可溶性タンパク質の等電点を調べる方法は具体的にどうすればよいのでしょうか、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

可溶性タンパクであるなら等電点電気泳動を使うことが多いです。


簡単に説明すれば、両電極の間にpHのグラジエントを作ります(大体あたりをつけておく)。あとはタンパクを泳動して動かなくなったpHを等電点とします。

電気泳動関連の書籍を見れば載っていると思います。詳細はそちらで確認してください。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、rei00さんご紹介以外のものを・・・・。


===============================
キャピラリー電気泳動/本田進,寺部茂/講談社/1995.4 
目でみる電気泳動法/3/芝紀代子/医歯薬出版/1991.10 
目でみる電気泳動法/2/芝紀代子/医歯薬出版/1991.10 
電気泳動法のすべて/医歯薬出版/1991.8 
タンパク質のゲル電気泳動法/真鍋敬/広川書店/1991.3
ポリアクリルアミドゲル電気泳動法/高木俊夫/広川書店/1990.11 
目でみる電気泳動法/3/芝紀代子/医歯薬出版/1990.7 
目でみる電気泳動法/2/芝紀代子/医歯薬出版/1989.11 
電気泳動実験法/電気泳動学会/文光堂/1989.2 
目でみる電気泳動法/1/芝紀代子/医歯薬出版/1988.11 
================================
ご参考まで。
    • good
    • 0

直接の回答ではありませんが,次の電気泳動関係の成書は参考になると思います。



・ゲル電気泳動法~ポリアクリルアミドおよびデンプンゲルによる~
 叢書名:生化学実験法
 著編者:A.H.ゴ-ドン,坂岸良克
 出版社:東京化学同人,刊行年:1974
 ISBN:4-8079-1140-6
 大きさ等:22 cm,132p,\1,800

・最新電気泳動実験法
 著編者:日本電気泳動学会
 出版社:医歯薬出版,刊行年:1999.2
 ISBN:4-263-22230-X
 大きさ等:26 cm,470p,\8,500

・タンパク質のゲル電気泳動法 叢書名:広川化学と生物実験ライン
 著編者:真鍋敬
 出版社:広川書店,刊行年:1991.3
 ISBN:4-567-18130-1
 大きさ等:26 cm,122p,\3,200

・電気泳動最新プロトコ-ル~より高感度・定量的な検出解析のための~ TP5
 叢書名:ザ・プロトコ-ルシリ-ズ
 著編者:菅野純夫,平野久
 出版社:羊土社,刊行年:2000.1
 ISBN:4-89706-955-6
 大きさ等:29 cm,182p,\4,900

・電気泳動実験法(新版)
 著編者:電気泳動学会
 出版社:文光堂,刊行年:1989.1
 ISBN:4-8306-1106-5
 大きさ等:27 cm,546p,\16,000

・電気泳動実験法~チセリウスからディスクまで~(改訂版)
 叢書名:広川化学シリ-ズ
 著編者:青木幸一郎
 出版社:広川書店,刊行年:1984.11
 ISBN:4-567-19070-X
 大きさ等:22 cm,185p,\2,300

・電気泳動法のすべて
 叢書名:メディカルテクノロジ- 別冊
 著編者:Medical Technology編集
 出版社:医歯薬出版,刊行年:1991.8
 ISBN:4-263-22012-9
 大きさ等:26 cm,266p,\2,913

・電気泳動法~基礎と実験~
 著編者:寺田弘
 出版社:広川書店,刊行年:1989.4
 ISBN:4-567-24060-X
 大きさ等:27 cm,420p,\10,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの本の紹介ありがとうございました。調べてみます。

お礼日時:2001/04/25 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高タンパク質・カリウムの食品について教えてください。

父は肝臓がんによる腹水があります。
高たんぱく質・カリウムを含んだ食品をとるように医者から言われています。(入院していますが、食事療法はしてくれていません)カリウムは果物をとるように言われましたが手軽に食べれるバナナがいいのでしょうか?それとカリウムを多く含んだものにはいろいろありますが、海草類を手軽に食べる方法はあるのでしょうか?やはりおしゃぶりこんぶなどは塩分が多いと思うのでやめたほうがいいのでしょうか?それと高たんぱく質のものは何を食べたらよいのでしょうか?同室の人達はスティック状(クッキーみたいな)の栄養補助食品を食べているので、父はそれをほしいと言っていましたが、そのようなものでも良いのでしょうか?質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

大変ですね。
私の母親も特養老人ホームで寝たきりです(介護度5:寝返りも出来ない、意思の疎通も出来ない、食事は胃ロウからの流動食、栄養的にはミネラル分が不足な状態?)。

とりあえず食品について調べて見ました。
下記が参考になるかと思います。

カリウムが多い食品
http://www.big.or.jp/~ryoke/kenko02.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/CHILD/BIRTH/2001/2001092501.shtml

バナナはカリウムが多い果物ですね。
(私の母の場合も特養老人ホーム入所した比較的元気だった頃はよくバナナを持っていってやりました。)

高蛋白質食品
「食品の1点重量」少ない数値の方が高蛋白質です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/hayami.htm

食べる目安になるかと思います。

Qタンパク質の機能と等電点?

タンパク質の等電点は,そのタンパク質が活性型の構造をとれるpHなのでしょうか?

たとえば,胃の強酸環境で働くタンパク質分解酵素であるペプシンの等電点は1です.
これよりも高いpHではペプシンの活性は落ちると思います.

タンパク質の等電点から,そのタンパク質の機能を知ることができるのでしょうか?

よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

等電沈殿

 タンパク質のような両性電解質は一般に正の荷電と負の荷電が等しいときに溶解度が最も小さいという性質を示す.この状態ではタンパク質などは最も沈殿しやすい.この状態で沈殿すること.


一般にですから、もちろん例外はあるでしょう。

参考URL:http://kotobank.jp/word/%E7%AD%89%E9%9B%BB%E6%B2%88%E6%AE%BF

Qタンパク質の食品以外での使用。

タンパク質を食品以外に使用されている例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、化学工業品、繊維製品の製造等いろいろな分野で用いられています。
 直接製品に入っているものでいえば、洗濯洗剤(酵素パワーの○○といったのがありますね。これにはプロテアーゼ、セルラーゼ等の酵素が入っています。)
 医薬品でいえば、点眼薬などに用いられる塩化リゾチームなども有名です。パパインなどのタンパク質分解酵素を含んだ洗顔料もありますね。
3 その他
 牛乳に含まれるカゼインというタンパク質に酸を加えると、カゼインプラスチックといって象牙に似たものができます。実は白い三文判の原料はこれです。
 また、大豆タンパク質から生分解性プラスチックを作るといった研究も行われています。
3 
 

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、...続きを読む

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Qタンパク質の食品を教えてください。

タンパク質の食品を教えてください。

Aベストアンサー

お肉、お魚、大豆類です。

Q不溶化したタンパク質を可溶化させる問題

Aさんは、Xタンパク質のcDNAを組み込んだベクターを大腸菌に導入し、37℃で増殖させて大量発現を行った。Xタンパク質は大腸菌の中で発現したがほとんどが不溶化してしまった。Bさんに相談すると、低い温度(25℃)でタンパク質を発現させてみるようにアドバイスをもらった。それでもほとんど可溶化しなかったため、高濃度の尿素で可溶化し、その後少しずつ尿素の濃度を下げた溶液で透析を行った。

(1) Xタンパク質はヒトでは可溶性のタンパク質である。大腸菌の中で発現させると不溶化したのはなぜか
(2) Bさんはなぜ低温で発現させると改善されると考えたのか
(3) 尿素で可溶化し、透析することで何が期待されるか

以上の問題を解答お願いします。

Aベストアンサー

レポートの課題とかの可能性が高いので回避した書き方をします。

(1)そもそもヒトのタンパク質が大腸菌内でヒトと同様に発現することのほうが少数派で、出題者が求めている答えほど単純な理由じゃないような気もするので、あえて答えるなら”大腸菌で発現させているから”。
(2)低い温度だと大腸菌はどうなりますか。
(3)高濃度の尿素中でXタンパク質はどうなりますか。

イメージはあらかじめ折り跡のついた折り紙を折る感じです。

Q食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加

食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加熱分解し、硫酸アンモニウム(弱塩基塩)とした後、強塩基を反応させ弱塩基のアンモニアを遊離させ過剰の硫酸で捕集し、
逆滴定で全窒素量を算出して粗タンパク質含有量を求めますが、アンモニアを遊離させるおり、パルナス・ワグナー蒸留装置を使い水蒸気蒸留によって丸底フラスコから水蒸気が発生、そして硫酸アンモニウム+強塩基の入っている蒸留管へ水蒸気が入り、アンモニアが発生して所定量の入った硫酸の受器へ水蒸気と共に冷却され捕集されます。水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、食品中の粗タンパク質含有量を求めるには水蒸気蒸留装置を組まないで、フラスコ、試験管に硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して生じるアンモニアを過剰の硫酸で捕集してはいけないのでしょうか、アンモニアの受器への流れなども関係があるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

>水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、

→アンモニアは逆に水に大変溶解しやすい物です。発生したアンモニアを確実に受器まで送るため、水蒸気蒸留します。

>硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して
質問者さんの方法がよくわかりませんが、ケルダール法だと分解液中に水も含まれていますので、直接加熱してアンモニアを完全に捕集しようとすると、溶液を乾固することになりませんか。

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q食品中のタンパク質量の求め方

食品中に含まれるタンパク質量を求める方法を探しています。
ケルダール法以外の方法を知っていましたら、教えてください。
また、ミクロ法、セミミクロ法の違いを教えてくださるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> ケルダール法以外
ビュウレット法とか.アミノ酸分析とか.

> ミクロ法、セミミクロ法の違い
試料量の違い(にあわせた最適化).

Q大腸菌での細胞膜タンパクを可溶性画分から回収するにはどうすればよいでしょう?

約60KDaの一回膜貫通型のタンパクをBL21で発現させようと思っています.

うちの研究室はもともと遺伝子とかタンパクには縁のない研究室なので、大腸菌およびプラスミドなどを扱っている人がおらず、独学で研究しています.
ゆえに、ほとんど人に相談することもできず四苦八苦しております(汗)

目的は、タンパクの全長かつタグフリーの状態で回収することです.

現在までにGSTタグ(pGEX)で、低温(15-25 ℃)、IPTG濃度(0.1-1 mM)などで検討を行いましたが、ほとんどがinclusion bodyに入っているようで(ウエスタンブロットで確認済み)なかなか可溶性画分から目的の回収量(できれば数 mg)に至りません.(10L cultureで200 ug程度)

また、最終的にGSTタグをグルタチオンカラムに保持した状態でのプロテアーゼによる切断を行ったのですが、どうやらタンパク質の疎水性が高いためかタンパクがロストしました.というか、膜タンパクはそもそも溶けないのでしょうか?

このような状態なのですが、なにかよい解決法があれば教えて下さい.
ちなみに、inclusion bodyからのリホールディングをスモールスケールで試してみたのですが、アルギニンと酸化型グルタチオンがないと凝集が起きやすく、またコストも馬鹿にならないように感じました.
(研究テーマが研究室のメインとはややズレており、なかなか研究費が降りないため、できうる限り低コストな策があればありがたいです)

また、目的タンパクの性質(pKa、親水性?疎水性?、立体構造など)を調べる方法やソフトがあれば教えて下さい.
ちなみに、Protein Data Bankで調べてみましたが、残念ながら登録されていないようでした.

約60KDaの一回膜貫通型のタンパクをBL21で発現させようと思っています.

うちの研究室はもともと遺伝子とかタンパクには縁のない研究室なので、大腸菌およびプラスミドなどを扱っている人がおらず、独学で研究しています.
ゆえに、ほとんど人に相談することもできず四苦八苦しております(汗)

目的は、タンパクの全長かつタグフリーの状態で回収することです.

現在までにGSTタグ(pGEX)で、低温(15-25 ℃)、IPTG濃度(0.1-1 mM)などで検討を行いましたが、ほとんどがinclusion bodyに入っているよ...続きを読む

Aベストアンサー

>10L cultureで200 ug程度

大腸菌は外来膜蛋白が嫌いです。200 ug程度は上々です。うまくいかないほうが普通です。

>どうやらタンパク質の疎水性が高いためかタンパクがロストしました.というか、膜タンパクはそもそも溶けないのでしょうか?

マイルドなデタージェントは入っていますか?NP40、Triton X-100など。どこに行ってしまったか、分解してしまったかは、チューブの壁にくっついていることも考えに入れて、SDSで洗って検討できるかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報