ちょっと変わったマニアな作品が集結

サラリーマンで、係長、課長、部長くらいで経済学って必要でしょうか?

経済学をちゃんと学んだことがないので、どのような学問なのか分かりもしないで言っているのですが。必要性を感じたことが皆無です。(そもそも知らないんだからそりゃそうですけど)

経済学を知っているとこんないいことがあるよという事はありますか?


ちなみに、一応、日経の優良企業トップ100にはいるような企業に勤めています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

経済学と言ってもたくさんの領域があり、またそれぞれの領域でも「レベル」がかなり違います。



サラリーマンの方がミクロ・マクロの数学ガチガチな経済学を知っている必要はないと思います。しかし、一般常識範囲の基礎知識は知っていていいと考えます。たとえば、株価と経済成長はどうのように関係しているか、国債を発行し続けると将来の子供たちに「具体的に」どのような影響があるか、日本人の平均給料はどのように決まるかなどでしょうか。

しかし、計量経済学のような統計知識、今流行の行動経済学は知っていて非常に役立つと思います。
計量経済学でできることは、たとえば、ある商品の売り上げはどのような要因(季節、給料、利子率など)と相関関係(または因果関係)があるのかがわかります。価格を上げ下げしたときに、その商品の売り上げがどのように変化するかなどもわかります(需要の価格弾力性と言います)。

一番知っていてお得なのは行動経済学だと思います。たとえば、同じ商品なのに消費者にとってそれをさらに魅力的にする方法。お客様を怒らせずにクレームに対処するには。これらをハウツー本レベルや成功者の「哲学」ではなく、実験を用いて実証しています。

まずは、なにか一冊手にとってみて肌に合うかを確かめてみてください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変勉強になりました。良書を探して読んでみようと思います。

ただ、私の仕事が法人向けサービスのため、あまり直接役に立つことはなさそうな気がしました。

お礼日時:2010/12/08 23:27

物理学者の誰だったでしょうか?アインシュタインだと聞いたような気がするのですが、記憶が定かでありません。


とある著名な物理学者が、歓迎のパーティーで同席した経済学者にこんな質問をしたのだそうです。

「経済学の理論というのは、どれもみんな当たり前のことを言っているのに過ぎないように思うのだけれど、当たり前でないような理論はあるのですか?」

質問された経済学者は、どう答えてよいか困ったそうです。

エコカー減税や補助金、エコポイントにより販売数が増えることはミクロ経済学の余剰分析により導き出されます。また、補助金が終了しエコポイントが半分になると販売数が減少することも余剰分析から導き出されます。販売量の増加に備えて増産をしておかなければ機会ロスを生じたでしょうし、エコポイント半減に備えて在庫を減少しておかなければ過剰在庫を抱えたに違いありません。これは経済学の応用です。
しかし、こんなことはややこしい理論なんか知らなくても普通の商売感覚があればわかることです。じゃぁ経済学はいらないのか?
でもその商売感覚っていうのは経済学に属する内容ですから、「経済学が不要である」ということは、「その商売感覚が不要である」ということになってしまいます。商売感覚は必要ですよね。

結論。
経済学の範疇に属する商売感覚は必要であるが、わざわざ勉強する必要はない。


余談ですが、先の経済学者はさんざん考えた末に「比較優位論」を挙げたそうです。そして物理学者に一生懸命説明したのですが、物理学者は理解できなかったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

経済学はまだ物理学でいえば万有引力を発見したレベルってところでしょうか。
現時点では、ときに商売感覚の裏づけを経済学に求めてみるという使い方がよいのかもしれませんね。

比較優位論、言葉の響きに聞き覚えがあるくらいです。素人なりに調べてみようと思います。

お礼日時:2010/12/04 11:14

私の仕事には、役に立っていません。



oshiete_6 さんのお仕事の内容を知らないので、役に立つかどうかわかりません。

たぶん、役に立たないと思います。

実は、私も「経済学をちゃんと学んだことがないので、どのような学問なのか分かりもしないで言っているのですが。」

必要性など考えたこともありません。

ちなみに、ボーダーラインの人生です。

経済学を知っていると、ろくなことはありません。仕事を転転としたり、まず就職できなくなる可能性があります。

河上肇「貧乏物語」京都大学教授、治安維持法で投獄される。

貧乏を覚悟しないで、「経済学」に近寄らないことです。

資本主義経済でノーベル経済学賞を受賞した偉い学者の本を買うお金がありません。興味もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

役に立たないというご意見ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2010/12/01 21:19

仕事の上での必要性を考えるなら、経済学よりも経営学でしょうね。



組織のマネジメント、経営戦略、マーケティング、運営管理などの経営学の知識は仕事に役に立ちますし、部下を使うためには人的資源管理の知識は必須です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

経営学ではなく経済学の役に立つところを教えて頂けると嬉しいです。

お礼日時:2010/11/30 20:50

リーマンショックで、人類の富が、消えてしまいました。



なぜか、損をするのは、働く人々か、年金で暮らすお年寄りです。

アメリカ合衆国は、第二次世界大戦後も、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガニスタン、湾岸戦争、イラク攻撃と、

休む暇がないほど、戦争を続けています。よほど、儲かっているのでしょうね。

ベトナム戦争の出費が多すぎて、ドルと金の交換が停止されて、変動相場制に移行するころは、1ドル=360円?

日本から、アメリカ合衆国へ、富が自動的に吸い上げられる仕組みがあるのではないでしょうか?

日本にある米国ドルと米国国債は、金と交換できません。アメリカ合衆国が、破産しましたといえば、

踏み倒すことができる、単なる紙切れです。

湾岸戦争のとき、金を出せ、といわれて、1兆円、アメリカ合衆国へさしだしました。

まっとうな仕事をしていれば、政治献金など、でてくることはありません。

まして、もうけたお金で、戦争をする、それで、景気がよくなるなど、いつまでも続くわけがありません。

人間が、1日働いて、7000円稼ぐ人と、1万円稼ぐ人と、10万円稼ぐ人と、1億円稼ぐ人がいます。

それぞれ年収が、168万円、240万円、2400万円、365億円です。毎日1億円稼ぐ人は、

休みを取らずに、365日働いてもらいました。人間が、どう働いても、こんな収入は、ありえません。

政治は、国会で予算を決めます。予算は、経済に大きく関係しています。

これだけ、家計が苦しいと、国内の消費、需要が伸びません。

どうしたらよいのでしょうか?

世の中が変化しています。本当に必要なもの、商品とサービスが生き残ると思います。

農業が、大変なことになろうとしています。

仕事に役に立たないから、必要ないと考えるなら、「経済学」もなにもいりません。

ただ、働いて苦労するわりには、所得が少ないと感じないなら仕方がないです。

経済=経世済民、富の分配と再分配ですから、所得が減る人々には、苦痛が伴うのでしょう。

仕事の役に立つ情報がなくて、すみません。

NHK高校講座の日本史は、サラリーマン、とりわけ、幹部の人々が視聴しているようです。

大河ドラマも、ドラマとして見るのではなく、企業の生き残り戦略に必要なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

繰り返しになりますが、サラリーマン(係長、課長、部長)にとって経済学は仕事にどのように役に立つのか?という観点で質問させて頂いております。

経済学が不要ではないかという話をしているのではありません。その他ここには収まらない世の中の議論は不要です。

クルーグマンの本などは好きで何冊か読んでおり、人に薦められるほどとても面白いと思います。でもそれは趣味、楽しみとしての話です。経営者なら経済の見通しが必要になることもあるだろうと思いますが、中間管理職に「経済学」は必要でしょうか。必要性を実感されているのでしたらどのような点でしょうか。

お礼日時:2010/11/30 13:22

サラリーマンに「経済学」は必要か?


サラリーマンに「哲学」は必要か?
サラリーマンに「数学」は必要か?

雑誌「経済」
http://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/
http://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/c …

高校で社会科を歴史、地理、公民分野で履修していると思います。

NHK高校講座

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/

現代社会、政治経済、倫理、地理、日本史を視聴してみてください。

「竜馬伝」「坂の上の雲」などのドラマが、面白くなります。

秋山真之が、アメリカに視察にいくとき、先住民(インディアン)から、「おまえたちは、いい目をしている」といわれます。

誇りを失ったものが、「お前たちは、俺たちみたいになるんじゃないぞ」と警告しているようでした。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「サラリーマンに経済学は必要か?」ですので、当然、「仕事にどのように役に立つのか?」という意味です。

分かりにくかったようで申し訳ありません。


社会科の話と経済学の関連が理解できませんでした。

お礼日時:2010/11/30 07:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学科と経営学科どっちが役に立つの?

僕は今経営学科と経済学科のどちらかを専攻しなければならない状況にあるんですが、その判断基準として皆さんのご意見を聞かせてもらえないでしょうか?ちなみに自営業を視野にいれて選択したいと思っています。特に経済学についてよろしくお願いします。先輩は経済学科は微分積分ばっかりやって面白くないし、あまりためにならないといっていますが・・・・

Aベストアンサー

経営学科卒業のものです。
経営学科に行っても選択で経済学は選択できませんか?
その逆もできませんか?
わたしが卒業した大学では、経営学科でも経済学を勉強しようと思えば十分に勉強できました。実際、わたしは経済学のゼミに入り、アメリカ経済政策であるレーガノミックス(サプライサイドエコノミクス)を研究しておりましたし、財政学、ミクロ経済学、マルクス経済学も学ぶことができました。もちろん経営学科ですから、会計学、組織論、日本的経営、アメリカ的経営、中小企業論、マーケティング等も選択致しました。

orimotoさんもおっしゃるとうり、経営学は経済原理に基づいた学問であり、経済の基礎を知っていなければ、到底理解はできません。ただorimotoさんもあなたも勘違いしておられると思うことは、「経営学科は経営のノウハウを教えるだけ」なのではないということです。

あくまでも経済学の理解を前提とし、それが実際の社会(経済活動)の中で、具体的にどう関連しているか、あるいは実用されているかを検証し、それを発展させていく学問であります。すなわち経済学から、より実学にシフト・発展させたのが経営学といってよいかと思います。

ですから、実際に経営学科を専攻されている人にも話を聞いてください。もちろん大学にもよるのでしょうが、経営学科は比較的幅広いカリキュラムが用意されているはずです。
もちろん経済学科を専攻していても経営学も学べる機会はあるはずですから、いろんな人の意見を参考に自分の意思を決定してください。

これだけは注意してください。
たとえ経済学のエキスパートになっても、それが実際の社会でどのように経済活動・経営に活かされているかを理解できなければ、それはただ単に経済オタクになってしまうわけですし、逆にいくら経営学だけの理解を深めたところで、それがいったいどんな経済原則・法則に従っているのかを理解できなければ、実際の社会では何の役にも立ちません。ただのウンチク野郎になってしまいます。
そういう人間は、世の中では「学者タイプ」といわれ、敬遠されてしまうことになりかねません。

ゆめゆめ、単位が取りやすいからとか、仲の良い友人が多いからという理由だけで、安易に選択はしないでくださいね。
まあ、わざわざここに意見を求めてこられるあなたでしたら、要らぬ心配なのでしょうね。

がんばってください!

経営学科卒業のものです。
経営学科に行っても選択で経済学は選択できませんか?
その逆もできませんか?
わたしが卒業した大学では、経営学科でも経済学を勉強しようと思えば十分に勉強できました。実際、わたしは経済学のゼミに入り、アメリカ経済政策であるレーガノミックス(サプライサイドエコノミクス)を研究しておりましたし、財政学、ミクロ経済学、マルクス経済学も学ぶことができました。もちろん経営学科ですから、会計学、組織論、日本的経営、アメリカ的経営、中小企業論、マーケティング等も選...続きを読む

Q経済学を学ぶのは何のためなのか?

経済学を学ぶのは何のためなのか?

本で読んだのですが、各国を代表する経済学のエキスパートたちが膨大な数の数学モデルを
分析して経済予測を出したのですが、現実の結果とは驚くほど乖離した予測結果になっていた、
という逸話や
「経済学者とは、経済について間違った予測をして
金儲けする専門家」「経済予測は経済学者の数だけある」という冗談があるほど
経済学者は結果を予測することができないといわれているらしいのです。
読んでいる本の中に出てくる経済学のエキスパートの予測対象は国内総生産や物価上昇率
ですが、株の変動を予測することも、その経済学者たちの結果から推論すると
やはりできないとおもうのですが、ここで質問です。
1、株の変動を経済学者は予知することができるのでしょうか?
2、経済学を徹底的に学んだとしても将来を予測することができない場合、経済学は一体
  何のためにあるのか?経済学の果たす役割、仕事は何のためにあるのか?

やはり経済学を学ぶとしたら実学としての何らかの形になるようなメリットがあったらいいな、
と思ってます。簡単に思いつくメリットといえば、やはりお金です。
そして経済学の知識が金に変換されるような方法といえば株の変動を予測する、
などでしょうか。またここでも質問させてもらいます。
3、経済学の知識がそのまま金に結びつくような方法って株を予測する以外にあるのでしょうか?
  経済学を学んだことである特定の会社に就職することができるというような、
  経済学を学んだ知識が意味をもたずただ肩書きの価値がお金として結びつくような、
  知識が純粋にお金と結びつかない以外の方法を提示することは遠慮願います。

この質問に対する回答を
進路先を判断する上においての指標とさせていただきます。回答よろしくお願いします。

経済学を学ぶのは何のためなのか?

本で読んだのですが、各国を代表する経済学のエキスパートたちが膨大な数の数学モデルを
分析して経済予測を出したのですが、現実の結果とは驚くほど乖離した予測結果になっていた、
という逸話や
「経済学者とは、経済について間違った予測をして
金儲けする専門家」「経済予測は経済学者の数だけある」という冗談があるほど
経済学者は結果を予測することができないといわれているらしいのです。
読んでいる本の中に出てくる経済学のエキスパートの予測対象は国内総生産や物...続きを読む

Aベストアンサー

> 1、株の変動を経済学者は予知することができるのでしょうか?

予知できる・できないという以前に、株の変動を予知するための研究を経済学はほとんどしていません。
また、予知できる人はいますが、予知結果を公表することはありません。


> 2、経済学を徹底的に学んだとしても将来を予測することができない場合、経済学は一体何のためにあるのか?経済学の果たす役割、仕事は何のためにあるのか?

経済学的に将来を予測することは可能です。

しかしながら、例えばある事件によって金利が上がりそうだとしても、日銀が通貨発行量をそれに見合っただけ増やせば、金利は上がりません。クルーグマンは、車に例えて「向かい風が強くなれば車の速度は遅くなるが、アクセルをその分余計に踏み込めば変わらない」という旨の発言をしています。

したがって、予測は可能なものの、例えば政府や中央銀行の追加的な政策によって結果が大きく左右されるうえその追加的な政策を知ることが難しいため、予測があまり意味を持ちません。このため、経済学者はあまり予測自体を行いません。例えば景気の先行きに関してメディアに登場して予測する人は、ほとんど例外なく証券アナリストなどです。


> やはり経済学を学ぶとしたら実学としての何らかの形になるようなメリットがあったらいいな、と思ってます。

最も大きなメリットは、例えば
「税金を上げません、政府支出を増やします、財政再建を行います」
「他への支出は減らしません。税金も上げません。赤字国債も増発しません。**によって全員の手取り額を増やします」
といった発言は即座にウソだと見抜けるようになることです。要するに、経済系の「ウソ」は見抜けるようになります。学問の効能としてはこれが一番大きいと思います。

お金の面でいえば、経済学者で株で大儲けした人は、例えばケインズなんかがそうですね。
株の変動に関しては、経済学+日々のニュースで大体の方向性位は読むことができます。もっとも、単一の銘柄ということは難しいのですが。


> 3、経済学の知識がそのまま金に結びつくような方法って株を予測する以外にあるのでしょうか?

FXなんかも、そのまま結びつきますが、株みたいなものなので除外。

経済学はお金を儲ける方法を考える学問ではありません。
社会を理解するための切り口としてモノの動き(その裏側はお金の動きですが)を使っているだけです。

なので、経済学の知識、それも大学学部レベルの知識では、ほとんどお金が儲かるようにはならないでしょう。もし学部レベルで大儲けができるようになるならば、毎年大儲けができるようになる人が数万人ずつ増えていることになります。

というような合理的な推論ができるようになるのも学問の効能の一つです。こういった能力によってお金を儲けることはもちろん可能ですが、知識がお金に変わるわけではありません。


因みに、お金を儲ける方法だったら、大学の外の方がよほどに優れています。

> 1、株の変動を経済学者は予知することができるのでしょうか?

予知できる・できないという以前に、株の変動を予知するための研究を経済学はほとんどしていません。
また、予知できる人はいますが、予知結果を公表することはありません。


> 2、経済学を徹底的に学んだとしても将来を予測することができない場合、経済学は一体何のためにあるのか?経済学の果たす役割、仕事は何のためにあるのか?

経済学的に将来を予測することは可能です。

しかしながら、例えばある事件によって金利が上がりそうだとし...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q経済史を学ぶ意味って・・・

大学で経済史の講義を受けているのですが、半年間取り組んでも
何が面白くて、どう役に立つのかわかりません。
他の経済学の講義は面白いと感じますし、
経済学自体が嫌いなわけではありません。

そこで質問ですが、経済史を学ぶことには
どういった意味があるのでしょうか??

その意味が分かれば、来年初めからもう一度
経済史を勉強しようと思うのですが・・・

Aベストアンサー

全ての学問には、流れというのがあります。
その流れが、所謂「歴史」となります。
ただ、この「歴史」には二つあって、「人間が営んできた社会の歴史」と「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」です。
質問者さまがどちらの「歴史」を受講されているかで変りますが。

・「人間が営んできた社会の歴史」

こちらは、「古代ローマの経済は~」とか、「世界最初の株式会社はオランダ東インド会社」だとか、所謂、「歴史学」に所属する経済史と言えます。
「歴史学」を研究主題にしないのであれば、まぁ、教養のレベルと言っても良いかと思います。
ただ、「歴史は人類の教師である」という面もあり、「歴史に学ぶ」という意味で役に立ったりします。
ただ、「歴史学の仮面を被ったイデオロギー」には気を付ける必要があります。(全ての歴史はフィクションである、と言って良いほど客観化するのは難しいので→参考Q&A http://okwave.jp/qa3672975.html)

・「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」

こちらは、学問の流れを学ぶ意味で重要です。
例えば、「経済学」と一言で言っても色々な立場や思想・価値観が存在します。
例えば、マルクス経済学はマルクスが資本主義の問題点を明らかにした点で未だに重要性は失っていません。(マルクス→共産主義→ソ連→悪というイメージがありますが、マルクス経済学は社会主義の学問ではありません)
http://www.econ.keio.ac.jp/staff/nobu/lecture/study-guide.htm

また、ケインズ経済学の根底には19世紀に生まれた「セイの法則」と密接な関係があったりします。
このように、学問は先人が考えた論理に批判(必ずしも否定的な意味ではない)を加えて発展してきたといえます。
また、その批判にはその人が置かれていた社会的背景も影響していたりします。
(例えば、マルクスの生きた時代は資本主義(自由競争)の名のもと資本が一部の資本家に集中する時代でもあった)
その流れを大まかにでも掴むことで、学問の論理をより詳細に詳しく理解することが出来ます。

このように、学問の背景としての歴史を知ることで、よりその学問に対する理解が深まると思います。
それと、教養は思わぬところで役に立ったりします(笑)

全ての学問には、流れというのがあります。
その流れが、所謂「歴史」となります。
ただ、この「歴史」には二つあって、「人間が営んできた社会の歴史」と「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」です。
質問者さまがどちらの「歴史」を受講されているかで変りますが。

・「人間が営んできた社会の歴史」

こちらは、「古代ローマの経済は~」とか、「世界最初の株式会社はオランダ東インド会社」だとか、所謂、「歴史学」に所属する経済史と言えます。
「歴史学」を研究主題にしな...続きを読む

Q経済学が活かせる仕事とは

どうも、三流社会学系大学出身者です。

先日、就職面接にて「こんな所じゃなくて政治経済学部で勉強したことが役に立つような仕事に就いたほうがいいと思うよ」と言われて、やんわりと採用を断られました。

これからまた、就職活動を頑張らないといけないのですが・・・
ふと、疑問が湧いて来ました。

「経済学がサラリーマンの仕事の実務に役に立つのだろうか?」

経済学(ミクロ・マクロ)って、社会の仕組みを学び研究(出来れば未来を予測)する理論であって一般人が仕事に使えるのか?

経済学が直接活かせる業界・職種って何があるでしょうか?

Aベストアンサー

採用を断るためのトークでしょうから、あまり気にする必要はないと思います。

東京大学経済学部卒の友人がいますが、東大時代は「オレ、何を勉強してんだか?」みたいな愚痴もこぼしてました。
彼はその後某大手損保会社に就職して、会社のお金で米国の大学に留学してMBAを取りましたが、会社の実務になにか生かせるかと聞くと、「財務その他の書類が読めるようになったくらい」と言っています。

Q融通、機転の利く人になりたいです。

よく色々な人に「融通が利かない」「頭がかたい」「機転が利かない」などと、言われます。
言われたことはかなり真面目にきっちりとこなす方ですが(完璧主義)、「言われていないこと」「予想外のこと」に対しては、軽いパニック状態(思考停止状態)になってしまい、どうすればいいか分かりません。
どれほど「言われたことをキッチリ」仕事しても(私の中では最大限の努力)、「その時々の状況を柔軟に把握して、臨機応変に対応」できる応用力のある人の足元にも及ばぬ評価しか得られません(当然ですね)。

今現在、30代半ばですが、どのようにすれば、機転が利く(融通が利く)ようになるのでしょうか?
具体的に何をどう努力すればいいか、知りたいです。

皆さんの色々なご意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

全力疾走をしているときにどこを見てるでしょうか?まあ誰でも正面しか見てる余裕はないですよね。よそ見をしていたら全力疾走できません。しかしジョギングのようなペースなら、風景を楽しみながら走る余裕があるでしょう。
前者が質問者さん、後者が機転がきく人です。おそらく質問者さんは目の前の仕事などに全力疾走で取りかかってしまうのでしょう。だから周囲がまったく見えない。
一方、機転がきく人はゆっくりしたペースで走っているから周囲を見る余裕があるので機転がきくのです。

また、人間の脳というのは、実はまったく経験をしたことがない状況に陥るとパニックを起こすのです。これは程度の差はあれ誰でもそうです。だけど、経験をするとそこで学習して次にどう振る舞えばいいかが分かるようになります。
機転がきく人は、その経験をちゃんとタグ付けして脳の引き出しにちゃんとしまうのです。だから、次に似たような状況になると「これはあのとき経験したアレだな」と頭の棚からスッと出てくるので冷静に対処できます。
質問者さんみたいなタイプは、何か経験してもそれを頭の引き出しに無造作に放り込んでおくだけだから、経験がうまくフィードバックされないのです。

誤解を恐れずにいえば、機転がきく人は怠け者なのです。「もっと効率よく、楽にやる方法がないかなー」と考え、工夫しているのです。
質問者さんは「想定外の状況に弱い」といいますが、誰だって想定外の状況に対してはあまり強くありません。どんなに機転がきく人でも、飛行機が墜落しそうなときにどう振る舞えばいいかだなんて分からないでしょう。ではなぜ彼は想定外の状況になってもあんなにちゃんと対応できるのでしょうか。
実は、それは彼にとっては想定外ではないのです。ちゃんと事前に準備したり想定していたりするんです。機転がきく人の中では「こんなこともあろうかと思っていた」、つまり想定内の状況なんですね。

そう、つまり機転がきく人というのは「頭がいい怠け者」なんです。過去の経験をきちんと自分の中でフィードバックして「次に同じような状況になったらこう振る舞おう」というのがきちんとデータ化されていて、それがきちんと頭の棚の中で整理されていて、なにかを起こす前には事前に様々な状況について事前に頭の中でシミュレーションされているのです。
例えば東京駅から新宿駅へ向かうというときに、機転がきく人の頭の中では、中央線が一番早いけど、総武線でも行けるし、山手線も行ける。山手線なら上野から回るか、品川から回るか。他に地下鉄で行くとしたら・・・と様々なルートが提示され、その中で「中央線が一番早い」となればそのルートになるのです。だから、もし中央線が事故で止まっているとなっても、じゃあ御茶ノ水で乗り換えて総武線で行こうとか、山手線で行こうとすぐに判断ができます。
質問者さんみたいなタイプの場合は東京から新宿へは中央線。と決まったら他のルートを一切シミュレーションしなくなるので、中央線が止まったとなるとアワワとなり、そうだ、総武線に乗ればいいと気づいても総武線も一緒に止まりましたとなるとウワー、もうパニック!となるのです。
そして全力疾走していない、周囲を見渡す余裕があれば、総武線は千葉方向への電車が動いている、と気づけたらとっさにそっちの電車に乗って秋葉原へ行き、山手線に乗り換えて新宿へ向かうことができるのです。

あと機転がきく人は、中央線が止まってどうしようもなくなって失敗した後に、どうすればよかったんだろうってフィードバックをするんですよ。戻って山手線で行く方法があったねとか、四ツ谷で地下鉄に乗り換えれば行けたとか、バスに乗る手段もあったとか、そういう反省会がきちんと脳内で行われていて、じゃあ次に同じような失敗をしないようにするにはどうすればいいかというのが学習されているのです。
過去の経験がタグ付けされて引き出しにきちんと納められているというのはそういうことです。

全力疾走をしているときにどこを見てるでしょうか?まあ誰でも正面しか見てる余裕はないですよね。よそ見をしていたら全力疾走できません。しかしジョギングのようなペースなら、風景を楽しみながら走る余裕があるでしょう。
前者が質問者さん、後者が機転がきく人です。おそらく質問者さんは目の前の仕事などに全力疾走で取りかかってしまうのでしょう。だから周囲がまったく見えない。
一方、機転がきく人はゆっくりしたペースで走っているから周囲を見る余裕があるので機転がきくのです。

また、人間の脳とい...続きを読む


人気Q&Aランキング