妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

夫の死後の年金や備えについては、下記サイトの内容が参考となるかもしれませんね。



・遺族年金いくらもらえる 妻の老後に備える第一歩  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO666901001202 …

A 回答 (5件)

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。

(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。
    • good
    • 90

現状からみますと夫の年金は『「老齢基礎年金+老齢厚生年金」で11.5万円/月』かもしれません。

お母さまが国民年金の遺族基礎年金で受け取れるのは厚生年金部分のみとなります。つまり、その遺族厚生年金は夫の老齢厚生年金の3/4『つまり、単純計算では(受給額11.5万―老齢基礎年金部分6.5万円[満額受給されていると想定]=夫の老齢厚生年金推定5万円[想定遺族厚生年金])÷4×3=37500円』です。お母さんの受給額との選択になりますので、これはお母さんの年金(厚生年金の特別支給3万円:65歳になるまで)より多い額ですのでこちらを選択したとします。ただし、65歳以降はお母さんの「老齢基礎年金(満額受給の場合の想定額:65000円+夫の遺族厚生年金37500円=102500円」の合計[想定額]です。お母さんの年金が厚生年金ではなくて老齢基礎年金だった場合は『お母さんの年金3万円+37500円=67500円』となりそうです。逆に夫の年金11.5万円が厚生老齢年金の額でかつ別途、老齢基礎年金6.5万と合わせて18万受給されているのであれば、先ほどの[想定額]に6.5万円プラスしてください。『この場合167500円』となります。
    • good
    • 3

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

まず、お母様の月額3万というのは、老齢基礎年金の額ではないでしょうか。

お父さまも国民年金と厚生年金で11.5万円ということですので、厚生年金が5万だとすれば4分の3で37500円とお母様の3万で合計7万弱ということになりますね。
    • good
    • 11

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

お父様の年金の (1)報酬比例分の4分の3


お母様の年金の (2)報酬比例分全額、
        (3)経過的寡婦加算額

(1)+(2)+(3)=支給額です。

お母様が国民年金をかけていれば、上記支給額+国民年金支給額全額が支給されると思います。

この回答への補足

(1) 115,000円×3/4=86,250円
(2) 30,000円
の合計 116,250円が支給額でしょうか?

(3)の意味もわからないのですが

補足日時:2003/08/24 23:38
    • good
    • 50

ちょっとだけ経験がありますので書きますと、御父様が亡くなられた場合は妻であるお母様に「遺族年金」という物が払われる事になりますが、たぶん御父様が受取っている額の半分くらいになると思います。

また、お母様が現在受取っている厚生年金の特別支給(60才から65才まで)とどっちを選ぶかと言う選択肢になる可能性があります。
どっちにしろ、社会保険事務所に出向き、ちゃんと聞いて来た方が後になって慌てる事にはなりませんよ。
    • good
    • 49
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/24 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金は減額ですか?

本年度で60才定年です。
再雇用で継続して働きますが4月より老齢厚生年金が支給されます。
月額報酬金額 23万、年金額 10万の場合28万より多いので減額
されます?
その場合、厚生年金基金 の受給金額も収入として計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和24年4月以降のお生まれですよね?
年金は総報酬月額相当額(標準報酬月額+1年間の標準賞与額(ボーナス)÷12)と年金月額で計算します。
質問の中の年金額は年金月額でしょうか?(年金額を12月で割ったもの)それならば減額されるでしょう。
再雇用で60歳からの給料が、それまでの75%になった場合、雇用保険から高齢者雇用継続給付が支払われます。(この場合も年金のカットはありますがトータルでは受給したほうが得になると思います。)
24年生まれ男性の場合、65歳になるまでは、厚生年金は報酬比例部分のみで定額部分(おおまかに年80万円くらい)の支給はありません。
厚生年金基金は、加入年や加入年数によって加算部分、代行部分に違いがあります。加入員証の加入員番号で電話で教えてもらえます。現在60歳をお迎えになる方は、加算部分のみで在職老齢年金の減額対象にならない方が多いので、加入されていた基金に確認されたほうがよろしいかと思います。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Q働きながら年金を受給する際の、減額について

父の事について質問します。
父は現在61歳ですが、今、事情により転職を余儀なくされています。
転職先は見つかっているのですが、月収は今より下がります。手取りで20万程です。
そこで、年金が受給される63歳までは節約して生活し、受給が始まれば楽になるのではないかと思ったのですが、年金受給者が働くと年金が減額されると聞きました。厚生年金が10年程で、あとは国民年金ですので、63歳から貰える厚生年金はあまり多くないと思います。
両親は詳しい額はわからないが、きっとほとんど貰えないのでは?と言っています。
社会保険庁のHPを見ましたが基準がわからず、Q&Aでも近くの社会保険事務所へ問い合わせ…と書いてありました。この週末中に知りたいので困ってしまいました。
どなたかご存知の方、どのくらい減額されるか試算ができるか教えてください。
ちなみに、転職先は月収が総支給24万ほど、ボーナスが寸志で5万くらい支給されるので、年収は298万の計算になります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず1点、「63歳からもらえる老齢厚生年金」とありますが、現在61歳であれば、老齢厚生年金は60歳から報酬比例部分がもらえるはずです。
多分、63歳は定額部分を含めた満額支給の年齢だと思いますよ。
第2点、記載の給与水準と年金額であれば、ほとんど支給停止も無く受給できると思います。
最終確認は社保でどうぞ。

参考に、在労の早見表のURLを下記に書きます。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~matuura/zaishokuroureinenkin_no_hayamihyo-1.html

Q老齢厚生年金受給者が死亡の場合の遺族厚生年金は?

老齢厚生年金受給中の人が死亡した場合、残された家族は、遺族厚生年金をもらう事は
できるのでしょうか?

もらえる場合は、満額もらえるのかと、申請しなければもらえないのかという事もお教えください。

Aベストアンサー

>当方の父母とも会社員時代がありましたので、現在それぞれ老齢厚生年金を受け取っており、
二人分の合算の年金でかろうじて生活をしております。

「生計維持」とは、生計同一(基本的には住民票が一緒)+妻年収850万未満をいいます。

例えば長年別居していて生計同一ではない、仕送りなどもない場合、いくら850万未満でも遺族年金を受けられる遺族とはならないこともあります。

また、金額の算出については
NO3での説明は少し違っているように思いますので説明します、詳しくはhttp://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171を参照ください。
妻65歳以上として、
夫婦の場合ですが、選択はありません。
妻自身の老齢基礎+老齢厚生をまずは受け取る決まりとなっています。
そのうえで、遺族厚生年金のほうが老齢厚生を超える場合は差額が支給されます。

遺族厚生年金の額は、
遺族厚生年金(経過的寡婦加算含む)
または老齢厚生2分の1+遺族厚生年金3ぶんの2のいずれか多いほうと比較し、多いほうを遺族年金として差額支給することとなります。

このあたりの計算はイメージとして把握していただき、実際の計算は年金事務所にてしめしてくれます。
経過的寡婦加算のあるなしによってかなりかわってきますので、思い込みは危険です。
同じように長年勤務していたとしても妻は報酬が安いことが多いので通常遺族年金を受けることが多いものですが、いずれにしても個人差のあるものですので、年金事務所にて計算してもらってください。

>当方の父母とも会社員時代がありましたので、現在それぞれ老齢厚生年金を受け取っており、
二人分の合算の年金でかろうじて生活をしております。

「生計維持」とは、生計同一(基本的には住民票が一緒)+妻年収850万未満をいいます。

例えば長年別居していて生計同一ではない、仕送りなどもない場合、いくら850万未満でも遺族年金を受けられる遺族とはならないこともあります。

また、金額の算出については
NO3での説明は少し違っているように思いますので説明します、詳しくはhttp://www.nenkin.go.jp/n/www...続きを読む

Q年金の減額について

少し自分勝手な質問ですが許してください。
と言うのは、まもなく60歳を向かえ年金が入るようになりました。当分仕事を続けたいと思っていますが、この場合、年金が減額されると聞きました。
そこで、私の場合、給料のほかに、共済年金と厚生年金及び、高齢者雇用継続給付の三つが支払われますが、この減額には共済年金の額も対象となるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年金の減額は総報酬月額相当分+厚生年金月額を元に厚生年金の減額を計算します。
共済年金は総報酬月額相当分+共済年金月額を元にそれぞれ計算すると思います。
だから、厚生年金の減額には共済年金は関係ないと思います。
厚生年金減額の計算は下記HPを参照してください。
共済年金は48万円(給与収入+共済年金月額)を超えると2分の1、年金がカットされます。

参考URL:http://www.nextftp.com/haisi/

Q厚生年金15年+夫の扶養は厚生年金分も受給で着ますか

素人質問ですみません。

20歳から厚生年金を払い、30歳で結婚したものの会社に勤め続け、
35歳で退職に伴い厚生年金の支払いを終了し、夫(公務員のため共済年金)の扶養に入り、60歳まで夫の扶養だった場合、
この妻が65歳になったときには、年金はどのような額がもらえるのでしょうか。

15年分の厚生年金と40年分(?)の国民年金をもらえると理解していいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 15年分の厚生年金と40年分(?)の国民年金をもらえると
>理解していいのでしょうか?
はい。凡そのイメージはその通りです。
・老齢厚生年金
 15年間の被保険者期間中に支払った保険料(再計算)に基づく金額が支給されます。具体的な額は、ご質問文の内容からは計算できません。
・老齢基礎年金
 「夫の扶養に入り、60歳まで夫の扶養だった場合」が、国民年金第3号被保険者を指しているとすれば、第2号被保険者15年+第3号被保険者25年=40年なので、満額支給されます。

QNPOでのアルバイトで年金減額されますか?

今年から年金受給者です。NPO法人でアルバイトを始める予定ですが、
年金が減額されるのか、どうか教えて下さい。

条件は、一日6時間/週4日で、期間6ケ月(延長有り)です。
1)NPO法人は厚生年金適用事業所なのでしょうか?
2)勤務条件で減額されますか?
  それとも、収入額・期間により減額となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1日6時間、週4日とそれぞれで見れば3/4を超えていますが
1週間の時間数で見ると正社員が40時間に対し、週24時間で
あるため社会保険の適用にはなりません。
もし仮に30時間以上になれば社会保険の適用になります。
適用にならないため年金との調整はなくどれだけ稼いで頂いても
年金の減額はありませんのでご安心ください。

Q遺族年金の受給見込と妻自身の老齢厚生年金の繰上受給

夫 70歳 老齢厚生年金受給中
妻 63歳

夫の余命が2年以内と判明した場合、
妻は夫の死後は遺族年金の受給となると思います。
妻が65歳から、比較的少額ではあるものの、妻自身の老齢厚生年金の受給資格がある場合でも、遺族年金の金額計算においては、上乗せされることなく、結局含有されるかたちとなって、遺族年金の金額が65歳から増えることはないと、理解しております。

その場合、妻自身の老齢厚生年金は早めに繰上受給手続をして受給したほうが、遺族年金の給付までは妻自身の老齢厚生年金が受給できるため、概ね得になる、という理解でよいでしょうか?
リスクとしては、仮に夫が余命判定より大幅に存命した場合の、妻の老齢厚生年金の繰上受給による金額逓減の可能性でしょうか?

Aベストアンサー

質問内容は、質問者自身のことではないと思われますが、一応回答します。

女性の昭和23年4月2日~昭和25年4月1日までの人は、60歳から老齢厚生年金を
受給しており、またその定額部分、つまり老齢基礎年金(納付の際の国民年金相当
部分)についても62歳から受給することになっています。
したがって、現在63歳の女性は、これら両方の年金を受給していることになりますので、
質問者への回答は不能です。

60歳に達して、窓口での老齢厚生年金受給手続きにあたっては、定額部分の繰り上げ、
繰り下げについての照会がありますので、これに関しても、通常は決定済みでしょう。
その時点で決めた繰り上げ、繰り下げに関する方針は、その後に変更できません。

遺族年金と一口にいっても、この場合は、老齢基礎年金部分については関係ないので、
遺族老齢厚生年金部分になり、夫の死後、その4分の3を受給することができますので、
自分の老齢厚生年金部分との比較後、決定すれば良いのです。

Q厚生年金受給額計算基礎

 有識者様! 教えてくださいませ。
どのように計算されるのかわかりません。
 生涯の平均報酬は
 嘱託時代の減額されたものを
(1)総平均するなら大損です?
  @が当然下がる

(2)嘱託期間(年金保険料負担する)は
 受給額にプラスになりましょうか?

いったいどのような仕組みなのか
 お知恵拝借させてください。

Aベストアンサー

老齢厚生年金の額は、
平均標準報酬額×給付乗率×被保険者月数 ということになりますが平均標準報酬額というのが面倒です。

それは実際の報酬額を、受給時点と報酬を貰っていた時の物価の違い(貨幣価値の違い)を補正してから平均しますから、単純に平均報酬額を用いればいいという事にはなりません。
同じ報酬額でも貰っていた時期が違うと同じ額としては扱わないという事もあるのです。

つまり賞与を無視すれば、平均標準報酬額=(Σ(標準報酬月額×再評価率))÷加入月数です。再評価率というのが物価の補正に相当します。

(1)しかし、報酬額が下がったなら下がらない場合と比べて平均標準報酬額は下がるのは当然のことになります。

(2)嘱託期間でも厚生年金に加入していたらその期間も年金額に加わることになります。嘱託期間で報酬額が下がって平均標準報酬額は下がっても加入期間は増えるので年金額が減ることにはなりません。

Q障害基礎年金受給者が障害厚生年金を受給できますか?

現在、障害基礎年金を受給しています。

今後働いて一定期間厚生年金を収めた場合、新たに障害厚生年金を受給することはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

質問の意図が明確ではないので、yesであり、Noである。

年金給付は、その給付原因となった時点で加入していた公的年金制度の保険料納付実績等に基づくので、

・厚生年金保険に加入中に初診日がある傷病が原因で障害が発生した(現在の障害が増悪した)場合、厚生年金保険法に定めの条件に合致すれば、障害基礎年金+障害厚生年金が支給される。
 ⇒答えはYes

・現在支給されている障害基礎年金は厚生年金加入前に初診日がある訳だから、障害認定がなされた後に厚生年金に加入したところで、現在の障害状態に対して厚生年金からは給付は行われない。
 ⇒答えはNo
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング