クラスで実験を一人一つしなけければいけないのですが(エコロジーに関することで、環境と生物との関わり合いを含んだもの)土とみみずとの関わり合いについて実験をしようと思います。ここで、問題なのが、成分を調べるための道具、つまり化学薬品とかをもってないのですが、日常で使えるものの中で実験はできるのでしょうか?また、どのようにできるのでしょうか?
  あと、もしこれに代わるような実験はありますか?日常生活内の範囲で。
ちなみに、期間は2週間でできるものでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び#1hiwaです。


堆肥の品質をミミズで調べるという実験があります。
ミミズの生き死にの科学的裏付けが不充分なので、個人的には堆肥の品質評価法としては必ずしも適正な手法とは思いませんが、そのやり方を紹介します。
(1)プラカップなどに堆肥を入れる
(2)ミミズ(釣り用のシマミミズで可)5匹程度入れて、アルミホイルやビニールで蓋をする。(空気穴を開ける)
(3)室温(20℃)の暗所に静置し、1時間後及び24時間後に開封、ミミズの動態を観察する。
(4)生死、あるいは脱走、潜っているなどの動態で評価する。
あらかじめ土に異物を混ぜ込んで、上記のような方法でやられてはいかがでしょう。
当然、土と混ぜた異物の量は把握する必要があります。
また、土の水分は下限60%、上限85%程度に収めた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/04/16 15:21

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「土の中の小さな生き物を調べよう」

蛇足ですが、
http://www.jps.net/sabala/mimizu/link7.htm
(参考図書とリンク)
http://www.athome.co.jp/academy/zoology/zoo02.html
(ダーウィンが始めたミミズ研究)

ご参考まで。

参考URL:http://www.hospital.ne.jp/pg/osaka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく調べてみます。

お礼日時:2001/04/14 09:53

土とミミズの関わりについて知る上で、土の成分を分析したい…ということですよね?


としますと、堆肥の施用や生ゴミなどの投入によるアンモニアや硫化水素、有機酸、あるいは発酵熱、さらには重金属などがミミズの生存を阻害する要因と思われますが、いずれも分析にはそれなりの機材が必要ですネ。
もしslip_onさんのお宅の近くに都道府県の農業関係の出先事務所があれば、その中に「農業改良普及センター(名称は県によって違う場合がありますが)」という組織があります。そこには、土の酸度を測るpHメータや肥料分の濃さを図るECメータ、また抽出液のアンモニアや硝酸を簡易に測定するキットなどがあると思いますので、目的(農業指導)外使用になりますが、相談されてはいかがでしょう。
また別のアイデアとしては、通常の土に汚染物質、例えばジュースやおしっこ(!)などを混ぜてミミズの生存率を調べる、というのが簡単と思います。「だから土を汚してはいけない!」というふうに落とせますし。(^^)

この回答への補足

いい、アイディアです!! ところで、このジュースなどをかける実験は、それぞれの、入れ物にみみずをそれぞれに何匹かを入れて、ジュースなどをかけるだけでいいんでしょうか? また、生存率の結果はどれくらいでわかるんでしょうか?
一週間ぐらいでできますか?

補足日時:2001/04/15 06:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学実験を趣味にする

自分は化学実験(薬品を使って化学反応などを見る)が好きで、学校の授業で実験があると嬉しくてたまらないのですが、学力の問題で大学の理学部には行けません(^^;)

そこで、いっそ化学実験を趣味にしたいなと考えています。

それは可能でしょうか?
また化学実験に使う薬品を買うのに必要な資格はあるでしょうか?

家でやるには限度があると思いますが、教科書に載っている実験を主にやりたいです。

アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

化学実験、楽しいですよね。
私も好きで、科学の道に進みました。

昔、学研出版から「科学」という学習雑誌が発行されていて、簡単な実験キットが付録として付いてきました。
毎月楽しみにしていたことを思い出しました。

化学薬品はよほど特殊なものでない限り、特別な資格はいりません。
住所・氏名・捺印などが必要な物もありますが、実験に使う程度の少量ならば、簡単に買うことが出来ます。
実験を行うには薬品だけでなく、器具もそれなりに必要です。

学校で実験の基本操作等、きちんと習って、安全に行って下さい。

Q日本文化とエコロジー

今春から大学生になるものですが、タイトルのような「日本文化の観点からエコロジー、持続可能な生活を考えてゆく」という点を勉強していきたいと考えています。
しかし、まだこの分野に対して学が浅いため、何をすれば良いのかという事が全くわかりません。
そこで、何か参考になるような本などがありましたら、紹介していただきたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学入学おめでとうございます!

日本文化とエコロジーに関する、本を知りたいということですよね?
江戸の都市計画が持続可能でエコだったと、何かで耳にしたような気がして、「江戸 エコロジー」で検索してみました。

以下、参考になりそうな本です。
石川 英輔、大江戸えねるぎー事情、講談社、1993
石川 英輔、大江戸リサイクル事情、講談社、1997

以下、参考になりそうなURLです。(←にある参考文献も良さそうです)
http://www.nimc.go.jp/NIMC/board/kicho-j.html

参考文献探しは、本などにある「参考文献」からリンクして探していくと良いですよ。

Qおすすめの化学実験

中学校で、何かの化学実験をしようと思っています。
そこで、おもしろくてインパクトの強い化学実験を探しています。
皆様のおすすめの化学実験があればお教え下さい。
また、よろしければ、その実験の方法などが紹介されているサイトを紹介していただければ助かります。
暇なときでよろしいので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・指示薬を使ってアンモニアの噴水
・洗濯ノリでスライム作り
・ガラスとグリセリンで強化ガラス作り
・アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムで偽イクラ作り
・石鹸作り
・葉脈標本作り
・砂糖で粉じん爆発


なんてどうでしょう?
定番過ぎますかね・・・。

Q節水とエコロジーについて

例えば、水1リットルを節水した場合、
どれ位の、エコロジーになるのか、何方か教えて下さい。
Co2削減量・石油消費量・電力消費量 等々
対象はどれでも構わないのですが、小学生でも
理解できる位だと ありがたいのですが。
宜しくお願致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
参考URLは秋田市の例です。
http://www.city.akita.akita.jp/city/ws/wt/jigyou/sihyou/kekka.htm
Web検索してみてください。
お住まいになっている自治体において、
上水道 kWh/m3 または(質量-)CO2/m3
下水道 kWh/m3 または(質量-)CO2/m3
(質量-)はt(トン)であったり、kg(キロ)であったり、g(グラム)であったり様々と思います。
ちなみに、これらは原単位と呼ばれます。
kWhは電気の使用量を表すもので、1m3の水を処理するのに必要な電気の量です。
処理場毎にことなりますので、一般論でしたら平均値を探してください。

参考URL:http://www.city.akita.akita.jp/city/ws/wt/jigyou/sihyou/kekka.htm

Q化学科の実験について… 大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか? (腎臓とか

化学科の実験について…
大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか?
(腎臓とか肝臓)
また何らかの影響が出た方はいますか?

Aベストアンサー

非常にありますね!
SDSというものが、化学製品、薬品には添付されています。
急性毒性、眼刺激性、皮膚刺激性、生殖毒性、生殖細胞変異原性、発癌性などが記載されています。
これらを読んで、ゴーグル、不浸透性手袋、マスク、白衣や作業着を着て、法定吸引風速以上のドラフト内で作業して下さい。
また、実験室は作業環境測定を行い、ジクロロメタンなどの特定化学物質は記録を30年間保管しなくてはいけません。
大学は企業に比べて安全衛生管理がルーズです。自分の体は自分で守って下さいね。有機化学系は特によくないです。

Q科学的なエコロジー実践

学校でエコについてレポートを書くという宿題が出されたのですが、
その中の「科学的なエコロジーの取り組み」というのがあるのですが、
科学的なエコロジーの取り組みって具体的にどのようなものか分かりません。
エコについて詳しい人科学的なエコロジーの取り組みというのは具体的にどういった物か教えてもらえませんか?
また学校が始まるのも近いので出来るだけ早めにお願いします。

Aベストアンサー

昔仕事でエコ関連やってました。

今の段階で具体的なイメージができなくて、かつ提出が近いのなら先行きは暗いので、別のテーマにした方がいいと思います。

ただし、宿題は有害物質の排出量を減らすか、排出した有害物質分を相殺するかを考えれば何とかなると思います。
(ほか、化石燃料の使用量削減や代替燃料の使用等もありますが)

どんなテーマにしても、それなりに科学に関連すると思うんですが、どうでしょう。

Q大学、または企業で化学系の実験をなさったことのある方、お願いいたします。

 こんにちは。私は化学系の実験をしている大学理系のものです。そして、今度就職する企業も化学系の仕事をする予定です。
 質問の内容は、皆さんの所属していらっしゃる研究室、ないしは企業では化学実験で自分の使用した器具を自分で洗うのですか?と言うことです。
 私の今通っている大学(地方国立)では。化学の実験をした後、実験の使用器具を自分で洗います。私の大学では、大半がそうなのですが、例外があります。それは、寒冷バイオの研究室で、そこは国の機関みたいなものであるため、使用した実験器具を洗う人をパートで雇っているそうです。また、今の担当教官は、某大企業に勤めていた際も、使用した実験器具の洗浄はパートの人を雇っているそうです。そこで、このような疑問が浮かびました。

 長々とした文章ですが、お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私の所では自分の使用したものは自分で洗浄し乾燥していました。

企業の規模とトップの考え方で決まると思います。
そんな雑用をするくらいなら本来の業務に時間を使えという考えもありうるとおもいます。

私が見学した某大企業の実験室ではガラス細工の専門家がいて、設計図を渡せば望む装置を自在に作って提供していました。 うらやましかったです。

自分の使用する器具は自分が責任を持てという考え方もあるでしょう。
それに器具の使用目的により特殊な洗浄法を必要としたり一定の基準にあう必要がある場合などさまざまです。

最近のパートに任せるという話は考えたこともありません。 
化学実験は厳密さが必要なものです。 最新の注意を払うのが普通と思います。

Qみみず

   前に質問を投稿したんですが、それの補足で、なんで多くのみみずは草の根の近くで発見されるんでしょう。何か草に利益になるようなことがあるのでしょうか?

前回の質問:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=69817

Aベストアンサー

みみずは、土中の有機物を食べますので、草の根のまわりはそれが一番豊富なところでしょう。
草にとっては、ミミズが排泄したふんは栄養になります。有機物にも大小あって、植物が吸収できるような小さい分子になるまで、細菌によって分解されるより、小動物が分解(といっても、腸内細菌が分解しているのですが)したほうが物質循環のサイクルが早くなります。

あと、草の下は湿度もあって、直射日光のあたるところより温度差もなくて、地面の下も快適なのでしょう。

Q一般人・学生向けに化学実験の技術講習会を行っているところはあるのでしょうか?

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょうか?

講義といった座学ではなく、実習形式の講習会を希望しています。僕が調べたところでは、学会が行う講習会、大学の公開講座、独立行政法人雇用・能力開発機構(学生が受講できるか分かりませんが)などのセミナーがありますが、いずれも不定期であったり、化学系の講座がなかったりします。化学実験の講習会は少ないようです。かろうじて、日本分析化学学会が開催しているセミナーが僕の求めているものと一番一致するのですが、頻度が数ヶ月に一度なので、短期間で技術を見につけるには足りません。

僕自身、機会があればどんどん講習会や実習に出向いて技術を向上させたいと思っているので、そのような場をご存知の方がいましたら、是非教えていただけば幸いです。

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

分析などの実験をされるようですが、まずは「実験器具の洗い方」から入ります。

試験管などの洗い方です。
料理のお皿を洗うのとは次元が違いますので、上手く洗えてない実験器具は実験失敗の元に繋がります。

これを練習してマスターするのに軽く数時間はかかります。
これが出来ないと実験まで進めません。

まずは先輩などに教わることは出来ないのでしょうか?

Q電気毛布と湯たんぽ、どちらがエコロジー?

電気毛布と湯たんぽのどちらを使うかで迷っています。電気毛布を一晩(8時間として)使うときの電気代と、湯たんぽ(容量2.7リットルとして)用の湯をわかすときのガス代と、どちらが高くつくのでしょうか?また、どちらが環境負荷が低いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

料金の詳細は分からないのですが、おそらくガス代が安いと思います。
ほとんどの電気は、火力発電所と原子力発電所で作られています。
いづれの発電方法も、燃料の発熱で高温の水蒸気を作りタービンを回して発電します。いったん温度を上げてから電気に変換するために、電気の生産効率は約30%程度です。
つまり電気毛布は、もともと燃料の持っているエネルギーの30%程度しか発熱できません。
それに対してガスは直接加熱しますので、効率は80%くらい?でしょうか。
燃料の値段が同じくらいだと考えると、ガス代の方が安いと思います。
>どちらが環境負荷が低いでしょうか。
CO2排出量の事で良いですか。燃料の使用量が少ないガスの方が少ないと思います。
細かいことを言うと、原発はCO2を出しませんが火発は出します。火発の発生量は燃料(石炭・重油)によって違います。ガスもまた発生量が違います。

以上で書いた事は「だいたいそう思う」程度の事です。参考になればうれしいです。


人気Q&Aランキング