ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

自転車に乗っている時に自動車に接触しました。
警察も呼びましたが、加害者の誠意も伝わり、物損事故扱いにしました。
交渉は当事者同士でしました。
(保険会社の人が、「自賠責の範囲内なので当事者同士で話し合ってもいい」と言ったそうです)

病院は、家から徒歩・自転車・タクシーでしか通えなく、足の捻挫だったので、しばらくはタクシーで、自転車に乗れるようになってからは雨の日だけタクシーを使用しました。

怪我の通院も終わり、示談書を交わしました。
治療費・交通費・慰謝料・主婦休業補償、です。
加害者が私に先に支払い、加害者が保険会社に請求する、という形が簡単で早いと言われ、示談書にサインし、加害者から全額を貰いました。

ところが後日、加害者から連絡があり、「保険会社が全額は通らないと言ってる、その場合は返金っして欲しい」と。
保険会社が言うには、「今は調査中で、交通費の1部と慰謝料が減額になるかもしれない」と。

加害者は、保険会社の人に金額の相談をした時、「たぶん通るだろう」との言葉を信じ、示談書を作成したようです。
私は、そんな事とは知らず、保険会社のOKがあった金額だと思っていました。
示談を交わすのですから。

示談を交わした後で、金額を変更した欲しいっていうのは、通るのでしょうか。
私は返金しないといけないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 示談という行為は、民事上の和解契約行為に該当します。


 そして、示談を締結することは損害賠償の価格を決定することで、示談の内容について加害者側が保険会社等に相談した結果として提示されたいるのですから、民事上の和解契約行為は正当に締結されたと解してかまいません。
 このケースの場合は、被害者側が加害者側に対して、提示内容を増額するよう強要したり、詐欺的な行為を用いたという事実が認められず、民法上の錯誤に該当する危険性はきわめて低いと考えられます。
 保険会社がどのような権限を持って加害者に情報提供を行ったのかは不明ですが、少なくとも被害者側には責められるべき事由が存在しません。
 一般に、自賠責保険で認定される損害費目や算定額は、上限額の規定や厳格な証明が求められる等、裁判所等で認定される金額とまったく同一ではありません。
 自賠責保険で認定されない部分も、裁判上の損害賠償として認定されることは多々存在しています。
 適切な損害賠償額と、自賠責保険の算定額がまったく同一の内容とは限らないのであって、自賠責保険でだめだといわれたという理由だけで、錯誤の評価はできません。
 保険会社のアドバイスを受けながら提示された賠償額であるなら、むしろ正当な意思決定がなされたと評価すべきで、自賠責保険で認められないからという理由だけで、示談内容を変更すべき義務もありません。
 それこそ自賠責保険で終わらせようという加害者側のわがままに過ぎず、加害者側が、不当な示談であったということを法的に立証しない限り、和解契約上の当事者である加害者との示談締結行為は法的にも有効です。
 示談は、本来、損害賠償の当事者間で行われるべきもので、保険会社と示談を締結しなければならないという考え方は誤りです。

 受け取った賠償金は、一切返金する必要はありません。
 ちなみに、足・腰の怪我で公共の交通機関を利用しなければならない状態にある場合は、公共交通機関を利用して通院できるようになるまでの間、タクシー代は認定されます。
 ただし、タクシー領収書は必要ですし、通院以外のタクシー代は請求できません。
 ただし、当事者間での合意がある以上、保険適用になるならないにかかわらず、示談は有効です。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

もし、調査の結果、保険会社が全額を認めないのなら加害者が自腹を切るしかないのですね。
加害者には悪いですが、しょうがないですよね。

いったん貰った物を返すのって、なんだか納得いかなくて。

お礼日時:2010/12/06 19:09

加害者の保険会社が保険金として支払えない(=賠償金に該当しない)といっているのは、おそらくタクシー代でしょう。

症状等からタクシー利用がやむを得ないと判断される場合を除き、タクシー代は通院交通費として認定されません。

しかし、裁判上認められない損害が含まれていたとしても、加害者と被害者が自由意思により示談書を取り交わしており、和解契約の成立要件は満たしていますので、質問者様としては返金には応じられないと拒否して差し支えありません。

ただ、加害者は示談書に記載した賠償額が、本来自分に賠償責任がある額(=保険会社が賠償金として支払う額)と錯誤していたわけですから、加害者が和解契約の要素について錯誤があるとして、契約の無効を主張した場合、裁判所は無効を認める可能性はあります。
無効とは、契約時点(示談書を取り交わす時点)にさかのぼって、契約(示談)そのものがなかったということですから、裁判所が無効を認めた場合、すでに受け取っている示談金は不当利得となり、年5%の利息を付けて返還しなければなりません。

よって、相手が錯誤による示談の無効を主張してきた場合には応じた方がよさそうでが、単に「保険会社から一部が支払われないから、払い過ぎの分を返金して」という申し出は無効の主張ではありませんから、拒否してかまいません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

タクシー代が通らない場合があるんですね。
どう考えても捻挫した足では歩けない距離なんですが。
タクシー代は慰謝料などから自分で支払え、って事なんですかね。

とりあえず最初は、返金には応じられないと拒否してみます。
で、示談の無効や裁判という話になってから返金に応じばいいのですね。

決して大金が欲しい訳ではなく、この金額だから納得して示談したのに、後から返金と言われるのが、納得出来なくて・・・。

お礼日時:2010/12/02 15:38

示談が済んでもその効力が絶対とはならない場合もあります。

例えば、事故との因果関係が明確な症状が示談後に発覚した場合などです。この場合などは示談内容の全部又は一部は無効になります。
あなたの場合は当事者間には強要も錯誤も存在しない、まさに当事者双方が示談内容を理解し承知した結果ですので、有効となると考えられます。相手がどこからあなたに支払う賠償金を調達しようが、あなたには関係ありません。保険会社ではなく親や親戚に借りて支払う場合もあるでしょうが、これしか借りられなかったから示談の金額を変更したいなんて通用しませんね。
こんなことで示談書が無効になったら、示談の意味がありません。
それと保険会社と相手の関係もよく分かりませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も加害者も、ケーキを食べながら穏やかに示談しました(笑)。

私が返金に応じなかった場合、加害者の自己負担となってしまうのでしょうか。
誠意ある加害者だったので、それも可哀相とも思ってしまいます。
まあ、フライングした加害者自身の責任でしょうが・・・。

事故を起こした時に加害者が保険会社に連絡したら、自賠責の保険を使うので自分で交渉してもいい、と言われたそうなんです。
私は、事故の当事者同士は交渉しないと思っていたので、びっくりしましたが。

お礼日時:2010/12/02 15:44

そもそも支払いを含む示談書は被害者の貴方と保険会社で交わすもの。



加害者が保険会社に任せずに「(見込みで)勝手に支払った」のだから、保険会社の査定と食い違っていても貴方は返金に応じる必要は有りません。

保険会社を通さずに「勝手に示談」したので加害者には保険会社の補償は受けられないかも知れません。
まぁそれはコチラの知ったこっちゃ無いのですがww

逆に考えれば加害者との示談金より保険会社の補償の方が高かったとも考えられますが、加害者との間に示談書を交わしているのでそれに従うまでです。

返金を求めてきたら「示談は済んでおりますので解決済みです」で良いです。
加害者が保険会社の使い方を間違えただけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですよね、事故って保険会社と被害者が交渉するものですよね。
それが保険会社の仕事ですよね。

自賠責保険だと、1日の慰謝料や主婦休業補償の金額は決まっているようなので、保険会社との交渉の方が金額が高いという事は、なさそうです。
満額でサインしましたから。

お金が欲しくて事故を起こしたわけではありませんから、こじれずに、お互いいい気持ち(?)で和解したかったので、保険会社の調査がうまく行くように祈っています。

お礼日時:2010/12/02 15:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q示談は撤回できないと弁護士に言われました。

何日か前に、示談は撤回できるか、このサイトで質問したところ、弁護士の腹一つであると、お答えいただきました。

私の雇っている弁護士さんに、示談を撤回して裁判にしてほしいと申したところ,それはできないといわれました。電話で示談でやってくださいと私が申したからです。サインはしていません。

弁護士さんは示談額からして裁判にした方がよいと何度もアドヴァイスくれていたのですが、その当時、痛みが気にならない程度になっていたので、示談でいいとはっきりと申しました。

しかし、数日後、寒さのせいか被害を被ったところが、痛み出しまして、色々辛いことを思い出しまして、裁判に持って行ってほしいと思ったわけです。今は半ばあきらめていますが、気持ちは釈然としません。

迷った挙句、示談と意志表示した私の甘さ、人の良さを反省しています。

示談と意志表示した4日後に示談撤回の電話をしたら、駄目だと言われました。諦めきれないのでその2日後に再び、示談撤回の要請をしたら、もう先方から示談の書類が来ています。駄目ですと言われました。

私はこの弁護士さんは信頼できるとおもっていたのですが・・・。

法律では、こんなものなんでしようか。

しぶしぶ同意書にサインするしかないのでしょうか。

何日か前に、示談は撤回できるか、このサイトで質問したところ、弁護士の腹一つであると、お答えいただきました。

私の雇っている弁護士さんに、示談を撤回して裁判にしてほしいと申したところ,それはできないといわれました。電話で示談でやってくださいと私が申したからです。サインはしていません。

弁護士さんは示談額からして裁判にした方がよいと何度もアドヴァイスくれていたのですが、その当時、痛みが気にならない程度になっていたので、示談でいいとはっきりと申しました。

しかし、数日後、寒さのせ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、示談は和解契約だから、書面にする必要もなく、あなたのサインは必要ありません。
なぜ、書面にするかというと、後で、話が違うという人がいるからです。

では、絶対覆すことができないかというと、契約当時予想できなかった後遺症が出現したときは、その部分につき錯誤があったので一部無効といえます。
通常プロが作成する示談書には、この予期しない後遺症については、後日話し合いの余地があることが記載されています。
現時点で、和解を反故にすることは、弁護士として信頼を失います。
回答者の中には、裁判はできるという人もいますが、それは素人考えです。
裁判しても、特に利益が見込めないなら、裁判しないのが誠実な弁護士です。
大人なら、自分の言動に責任を持たなければなりません。
ほかの弁護士に依頼すれば、裁判を受ける人もいるでしょう。着手金欲しさに。

Q法的文書(示談書)について教えて下さい。

いろいろな法律文書がありますが、示談書について教えて下さい。
記入する箇所は僅かなのですが、素朴な疑問を感じましたので質問致しました。お教えいただきたいと思います。

Q1示談書の捺印の欄ですが、これは三文判の印鑑でも法的な効力をなすのでしょうか?それとも実印でなければいけないのでしょうか?

Q2示談書に示談書記載日という欄がありますが、この示談書記載日を
間違えて記入した場合、「無効」つまり、法的な効力をなす文書とはみなされないのでしょうか?

Q3同じく示談書に住所を書く欄がありますが、こちらもやはり誤った住所(例えば引っ越してくる前の住所)等を書いてしまった場合、法律上無効の文書ということになってしまうのでしょうか?

ご指導の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

示談書は法律文書でも法的な文書でもありません。あくまで私的な文書に過ぎません。


>Q1示談書の捺印の欄ですが、これは三文判の印鑑でも法的な効力をなすのでしょうか?
法的な特別な効力はそもそもないので何でもかまいません。三文判でも実印でも。

実印を押して印鑑証明を添付(これがなければ意味無し)することでより間違いなく本人が署名したという証にはなりますけど。


>Q2示談書に示談書記載日という欄がありますが、この示談書記載日を間違えて記入した場合、「無効」つまり、法的な効力をなす文書とはみなされないのでしょうか?

いいえ、これもまた法的な効力は関係ない話ですけど、記載日が間違えていた場合に問題となるのかどうかはその後その示談内容その他関係することで議論を呼ぶ可能性はあるものの、それだけのことです。

>Q3同じく示談書に住所を書く欄がありますが、こちらもやはり誤った住所(例えば引っ越してくる前の住所)等を書いてしまった場合、法律上無効の文書ということになってしまうのでしょうか?

法律上のことは関係ないし、間違ってもそれは本人が特定できるのであれば通常問題にはなりません。
何か住所がその示談の成立有無にかかわるような話であれば、問題となるかもしれませんが。

示談書は法律文書でも法的な文書でもありません。あくまで私的な文書に過ぎません。


>Q1示談書の捺印の欄ですが、これは三文判の印鑑でも法的な効力をなすのでしょうか?
法的な特別な効力はそもそもないので何でもかまいません。三文判でも実印でも。

実印を押して印鑑証明を添付(これがなければ意味無し)することでより間違いなく本人が署名したという証にはなりますけど。


>Q2示談書に示談書記載日という欄がありますが、この示談書記載日を間違えて記入した場合、「無効」つまり、法的な...続きを読む

Q物損の示談書の書き方について教えてください

こちらでお世話になっている者です。相手の車の修理費についてはこちらで全額支払うこととし、相手の車は相手が選んだ修理工場に相手が依頼し、私宛に見積請求書を工場から送ることになっており、今日配達記録郵便でとどきました。現在相手はその修理工場からの代車を使っています。流れとしては私が修理代金を工場に支払い、工場側が支払いを確認して修理に取りかかります。(私の方が自賠責のみ加入だったため)
請求書の内容は修理完了予定日は17年6月30日となっていました。私は今度の土曜日には支払うことにしていますが、物損についてはこれで決着をつけたいので、物損の示談書を相手と取り交わそうと考えています。そこで示談内容の文言についてですがどういう表現が適切かお聞きしたいのです。
私が考えたのが
甲(相手)の所有する(車のナンバー)車両についてのO年O月O日の事故に係る損害についてはX年X月
X日の支払日以後、甲は乙(私)に対し金銭等の要求は一切しないものとする。
O年O月O日(支払日)
            甲(相手署名押印)
            乙(私署名押印)
これを取り交わした上で工場に支払いに行こうと思うのですがどう思われますか?
何か文言に落ち度があると思われますか?

こちらでお世話になっている者です。相手の車の修理費についてはこちらで全額支払うこととし、相手の車は相手が選んだ修理工場に相手が依頼し、私宛に見積請求書を工場から送ることになっており、今日配達記録郵便でとどきました。現在相手はその修理工場からの代車を使っています。流れとしては私が修理代金を工場に支払い、工場側が支払いを確認して修理に取りかかります。(私の方が自賠責のみ加入だったため)
請求書の内容は修理完了予定日は17年6月30日となっていました。私は今度の土曜日には支払う...続きを読む

Aベストアンサー

示談書よりも、免責証書の方が簡単で良いと思います。

書き方は、
○月○日○○時○○分、○○県○○市○○先路上にて、甲:加害者(あなた)が乙:被害者車両に与えた損害○○円+修理期間代車料○○円の損害に対し、甲が乙指定の修理工場口座に入金を以て以降の損害賠償の責を免れる。

以下、相手に記入してもらう項目
平成○○年○○月○○日
乙:○○○○印

示談書だと双方の署名捺印が必要で、複数枚作成しなければなりませんが、免責証書ですと相手が署名捺印するだけで1枚で済みます。

Q示談書の効力について教えて下さい。

示談書の効力について教えて下さい。示談とは相互了解のもとに交わされる契約だと聞きました。ところで、こういう場合どうなるのでしょうか?AさんがBさんに怪我をさせた為、お金を払わなければならなくなり、最終的にBさんに示談書を送ったのですが、Bさんが知らないところで、家族C(仮に母のCとします。)が勝手に署名捺印をしてAさんに送ってしまった。
↑ここで、CがBさんとは全くの無関係の人間だったとしたらおそらく無効となると思うのですが、Cが家族や身近な人間だったとしたらどうなるのでしょうか?Bさんは成人であるという条件でお願いします。

さらに、Bさんから送付されてきた示談書を見て「了解得られたもの」と判断したAさんはBさんに既にお金を払ってしまったという場合はどうなるのでしょうか?やはり示談は無効ということでやり直しなのでしょうか?

Aベストアンサー

当事者間で作成する示談書は、仰る通りで一種の和解契約といえます。

民法 第六百九十五条
 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、
 その効力を生ずる。

質問の場合の処理として二つのパターンが考えられます。

パターン1)

質問の例では、Aさんに、示談書の契約成立に関して、錯誤があります。
つまりAさんは、Cさんがした署名捺印をBさんがしたものと思い違いをしておりそれに気づいて
いない状態です。
このような法律行為(契約)の意思表示は、無効となります。

民法 第九十五条
 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失
 があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

これにおいて、Cさんの地位(家族、知り合い等)は関係ありません。AさんがBさんが署名捺印し
たものと受け取ってしまっていれば、それが錯誤となります。

従って、この和解契約自体は、無効です。

そして、仮に示談書の署名捺印から和解契約が成立したと信じ示談金の支払いをしてしまった場合
支払の根拠となる和解契約が無効ですから、Aさんに支払義務はありません。
Bさんは法律上の原因無く他人の財産を受け取った事になり不当利得ですので返還義務を負います。

民法 第七百三条
 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者
 (以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還す
 る義務を負う。


パターン2)

Cさんの行為は、「勝手に」ということから、Bさんから代理権を授与されていない無権代理であり、

民法 第百十三条
1 代理権を有しない者が他人の代理人としてした契約は、本人がその追認をしなければ、本人に
  対してその効力を生じない。
2 追認又はその拒絶は、相手方に対してしなければ、その相手方に対抗することができない。
  ただし、相手方がその事実を知ったときは、この限りでない。

BさんがCさんの無権代理行為の拒絶をAさんにするか、Aさんがそれを知る事ができる状況に
ならなければ、Aさんの「Bさんが署名捺印した」という認識を覆す事はできません。
もしくは、BさんがCさんの無権代理行為を追認するかです。

従って、Aさんにとっては、いずれにしろ「Bさんが署名捺印した」という認識状態が続きます。

そして、追認も拒絶もされない状態で無権代理であるとAさんが知れば、

民法 第百十五条
 代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる。
 ただし、契約の時において代理権を有しないことを相手方が知っていたときは、この限りでない。

により契約を取消す事ができます。従って、和解契約自体が成立していない状態に戻ります。
この時は、Aさんは和解契約の取消しを行うので、示談金の支払を行う事はあり得ません。

当事者間で作成する示談書は、仰る通りで一種の和解契約といえます。

民法 第六百九十五条
 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、
 その効力を生ずる。

質問の場合の処理として二つのパターンが考えられます。

パターン1)

質問の例では、Aさんに、示談書の契約成立に関して、錯誤があります。
つまりAさんは、Cさんがした署名捺印をBさんがしたものと思い違いをしておりそれに気づいて
いない状態です。
このような法律行為(契約)...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q交通事故の示談終了後の相手からのお金の請求について

どうも、初めまして。SINといいます。

タイトルにもありますが、
「交通事故の示談終了後の相手からのお金の請求について」
は犯罪行為と聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか?

もし、犯罪だとしたら警察などに相談すればいいのでしょうか?

皆様の知恵をかしてください。

この質問の経緯についてですが、
友達が事故を起こし、相手にかまをほってしまいました。
ちなみにバイクどうしです。
それで、最近になって示談の話がつきそうだと
いう話しを保険屋さんか聞いたらしいのですが、
その時に修理代などの足らないお金は
その友達に請求するようなことを言っていたらしいのです。

そこで、示談が成立した後に請求がきたらどうしよう?と
僕に相談があったのですが、
なにぶん僕も法律のどは何も知らない素人なので
ここで質問させていただきました。

Aベストアンサー

示談が成立したら物損事故であれば請求する権利は消滅していますので
請求があっても相手にしないことです。
万が一請求があった場合はご自分の保険会社に相談されたほうが良いと思います。

人身事故の場合には示談が成立しても
後遺障害については請求する権利があります。

上記のいずれのことは示談書に明記されています。

犯罪云々については
請求するだけでしたら犯罪にならないと思いますが、
嫌がらせなどであればそれなりの刑罰を与えることができるかもしれません。

Q物損事故の示談成立後について(加害者側)

当方が加害者側の物損事故で相手側と示談成立後被害

者側から体の不調を訴えてきた場合、賠償金は支払わ

なくてはいけないのでしょうか?また、その場合は事

故当時契約していた任意保険の補償の適用は受けれる

でしょうか?また、物損事故の示談において損害保険

会社が相手側に提示した条件と、おりあわず示談が成

立せず、裁判になり敗訴し保険会社が当初提示してい

た金額より多く支払義務が生じた場合、保険会社は上

乗せ分を相手側にしはらってもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、身体に関わる損害についてですが、賠償責任を負う場合というのは医師によりその症状・障害と事故との間に「相当因果関係がある」と診断された場合のみです。医師の診断、つまりこれを医学的他覚所見といいますが、保険の取り扱いにとどまらず、全ての法律上の賠償責任はこの医学的他覚所見がない限り求めることはできません。
 一方、本人が症状を訴えるだけのものを自覚症状といいますが、これだけでは因果関係まで挙証することは事実上不可能な上、法律上何ら賠償責任を負いません。

 次に、保険での取り扱いですが、これは法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を補償してもらうわけですから、基本的に当事者間で話し合いが決裂して最終的に司法判断に頼ったとしても、そこでの判決が法律上の賠償責任にあたりますから結果的に保険会社が全額負担します。
 したがって、人身と物損とを問わず、ここに当初の話し合いや提示金額との「差額」とか「上乗せ」という概念は存在しません。

 ただし、自動車保険で注意しなくてはならない点がいくつかあります。
 まずは、なるべく早い時点で警察への届け出を「物損」から「人身」に切り替えてもらう必要があります。これは、当事者が一緒に、あるいは別々であっても警察署へ出向いて必ず手続きしなければなりません。その際に、相手が受診した病院から診断書を予め取りつけておき、警察署へ提出する必要があります(後日でもよい場合あり)。これをしないと、事故証明書は人身事故として発行されないので、保険会社は人身にかかわる保険金を支払えません。できるだけ被害者に都合をつけてもらい、早期に警察署へ同行して人身に切り替えてもらうよう説得して下さい。
 そして、同時に保険会社へも人身について損害が発生していることを伝えておく必要があります。保険会社は事故と治療内容の因果関係を調査するためにも、被害者に医療照会同意書を取り付けたりする準備がありますから、連絡を怠っては保険金支払いに支障をきたします。

 余談ですが、物損の示談が有効に成立していても、人身についてはそれを別個に取り扱うことになりますから、人身については人身の損害について改めて交渉を進めて(実際には保険会社が交渉にあたると思いますが)示談を成立される必要があります。
 尚、人身に関する示談が既に成立した後であっても再び後遺障害などで賠償請求された際は、医学的他覚所見つまり医師による診断書に基づく因果関係の証明さえあれば賠償義務が発生しますので、そのときは改めて保険会社へ連絡し、保険金によって支払いを受けることができます。

 まず、身体に関わる損害についてですが、賠償責任を負う場合というのは医師によりその症状・障害と事故との間に「相当因果関係がある」と診断された場合のみです。医師の診断、つまりこれを医学的他覚所見といいますが、保険の取り扱いにとどまらず、全ての法律上の賠償責任はこの医学的他覚所見がない限り求めることはできません。
 一方、本人が症状を訴えるだけのものを自覚症状といいますが、これだけでは因果関係まで挙証することは事実上不可能な上、法律上何ら賠償責任を負いません。

 次に、保険...続きを読む

Q専業主婦です。休業補償について教えてください。

先日、追突事故に合い、ムチ打ちの為通院中です。
家事の方は、指に痛みがあるため不自由はしていますが、普通にできていると思います。
この場合は、休業補償はでませんか?
例えば、会社員が早退して通院した場合、賃金の一部は補償されるんですよね。
ということは、通院のために家事の時間を削られるのだから、同じかなと思うのですが、どうでしょう?
自賠責での補償で教えてください。

Aベストアンサー

 ご質問にお答え致します。自賠責保険ではとのことですので、自賠内での回答を致します。入院でも通院でも実日数が対象に成ります。 例えば治療実日数が30日であれば30日×5,700円です、治療内容を斟酌する事は自賠責保険では有りません。ついでに慰謝料は実日数の2倍と総治療期間を比べて少ない方に4,200円を掛けた金額に成りますが、慰謝料も自賠責保険では治療内容で変る事はありません。
前回でも回答させていただきましたが総額で自賠責保険の傷害の限度額120万円を超えますと、任意保険になり計算方法が変りますので念の為書き添えます。

Q交通事故ムチ打ち:病院の治療に疑問

4月上旬に自動車事故に遭いました。
頚椎捻挫をして現在も通院中ですが、
一向に症状が改善しません。
我慢できないほどではないし、生活に支障をきたすほどでもないのですが、
昼過ぎぐらいから首の張り感、頭痛が起こります。

通院は、最初に救急車で運ばれたかなり大きな総合病院に通っています。
治療内容は、最初に首のレントゲンをとって以上なしを確認して、後は痛み止めを処方されるだけです。
週に1度通っていますが、医師から「どうですか?」と聞かれ
まだ張りと頭痛ある旨を伝え、痛み止めを処方され
終わりです。
痛み止め以外に治療はないのか?と聞くと
ないと言われました。お風呂でよく温まってね、としか言われません。

ムチ打ちに完治なし、とは知っていますが
このまま意義を感じないダラダラ治療を続けていても
無意味に思えますし
病院もバス二本乗り継ぎで遠いので
近所の病院に変えたいのですが
保険会社が「医師の判断がないと転院は不可」と
言っています。
針・整体等の治療の指示をこの医師が出してくれそうにもありません。
(私の立場は100%被害者です)

ムチ打ちに遭われた方は病院でどのような治療をされていますか?

4月上旬に自動車事故に遭いました。
頚椎捻挫をして現在も通院中ですが、
一向に症状が改善しません。
我慢できないほどではないし、生活に支障をきたすほどでもないのですが、
昼過ぎぐらいから首の張り感、頭痛が起こります。

通院は、最初に救急車で運ばれたかなり大きな総合病院に通っています。
治療内容は、最初に首のレントゲンをとって以上なしを確認して、後は痛み止めを処方されるだけです。
週に1度通っていますが、医師から「どうですか?」と聞かれ
まだ張りと頭痛ある旨を伝え、痛み止...続きを読む

Aベストアンサー

私もつい最近までムチ打ちで病院に通っていました。3ヶ月程通いました。私の通った病院ではリハビリ科があったので、週に一回の整形の医師の診断(殆んど意味なし。薬を出して終わり。診察時間3分)とリハビリ科で週に2-3回リハビリしていました。リハビリの内容は始めのうちはアイスパックで冷やしながら電気治療とマッサージ、炎症が収まってからはライザーという治療器(副神経を刺激するらしい)とキセノ治療器(カメラのフラッシュ見たいのが光って温める患部を温める)、ストレッチ器具を使ったストレッチ、なぜか自転車(エアロバイク)漕ぎ、そして理学療法士によるマッサージ20分程、トータルで1時間コースをこなしました。その結果頭痛、首の痛み、腰の痛みはよくなりました。でも良くなったと感じるまでに一ヶ月半ぐらいは掛かりましたよ。

質問者さんの通われてる病院は総合病院なのでリハビリ科はあると思うので、リハビリを受けたいのですがと先生に言ってみてはいかがですか?

週一度の診断だけだと、患部の痛みをついついかばってしまって患部以外の関節が痛くなったりするそうです。また患部の周りの筋肉も硬くなったしまうので
じっとしていても無駄に時間が流れるだけだと思います。

私はきちんとしたリハビリ施設がある整形外科病院への転院を進めます。出来れば自宅側の(週に2-3回通うと通院が辛くなるので)。

私の友人も以前にムチ打ちで転院するときに同じように「医師の判断が無いと転任不可」と言われたそうですが、相手の保険会社の本社のお客様相談センターみたいなところに事情を説明したらすぐに許可が下りたらしいです。

バスを乗り継いで病院に通ってるとのことですが、タクシーで通われた方が良いのではないでしょうか?
レシートがあれば後で請求出来ますよ。バスで辛い思いをして通うより良いと思いますよ。相手の保険会社に「病院が遠くってバスだと辛いのでタクシーで通っても良いですか、近場の病院に転院出来ないので仕方が無いと思いますが・・・」と電話して聞いてください。意外と転院を認めたりして。

私もつい最近までムチ打ちで病院に通っていました。3ヶ月程通いました。私の通った病院ではリハビリ科があったので、週に一回の整形の医師の診断(殆んど意味なし。薬を出して終わり。診察時間3分)とリハビリ科で週に2-3回リハビリしていました。リハビリの内容は始めのうちはアイスパックで冷やしながら電気治療とマッサージ、炎症が収まってからはライザーという治療器(副神経を刺激するらしい)とキセノ治療器(カメラのフラッシュ見たいのが光って温める患部を温める)、ストレッチ器具を使ったストレ...続きを読む


人気Q&Aランキング