自作PCのBIOS設定を終りFD起動を試みたが、FDは動
かずBIOSの画面で下記の表示がでました、対応策を
教えて下さい。
1.エラ-メッセ-ジ
  MainProcessor:celeron(TM)700MZ(66×10.5)
MemoryTesting:57344K+8M shared.memory

Primary Master:ST310211A 3.35
Primary Slave:None  
Secondary Master:None
Secondary Slave:None

PrimaryMarter hard disk fail
Floppy Disk(S) fail(40)
CMOS Chocksum Error DefaultsLoadeb
  なおBIOSはAWARD BIOS Setupとなっています。

また自作機のスペックは次の様に成っています。
CPU=CELERON700 チップセット=sis630Eチップセット
マザ-ボ-ド=sis630Eチップセット搭載P/M
メモリ-=64MB SD_RAM PC100 HDD=10GBULtro ATA66
FDD=3.5インチ2モ-ド CD-ROM=MAX52 ATAPI
OS=Windows98SE
以上よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

BIOS updateしたあとに設定し直さないでいた


あるいは
CPUの設定が間違っている

ということが考えられます。

とりあえずBIOS チェックサムエラーが出ているので
BIOSの設定値を一回消して設定し直すべきではないかと。

消し方はマニュアルに書いてあると思いますが、
マザーボードのクリア端子を金属またはジャンパでショート
させることです。(ショートした後はジャンパ外しておかないといけません)

特にCPUの設定などは注意してください。

あとはfugaさんが書いているとおりのポイントもチェックしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御指導ありがとうございます。
BIOSの設定文字は英語で取り説と見比べ
乍ら設定したのですが?
御指示のように、ジャンバで消して
再挑戦します。
 また質問のカテゴリ-が違っていたようですが
御容赦下さい。

お礼日時:2001/04/15 06:59

基本的にカテゴリが違ってますよ。

BIOSってOSが付くからってオペレーティングシステムとは違って、ハードウェアの問題ですから以下のカテゴリだと思います。

TOP > コンピューター&インターネット > ハードウェア > その他(ハードウェア)
もしくは
TOP > コンピューター&インターネット > ハードウェア > デスクトップPC
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御指導ありがとうございます。
BIOSの設定文字は英語で取り説と見比べ
乍ら設定したのですが?
御指示のように、ジャンバで消して
再挑戦します。
 また質問のカテゴリ-が違っていたようですが
御容赦下さい。

お礼日時:2001/04/15 07:00

FDDのケーブル(マザーボードとFDDをつないでるケーブルと、FDDの電源ケーブル)を


確認してください。
取り付け方向が逆になっていたりしませんか?
それが正しい場合、FDDが壊れている可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御指導ありがとうございます。
BIOSの設定文字は英語で取り説と見比べ
乍ら設定したのですが?
御指示のように、ジャンバで消して
再挑戦します。
 また質問のカテゴリ-が違っていたようですが
御容赦下さい。
 FDDのフラットケ-ブルの取り付け方向を再確認
してみます。

お礼日時:2001/04/15 07:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qkernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
kernel: md: export_rdev(hda9)
kernel: md: considering hdb8 ...
kernel: md: adding hdb8 ...
kernel: md: adding hda8 ...
kernel: md: created md5
kernel: md: bind<hda8,1>
kernel: md: bind<hdb8,2>
kernel: md: running: <hdb8><hda8>
kernel: md: hdb8's event counter: 00000078
kernel: md: hda8's event counter: 00000078
kernel: md: RAID level 1 does not need chunksize! Continuing anyway.

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
...続きを読む

Aベストアンサー

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>


[UU]となっているので、両系で動作しています。

md1はhda1/hdb1です。
md2はhda2/hdb2です。
md3はhda3/hdb3です。
md5はhda5/hdb5です。


mountコマンドで確認すると、以下です。

# mount

/dev/md1 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md2 on /var type ext3 (rw)
/dev/md3 on /usr/local type ext3 (rw)
/dev/md5 on /home type ext3 (rw)

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]
...続きを読む

QRedHat linux 7.0J +DNS(master&slave) + routerの問題の1

linuxの設定についての問題があるので
宜しくお願いします。
lserver1.tb-out.co.jp lserver2.tb-out.co.jp
192.168.100.16(eth0) --- 192.168.100.17(eth0)
lrouter.tb-in.co.jp
192.168.1.2(eth1)
-------------------------------+---
内部LAN |     Windows98 WS
tbserver.tb-in.co.jp------(192.168.1.XX)
(192.168.1.16)

lserver1(RedHat linux 7.0J eth0:Intel eepro100+):
DNS(master)
Apache(www)
Wu-FTP(ftp)
Sendmail(mail)
routed(default gateway : 192.168.100.17)
squid
...
lserver2(RedHat linux 7.0J eth0:Intel eepro100+;eth1:3COM 90X):
DNS(slave)
routed(default gateway : 192.168.100.17)
ipchains
SambaServer
snmp
...
tbserver( Windows NT 4.0 Server)
DNS(内部LAN DNS)
DHCP
...
症状:
lserver1とlserver2が始めて起動した時に、正常
しかし、数分後、故障した
1>#less /var/log/messages
...
routed[633]:deleting route to interface eth1(time out)
routed[633]:deleting route to interface eth0(time out)
...
2>内部LANのWin98PCから[検索他のコンピュータ]を利用して、該当
SambaServer(lserver2)を見つかりませんでした。その後、たまに、
見えたこともあります。不安定
3>#nslookupを入力しますと、
lserver1(master DNS)を認識できたけど、非常に遅くなり、時々、
lserver1(master DNS)を認識できませんでした。不安定

linuxの設定についての問題があるので
宜しくお願いします。
lserver1.tb-out.co.jp lserver2.tb-out.co.jp
192.168.100.16(eth0) --- 192.168.100.17(eth0)
lrouter.tb-in.co.jp
192.168.1.2(eth1)
-------------------------------+---
内部LAN |     Windows98 WS
tbserver.tb-in.co.jp------(192.168.1.XX)
(192.168.1.16)

lserver1(RedHat linux 7.0J eth0:Intel eepro100+):
DNS(master)
Apache(www)
W...続きを読む

Aベストアンサー

どうしてこの構成なのかがよくわかりませんが、この構成は不自然です。(設定がきちんとしていれば問題ありませんが、設定の詳細がわからないし、うまくいっていないということなので、わかって組んでいるのではないと判断します)
まずネットワークの構成をしっかりしてください。lserver1は、DNSクライアントとしてどのDNSサーバーを見ているのでしょう。また、現在表示されているIPアドレスは、プライベートですが、どこかでNATを使っているのでしょうか?(たとえば、ルーター)それとも、仮に振ってあるのでしょうか?
lserver2は、ルーター、もしくは、FWの機能をしているようですが、ipchain等の設定はどうなっているのでしょうか?通常マスカレードしているはずですよね?
すべては、気持ちよくpingがとおるのでしょうか?
普通に設定するのなら、lserver1をルーターにして、現状の機能とipchainsを動かします。lserver2を内部に持ってきてSambaサーバーを動かすのが普通でしょう。
その場合、基本的には、すべてのサーバーは、内側のDNSサーバーのクライアントにするのが普通でしょう。
こんな風に構成すれば、普通に動くと思いますが、いかがでしょうか?

どうしてこの構成なのかがよくわかりませんが、この構成は不自然です。(設定がきちんとしていれば問題ありませんが、設定の詳細がわからないし、うまくいっていないということなので、わかって組んでいるのではないと判断します)
まずネットワークの構成をしっかりしてください。lserver1は、DNSクライアントとしてどのDNSサーバーを見ているのでしょう。また、現在表示されているIPアドレスは、プライベートですが、どこかでNATを使っているのでしょうか?(たとえば、ルーター)それとも、仮に振ってあるのでしょ...続きを読む

QLinuxで「irq timeout: status=0xd0」のエラー

Linuxの勉強のため、RedHat Linux7.3をインストールして使っているのですが、頻繁に以下のようなエラーが表示されます。このエラーの意味するものは何でしょうか?
エラーが表示の前後、HDDへのアクセスが発生しています。
どなたかご存知の方教えてください。

hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

Aベストアンサー

環境が異なるので、同じ結果ではありませんが、

>hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

hda:一台目のハードディスク全体の名前
ide0インターフェイスのirq(割り込み)が、何かと競合している用に見えます。


ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2

ide0に対して異常割り込みが起こり、リトライをして、

hda: drive not ready for command
ハードでリスクは、コマンドを受け取れませんでした。

ide0: reset: success
ide0にリセットをかけたら、うまくできたことを表示しています。

文面からは、一応Linuxは、動作しているようなので、

# cat /proc/pci | less
あるいは、
# more /proc/pci
で、とくに、ide0の部分のirqの競合を見てはと思います。

それと、ブート時のメッセージに何かエラーが表示されていないかも確認すると何かヒントが得られるかも知れません
# dmesg | more
起動時のメッセージが分かります。

参考までに、私のpciファイルの内容です。

[root@pent2 proc]# more pci
PCI devices found:
Bus 0, device 0, function 0:
Host bridge: Intel Corp. 82845 845 (Brookdale) Chipset Host Bridge (rev 17). Prefetchable 32 bit memory at 0xe0000000 [0xe3ffffff].
Bus 0, device 1, function 0:
PCI bridge: Intel Corp. 82845 845 (Brookdale) Chipset AGP Bridge (rev 17).
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=15.
Bus 0, device 29, function 0:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #1) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xd400 [0xd41f].
Bus 0, device 29, function 1:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #2) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xd800 [0xd81f].
Bus 0, device 29, function 2:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB (Hub #3) (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xdc00 [0xdc1f].
Bus 0, device 29, function 7:
USB Controller: Intel Corp. 82801DB USB EHCI Controller (rev 1).
IRQ 10.
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfffbc00 [0xdfffbfff].
Bus 0, device 30, function 0:
PCI bridge: Intel Corp. 82801BA/CA/DB PCI Bridge (rev 129).
Master Capable. No bursts. Min Gnt=6.
Bus 0, device 31, function 0:
ISA bridge: Intel Corp. 82801DB ISA Bridge (LPC) (rev 1).
Bus 0, device 31, function 1:
IDE interface: Intel Corp. 82801DB IDE U100 (rev 1).
IRQ 10.
I/O at 0xfc00 [0xfc0f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0x10000000 [0x100003ff].
Bus 0, device 31, function 3:
SMBus: Intel Corp. 82801DB SMBus (rev 1).
I/O at 0xc00 [0xc1f].
Bus 1, device 0, function 0:
VGA compatible controller: PCI device 1002:4966 (ATI Technologies Inc) (rev
1).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.
Prefetchable 32 bit memory at 0xd0000000 [0xd7ffffff].
I/O at 0x9800 [0x98ff].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfdf0000 [0xdfdfffff].
Bus 1, device 0, function 1:
Display controller: PCI device 1002:496e (ATI Technologies Inc) (rev 1).
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.
Prefetchable 32 bit memory at 0xc8000000 [0xcfffffff].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfde0000 [0xdfdeffff].
Bus 3, device 2, function 0:
Ethernet controller: 3Com Corporation 3c905B 100BaseTX [Cyclone] (rev 48).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=10.Max Lat=10.
I/O at 0xb800 [0xb87f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfefbf80 [0xdfefbfff].
Bus 3, device 3, function 0:
SCSI storage controller: PCI device 9005:0082 (Adaptec) (rev 2).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=40.Max Lat=25.
I/O at 0xb400 [0xb4ff].
Non-prefetchable 64 bit memory at 0xdfefa000 [0xdfefafff].
Bus 3, device 4, function 0:
Multimedia audio controller: Ensoniq ES1371 [AudioPCI-97] (rev 8).
IRQ 10.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=12.Max Lat=128.
I/O at 0xb000 [0xb03f].
Bus 3, device 8, function 0:
Ethernet controller: PCI device 8086:103a (Intel Corp.) (rev 129).
IRQ 11.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=8.Max Lat=56.
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfef9000 [0xdfef9fff].
I/O at 0xac00 [0xac3f].
Bus 3, device 14, function 0:
RAID bus controller: Promise Technology, Inc. PDC20276 IDE (rev 1).
IRQ 11.
Master Capable. Latency=32. Min Gnt=4.Max Lat=18.
I/O at 0xcc00 [0xcc07].
I/O at 0xc800 [0xc803].
I/O at 0xc400 [0xc407].
I/O at 0xc000 [0xc003].
I/O at 0xbc00 [0xbc0f].
Non-prefetchable 32 bit memory at 0xdfefc000 [0xdfefffff].

dmesg | more を表示したいのですが、環境が複雑すぎて長いので省略します。

環境が異なるので、同じ結果ではありませんが、

>hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=1
ide0: reset timed-out, status=0x80
hda: status timeout: status=0x80 { Busy }
ide0: unexpected interrupt, status=0x80, count=2
hda: drive not ready for command
ide0: reset: success

hda:一台目のハードディスク全体の名前
ide0インターフェイスのirq(割り込み)が、何かと競合している用に見えます。


ide0: unexpected interrupt, status=...続きを読む

QFloppy disk(s) fail(40) の意味・原因と対処を教えて下さい

Floppy disk(s) fail(40) の意味・原因と対処を教えて下さい。
起動時、MemoryTestの後、このメッセージが出ます。

MotherBoard:FIC VA-503+
BIOS:Award V4.60PGA です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

意味:
フロッピーディスクが認識できません。

原因:
フロッピーケーブルの挿し間違い、断線、電源ケーブルの不良、
FDD自体の不良、BIOS上での設定ミス、マザーボードのFDDポートの故障など

ちゃんとケーブルが刺さっているか、ほかのPCにFDDを接続してみて問題ないか、
ケーブルを変えて問題ないか、BIOSの設定は正しいか確認しましょう。

QCeleron M 520 と Pentium 4 はどっちがいいの?

タイトルの通りどっちがいいんですか?
Pentium4で動作するゲームはCeleron M CPU 520で動作するのか気になっただけです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2の者です。

済みません、私ミスしてました。
「モバイル=キャッシュ抑えてある」←これ間違いです(;´ρ`)

ゲームタイトルが「Operation7」との事ですが、これまだβ開始するとかそういう段階なんですね^^;
公式HPに行ってみたのですが、細かい情報が何一つ載せられていなかったので参考に出来ませんでした。
が、流されているムービーを見た感じでは、それなりに性能を要求されそうですね…3DFPSのようですし。

BF1942FANさんの載せられた動作環境を見ますと、恐らく動作は可能だと思います。
ですが、快適に動くかとなると厳しそうです。
一般的に、メーカー発表の動作環境は、そのソフトを正常に動作させるのに最低限必要な環境、
推奨環境は、“まともに”使用するのに最低限必要な環境、である場合が多いです。
つまり、最低動作環境であると、起動はするけれど実使用に耐えなかったり、
推奨環境であってもギリギリである場合は、動きがぎこちない場面が頻繁に出る可能性が高いです。
経験から言いますと、推奨環境をやや余裕を持って上回るくらいでなければ快適動作は厳しいです。

VGAが何であるかも非常に大切な要素(ある意味一番大事)なため、そこが不明なのが残念ですが、
OSもXPよりVistaの方が動作を重くしてしまいますので、正直メモリが1GBでは少々苦しいかも…という印象を受けます。
CPUに関しては、古い設計のPentium4がCeleron Mに対して有利なのは動作周波数だけですので、
Pentium4の1.7GHzとCeleron M520の1.6GHzならば後者の方が有利だと思います。

比較が難しい状況ですので、「思います」だとか「印象です」ばかりになりました^^;

No2の者です。

済みません、私ミスしてました。
「モバイル=キャッシュ抑えてある」←これ間違いです(;´ρ`)

ゲームタイトルが「Operation7」との事ですが、これまだβ開始するとかそういう段階なんですね^^;
公式HPに行ってみたのですが、細かい情報が何一つ載せられていなかったので参考に出来ませんでした。
が、流されているムービーを見た感じでは、それなりに性能を要求されそうですね…3DFPSのようですし。

BF1942FANさんの載せられた動作環境を見ますと、恐らく動作は可能だと思います。
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報