリを使用した場合、80本で16mで、mあたり¥87.5。
ワイヤーは250mですが、棒径の差があるので概算で4で割ると約62.5mで、mあたり¥48
フラックスの分があるので実際はもっとm数が少ないと思いますので概算でx1.5
としても、mあたり¥72。

同じ量でワイヤーのほうが安いことになります。

アーク棒は失敗して捨てる場合が多い。
ワイヤーはやりやすいので肉が多めになる場合が多い。
半自動は簡単でキレイにできる、という部分が最大の魅力ですが機械が高い。
それをコストと考えると・・。
アークは機械も安い、棒も、とりあえず安い。

こんな感じでしょうか。

Q電気溶接(アーク溶接)が欲しいのですが・・・。

実は電気溶接機を購入したいのですが・・・家庭でも使いやすい物が欲しいです。
使いやすいタイプ等、仕様等ご教授お願いします。

ガレージの前に側溝があって、エキスパンド鋼の蓋(4mm位のフレーム)が渡してあるのですが、フレームと網の溶接部が取れてしまいました。

そこで電気溶接機が欲しいのですが、ホームセンターの2万円位の物(100V40A・交流)では・・・家庭で使うにはなんとなく不安です・・・(本当に溶接棒が溶けるか等)
色々使いたいところが、まだまだ有るので、是非欲しいのです。

家のブレーカーは、100V60A、200V40A両方有りますが、専用引き込みがありません。自分自身ガス溶接資格・実務経験6年有り(元医療器具開発)ですが・・・電気溶接は殆どド素人で不安です(^^;

Aベストアンサー

> いずれ辞めた方が良いですね。100vでも溶接機の鉄心を回す余裕もあまり…

#2です。
私の書き方が下手だったので、真意が伝わらなかったようです。
100V60Aの電灯用ブレーカですが、そこまでは200Vが来ているのです。簡単に言うと、100Vが2回路来ていると思ってください。100+100=200ですから、電灯の配電盤から200Vを取ることは簡単なのです。もちろん電気工事店にいくらか支払わなければなりませんが、それほど大きな金額にならないと思います。そこのホームセンターに売っていたのは、200V単で17A(入力)とのことですから、100V換算で、60Aのうち34A消費します。残り26Aありますから、照明器具やTVなどのほか、エアコン1台ぐらいは同時に使えそうです。

参考URLの、新ダイワF330型はもう少し大きく、4mmまでの溶接棒が使えるタイプですが、それでも60Aの電灯契約で使えると思います。エアコンまでは使えないかも知れませんが。

> 200Vの方は、親父が農機具とか木工器具、私が小型フライス盤を使うのに使っていた…

今現在はあまり使っていないということですか。契約は何キロワットになっていますか。無駄な基本料金を払っているかも知れません。
溶接器を恒常的に使用するなら、三相契約から単相200Vを引き出した方がよいと思いますが、ご自分でやることは、お薦めできません。
電灯契約は、ブレーカが飛ばない限り、何を使っても自由ですが、三相契約はそうではありません。ブレーカの容量より、メーターや引き込み線の方が小さい場合もあり、無断でなんでも使うと、完全に停電してしまうこともあります。
一度、現在の契約内容の見直しも含めて、電気工事店に相談されてみてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.shindaiwa.co.jp/product/prprodinf.htm

> いずれ辞めた方が良いですね。100vでも溶接機の鉄心を回す余裕もあまり…

#2です。
私の書き方が下手だったので、真意が伝わらなかったようです。
100V60Aの電灯用ブレーカですが、そこまでは200Vが来ているのです。簡単に言うと、100Vが2回路来ていると思ってください。100+100=200ですから、電灯の配電盤から200Vを取ることは簡単なのです。もちろん電気工事店にいくらか支払わなければなりませんが、それほど大きな金額にならないと思います。そこのホームセンターに売っていたのは、200V単で17A(入力)...続きを読む

Q溶接可能な厚さ(アーク溶接)

アーク溶接に関して質問があります。溶接未経験者です。

溶接機には溶接可能な板厚という表示がありますよね。
その厚さ以内、もしくはそれぐらいでなければ、溶接はできないのでしょうか。

下記の溶接機の購入を考えています。
http://www.truetools.jp/html/machine/welder/sim-80.html
溶接できる最大の厚さは5mmとありますが、1cm~1.5cmとかはさすがに
強度の面で厳しいでしょうか?

太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したいのですが
この溶接機では無理でしょうか。

Aベストアンサー

>太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したい
この件だけで溶接機を購入するならばお止めになって鉄工所などで溶接をお願いした方が良いと思います
初心者には結構難しい溶接と考えます

今後も使用予定がおありでしたら半自動溶接機の選択をお勧めします
使い勝手がとても良いです
100V機であるならこれなどはいかがでしょうか
http://www.suzukid.co.jp/product/say120.html
200V機ならこれなどはいかがでしょうか
これは、僕も使用使用している溶接機ですが、軟鋼が主体の溶接ですからCO2溶接で行っています
http://www.suzukid.co.jp/product/say160.html
SUZUKID製だけをお勧めしていますが、僕はSUZUKIDとは何ら関係がありませんので付け加えておきます

溶接棒を使う溶接機で良いのであれば、中古機でも十分に使えると思います(中身はトランスですから)
オークションを当たるとたくさん出品されています
そちらもご検討の対象にしたらどうでしょうか

>太さ12mmのステンレス丸棒同士を、曲面?同士溶接したい
この件だけで溶接機を購入するならばお止めになって鉄工所などで溶接をお願いした方が良いと思います
初心者には結構難しい溶接と考えます

今後も使用予定がおありでしたら半自動溶接機の選択をお勧めします
使い勝手がとても良いです
100V機であるならこれなどはいかがでしょうか
http://www.suzukid.co.jp/product/say120.html
200V機ならこれなどはいかがでしょうか
これは、僕も使用使用している溶接機ですが、軟鋼が主体の溶接ですからCO...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報