最新閲覧日:

愛車86’GPZ1000RXですが、急に、200Km以上でなくなりました。ローギアでは上まで回るのですが、高速等で5.6速からの加速で6500rpmで、リミッターがかかったような、燃料がカットされたような、伸びなくなりました。ちなみにマフラー等は替えていますが、ちょっと前までは何でもありませんでした。走行距離は45.000Kぐらいです。教えてください

A 回答 (6件)

一番プラグが水没していませんか?


GPZ900RとGPZ1000RXは1番プラグホールがどうしても水没しがちです。いきなり吹けなくなったらまずはココをチェックしてみましょう。(ちなみに、私はIDの通りに900Rを所有しています。)

またはエアクリーナーが汚れている事も考えられます。

それらが原因で無かったとしてら、排圧不足になっている事も考えられます。エンジンオイルはコマメに換えられているでしょうか?シリンダーの抱き付きが始まると排圧不足となり上が回らなくなるので要注意です。
    • good
    • 0

こんにちは。



ご質問の症状からすると,混合比が薄いようにもとれますね。
ローギアだとエンジンにとっては低負荷なので,ピストンバルブの開度も小さいですよね。
だからジェットニードルの段数なんかをいじっていなければ,メインジェットが多少詰まっていても
そこそこ綺麗に回ってしまいます。
ですからメインジェットの詰まりかな?って気がします。

でもこれだと「急に」ってのが説明出来ないですよね。そこで色々想像すると
・キャブのピストンバルブ(スロットルバルブじゃないですよ!)の内の何気筒かが
 途中で引っかかって全開になっていない。
・ガソリンパイプの途中にクリーナーとか入れてあって,それが詰まっている。
 それが原因で,ガソリンを猛烈に必要とする高速からの加速時,キャブにガソリンを供給するのが
 追いついていない。
以上,素人考えですけど。

あと余談ですが,エンジンがおかしいと感じておられるなら,他の方もおっしゃっているよう
高速走行は控えたほうが良いかと・・。別に200Kmでも260kmでも好きに出したらいいんですけど,
その速度で後輪がロックとかしたら・・(冷汗)
私も高速道路を200kmで走行中,ん?って思ったときには時既に遅しで,デトネでピストンが一つ溶け落ちて
クランクケースの中でカラカラ・・。おまけに路肩に止めてみるとコンロッドガシリンダーを突き破ってる。(爆)
このときは自分の強運に感謝しました。(汗)
他人事と思わず,くれぐれも無理をされないよう・・。

では。
    • good
    • 0

いやぁ 恐ろしい人だ 


それはさておき やっぱり見るところはエアクリーナー プラグでしょう
それでだめなら燃料系統でしょう
まあくれぐれも事故にはご注意ください
    • good
    • 0

エアクリーナ清掃もしくは交換とプラグを点検してみてください。

それでも悪いようでしたら素直にプロに見てもらいましょう。
恐ろしい速度で走行してるようですが、事故にはお気をつけて。何か合ったら即死です・・・
    • good
    • 0

単純にエアクリがつまってるだけでは?その辺を掃除してみましょ~!



俺がお世話になっているバイク屋「快楽バイク天国スイート」のQ&Aコーナーでいろんな質問聞いてくれるよ。店長派いいやつで、プロだからいい解答もらえるかも。
バイクは違うけど同じような内容の質問も来てました。
http://www.interq.or.jp/sun/sweeet/
のぞいてみましょ~

参考URL:http://www.interq.or.jp/sun/sweeet/
    • good
    • 0

電気系統に何らかの障害が出ている可能性もありますが・・・



それにしてもそれ以上の速度を出す必要性があるのでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ