50才の男性、左手首3cm位上の骨を1本単純骨折し、近くの病院でレントゲンの結果、ずれているのを引っ張ってくっ付けギブスをあてている状態です。
6週間から、完治3ヶ月という診断ですが、
自然にくっ付いても治癒後、力仕事は差し支えないでしょうか?土木作業に携わっているものですから

A 回答 (2件)

基本的にどの部分の骨折でも、完全にもとの骨の硬さになるのに約2~3ヶ月かかります。

しかし、日常生活をこなす程度でしたら約5~6週間で可能です。ですからギプス固定はそれまでの期間になると思います。骨の硬さからいうと、治癒後に力仕事をしていくのは何ら問題ないと思いますが、ギプス固定をしている間に手首の関節がどんどん固くなってしまうので、それに対するリハビリがどの程度良好に進むかによって、その後の状況は変わってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

若い人ならともかく、年配の、まして仕事がら毎日が重労働にたずさわっている人
の骨折で、ちょっと心配しましたが、外科的治療をしなくとも、養生とリハビリで完全に
くっ付くんですね。安心しました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/14 18:36

同じ質問があります。


WebMasterにメールして統一してもらっては如何でしょうか?

mailto:webmaster@okweb.ne.jp

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上記の件 あわてて単純に私のミスです。

参考URLありがとうございました。
今後の為に、プリントアウトします。

お礼日時:2001/04/14 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報