ミニチュアダックスフンド(雌)で9歳です。

4歳から5歳の頃、胴部の一箇所にシコリが出来、9歳の現在には、そのシコリが大きくなり、皮がむけてしまい、鮮血まみれの傷跡が目立ちます。
いつも患部に舐めまわしているようで、どうやら、かゆいようです。

シコリは直径6-7cm程度あって、高さは3-4cm程度あって、このまま大きくなれば歩行する度に傷口が広がると思います。

以前(4歳の頃から)から何度も獣医に診てもらっていますが、「手術できません」と言われます。
手術できない原因は体重が重いからだそうです。現在の体重は11kgです。ミニチュアダックスフンドは本来4-5kg程度のようですが、どうやらシコリがあるため、散歩させてあげられることもできなくなりました。

服を着させてあげる等や他の獣医にセカンドオピニオンしてもらう等の解決方法しか思いつきませんが、他に良い解決方法がありましたら、教えてください。

また、シコリはさらに大きくなるとどうなるのか、手術はできるか、そういう経験をしてきた方は詳しく教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私はミニチュアダックスのような胴長系の犬を飼ったことが無いのでわからないのですが、体重が重いから手術できないなんてことがあるのでしょうか。

。。?胴が長くて太っていると何か問題が起こるのでしょうか。。。?よく脂肪が多いと手術も大きくなると言いますが。。。我が家にもかなり太目の大型犬の女の子がいます。ダイエットもちゃんとしてるし、お散歩も毎日しているのですが、本当にお水を飲んでも太ってしまう対質なようです。体にかなりの脂肪がありますが、何度も手術をしています。手術をしないと言うことは、せめてそのしこりが良性かどうかの検査はしていると思うのですが、大きくなってきている場合、通常獣医さんは手術しましょう、と言うのが一般的です。しこりによっては大きくなるに連れて悪性になるものもあります。私が現在飼っている前述した太目の女の子と、以前飼っていた大型犬がすごく腫瘍ができやすい体質で、以前飼っていた犬のほうは腫瘍の全てが良性だったので取らないものもありました。殆ど経過観察でしたが、大きくなってきている物に関しては手術で取りました。前述の太目の女のこの方はしょっちゅう良性、そして悪性(肥満細胞腫)ができるので、悪性の場合は勿論手術で全部取っていますが、良性の物に関しては経過観察です。肥満細胞腫ができやすくなくとも、大きくなってくる腫瘍は後に悪性になることもあるということで、獣医さんに腫瘍の大きさを時々触って確認するように言われています。4歳からあるしこり、と言うことで、家のとは状況がちがうかもしれませんが、我が家の太目の女の子の肥満細胞腫の中にはすりむけたような傷に見える真っ赤な腫瘍がありました。最初は腫瘍とは全く思わず、傷だと思っていたのですが、薬をつけても治りが遅いので、病院に行ったら、肥満細胞腫のグレード1でした。大きさは2センチくらいだったので腫瘍とその周りを大きく取り除き、先生に心配ないといわれました。私だったら、他の病院に連れて行ってみてもらいます。肥満細胞腫は大きくなったり小さくなったりしますし、傷や虫刺されのように見えることもあったり、こりこりしていたり、脂肪のように柔らかかったり、と様々です。セカンドオピニオンを求めると言うのはこの場合最良の考えだと思います。しこりが大きくなると、それだけ手術が大きくなるわけですから、ワンちゃんへの負担も大きくなります。何も無いことを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご回答ありがとうございました。
返事が遅くなってすみません。

犬は元気です。
獣医からはしばらく様子見だと言われました。
もう少し暖かくなった時に手術を受けさせて、楽にしてあげたいと思います。

お礼日時:2011/01/24 17:34

専門家ではありませんので参考意見とさせてください。



心疾患がなく、肥満が原因で手術ができないということでしょうか?であれば、やはり麻酔が問題なのかもしれません。麻酔剤は脂肪に親和性が高いため、肥満ぎみのわんちゃんに麻酔を注入していくとまず脂肪に取り込まれるために効きにくく、遅れて脂肪から遊離してくるため醒めにくいようです。今更かもしれませんが、若いうちに減量し、手術しておくのがベストだったように思います。

かなり大きなシコリのようですが、病理検査はされましたか?何年も前からあるようですので悪性ではなかったのだと思いますが、悪性化するリスクもありますので、できればきちんと診断していただいた方が良いように思います。かかりつけの獣医さんで何もしてくれないのであれば、他の獣医さんに見ていただいてはいかがでしょうか。

自分も10歳を超えた飼い犬にどんどん大きくなる皮膚疾患(肥満細胞腫でした)ができ、手術していただいたことがあります。さすがに若いころよりは傷がふさがるのに時間がかかりましたが、軽快して17歳まで生きました。質問者様のわんちゃんもまだ9歳ですので、麻酔リスクがなければ手術も可能かと思います。


ご参考まで。
    • good
    • 0

専門家ではないこと最初にお断りしておきます



本来の体格に対して体重がありすぎる(太りすぎ)?のため、麻酔の濃度、量が
非常に難しいので、麻酔が効かない、逆に麻酔によるショックといったリスクが
高い=手術のリスクが高いという判断でしょうか
そうであれば
良い回答にはなりませんが、麻酔技量の高い医師、病院ということに絞り込んで
探してご相談されてみるということでしょうか
ただし、年齢的にさらに麻酔に関して微妙にはなっていると思いますのでリスク
は認識されておく必要はあるでしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の脂肪腫

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で取った時悪性だった!と言う事もあるので、検査だけでは100%ではないです。
まだ大きくないので、これから様子をみて、大きくなって支障が出るようなら切った方が」との事。
一応は安堵して自宅に帰ったものの、またネットなどで調べていたら「1cmの脂肪腫を切った」と言うワンコもいたりで、ますます心配に。

病院の先生を信じて、これからの様子を見た方がいいでしょうか?
手術となると、全身麻酔なので負担はかかると思います。
でも、小さいうちに切った方がいいのかも…と思ったり、心配しきりです(涙)
情報が多いのもかえって悩む所ですが(汗)こんな心配性の飼い主に、アドバイスを頂ければ嬉しいです。

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で...続きを読む

Aベストアンサー

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけでもなく、いつのまにか消えてしまったものもあります。
でも成長しだすと肥大化するのは早くて今年になって急に大きくなってきた箇所を先日、切除手術をしました。
全身麻酔なので確かにワンには負担がかかるでしょうが、手術自体は皮下を切開して切除するだけなので時間は2時間程度で終わります。
昼休みの前に病院に連れて行って、手術を受けたのですが夕方5時頃に様子を聞くために電話したところ「もう普通に歩いていますよ!」ということなので迎えに行きました。
10日くらいして抜糸が終われば治療は終わります。
脂肪種の手術は2回目なので慣れましたが、手術自体より術後のケアが大変なのです。
犬ですから患部を足で引っかいたり地面にこすり付けて細菌に感染したり糸が抜けたりする危険があるからです。
質問者さんの場合は場所が分からないのですが、エリザベスカラーを付ける必要がある場所であれば暑い時期は避けた方がいいです。
どうしてもカラーの中に熱がこもってしまって犬にとっては負担になります。
一度脂肪種ができる犬は、そういう性質がありますから手術で切除してもまた他の場所にできることがあります。
検査をして良性か悪性かの判別は大切ですが、手術は時期を考えた方がいいと思います。

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけで...続きを読む

Qミニチュアダックス 癌腫瘍 乳腺全摘出手術について

初めまして。お世話になります。

13歳になる女の子のミニチュアダックスを飼っています。
避妊手術はしていなく、7歳くらいの時に乳腺に小さなしこりが一つできていました。
当時は、お医者さまと相談し、少し様子をみて、急激に大きくなるようなら悪性の腫瘍の可能性があるので手術を考えていましたが、そのような様子は現れず、10歳くらいまで状態に変化はありませんでした。
その後も気をつけてみていたのですが、10歳を過ぎたあたりから、少しずつ大きくなり始め、2つ目の小さな腫瘍も現れました。
スピードが速いようではなかったのですが、12歳になる前、最初の腫瘍が1cmほどの大きさになってしまった頃に、もう一度お医者さまに相談したところ、
急激な様子はないので何とも言えないが、良性か悪性かは摘出してみなくては分からないとのことで、年齢的に麻酔の心配もあり、手術は勧めない、と言われました。
そこで、そう言われたことに「そういうものなのか~」と思ってしまったのですが、
わんちゃんを飼っているお知り合いの方達にも、相談をしながらお話を聞いていますと、よく「痛がる様子を見ているのは辛かった」「手術しなければよかった」(皆さん主観というよりわんちゃんの様子をみて)ということを耳にして、急激な様子もなくとても元気だし、お医者さまに言われたこともあり、どうして良いのか分からず考える日が続きました。

そして12歳と半分を過ぎた頃から、さらに腫瘍が大きくなりだし、増えてきて、
私が住んでいるところは小さな町なので動物病院も数件しかなかったのですが、もう少し大きな?病院を探し、見てもらうことにしました。
診察の結果、同じことを言われたのですが、麻酔の心配については、前回の先生よりそこまで深刻にはとらえていらっしゃらないようで、手術も転移の可能性などを考えて、した方が良いということでした。
ただ、手術は可能だけれど、通院に2時間ほどかかる場所なので、地元の病院にかかることも勧められました。
しかし、地元の動物病院は手術の評判が良くないので、それは考えられません。
それに念のため問い合わせたところ、やはり、手術の場合は、大きな病院を紹介することになる、ということでした。

ちなみに、手術は、増えてきた小さなものも含めて取ることになり、広範囲で左右の乳腺全摘出と、同時に子宮摘出をすることになるようです。

正直どうして良いのか分かりません。
年齢的、体力的に、乳腺のすべてをとることの傷の痛みを、考えずにすぐに決断することが出来なくなっています。
大きくなった部分だけをとるなら、全部とることを勧めるとのことです。

そちらのお医者さまは、傷の痛みや苦しみよりも、転移や放っておいて悪化することの方を恐れている見方です。最悪のことは後ろ向きには口にはしません。評判も良く、とても良心的なお医者さまに思います。

初期の避妊手術についてや、病院について、もう少し若い時に....などと考えてしまいがちですが、今はそのようなことを考えても仕方がないので、今の状態にとって良い方向を選択したいのですが、どうしても痛みについて考えてしまいます。

年齢的な体力低下はありますが、食欲もしっかりあり、お散歩も大好きで、13歳のスムースでも雪の中を走り回るほど元気です。
しかし腫瘍は少しずつ増えています。

最近は、皮膚の痒みが以前よりかなり強くなり、ひどくてかわいそうなので治療診断をしながらお薬を飲ませているのですが、まだ経過途中ですが、性ホルモンや乳腺腫瘍からの影響の可能性もある、ということなので、なおさら手術を考えています。

元気なので、今のうちということも思い、これ以上手術をしないで放っておくことは考えていませんが、痛みや回復などについてのご意見をお聞かせいただきたいと思います。
そしてできるだけ早く決断できたらと思います。
同じような経験をお持ちの方、乳腺全摘出手術をされた方、他の手術をされた方など、経験談、アドバイスをお持ちでしたら、ご協力お願い致します。

よろしくお願い致します。

初めまして。お世話になります。

13歳になる女の子のミニチュアダックスを飼っています。
避妊手術はしていなく、7歳くらいの時に乳腺に小さなしこりが一つできていました。
当時は、お医者さまと相談し、少し様子をみて、急激に大きくなるようなら悪性の腫瘍の可能性があるので手術を考えていましたが、そのような様子は現れず、10歳くらいまで状態に変化はありませんでした。
その後も気をつけてみていたのですが、10歳を過ぎたあたりから、少しずつ大きくなり始め、2つ目の小さな腫瘍も現れました。
スピー...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。我が家の愛犬も乳腺腫瘍です。
読ませていただいて、お気持ちが本当によくわかります。

我が家の愛犬は12歳のMダックスです。
今日、片側の乳腺の摘出手術をします。

今までの経緯が質問者さまの状況とほぼ同じです。
なので同じように手術をせずここまできました。

余談ですが、昨年、子宮蓄膿症を患い、
それまで通っていた病院に疑問を抱いていたため、
初めて行った病院で緊急手術になりました。
初めての病院だったことや、元気のない状況での
子宮・卵巣の全摘出にとても不安でした。

そちらの病院で、同時に乳腺を摘出するよう
半ば強引に勧められましたが、お断わりしました。
手術は無事に終わり、回復に時間はかかりましたが、
今ではとても元気です。

あの手術は必要なものだったと理解していますが、
耐えきれないほどの不安を愛犬も私も経験し、
なおさら、乳腺腫瘍の手術はしないと決めました。

ですが、ここ数か月前から、一番大きな腫瘍のある
おっぱいから、過剰に分泌液が出て、部屋中が茶色い
シミだらけに。。。

その分泌液が出てきている分にはよかったのですが、
腫瘍が大きくなって圧迫され、分泌液が乳首から
排出できなくなってしまい、ブヨブヨに膿むように
なってしまいました。

薬を飲むと治まりましたが、繰り返す一方。
次第に薬も効かなくなり、自壊するようになりました。
注射器で膿を抜いてもらったり、気にして舐めては
自分で破ってしまい、膿や血が流れ出る状態に、
とうとう手術を決めました。

元気なこの子にとって、手術は命を落とす可能性も
あり、葛藤したけれど、この腫瘍が元気なこの子に
毎日毎日負担をかけていることは間違いなく・・・。
この先、感染症にかかるかもしれない。
ケアも満足にできない。
ならば・・・と。

「手術をしなくてよかった」と言う方もいます。
膿むことなく過ごせるワンちゃんもいます。
ケースバイケースです。

我が家の愛犬のように、今頃手術をするのであれば、
もっと早くにしてあげればよかった、と今は後悔しています。

どなたかのブログを読みました。
悪性の腫瘍は、治療をせずに残りの時間を過ごすと決めた方が
安楽死を選ぶほどのものだと。
手術をしないと決めた飼い主さんが、手術をしてくれと言う
ほどのものだと。

今はそれがよくわかります。

考え方次第ですが、私は、手術をする・しないによっての
寿命の差より、この子が快適に暮らせる今を考えたいです。
腫瘍を苦にすることなく過ごせるこれからを信じたいです。
病気に苦しむことなく、幸せな最期であるよう、この決断を
後悔したくありません。

何か参考になれば、と書かせていただきました。
お互い、最期までかわいがってあげましょうね!

こんにちは。我が家の愛犬も乳腺腫瘍です。
読ませていただいて、お気持ちが本当によくわかります。

我が家の愛犬は12歳のMダックスです。
今日、片側の乳腺の摘出手術をします。

今までの経緯が質問者さまの状況とほぼ同じです。
なので同じように手術をせずここまできました。

余談ですが、昨年、子宮蓄膿症を患い、
それまで通っていた病院に疑問を抱いていたため、
初めて行った病院で緊急手術になりました。
初めての病院だったことや、元気のない状況での
子宮・卵巣の全摘出にとても不安でした。

そ...続きを読む

Qお願いします!教えて下さい!犬の背中にできたしこり。

わたしは、東京で一人暮らしをはじめて3年目の学生です。

地元に、今年で7歳になる、ゴールデンレトリバーのメスを飼っています。

先ほど実家に電話をして話をしていたところ、我が家の犬の背中に2つしこりがあることを、発見したと、いうことを母から聞きました。

母は、私が心配すると思ってすぐには言わなかったので、わかったのはいまから、7日程前だそうです。

犬は、そのしこりを触っても何をしても痛がらないし、よく食べよく遊ぶそうだし、普段と全く変わらないそうです。
両親も初めは心配して、本やネットで調べた結果、良性のものがほとんどということだから、心配するな、というのですが・・・

けれども、私は心配で仕方がありません。
近々病院へ連れて行くというのですが、やはり、手術になったりしますか??なにか、犬の(とくに大型犬の)背中のしこりについて、知っている方がいましたら、是非お返事ください!!お願いします!!

Aベストアンサー

病院連れていった方がいいと思います。
大きさはどのくらいですか?
うちの猫は癌でした。
しこりとは言わないかも知れませんが
うちの犬の背中にはイボみたいなのができていて気になったので
病院行ったらそれは何でもないって言われました。
良性か悪性かは素人では判断できないと思います。
心配なら絶対病院行って、結果を教えて下さい。

それまで締め切らないで下さいね。
猫のこと思いだしたら涙が出てきてしまいました。
きっと何でもないこと祈ってます。

Q犬の腫瘍除去手術の治療費はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

6歳の大型犬を飼っています。肛門の横が硬く腫れているので今日、獣医に行ったら「切ってみないと詳しいことは判りませんが、すぐにでも手術をしないといけません」との診断とワクチンの投与を受けました。「術後の入院期間も費用も現段階でははっきりしませんが、最低でも20万から25万はみていてください」と言われ、人間よりは安いなと納得し、その場で手術の予約を済ませたのですが、愛犬のガン除去手術を経験した友人に話したところ「総額で6~7万円だった。その医者は怪しいのではないか」と言われました。もしもそうなら費用は勿論のこと、それ以上に技術のほうが心配です。ちなみに今日の診療費は約3万でした。明日、別の獣医院で意見を聞いてみるべきなのかなと思っています。初めての経験なので少々取り乱していますが、どなたかお詳しい方がおられましたらアドバイスをいただけると、とても有り難いです。

Aベストアンサー

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈夫ですよ!どうせ、この子は和室で大人しく寝るんでしょう!」
「抜糸に2、3週間後に連れて来て下さい。」

※CTスキャン等も完備して年中無休、午前9:00~午後10:00まで営業です。
※高速を飛ばして1.5時間の隣県ですが、大変にお世話になっています。
※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。

それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。
それに比べると半額の負担で済みます。
高速代を払ってもお釣りがくる計算です。

1、血液検査 \5,000 ----- 体調を調べるため。
2、エコー -------------- 無料。
3、初診料 \500
4、手術 \35,000
5、抗生物質等 \10,000
6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。
7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。

合計 \64,000

ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。

「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」
「大丈...続きを読む

Q愛犬の乳ガン(しこりの摘出)の費用について

マルチーズを飼っています。先日胸のあたりにしこりがあることに気づき動物病院に連れて行きました。悲しいことに乳ガンのおそれがあると言われ手術を勧められました。良性か悪性かは開いてみないとわからないといわれました。手術し、摘出すれば大丈夫と聞きメスを入れることは少々気が引けるしかわいそうです。ですが、どうにもならないので手術をうけようと思っています。現実的なお話になってしまうのですが…保険に入っていません。ので、全て込み(手術代・入院費など)で費用が7・8万かかると言われました。この値段は妥当なのでしょうか?近所の病院で先生も良い方なのでうたがってるわけではないのですが。それとやはり保険に入るべきでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ワンちゃんの治療費は病院によってかなり差があります。
他のご回答にもあるように、部分摘出なのか乳腺片側全摘なのか、
また入院日数によっても変動があるかと思います。
病理検査も含まれているかどうかでかなりの差になるでしょう。
私は獣医師ですが、私のいる病院では乳腺の片側全摘出の場合は
術後の経過がよければ3~4日入院して頂いて(出血の有無や
全身状態を確認します)、病理検査も込みでやはり6~8万円前後の
治療費になります。
それと乳腺腫瘍の場合は肺転移が考えられる場合がありますので、
必ず胸部X線検査を実施しています。その費用も含まれています。

避妊手術は同時にされる方もいらっしゃいますが、
やはり麻酔時間が増えることやわんちゃんの健康状態によっては
リスクが大きい場合もありますので、飼い主さんと十分に相談して決定しています。
ご参考になりましたらさいわいです。わんちゃんの腫瘍が
悪くないものであることを祈っています。

Q<専門家の方に質問>犬のしこりで病院に連れて行ったのですが

ミニチュアダックスの雄6才です。
2、3ヶ月前くらいに脇の付け根あたりに、米粒くらいの小さい
こりこりしたしこり(皮膚からは離れている)を見つけました。
触っても痛がる様子はなく元気です。
心配でネットで調べて脂肪種かなと思っていましたが、
大きさが若干BB弾くらいになったので一昨日病院で見てもらいました。
脂肪種はもっとぶよぶよしているから違うと思う、ということでしたが、
このくらいならまだ大丈夫なのでもう少し大きくなってから来てみて下さいと言われました。
先生は若い感じですが、予防接種の時も薬についての説明や、
私の飼い方などを細かく聞いてアドバイスをくれたりしたので、
いい加減とか、悪い印象はないです。

今の大きさからは急激に大きくなった様子はないですが、もう少しというのが曖昧なので、
毎日触ってみて少しでも変化を感じたらすぐ行こうと思います。

この先生の言う通りで大丈夫でしょうか?
それとも他の病院でも受診してもらったほうが良いのでしょうか?
普通はしこりを見つけてそれを調べる時は、すぐに検査して
結果が出るものなのですか?
触診の他にどのような検査をするのでしょうか?

いろいろ聞いてすみませんが宜しくお願いします。

ミニチュアダックスの雄6才です。
2、3ヶ月前くらいに脇の付け根あたりに、米粒くらいの小さい
こりこりしたしこり(皮膚からは離れている)を見つけました。
触っても痛がる様子はなく元気です。
心配でネットで調べて脂肪種かなと思っていましたが、
大きさが若干BB弾くらいになったので一昨日病院で見てもらいました。
脂肪種はもっとぶよぶよしているから違うと思う、ということでしたが、
このくらいならまだ大丈夫なのでもう少し大きくなってから来てみて下さいと言われました。
先生は若い感じ...続きを読む

Aベストアンサー

ペーパー獣医師、診療実習経験3年弱。

脂肪腫は1センチほどの小さいものから10センチほどのものまであります。(この範囲にあるとは限定できませんが)
皮膚表面から触れる場所に脂肪腫がある場合には、軟らかいゴムボールのような弾力です(先生のおっしゃるぶよぶよ感ですね)。
良性の脂肪腫(悪性は脂肪肉腫と呼ばれます)は腫瘍表面が滑らかで、皮膚や深部の筋層と接着していないため、皮膚越しに触るとつるっとすべるような感覚を受けます。

BB弾ということは5ミリ以下ですよね。
小さ過ぎて、診断も付けにくく、また、他に症状がない限り緊急に診断をする意義も低いように思われます。
大きさはカルテに記載しておいてもらえるので、健康診断ごとに変化がないかを記載し続ければ、何年後かに変化があったときの診断の助けになりますよ。
先生のおっしゃる「もう少し」を詳しく訊かれるのがよいでしょうが、
大きさだけで判断するならば、今回の場合私なら定規で測って一センチを越えないかぎり変化していないと判断します。

>普通はしこりを見つけてそれを調べる時は、すぐに検査して
>結果が出るものなのですか?
>触診の他にどのような検査をするのでしょうか?

必要と判断した場合には、「針生検」といって皮膚を通じてしこりに注射針をさし、内容物を一部吸引して顕微鏡で診るということをやります。
表面から触れることが出来るしこりに限られる、繊維質が多くて何も吸引できない、上手く吸引できない、悪性腫瘍に刺してしまえば周辺に転移させる可能性、など短所もあります。
実施後30分程度で確認できます。
BB弾の大きさのしこりに針生検は適応しにくいので先生はされなかったのだと思います。

確定診断をするときには「病理診断」を行います。麻酔下でしこり全摘出(もしくは一部摘出)したものを切片にするので、実施後一週間くらいかかります。


獣医師の先生は忙しいとはいえ、飼い主さんが訊いたことには最後まできちんと答えてくれます。答える義務もあります。
あまりに長いと相談料を取られるかもしれませんが、それだって必要な情報を得るための必要経費ですよね。
私のような無責任な発言者を探すよりも、訊いたことに最後まで答えてくれる獣医師を探すか、「インフォームド・コンセントのためのドクターズアドバイスマニュアル」(メディカルサイエンス社)などで勉強ください。

ちなみに須崎動物病院もフォトチェックも未だかつて一度も聞いたことありません…。腫瘍マーカーを写真で診断できる根拠が何なのか想像が付きません。勉強不足ですみません。

ペーパー獣医師、診療実習経験3年弱。

脂肪腫は1センチほどの小さいものから10センチほどのものまであります。(この範囲にあるとは限定できませんが)
皮膚表面から触れる場所に脂肪腫がある場合には、軟らかいゴムボールのような弾力です(先生のおっしゃるぶよぶよ感ですね)。
良性の脂肪腫(悪性は脂肪肉腫と呼ばれます)は腫瘍表面が滑らかで、皮膚や深部の筋層と接着していないため、皮膚越しに触るとつるっとすべるような感覚を受けます。

BB弾ということは5ミリ以下ですよね。
小さ過ぎて、診...続きを読む

QMダックスが乳腺腫瘍と診断されました。

大阪府在住で困った事があると度々こちらのサイトにお世話になっている者です。

知人から譲り受けたばかりのMダックス(9歳4ヶ月♀、避妊手術はしていません)の乳首にシコリを見つけました。(元の飼い主さんに聞いたところ半年ほど前に気づいたけど脂肪の塊か何かと思い込んでいたそうです)
ネットで調べて評判の良さそうな病院に連れて行ったのですが
触診のみで乳首と乳首の間辺りに2cmの孤立型(?癒着してないような動くコロコロとしたシコリです)の乳腺腫瘍が1つあると診断されました。  針で刺して細胞を取る検査などはしていません。

部分切除でいけそうだとのことですが、全身麻酔に耐えれるかも含め手術前にレントゲンやエコー、血液検査などその他、凝血検査など半日入院の検査で15750円、手術+1泊2日入院で63000円、
良性か悪性を調べるのに違う所に出すため病理検査費8400円との事でした。

一応まだ小さく1つしかないし、早めに摘出しといた方が悪性だった場合などの犬の負担や大きくなったり再発などリスクもあるという事ですし、腫瘍の手術も沢山している病院との事で手術の日程なども決めて来たのですが、後からこのサイトを見てみると腫瘍と一緒に子宮摘出した方や、後の再発も考え乳腺全て摘出した方もいるようで、そういった話(避妊手術や乳腺全摘)は何も言われなかったので初めてで何も分からず、だんだん不安になりアドバイスをいただければと思い質問させていただきました。

病院の提示する金額や、治療についてなど何か気になる事があればアドバイス宜しくお願いします。

余談ですが、その病院にいく前に他の病院に腫瘍摘出の際にかかる金額を聞いたところ検査なども含め10万位はみておいて欲しいと言われました。

大阪府在住で困った事があると度々こちらのサイトにお世話になっている者です。

知人から譲り受けたばかりのMダックス(9歳4ヶ月♀、避妊手術はしていません)の乳首にシコリを見つけました。(元の飼い主さんに聞いたところ半年ほど前に気づいたけど脂肪の塊か何かと思い込んでいたそうです)
ネットで調べて評判の良さそうな病院に連れて行ったのですが
触診のみで乳首と乳首の間辺りに2cmの孤立型(?癒着してないような動くコロコロとしたシコリです)の乳腺腫瘍が1つあると診断されました。  針で刺して細胞を取る...続きを読む

Aベストアンサー

私はMダックスの7歳(♀)を飼っており、昨年末頃に左の一番下の乳に小豆サイズのシコリ(乳腺腫瘍)があるのを見つけ、すぐに病院に連れて行きました。
病院ではシコリ・乳腺摘出・子宮摘出(避妊手術)・リンパ摘出をすすめられました。
乳腺摘出:左の一番下の乳にシコリがあったので、下から3番目の乳までの乳腺を摘出しました。
     右の乳腺は摘出しておりません。
子宮摘出:悪性腫瘍の場合、転移してる可能性もあり、今後の事も考えて摘出しました。
     子宮があることでホルモンでまた乳腺腫瘍が出てきてしまうことがあるとも言われました。
     摘出すればホルモンがなくなるから乳腺腫瘍がなりにくくなるが太りやすいと言われました。
リンパ摘出:左の一番下の乳にシコリがあり、股関節のリンパに近いので転移してる可能性もあり摘出しました。


来院1回目:シコリがあることを伝え、脂肪腫か乳腺腫かのその場で簡易検査をしました。
      結果「脂肪腫ではない」とのことで摘出手術を決め、愛犬が手術するにあたり健康上問題ないのか術前検査を行うのでその予約をしました。
      診察料 ¥525
      細胞診断(簡易検査) ¥2,625
      合計 ¥3,150 (保険 ¥1,575)
来院2回目:術前検査で半日入院しました。
      診察料 ¥525
      レントゲン ¥4,725
      超音波検査 ¥3,150
      採血 ¥1,050
      血球検査 ¥2,100
      生化学血液検査(6項目) ¥3,150
      合計 ¥14,700 (保険 ¥7,350)
来院3回目:入院7日(6泊7日)
     予定では4日間入院だったのですが、想像妊娠(偽妊娠)で母乳が結構出る子で、
      丁度その時期で母乳が出ていた為、その処置などで入院が長引きました。
      お預かり(6日) ¥18,900
      採血 ¥1,050
      血液凝固検査 ¥2,100
      血管確保・留置 ¥2,100
      点滴 ¥3,150
      乳腺腫瘍・避妊手術 ¥47,250
      病理検査(悪性か良性を調べる検査) ¥9,450
      カラー貸し出し ¥777
      静脈注射(数量6) ¥5,040
      鎮痛剤(数量2) ¥4,200
      バンテージ処置(数量7) ¥7,350
      ロキソニン(数量4) ¥840
      抗生剤(数量8) ¥2,520
      合計 ¥104,727 (保険 ¥51,363)
来院4回目:抜糸 ¥525
      合計 ¥525 (保険 ¥262)

      総合計:¥123,102  (保険 ¥61,551)

これがシコリ発見後~抜糸までの当方がかかった金額です。
ちなみに当方はアニコムという保険に入っていたので50%負担の(保険 ¥61,551)が当方が支払った金額です。
多分アニコムなどに入っていなかったらここまで細かい診療内容は記載されないと思います。
大まかに 薬 ○個  ¥600 という表示だと思います。 

愛犬のシコリを見つけてからPCでいろんなサイトで乳腺腫瘍を調べました。
やはり腫瘍だけ摘出や腫瘍摘出で1泊2日というのは見かけませんでした。
みなさん、その乳腺を一部~全摘出されてました。
子宮摘出も転移してる可能性があるので摘出や、今後乳腺腫瘍にならないようにホルモンを無くす為に摘出などあります。
子宮を摘出することで今後乳腺腫瘍が少しでも出来なくさせるのか、子宮をそのままで今後も乳腺腫瘍が出来る可能性が大のままで、再度乳腺腫瘍を発見した際にもう一度愛犬に痛い思いをさせるのか・・・。
もし悪性だった場合、転移がしているかもと心配になったり、子宮に転移していたら、あの時摘出しておけばよかったと後悔しませんか?
少しでも「愛犬に痛い思いをさせたくない」や「後悔するかも・・・」と思うのであれば、病院に乳腺・子宮摘出の事を聞いたりしてみて下さい。
私でしたら、パソコンで調べて普通は子宮摘出や乳腺摘出をみんなしてるのに、あそこの病院ではその事を口にもしてなかったのなら違う病院に行きます。

愛犬のことを一番に考えて最良だと思う処置をしてあげて下さい、大切な家族なのですから・・・。

一日でも早く元気になることを祈ってます・・・★

★余談★
愛犬のシコリは乳腺腫瘍ではなく「乳腺腫(良性)」でしたヾ(*・∀・)/
今ではすっかり元気に走り回ってます♪

私はMダックスの7歳(♀)を飼っており、昨年末頃に左の一番下の乳に小豆サイズのシコリ(乳腺腫瘍)があるのを見つけ、すぐに病院に連れて行きました。
病院ではシコリ・乳腺摘出・子宮摘出(避妊手術)・リンパ摘出をすすめられました。
乳腺摘出:左の一番下の乳にシコリがあったので、下から3番目の乳までの乳腺を摘出しました。
     右の乳腺は摘出しておりません。
子宮摘出:悪性腫瘍の場合、転移してる可能性もあり、今後の事も考えて摘出しました。
     子宮があることでホルモンでまた乳腺腫...続きを読む

QMダックス 乳首の下にしこりが・・・・

10歳になるMダックス(5年前に1度だけ出産経験有)の件ですが・・・
先月1月初旬生理があり、先月末日に触ったところ下腹部の一番下右の
乳首の下に大豆位のしこりがありました。
昨日、獣医に見せたところ「癌かどうかは、切除(摘出)しないとはっきりしない。
切除の判断は飼主が決めてください。」といわれました。
今日、家で患部を触っていたら同じく左側にも小豆大のしこりがありました。
これって癌でしょうか?
 2箇所同時に癌になるというのも確率的に低いと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

多分腫瘍です。

犬の腫瘍は、皮膚の内側、特に乳首の周辺など、見つけやすいところによくできます。
良性の場合も多いです。

「癌かどうかは」と言うのは、悪性かどうかと言うことでしょう。
ただ、腫瘍にも種類があり、獣医の説明も足りない気もします。
また、「切除しないとはっきりしない」という医者が多いのは不思議です。
うちの犬は、手術前の委託の検査で、良性と分かっていたのですが・・。

年齢的には、あまり無理されないほうがいいかとは思います。
うちの犬は、8歳の時にはすでにかなりのしこりがありましたが、影響なく15歳まで生きました。
ただ、これも腫瘍の種類や状態によります。

同じ腫瘍でも、医者によって、意見はさまざまなようです。
最終的には、獣医と相談して決めることになりますから、納得がいくよう、他の病院へも行かれてみては?
以下も参考にされてみてください

http://okwave.jp/qa/q7202329.html

Q老犬のお腹の脂肪

はじめまして。
現在、14才のビーグル犬(雌)を飼っています。
一昨年、前足に脂肪腫ができ余りに痛々しかったので、かかりつけの病院で切除していただきました。
老犬ということもあり、麻酔をして手術をするため、術後経過が悪くなるかも知れないと
言われましたが、そのようなこともなく、元気に過ごしていました。


今年に入り、今度は脇腹におおきな脂肪腫ができています。大きさは6cmくらいです。
色々しらべると、脂肪腫は老犬にはできやすいようで、本人もまったく痛がる様子もないのですが、
腫れて赤黒くなっているため、見ているととても可哀想です。
今回はなんといっても内臓の近くですので、手術をさせるのは少し厳しい気もするのです。
素人目線ですが…全身麻酔もするでしょうし、範囲も前回より広いので、もしかすると…


14才でもう先も余り長くないと思います。できれば好きなようにさせて、最後まで生きて欲しいです。
犬のためには、手術して現在の腫瘍を取り除くのと、大きくなるのをそのままにしておくのは、
どちらが良いのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

まずは『本当に脂肪腫なのか?』を調べることが先決です。

>今年に入り、今度は脇腹におおきな脂肪腫ができています。

脅すわけではありませんが、一昨年と今年で、必ずしも同じように脂肪腫とは言えないということですね。
どのような治療をするにせよ(積極的な治療をしなくとも)まずは診断の確定が必要です。

触り診ただけでは解らず、だから検査が存在するということですね。
これそのものは大きくはふたつ。
1)注射器を用いて細胞を採取しての顕微鏡検査。
2)腫瘍を切除し検査機関にて判別する。

安価で結果がすぐにわかるのは1)ですが、100%の情報を得ることは難しいです。
2)の場合は高率で判別できますが、基本的に手術になります。麻酔については獣医師の判断ですが局所麻酔での採取が可能なこともあります。
メリットデメリットが1)2)ともにありますので、愛犬を診察してもらい、獣医師と協議の上で決定してあげてください。


脂肪腫だという確定がされたならば、ひとつ判断基準になるのは『それにより犬が生活に支障をきたすか?』だと思います。

>できれば好きなようにさせて、最後まで生きて欲しいです。

こちらに支障が無いか? ということです。
と申しますのも、脂肪腫といえど放置して良いものと、放置すべきで無いものがあります。
代表的なことに絞りますが(神経を圧迫する)(血流を阻害する)こういった場合ですね。先々サイズが大きくなると(大きくなった脂肪腫が内臓を圧迫する)(巨大になり歩行の妨げになる)こういったことも考えられますが、これはそうなってからの話しです。つまり経過観察でこまめに診察を受けるということですね。


>手術して現在の腫瘍を取り除くのと、大きくなるのをそのままにしておくのは、どちらが良いのでしょうか。

脂肪腫であり、それが犬の生活に支障をきたさない。
こういった結論が出たならば、私なら温存することを選択します。
ですので初めに戻りますが、『どうすべきか?』は、本当に脂肪腫なのかを獣医さんで調べてもらうことからだと思います。

最後に麻酔について追記しますが、

>老犬ということもあり、麻酔をして手術をするため、術後経過が悪くなるかも知れない

こういった説明をされた獣医さんならば、信頼できるとみて良いかと思います。
一昨年、13歳時点で手術されたということは手術の必要性が認められたのだと思います。
こういった場合『老犬だから手術はやめましょう』ということも出来たはずなんです。

>全身麻酔もするでしょうし、範囲も前回より広いので、もしかすると…

ご心配はもっともだと思います。
手術を勧めるわけではありませんが、この件について少々。

獣医さんが積極的に手術という選択を取らないにしても、望ましいのは『検査に基づいて、手術すべきではないという意見(もしくは見た目からして明らかに手術に耐えられない・より悪化する)』だと思うのです。
これならば人間でもあります。
犬が高齢であっても、手術してより生活の質が高く維持できるならば、これは手術という選択肢を家族に伝えるべきだと思うのです。

短絡的に『老犬だから』を理由にするのは、本来は理由にならないと思うのです。
診察していただいている獣医さんは違いますが、こういったことを獣医さんが発言した場合、麻酔を管理しながら手術するという困難さが理由のひとつになっているように感じるのです。
麻酔は(術前)(術中)(術後)までの管理が必要です。
有り体にいえば手術を行う人が全ての管理をするのが大変なことで、だから人間の場合麻酔医という専門家がいます。医学の進歩というのも無論ありますが、麻酔科医の管理(立場が確立されている)というのが、人間の高齢者手術ができる大きな理由になっていると思います。

決して獣医さんおひとりで開業されている所を否定するわけではありませんが、獣医病院選びに、複数の獣医さんが勤務しているところを選ぶという理由のひとつにはなるかと思います。(専門家二名によるお互いの目、というのもありますし)
生まれてから複数の犬と生活を送り続けていますが、『老犬だから』という理由を私個人は今まで聞いたことがないのです。(その言葉を聞く以前にサヨナラした獣医さんは残念ながらありますが)

ご質問の主旨と違うことも書きましたが、長年共に暮らしてこられた愛犬との集大成ともいえる時間をお過ごしだと思います。
天命を全うするその日まで、生活の質を維持することを主眼にして、温存も含んで良い治療方法を選択していただければと思います。
お大事に。

まずは『本当に脂肪腫なのか?』を調べることが先決です。

>今年に入り、今度は脇腹におおきな脂肪腫ができています。

脅すわけではありませんが、一昨年と今年で、必ずしも同じように脂肪腫とは言えないということですね。
どのような治療をするにせよ(積極的な治療をしなくとも)まずは診断の確定が必要です。

触り診ただけでは解らず、だから検査が存在するということですね。
これそのものは大きくはふたつ。
1)注射器を用いて細胞を採取しての顕微鏡検査。
2)腫瘍を切除し検査機関にて判別する。

安...続きを読む

Q犬のお腹にしこりがあります。

8歳の小型犬です。
お腹の毛の薄い部分に小さなしこりを発見しました。

すぐにかかりつけの病院に向かい診察を受けたところ、癌の可能性が高いと言われました。
詳しくは調べられないとのことでしたので調べてくれる病院へ。

注射器のようなものでしこりの中?(母が連れて行ってくれたので詳しくは分かりません)の一部を吸い成分を検査。悪性の可能性が高いと言われましたが、その病院にいる他のお医者様にも聞いてくれるそうです。

なのでまだ悪性か良性か分かりません。

心臓が悪く前から咳き込みがちだったのでしこり(5mm程度)を発見するまで異変に気付けませんでした。

発見から3日目にその腫れたものが赤くなってきました。

犬の癌と調べても赤くなるとの記述が見当たらないのですが情報収集不足なだけでしょうか?


自然なままに、というよりきちんと治して、犬に負担がないように出来るだけ一緒に過ごしたいんです。

もし宜しければ良い食べ物などがありましたら教えて下さい。
活性酸素水なども調べてみましたが具体的にどのような効果が表れたわんちゃんがいるのかご存じでしたらそれもお願いします。

8歳の小型犬です。
お腹の毛の薄い部分に小さなしこりを発見しました。

すぐにかかりつけの病院に向かい診察を受けたところ、癌の可能性が高いと言われました。
詳しくは調べられないとのことでしたので調べてくれる病院へ。

注射器のようなものでしこりの中?(母が連れて行ってくれたので詳しくは分かりません)の一部を吸い成分を検査。悪性の可能性が高いと言われましたが、その病院にいる他のお医者様にも聞いてくれるそうです。

なのでまだ悪性か良性か分かりません。

心臓が悪く前から咳き込みがちだった...続きを読む

Aベストアンサー

参考にならないかもしれませんが
私は以前メスの小型犬を飼っていました。

うちの子も9歳でお腹の胸の付近に小さなしこりが見つかり(つまようじのとがっていない部分位)、かかりつけの動物病院で乳腺腫瘍と診断されました。
(しこりは皮膚の内側でお腹のピンク色と同じで赤く腫れたりしませんでした)

確立50パーセントで悪性かもしれないといわれ、獣医さんはサプリメントで腫瘍が消えるかもしれないと教えてくれたのですが、連れて行った当日に手術をしてもらい検査に出しました。その結果、悪性腫瘍でした。その後12歳で再発、また手術をしました。


全身麻酔や手術は確かに犬にも負担になりますが、きちんと治したいと思うのであれば、腫瘍をとって貰う選択肢もあります。


獣医さんとよくご相談してわんちゃんと長く一緒に過ごせますように。
(うちの子は15歳まで元気で長生きしてくれました)


人気Q&Aランキング