50才の男性、左手首3cm位上の骨を1本単純骨折し、近くの病院でレントゲンの結果、ずれているのを引っ張ってくっ付けギブスをあてている状態です。6週間から、完治3ヶ月という診断ですが、
自然にくっ付いても治癒後、力仕事は差し支えないでしょうか?土木作業に携わっているものですから

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「骨折」
このページで特に「予後と転帰」等と関連リンク先を参考にして下さい。

この項に記載はないようですが、一般には医師と相談の上、慎重に対応された方が良いと思います。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

一回折れて治った骨はもとより強くなるそうです.だから、ちゃんとした形でくっついていれば力仕事も大丈夫だと思います.

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのお言葉をお聞きして、本当に安心しました
私も心臓の骨を折って強くなりたいです(笑)
ありがとうございました

お礼日時:2001/04/16 06:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザの治癒診断書、または出勤許可書は完治

インフルエンザの治癒診断書、または出勤許可書は完治後、診察されていない病院で発行してもらうことは可能でしょうか?診察した病院はわけがあって行けません。

Aベストアンサー

インフルエンザは熱が無い事は頭に手を当てたり体温計で計ったりすればよく、咳が無い事はすぐに分るので、通常は自己申告で十分ではないでしょうか。
解熱後2日以上経っていれば出勤可能とされています。
次を参照ください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7334607.html

インフルに確かに罹っていたので出勤出来なかった、現在は完治しているとの意味の証明でしたら診察した病院しか発行しないでしょう。

Q手首の単純骨折

50才の男性、左手首3cm位上の骨を1本単純骨折し、近くの病院でレントゲンの結果、ずれているのを引っ張ってくっ付けギブスをあてている状態です。
6週間から、完治3ヶ月という診断ですが、
自然にくっ付いても治癒後、力仕事は差し支えないでしょうか?土木作業に携わっているものですから

Aベストアンサー

基本的にどの部分の骨折でも、完全にもとの骨の硬さになるのに約2~3ヶ月かかります。しかし、日常生活をこなす程度でしたら約5~6週間で可能です。ですからギプス固定はそれまでの期間になると思います。骨の硬さからいうと、治癒後に力仕事をしていくのは何ら問題ないと思いますが、ギプス固定をしている間に手首の関節がどんどん固くなってしまうので、それに対するリハビリがどの程度良好に進むかによって、その後の状況は変わってくると思います。

Qギブスをつけたくありません。

昨日(5/16)に、足首をひねりました。
くるぶしが腫れています。押すと痛いです。でも歩けます。ギブスをつけなければ治らないでしょうか?ギブスをつけると動きにくいし、なるべくつけたくありません。
我儘だということは承知しています。ですがどうしても嫌です。ギブスをつけずに直すことは出来ますか?テーピングなどでなんとかなりますか?また、それをしてくれる病院等ってありますか?

Aベストアンサー

捻っただけでギブスなんて大げさですよ。

湿布を貼ってれば大丈夫です。

QC型肝炎が自然治癒することってあり得ますか?

病院で血液検査の結果、C型肝炎の「既感染」と言われました。
一度感染しているが、自然治癒していて今は感染していない状態なのだそうです。
子供の頃、大きな手術をしたので、その時に感染したのではないかと思うのですが(病院に確認したわけではありませんが)
大変な病気なのに「自然治癒」することなんてありえるのでしょうか?
また、今後再発する可能性はあるのでしょうか?

それから、今朝の新聞の折込広告にフィブリノゲン納入の医療機関の一覧が出ていました。
私が子供の頃に手術をした病院も掲載されていました。
手術したのはもう40年近くも前のことなのですが、一応その病院に確認しておくべきでしょうか?

いろいろな不安からまとまりのない質問になってしまいましたが
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。

「どこからウイルスが排除される」について

感染した方の体の中からです。体内に入ったC型肝炎ウイルス(HCV)は肝臓内(正確には肝臓を構成する”肝細胞”内)で増殖します。増えたウイルスは血液中に放出されます。ウイルスが感染し、増えてくると体の中の免疫が働き、ウイルスを排除、平たく言うと殺そうとします。HCVは、いろいろな形でこの免疫機能から逃れようとします。上手く逃れられてしまうと慢性感染になると考えてください。免疫が上手く働くとウイルスは体の中からいなくなります。ただ、かつて感染した証拠は残ります。これが抗体です。この場合、時間が経ってから調べると「既感染」と診断されます。

厳密には、肝臓の組織を一部取ってきてウイルスの存在を調べる事になりますが、手間と診断効率、リスク、費用対効果を考えて、血液中のウイルスを調べる形になります。複数回、ウイルスがいない事が証明されれば、ウイルスが存在している可能性はまずないと考えていいと思います。

急性C型肝炎でウイルスが排除されるまでの期間ですが、感染から、数ヶ月と考えます。

お子さんへの感染ですが、ウイルスが体内にいない状態では可能性はまずないと思います。ただ、質問者さんが本当に感染していたのかも分かりませんし、妊娠出産の時にウイルスがいたか、いないかも分かりませんので何とも言えません。感染があったとしても、その手術が原因とも限りませんし。お子さんについて一番確実なのは、検査を受けることです。保健所でも行っているようですから、問い合わせてみてください。

#4です。

「どこからウイルスが排除される」について

感染した方の体の中からです。体内に入ったC型肝炎ウイルス(HCV)は肝臓内(正確には肝臓を構成する”肝細胞”内)で増殖します。増えたウイルスは血液中に放出されます。ウイルスが感染し、増えてくると体の中の免疫が働き、ウイルスを排除、平たく言うと殺そうとします。HCVは、いろいろな形でこの免疫機能から逃れようとします。上手く逃れられてしまうと慢性感染になると考えてください。免疫が上手く働くとウイルスは体の中からいなくなります。ただ...続きを読む

Q治癒型肺結核

37歳、男性です。
会社の健康診断で治癒型肺結核、支障なし。と結果通知(再検査等の指示はなし)がきたのですが、これはどう考えたらいいのでしょうか?
(不安なので後日、自分で病院に検査に行く予定なのですが)

Aベストアンサー

結核菌を現在外に排出していないが,過去に結核菌が作っていた病巣があることがわかったということではないでしょうか。専門医は適切な判断を出してくれると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報