ネット証券の口座開設で、 特定口座(源泉徴収あり)の設定で「配当通算受入あり・なし」とあります。あり、なしの違いがよく分かりません。助けてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

配当金の税制上の取り扱いは、



1. 源泉徴収されておしまい
2. 「総合課税」として確定申告し、株の譲渡以外の所得と通算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm
3. 「申告分離課税」として確定申告し、株の譲渡益と通算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1331.htm

の 3とおりを選べるようになっています。
特定口座に入れれば、このうちの 3.に該当し、その上で確定申告はしてもしなくても良いことになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

 


配当を自動的に特定口座に入れるのが「あり」
従来通りに封書で通知が来て郵便局で配当を受け取るなら「なし」
こんな意味です。
 

この回答への補足

特定口座に配当が入る。その場合、そこから引き出して自由に使えるのですか?

また、従来型の場合ですが、郵便局っていうのは郵便局と指定した場合ですかね。
銀行とかでもいいのでしょうか?

また、前者と後者のメリットデメリットって何ですか?

教えてください。

補足日時:2010/12/09 22:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新たに配当所得を含めるような準確定申告の更生は可能?

昨年父が死亡した際に、準確定申告なるものを行いました。その時は知らなかったので確定申告に含めなかったのですが、今になって、父が株および投資信託を持っていて、配当金を受け取っていることが判明しました。また「上場株式の配当金については、受け取った段階ですでに源泉徴収されているので確定申告は不要だだが、あえて確定申告して総合課税の枠組みで税額を計算してみて、そちらの方が得な場合はそちらを選択してもよい」とのことをネットで調べて知りました。そこで、父の場合について試算してみたところ、この新たに判明した受取配当金を準確定申告に含めた方が、還付金が多かったことが分かりました。
そこで教えていただきたいのですが、現在はもう準確定申告の申告期間(死亡後4か月以内)を過ぎてしまったので、この新たに判明した配当金収入に伴う税金の還付を受けるために、確定申告の更正という手続きを行おうと思っているのですが、これは可能なものなのでしょうか?確定申告の更正という仕組みがこのような事例で使用可能なのかどうかが知りたいです。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

>その時は知らなかったので確定申告に含めなかった…

あなたは知らなかったとしても、税務署側から見れば、配当所得に関する確定申告不要制度を利用したという解釈でしょう。

更正の請求は、税額計算に誤りがあった場合に訂正できる制度です。
配当所得を申告しない選択肢を取ったことは、誤りではありません。
その時点では正当な申告手続きだったわけですから、それを訂正することは認められません。

これは準確定申告だからというのではなく、ふつうの確定申告についても言えることです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

なお、申告時点で知らなかったのでなく、申告後に配当金が支払われることになったのなら、更正の請求も無理ではないでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q(口座開設)特定口座の源泉徴収あり・なしについて

ネット証券に口座開設しようと思っていますが、特定口座の
源泉徴収あり・なし、はどちらを選ぶべきでしょうか?
初心者なので簡単な方がいいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単がいいなら絶対に源泉ありです。
源泉ありなら、税金については何もしなくても良いです。すべて証券会社が自動的にやってくれます。

源泉なしは儲かったら税務署にいかなければなりません。

最初は源泉ありの口座を作ってみて、それで不満なら源泉なしに変更できます。変更は1年に1度ですが・・・

Q非上場株式の配当金についての確定申告

非上場株式の配当金についての確定申告

中小企業の経理担当です。
さて、さっそく表題の件についてご教授いただければ、と思います。

決算の結果がすごく良く、株主(社長の身内、永年勤続の一部の人など数人)へ初めて配当金を出すことになりました。
経理処理に関し、ある程度の流れは把握できたのですが、確定申告についての情報が自分の中で混乱してしまいました。(私自身が確定申告の経験がないので)
配当された個人の確定申告のことまで首を突っ込むことはないのですが、一応質問されたときに答えられる程度にしておきたいと思います。

配当が10万円を超え、課税所得が330万円未満の人が申告を行うと有利になり、330万円以上の人は何も変わらないか、課税所得額によってはむしろ不利になるという文言がたくさん見受けられました。しかし、住民税に関しては、有利不利、金額の大小に関わらず申告の必要がある、という文言もありました。

質問(1)・・・課税所得が330万円以上の場合、所得税の申告はせずに、住民税のみの申告ができるのでしょうか。

あと、普段は給与所得(2,000万未満)があって確定申告していない人が、配当をもらう場合ですが、

質問(2)・・・確定申告は、「配当に関する分のみ」行えば良いのでしょうか。

質問(3)・・・配当が10万円未満の場合でも、少なくとも住民税の確定申告はする必要がある、という認識であっていますでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

非上場株式の配当金についての確定申告

中小企業の経理担当です。
さて、さっそく表題の件についてご教授いただければ、と思います。

決算の結果がすごく良く、株主(社長の身内、永年勤続の一部の人など数人)へ初めて配当金を出すことになりました。
経理処理に関し、ある程度の流れは把握できたのですが、確定申告についての情報が自分の中で混乱してしまいました。(私自身が確定申告の経験がないので)
配当された個人の確定申告のことまで首を突っ込むことはないのですが、一応質問されたときに答えられる...続きを読む

Aベストアンサー

>知らずに市県民税の申告漏れ、ということになると、どうなるんでしょう・…

脱税という犯罪行為になるだけです。
発覚すればいずれ財産の差し押さえに至ります。
法の世界において、無知が免罪符になることはありません。

>質問(3)ですが、具体的に、確定申告書の第一表は空欄で、第二表の…

そのような申告書は受け付けてもらえません。

Q複数の証券会社で源泉徴収あり特定口座での損益通算

A社で-4万円、B社で+2万円という状況で
B社では2000円の株式譲渡益に対する税金がかかりますが、
トータルで計算すると-なので譲渡益に対する税金はかからないと思います。

この場合、どのようにすれば株式譲渡益に対する税金の還付を受けることできますか?
確定申告をすれば還付を受けられると思うのですが、自動的にB社から還付してくれるということはありますか?

Aベストアンサー

>自動的にB社から還付してくれるということはありますか…

B社に、あなたがよそでどんな取引をしているか知る術は無く、勝手に還付してくれることなどあり得ません。

>確定申告をすれば還付を受けられると思うのですが…

どうぞ確定申告を。

Q確定申告の配当控除

株や投資信託の配当・分配を確定申告して、配当控除を受けられるかどうかを、税務署にtelして聞いてみたところ、「源泉徴収されているものは、確定申告できない」、分離課税になっているから確定申告できないとの答えでした。
では、株や投資信託の配当・分配を配当控除を受けられるようにするにはどのような手続きをしたらよいのでしょうか。
投資信託は三井住友信託銀行の特定口座ですが、分配の源泉徴収なし、というのが見当たりません。

Aベストアンサー

>株や投資信託の配当・分配を確定申告して、配当控除を受けられるかどうかを、税務署にtelして聞いてみたところ、「源泉徴収されているものは、確定申告できない」、分離課税になっているから確定申告できないとの答えでした。
え、本当ですか。
そんなことありませんけど…。
上場株式等の配当は源泉徴収されます。
確定申告して「総合課税」にすれば配当控除受けられます。
税務署で何か勘違いされていませんかね。

参考
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1250.htm

Q口座開設しようと思います。サラリーマンでは特定口座(源泉徴収あり)の選択が多いのでしょうか?

表題の通りです。
口座申し込み用紙を送ってもらったのですが、この部分が分からなかったので、教えてください。
(複数の会社の口座を作ろうと思っています)

また慣例?ということで年収や資産金額を書かなければ本当にいけないのでしょうか?

正直、抵抗があります。

以上、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

これから株を始めるなら、特定口座・源泉徴収ありで、確定申告しないことをお勧めします。小額の利益でも税金を取られるデメリットがありますが、確定申告しないので、会社にバレることはないし、住民税が重くなることもありません。事務的にも楽です。

年収は、万単位で書けば良いです。資産もね。

Q居住用の不動産を売却した年に、株や投資信託の配当を確定申告すべきか教えてください

銀行や証券会社の「源泉ありの特定口座」で、投資信託や株を所有しており、配当があります。
昨年、居住用の不動産を約3000万円で売却し、確定申告で3000万円の特別控除を申請する予定です。

一昨年までは、配当を確定申告していました。課税所得が多くないため、配当控除で税金が戻るからです。

「源泉ありの特定口座」を利用している人で、課税所得が695万円超の人は、配当を確定申告しないほうが有利だという情報を得ていますが、
昨年売却した不動産分は、居住用不動産の3000万円特別控除を使った場合でも、譲渡所得が課税所得とみなされますか。でしたら、所得が695万円を超えることになりますので、昨年分は、確定申告で配当を申告しないほうがよいでしょうか。

ご存知のかた、ご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランニング技能士です。

>「源泉ありの特定口座」を利用している人で、課税所得が695万円超の人は、配当を確定申告しないほうが有利だという情報を得ていますが…
そのとおりです。
配当控除が受けられますから。
私も「課税される所得」がそれ以下で、税率(20%)なので、毎年、配当を「総合課税」で確定申告しています。

>昨年売却した不動産分は、居住用不動産の3000万円特別控除を使った場合でも、譲渡所得が課税所得とみなされますか。
いいえ。
譲渡所得は、他の所得と切り離して課税される「申告分離課税」ですから大丈夫です。

Q特定口座(源泉徴収あり)での株式損失と配当金

株関連の確定申告について質問です。

まず状況ですが、
特定口座(源泉徴収あり)で、H16年度の株式損失が6万円でした。源泉徴収額0円です。


ここで質問ですが、
1.この特定口座で損失6万円は翌年(3年間?)繰越し可能でしょうか?
2.仮に配当金収入や株式売買で収益がでて源泉徴収された場合、これを取り戻すことは可能なのでしょうか?
3.たとえば、繰越し損失と配当金収入で相殺して、源泉徴収分をいくらか取り戻せないのでしょうか?


今年初めての確定申告でいろいろ調べているのですがなんだか混乱してきました。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1. 特定口座源泉ありでも、株式売買の損失繰越が可能です、

2. 配当金の源泉徴収(総合課税)と、株式譲渡益の分離課税は、税金の計算は別にして行います。
少額所得者が配当金を受け取った場合に配当控除が受けられ、源泉徴収分が還付されます。

また、別口座(一般でも特定でも)で譲渡益があり、質問文中の口座での損失と相殺する事は申告する事により可能です。

3. 2.でも書きましたが、株式譲渡益(損失)と、配当金の源泉徴収は、別計算ですので、これは成り立ちません。

株式損失を全額繰り越す。配当控除を受ける。での確定申告は出来ます。


詳しい事は、今月発売中のマネ~雑誌(ZAIやあるじゃんなど)で、確定申告の特集をしてますし、国税庁のタックスアンサーのHPでも参考にして下さい。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q配当金の確定申告について

所得が330万円未満だと上場株式の配当金の確定申告をする方が得だと知りました。
しかし、年収が330万円未満と勘違いしていてずっと確定申告していませんでした・・・。

ちなみに年収 3,893,382円
給与所得控除後の金額  2,573,600円です。

この場合申告すれば10%の税金が戻ってくるのでしょうか?
申告すると住民税があがるとの話も聞きましたが、どうなんでしょうか?

ちなみに母を扶養控除に入れていて去年その旨の確定申告をしましたが、去年の分の配当金の確定申告もさがのぼってできますか?

よろしくお願いします。ちなみに全て持っているのは上場株式です。

Aベストアンサー

>所得が330万円未満だと上場株式の配当金の確定申告をする方が得だと知りました。
いいえ。
「所得」ではなく「課税所得」です。
「所得」より「課税所得」のほうが少ないですから、いずれにしろ貴方の場合は申告した方が得です。

たぶん、貴方の所得税の税率は5%でしょう。
また、所得控除を85万円とします。
配当が10万円あったとして申告すると、給料と合算して所得税を計算しますので
257万円(給与所得)+10万円(配当)-85万円(所得控除)=182万円(課税所得)
182万円(課税所得)×5%=91000円(税額)
しかし、配当控除が1万円(10万円×10%)ありますので
91000円(税額)-10000円(配当控除)=81000円(税額)
となります。

一方、給与の源泉徴収された税額は
257万円(給与所得)-85万円(所得控除)=172万円(課税所得)
172万円(課税所得)×5%=86000円(税額)
配当の源泉徴収された税額は
10万円(配当所得)×7%=7000円(税額)
計93000円

93000円(源泉徴収税額)-81000円(税額)=12000円(還付金)

>申告すると住民税があがるとの話も聞きましたが、どうなんでしょうか?
住民税も所得税と同じように、配当分の所得がプラスされ計算されます。
配当の源泉徴収の額は3%、配当控除は2.8%で、所得税より少ないので税額は増えますが、所得税と差し引きすれば全体としては得です。

>母を扶養控除に入れていて去年その旨の確定申告をしましたが、去年の分の配当金の確定申告もさがのぼってできますか?
去年、確定申告した場合は「更正の請求」というものになり、今年の3月16日までにすればさかのぼって還付されます。

>所得が330万円未満だと上場株式の配当金の確定申告をする方が得だと知りました。
いいえ。
「所得」ではなく「課税所得」です。
「所得」より「課税所得」のほうが少ないですから、いずれにしろ貴方の場合は申告した方が得です。

たぶん、貴方の所得税の税率は5%でしょう。
また、所得控除を85万円とします。
配当が10万円あったとして申告すると、給料と合算して所得税を計算しますので
257万円(給与所得)+10万円(配当)-85万円(所得控除)=182万円(課税所得)
182万円...続きを読む

Qネット証券の特定口座(源泉徴収あり)

ネット証券に特定口座(源泉徴収あり)を持っています。

A社、B社、C社と3社持っていて、06年度A社で-60万円、B社で-40万円合計-100万円のマイナスを出したとします。もし今年にC社の口座で+100万円出した場合、口座を最初から一個だけもっていた場合よりも多くとられてしまう税金とかありますか?図解↓

(1) 06年A社(-60万)、06年B社(-40万)、07年C社(+100万)
 
(2) 06年A社(-100万)、07年A社(+100万)

Aベストアンサー

1と2のどちらのケースにおいても、100万円儲けた口座ではまず10万円の税金が源泉徴収されます。

06年の損失を繰り越すための確定申告がしてあれば07年の利益と相殺でき(10万円が戻ってきます)ますが
確定申告をしていなければ10万円は戻ってきません。これは1と2のケースで違いはありません。
いずれにしても、06年と07年の2回の確定申告が必要になってきます。

源泉徴収口座は便利なシステムで、同年の損益なら通算して税金を調整してくれますが
年をまたいで損益を合算したい場合は前年の確定申告(損失繰越)が必要になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング