最新閲覧日:

可溶性タンパク質の等電点を調べる方法は具体的にどうすればよいのでしょうか、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

直接的な回答ではありませんが、rei00さんご紹介以外のものを・・・・。


===============================
キャピラリー電気泳動/本田進,寺部茂/講談社/1995.4 
目でみる電気泳動法/3/芝紀代子/医歯薬出版/1991.10 
目でみる電気泳動法/2/芝紀代子/医歯薬出版/1991.10 
電気泳動法のすべて/医歯薬出版/1991.8 
タンパク質のゲル電気泳動法/真鍋敬/広川書店/1991.3
ポリアクリルアミドゲル電気泳動法/高木俊夫/広川書店/1990.11 
目でみる電気泳動法/3/芝紀代子/医歯薬出版/1990.7 
目でみる電気泳動法/2/芝紀代子/医歯薬出版/1989.11 
電気泳動実験法/電気泳動学会/文光堂/1989.2 
目でみる電気泳動法/1/芝紀代子/医歯薬出版/1988.11 
================================
ご参考まで。
    • good
    • 0

直接の回答ではありませんが,次の電気泳動関係の成書は参考になると思います。



・ゲル電気泳動法~ポリアクリルアミドおよびデンプンゲルによる~
 叢書名:生化学実験法
 著編者:A.H.ゴ-ドン,坂岸良克
 出版社:東京化学同人,刊行年:1974
 ISBN:4-8079-1140-6
 大きさ等:22 cm,132p,\1,800

・最新電気泳動実験法
 著編者:日本電気泳動学会
 出版社:医歯薬出版,刊行年:1999.2
 ISBN:4-263-22230-X
 大きさ等:26 cm,470p,\8,500

・タンパク質のゲル電気泳動法 叢書名:広川化学と生物実験ライン
 著編者:真鍋敬
 出版社:広川書店,刊行年:1991.3
 ISBN:4-567-18130-1
 大きさ等:26 cm,122p,\3,200

・電気泳動最新プロトコ-ル~より高感度・定量的な検出解析のための~ TP5
 叢書名:ザ・プロトコ-ルシリ-ズ
 著編者:菅野純夫,平野久
 出版社:羊土社,刊行年:2000.1
 ISBN:4-89706-955-6
 大きさ等:29 cm,182p,\4,900

・電気泳動実験法(新版)
 著編者:電気泳動学会
 出版社:文光堂,刊行年:1989.1
 ISBN:4-8306-1106-5
 大きさ等:27 cm,546p,\16,000

・電気泳動実験法~チセリウスからディスクまで~(改訂版)
 叢書名:広川化学シリ-ズ
 著編者:青木幸一郎
 出版社:広川書店,刊行年:1984.11
 ISBN:4-567-19070-X
 大きさ等:22 cm,185p,\2,300

・電気泳動法のすべて
 叢書名:メディカルテクノロジ- 別冊
 著編者:Medical Technology編集
 出版社:医歯薬出版,刊行年:1991.8
 ISBN:4-263-22012-9
 大きさ等:26 cm,266p,\2,913

・電気泳動法~基礎と実験~
 著編者:寺田弘
 出版社:広川書店,刊行年:1989.4
 ISBN:4-567-24060-X
 大きさ等:27 cm,420p,\10,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの本の紹介ありがとうございました。調べてみます。

お礼日時:2001/04/25 17:06

可溶性タンパクであるなら等電点電気泳動を使うことが多いです。


簡単に説明すれば、両電極の間にpHのグラジエントを作ります(大体あたりをつけておく)。あとはタンパクを泳動して動かなくなったpHを等電点とします。

電気泳動関連の書籍を見れば載っていると思います。詳細はそちらで確認してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ