【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

音楽の授業で今、「フィンランディア」の移調をしていますが、よくわかりません。
簡単なやり方はないでしょうか??
ちなみに「アルトリコーダー」で吹くために「ト長調」から「へ長調」への移調です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一音(ここでは、長2度=全音=半音+半音のこと)下げるだけでよいです。



ややこしくなってしまいすみませんでした。

追加で、あの記憶法はテストで使えますが、長調のときだけです。
♯♭のいちばんおしりについたものから、主音と長音階が出せます。
かえってわかりにくいのならば忘れてくださいませ。
    • good
    • 0

こんにちは


#2の補足です。
ごめんなさい。
ト長調の楽譜をヘ長調の楽器で演奏する移調と勘違いしてました(^^;ヾ

ト長調の楽譜をヘ長調にするだけだったんですね。
他の方がかかれているように..
(1)ト調の楽譜の音符を一音下げる(長二度下、ト長調ソならヘ長調はファ)
(2)ト調の楽譜のファ#にナチュラルが付いていたら移動したヘ長調の楽譜ではミbにする。
(3)ト長調のド#は移動したヘ長調の楽譜ではシのナチュラルにする。
だと思う(^^;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

しっかり、楽譜を見てやってみました。
テストも大丈夫でした!!
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/19 22:29

♪ソソソソファ(♯)ミレ~ミファ(♯)ソラシラ~


(ト長調→♯ファ)
気楽なおぼえかた→楽譜の♯の位置が、ファに来ていますが、シャープ(頭文字シ)の音、次にドと来るのは、ソ。→「ソ」の和音がしっくりきます。(「ド」を探していきます。)
→ハニホヘト(ドレミファソ)だからト長調と考える

♪ファファファファミレド~
レミファソラソ~
(ヘ長調→♭シ)
楽譜で♭フラットの位置は、シのところにあるのですが、フラットの頭文字フをとってファ→ファ、ミ、レ、ドと下がると、♭のシ、ラ、ソ、ファと下がり、「ド」が「ファ」の位置に来ます。そこで、ファの和音(ファ、ラ、ド)がしっくりきます。
ファの和音、ハニホへで、ヘ長調
ハニホヘトイロハの順です。

楽譜を指でたどって「ド」を探すと、基本の和音が出ます。それを意識しながら、楽譜をおこして、演奏していくと間違いないです。
用語忘れたので、適当ですみません。また思い出したらお便りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「一音下げて、一オクターブ上げる」のやり方って合ってますか???

お礼日時:2010/12/06 06:43

あー、ごめん間違えた。


多分、多分
全部の音を長2下げるかなぁ
音符がぁ、レ→ド
ド→シの♭ (へ長調)だから、これはシでいいよね、楽譜は。
こんな感じ

レ→レ 完全一度
レ→ドの右隣の黒鍵 短一度
レ→ド 長二度

わかる?わかんないよねぇ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました★
ちょっと、わかってきました!!

お礼日時:2010/12/05 20:12

パソコンに入れて,ワンクリックで解決です。


音楽の先生に頼みましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
先生に聞いてみたいと思います★

お礼日時:2010/12/05 12:09

こんにちは


>ト調調からへ長調への移調を教えてください。

 方法論として一番簡単なやり方は、楽譜浄書ソフトを購入してト長調で入力してヘ長調に移調する(そのような移調機能が浄書ソフトにあります)。

 手で行うなら以下の手順です。クラリネットではハ長調の楽譜を変ロ長調の楽器で演奏するために同じ手順でやってます。

(1)移調先の調号を考える
 例えば移調先の調号を左に書き右に移調元の調号を書いて比較しましょう。
 今回の場合、左の移調先のト長調にするために右のヘ長調をハ長調に直してからト長調にすることを考えます。
 右の移調元の調号を見てハ長調にするにはbを取ればよいので#を付ければよいことが判ります。
 次に左の移調先の調号を見て#が1つ付いているので上記にさらに#1つを上に足せばよいことになり、結果的に#2個付ける調に移調すればよいことが判りました(つまりニ長調)。

(2)音符のずらす位置を考える
 ト音に向けてへ音をずらす、つまり長2度の音程を上にずらす移調ですから楽譜で1つ上にずらして書きます。
 このとき臨時記号はそのまま付けますが..
 左の移調先の音符が調号(#ファ)にあたる音がナチュラルになっていた場合は移調元ではbに変えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
移調って調号も変わるんですね・・・・・
難しいです。
がんばってやってみたいと思います。

お礼日時:2010/12/05 12:11

#一個から♭一個に変更って事でしょ?


長1全体に下げるじゃだめ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「長1全体にさげる」とはどうすればいいのでしょうか??
よかったら教えてください★

お礼日時:2010/12/05 12:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q移調のやり方

移調について、3つほどわからないことがありますので、教えてください。お願いします。

1.ロ長調からハ長調へ移調するとき機械的に音を6度上ればよいのでしょうか。

2.ハ長調を長3度下とか短3度上に移調するとき、調号はどうやって判断するのでしょうか。

3.臨時記号はどうやって扱えばよいのでしょうか。例えば、ロ長調からハ長調へ移調するときに、ミの♯やラの♯はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

1.
ロとハは半音で2つの違いなので、機械的に2半音(1全音)上げればよいです。
「度」で考えると失敗することがあります。(いちいち「長3度」だの「短3度」だの、「長6度」だの、個別に覚える面倒さもあり。)


2.
説明が長くなりますが、まず、このように考えます。

【シャープ系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) #が0個
ト長調 ファに#
ニ長調 ファ、ドに#
イ長調 ファ、ド、ソに# 
ホ長調 ファ、ド、ソ、レに#
ロ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラに#
嬰ヘ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミに#  ・・・変ト長調に同じ
嬰ハ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シに#  ・・・変ニ長調に同じ

【フラット系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) ♭が0個
へ長調 シに♭
変ロ長調 シ、ミに♭
変ホ長調 シ、ミ、ラに♭
変イ長調 シ、ミ、ラ、レに♭
変ニ長調 シ、ミ、ラ、レ、ソに♭  ・・・嬰ハ長調に同じ
変ト長調 シ、ミ、ラ、レ、ソ、ドに♭  ・・・嬰へ長調に同じ
(変へ長調 シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファに♭  ・・・ホ長調に同じ)

上記を見るとわかるのですが、
・#系は、調号の#のうち、「一番後ろの#の半音上の音」がキーの音になっている。
・♭系は、調号の♭のうち、「後ろから2番目の♭の音」がそのままキーになっている。
という規則性があります。

>>>
ハ長調を長3度下とか短3度上に移調するとき、調号はどうやって判断するのでしょうか。

<長3度下>
ドの長3度下は、ソ#とも言えますし、ラ♭とも言えます。
ですから、嬰ト長調か変イ長調になるのですが、
上記の通り、嬰ト長調の調号はありません。(というか、無理矢理嬰ト長調の調号にすると、#が8つになって、わけがわからなくなります。)
よって、ハ長調の長3度下は変イ長調です。

<短3度上>
ドの短3度上は、レ#ともいえますし、ミ♭とも言えます。
ですから、嬰ニ長調か変ホ長調になるのですが、
上記と同様の考え方で、変ホ長調です。


3.
転調するときは、臨時記号を使わず、調号を変えます。
転調前後の小節の区切りのところに書きます。
ロ長調からハ長調へ移調するときには、調号は
ファ、ド、ソ、レ、ラの5つに#  →  #も♭も無し
となりますので、
区切りのところで、ファ、ド、ソ、レ、ラにナチュラル記号を書きます。

こんにちは。

1.
ロとハは半音で2つの違いなので、機械的に2半音(1全音)上げればよいです。
「度」で考えると失敗することがあります。(いちいち「長3度」だの「短3度」だの、「長6度」だの、個別に覚える面倒さもあり。)


2.
説明が長くなりますが、まず、このように考えます。

【シャープ系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) #が0個
ト長調 ファに#
ニ長調 ファ、ドに#
イ長調 ファ、ド、ソに# 
ホ長調 ファ、ド、ソ、レに#
ロ長調 ファ、ド、ソ、レ...続きを読む

Q移調のやり方について(ハ長調をニ長調に)

学校のレポートの問題なのですが、
自分の学校の校歌(ハ長調)をみて、レポートの五線にニ長調に移調しなければならないのですが、やり方がいまいち分かりません。
今はとりあえずネットや教科書を見て、ト音記号と「♯」を高い方のファと高い方のドの所に書いたところです。
ここから何をすればいいのか教えて欲しいのですが、あまりこの説明ではよく分からないのかもしれないので、何か他に書かないといけないことがあれば言ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

>>>ト音記号と「♯」を高い方のファと高い方のドの所に書いたところです。

そうですね。
ただし、何拍子かを表す記号より左に書くのがお約束なので、
そこを間違えないでください。


>>>ここから何をすればいいのか教えて欲しいのですが、

ハ長調の楽譜にある音を、全部1個上にずらします。
ど→れ
れ→み
み→ふぁ
ふぁ→そ
そ→ら
ら→し
し→ど


>>>あまりこの説明ではよく分からないのかもしれないので、

よくわかりましたよ。大丈夫です。


>>>何か他に書かないといけないことがあれば言ってください。

ありません。
あえて言うのなら、
高いソを高いラにずらすとき、音符の玉を短い横線で貫くことを忘れないようにするぐらいですかね。
(そうしないと、音程がどこなのかが不明確になるので。)
しかし、それはご存知でしょうね。


以上、ご参考になりましたら。

Q転調について

ハ長調からト長調へ転調するとします。
新しい調(ト長調)のV7の和音に直接はいる方法で転調する場合、
ハ長調のI度和音(C)からト長調のV度和音(D)→ト長調のI度和音(G)となりますが、
ト長調のI度和音(G)の部分がIV度和音(C)などの主和音ではない場合は、一つ前の和音(ト長調のV度和音(D))には普通何を入れればいいんでしょうか?
というか、こんな転調もありなんでしょうか?

C(ハ長調)→?(ト長調)→C(ト長調)ということです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>C(ハ長調)→?(ト長調)→C(ト長調)
これだと「?」のところでもう転調してることになるけど書き間違いかな?

ぶっちゃけ、繋がりがおかしく聞こえなかったら「何を入れても」「どんな転調でも」いいわけなんですが、確かにC→Gの転調で転調完了時のコードがCってのは聞いたことがないですね。


一般的に収まりがいいのは「転調完了時のコードへのV」です。例で言えばC→G→C。
II-Vモーションを使うともっと収まりがよくなります。つまりDm→G7→C。
ただ、この場合転調用のコードが転調前のダイアトニックなので分かりにくいですね。

癖のある進行としては、Am→B7→C(→D)という方法もあります。B7の違和感が、後になってKey=GのIII7であることが分かった時に気持ちよくなります。

いずれにしても単にコードだけでなくメロディによって自然さは変わるので一概には言えませんが、参考までに。

Qピアノ譜の移調の方法

あるピアノの曲を練習しているのですが、フラットが6個もついていて、
私には難しすぎて、なかなか上手に弾ける様にならないのです(泣)

この原曲を移調して、もっと簡単にしたいのですが、
どのような方法がありますか?

色々調べてみたら、Finale NotePadというのを見つけたのですが、
こちらのソフトは、最初から全ての音符を入れて、そこから移調するのですよね?
長い曲なので、考えるだけでも気が遠くなります。
Adobeで保存しているその楽譜を読み込んで、それを移調してくれるなんていう
夢のようなソフトはないのでしょうか。。。。

PCの事などお恥ずかしいくらい初心者なのですが、
教えていただけると助かります。

どうぞお願いします!

Aベストアンサー

ピアノ教師です。

フラットが6個ということは、変ト長調か変ホ短調ですね。
でしたら、ト長調かホ短調にするんだったら、ソフトはいらないと思いますよ。

まず、調号をファの#だけにします。
そして、楽譜中に出てくる臨時記号がシミラレソドの(ナチュラル)だったら#に読み替えます。
また、ファの♭だったら(ナチュラル)に読み替えます。

ト長調やホ短調にしてしまうと、和音の響きが明快になってしまって、原曲の雰囲気とは多少違ってしまいますが、試してみてください。

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Q曲を流したら譜面に起こしてくれるソフトってないですか!?

曲を流したら譜面に起こしてくれるソフトってないですか!?

Aベストアンサー

Windowsですと、

採譜の達人 1.70
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se075058.html
鼻歌ミュージシャン2
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se280650.html
ソング頼太(ライタ)for Windows 95/98/ME/2000/XP 5.22
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se026730.html

など。
「採譜の達人」が唯一複数トラックに対応できるようですが、前提条件があるみたい。というか、この技術は研究室レベルだと思います。


耳コピ作業自体、代行してくれる業者もあるようですし。

耳コピ楽譜作成 (採譜・編曲・MIDI) / 音楽理論・絶対音感養成通信講座 Winds Sheet Music
http://www.windssheetmusic.com/score.htm

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se075058.html, http://www.windssheetmusic.com/score.htm

Windowsですと、

採譜の達人 1.70
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se075058.html
鼻歌ミュージシャン2
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se280650.html
ソング頼太(ライタ)for Windows 95/98/ME/2000/XP 5.22
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se026730.html

など。
「採譜の達人」が唯一複数トラックに対応できるようですが、前提条件があるみたい。というか、この技術は研究室レベルだと思います。


耳コピ作業自体、代行してくれる業者もあるようですし。

耳コピ...続きを読む

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q伴奏のつけ方

小学校の先生になるために音楽理論を勉強しています。

今度試験で、簡単なメロディーに伴奏をつけるという
問題がでるのですが、本当に音楽音痴で
概論の本を読んでもさっぱり解りません。

どうか
伴奏のつけ方を教えていただけないでしょうか?

まず譜面の下に
ローマ数字でIとかIIIとか書いてあるのが
何かさえよく解らないのですが…
これは覚えるべきものなのでしょうか?

何を覚えたら、弾かずに、その曲にふさわしい和音が
つけられるのか教えて頂きたいです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的な和音記号は下のサイトに出ています。

http://www.mmjp.or.jp/music-access/wasei/yogo.htm

ピアノで弾く場合を少々解説いたしましょう。

左手でI、IV, V7、だけ使えたら大抵の曲は弾けます。ピアノに向かい、左手でハ長調のコードを弾いてみましょう。

I:  下から、ド、ミ、ソ  (指は5,3,1)
IV: 下から、ド、ファ、ラ (指は5,2,1)
V7: 下から、シ、ファ、ソ (指は5,2,1)

この3つを完璧に覚えましょう。そして右手のメロディーに一番合うコードを選べばいいのです。

大抵の場合、フレーズの終わりの部分は、

I→IV→V7→I、とか
I→IV→I→V7→I、とか
IV→V7→I、とか、たまに
IV→I、のような順になります。

左手の指がスムーズに動くようになるまで練習しましょう。

調が変わるときは、上のパターンをそのまま、ト長調なりヘ長調なり、その調に移動する練習をします。

これだけ出来るようになれば、けっこう便利だと思います。

昔話ですが、幼稚園の先生が「メリーさんの羊」を弾いたとき、左手の和音が全て「I」でした。この先生はとにかく「ドソミソ、ドソミソ」のワンパターンで曲の最後まで弾き切りました。私は園児でしたが、「変な音だな」と思ったものです。

基本的な和音記号は下のサイトに出ています。

http://www.mmjp.or.jp/music-access/wasei/yogo.htm

ピアノで弾く場合を少々解説いたしましょう。

左手でI、IV, V7、だけ使えたら大抵の曲は弾けます。ピアノに向かい、左手でハ長調のコードを弾いてみましょう。

I:  下から、ド、ミ、ソ  (指は5,3,1)
IV: 下から、ド、ファ、ラ (指は5,2,1)
V7: 下から、シ、ファ、ソ (指は5,2,1)

この3つを完璧に覚えましょう。そして右手のメロディーに一番合うコードを選べ...続きを読む

Qピアノの移調の方法

今やっているピアノの教則本に「キーを変えて練習する」と書いてあるのですが、スムーズに移調ができません。
とりあえずすべてのキーでスケールを弾けるようにしました。
移調をできるようにするためこの次にするべきことをおしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

慣れしかないです。
イメージとしては、頭の中で、コードの響きを思い浮かべて(IIm7とかV7とかIVとか)、そのキーにおける、対応するコードを弾くみたいな感じですかね。
移調先のキーに慣れてきて、そのキーにおけるいろいろな役割のコードが無意識に出てくるようになれば、移調も簡単に出来るようになります。

重要なのは、もとのキーの楽譜から一音ずつ(あるいは個々のコードを)ずらす、のではなくて、
移調先のキーにおける進行を思い浮かべてひく、ということです。
たとえば、C→A7→Dm7→G7を、キーFに移調するんだったら、
C→F、A7→D7、、みたいに、コード1個ずつずらすのではなくて、
キーFでの、I→VI7→IIm7→V7の響きを思い浮かべて、一気に、F→D7→Gm7→C7にずらす、ということです。

ジャズピアノの教則本(とくに海外系の教則本)では、移調の練習の題材としてアメージンググレイス(ちょっと細かめにコードを振ったやつ)を12調で弾けるようになりなさい、ていうのが挙げられています。
実際、アメージンググレイスは、ダイアニックコードと、II7みたいな非ダイアトニックコードが、適度にでてきて、移調の練習の題材としてはよいと思います。

慣れしかないです。
イメージとしては、頭の中で、コードの響きを思い浮かべて(IIm7とかV7とかIVとか)、そのキーにおける、対応するコードを弾くみたいな感じですかね。
移調先のキーに慣れてきて、そのキーにおけるいろいろな役割のコードが無意識に出てくるようになれば、移調も簡単に出来るようになります。

重要なのは、もとのキーの楽譜から一音ずつ(あるいは個々のコードを)ずらす、のではなくて、
移調先のキーにおける進行を思い浮かべてひく、ということです。
たとえば、C→A7→Dm7→G7を、キーFに移...続きを読む

Q小学校の音楽は移動ドで教えているのですか?

小・中学校の音楽の授業では、移動ド唱法で教えているということを聞きました。

ですが、私が小学生の時(10年前に卒業)、歌は楽譜をもらってすぐに歌詞で歌い、リコーダーも固定ドで楽譜を読みました。
中学も固定ドで歌を歌っていました。(私立だったため教育方針が違う?)
また、私自身は、ヤマハの音楽教室に通っていたため、固定ドが当たり前の理論としてついており、大学に入って移動ドというものがあることを知りました。

また、今の小学校の音楽の教科書を見たのですが、移動ド唱法については何も書かれておらず、音階の理論は、長調はハ長調の「ドレミファソラシド」、短調はイ短調の「ラシドレミファソラ」だけしか書かれていませんでした。
これを見た限りでは、固定ド唱法よりだと思うのですが…

今、小学校では移動ドか固定ドどちらで習っているのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんの質問&回答読ませていただきました!
学習指導要領については全くそのとおりです。
ただ厳密に言うと微妙な解釈もありますので補足です

学習指導要領には「視唱」について規定された部分があります。そこには「原則移動ドで」という規定があります。
ここからが微妙な問題なんですが、
まずこの規定。「視唱」のみのことを指しています。
なんて当たり前!!!と思われるかもしれませんが、ほんとに「視唱のみ」の活動の時を指しているようです。つまり「リーコーダーを吹くために音名を覚えたいから音名で歌いましょう」は元来OKってことなのです。(「読譜」に対する規定ではないということです)
ですのでmusikayoさんたちが「固定ドで習った」というよりは、たぶん純粋な「視唱の学習」の時間がなかった(もしくは極端に少なかった)ということでしょう。

また、現在の学習指導要領(平成11年版)ではこの視唱の規定に「ハ長調とイ短調までとする」という、いわゆる「歯止め規定」と言われるものがついています。そのため教科書会社ではそれに沿って視唱に関して二つの調しか掲載していません。
しか~し。ここで再び微妙な問題。平成15年12月にこの歯止め規定を事実上撤廃する宣言が文部省から通達されました。(学習指導要領の基準性の明確化といいます。)これにて学習指導要領は「最低基準」とされそれをクリアしていればそのほかのことも教えていいよということになりました。(そのため学習指導要領の一部改訂もされました。これには個に応じた指導も絡んでいます。)つまり、今この指導要領で学んでいる子供たちは「ハ長調・イ短調だけ」ではないかもしれません。

付け加えて(長くてすみません)
先生やCDの歌を聴いて自分たちが歌う「聴唱」も指導要領では認められています(というより必修事項)ので、「楽譜を貰ってすぐ歌う」もありということです。(実際皆音符じゃなくて歌詞しか見てないですよ。きっと。音に関しては聴唱になってると思います。)

今のプライベートレッスンは音大入試のために「固定ド偏重主義」になっています。musikayaさんのように、「大学に入って移動ドを知った」というのはこの典型といえるでしょう。移動ドを使えるってとっても音楽的になりますよ!特に複数人で音楽をやる時に威力発揮です。両方を自由自在に使えるようになるのが理想ですよね。
でも、移動ドを「頭で」理解するのは確かにちょっと難しいです。だからほとんど指導しない先生方が多いようです。
だって普通、音楽的なプライベートレッスン受けていない人はほとんど音感がありませんから。音感がない人に移動ドなんて説明すら大変すぎます。逆に絶対的な音感がある子供に説明するのも難しいです。

とは言うものの、そこを何とかする(音感を育てる)のが小学校の音楽の先生の腕の見せ所だと思います。
musikayoさんは音大に行ってらっしゃるということですので、そのあたりぜひぜひ!!!がんばってください!

長くなり申し訳ありません。

皆さんの質問&回答読ませていただきました!
学習指導要領については全くそのとおりです。
ただ厳密に言うと微妙な解釈もありますので補足です

学習指導要領には「視唱」について規定された部分があります。そこには「原則移動ドで」という規定があります。
ここからが微妙な問題なんですが、
まずこの規定。「視唱」のみのことを指しています。
なんて当たり前!!!と思われるかもしれませんが、ほんとに「視唱のみ」の活動の時を指しているようです。つまり「リーコーダーを吹くために音名を覚えたい...続きを読む


人気Q&Aランキング