【初月無料キャンペーン中】gooドクター

変圧器を使った永久機関を考えました。
1次コイルに電気を流すと2次コイルに同じ電圧、電流が発生します。そして、2次コイルからは1次コイルより大きな磁力が発生し、その半分が、3次コイルを通ります。すると、3次コイルには2次コイルの半分の電流が流れます。
1次コイルの入力を1とすれば、2次コイルは1、3次コイルは0.5の出力になります。合わせて、入力の1.5倍の出力を得ることが出来ます。
どうでしょうか?

「永久機関考えました」の質問画像
gooドクター

A 回答 (3件)

すばらしい。

すぐに特許をとりましょう。
    • good
    • 0

おまえはトランス(変圧器)に電気を流すと発熱したり、微小な振動をすることを知っているか。

それだけじゃないぞ、ジーという音も出るぞ。
発熱・音・振動のエネルギーはどこから来ていると思う?
トランスが空気中からそのためのエネルギーを吸収しているわけではないぞ。入力されたエネルギーの一部が消費されているんだよ。それが電圧・電流を変換するときのロスというわけさ。
トランスで電圧を変換すると変換ロスが発生し、出力側のエネルギーは入力側エネルギーよりも低下してしまうから、トランスでは永久機関は作れないよ。
「永久機関考えました」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

×損失ゼロの装置
○出力が入力を上回る装置

お礼日時:2010/12/02 18:59

3次コイルを付けた時点で、1次コイルのインピーダンスが変化します。


そのため、二時コイルに流れる電流が減ります。
全てのコイルは磁界によって1つにまとまっているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インピーダンスとはどんなダンスですか?
図からわかるように1次コイルの磁界は3次コイルにはあまり漏れないと思います。

お礼日時:2010/12/02 18:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング