分解されやすく環境に悪影響を与えにくい、アウトドアでの食器洗いなどに適した洗剤を教えて下さい。できれば身体等も洗えるやつなら尚嬉しいです。別々ならシャンプーなども教えて下さい。(都内で買えるところも)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

シアトルのREIで販売している、ボトル入りの石鹸、は生物分解性で、天然の素材からできている石鹸です。

US$2.50ですから、私は一年に一度、10本くらいまとめて買います。
体も、食器も、頭も洗えます。塩水でも使うことができます。
参考URLに行かれると、シャンプーなどもあります。
REIはCO-OP組織で、信用のおける、店だと思いますし、環境へも配慮しています。
日本語のWEBもあります。

参考URL:http://www.rei.com/cgi-bin/ncommerce3/ProductDis …
    • good
    • 0

いくら純石鹸といっても所詮は油脂を鹸化して作ったものです。


環境への負荷は川へサラダ油を流したのと大して変わりありません。
(合成洗剤よりはましですが)

汚れ物は「すべて持ち帰る」が基本です。
短期間であるならば体は濡れタオルで拭くくらいにとどめておくべき
でしょう。
    • good
    • 0

私もこれまでの回答者の方とほぼ同じ意見で、使用するなら石鹸がおすすめです。

簡単に手にはいり、使い勝手が良いものをというのなら、スーパーなどで売っている固形の「ふきんソープ」などふきん洗い用の「せっけん」をおすすめします。値段は1個200円ぐらいです。
石鹸成分がほぼ100%ですし、香料も使われていないのがあり安心です。
ふきんソープといっても、もちろん食器も身体も洗えますよ。使うときにはスポンジに直接こすりつけて使えますし、しまうときにはビニール袋に入れれば済みますので簡単です。
    • good
    • 0

登山などではやはり洗剤は使わずに、ふき取るなどの方法がベストだと思われます。


私も極力無駄な洗い物はしないようにしています。

ですが、長期にわたるキャンプ場などでのキャンプの場合
洗わないわけには行かないときがありますよね。
そんなときには石鹸を使うようにしています。
一般的にアウトドアー用の洗剤でも、合成界面活性剤というのが使われているものもあり、これは生分解しません
いわゆる、本来結びつかない水と油を合成的に結びつける物ですので・・・。
その点、純石鹸は約24時間程度で分解されますし
合成界面活性剤も含まれていません。
純石鹸なら食器はもとより、洗濯も体も頭も洗えます。
私はシャボン玉石鹸という物のパウダータイプを使っています。
軽くてかさばりませんし、詰め替えも売っていて経済的
(ボトルタイプ¥180 詰め替え¥150)
こびりついた汚れも、パウダーを少量の水で練って磨くときれいになります。
都内なら東急ハンズに置いてありますし
ネットでも通販で買えます。
このシャボン玉石鹸のシリーズで、お風呂物も洗濯物もすべて揃いますよ。
して言えば、純石鹸は滑りやすいので
陶器など割れ物を洗うときには十分に注意して下さい。
また、石鹸でもエデト酸塩(皮膚に刺激性のある指定成分)が含まれている物は純石鹸と呼びません。
浴用石鹸などお店に置いてある石鹸のほとんどがそれなので、購入の時には注意してくださいね

参考URL:http://www.shabon.com/index_2.htm
    • good
    • 0

蛇足かもしれませんが登山において基本的に現地での洗浄はしません。

水は貴重ですから。
もし水が豊富にあったとしても普通の登山家は洗わないです。
長期の縦走においてもです。
出来るだけ残飯かすなど残さない為には無駄をせず作った物は全て食べてしまうことと食糧計画を綿密に立てることです。
で、
コッヘル(食器)に付いたモノはどうするかというとロールペーパー(トイレのアレ)を各自持っていてそれで拭ってゴミとして持ち帰るのです。大した量にはならないですし、ジップロックに入れて封をすれば匂わないです。
    • good
    • 0

アウトドアでの本当の基本事項があります;


1.ゴミはすべて持ち帰る。捨てるのも、焼くのも、もってのほかです。ティッシュや吸殻、調理クズも勿論、持ち帰るのが基本です。
2.食器類やバーベキューキットなどは現地で洗わない。いかに環境への影響が小さいといっても、水源の富栄養化につながります。
3.洗髪はドライシャンプーで。ニオイイリス(オリス;西洋のアヤメの仲間)を主成分としたものが複数販売されています。元々は病人の介護用のものですが、汚水を出さないので、アウトドアに最適です。
以上のことを守りましょう。
一人一人が、これらのことを守れば、子供の代、孫の代になっても、同じようにアウトドアで自然を楽しむことが出来ますから。
直接の回答になったのはドライシャンプーくらいでしょうか?
kawakawaでした。
    • good
    • 1

じじいです。


おさらいを含めて基本的な事からお話しいたします。
まず最初に、合成洗剤の使用を避ける。
何故なら、石鹸は1日以内で完全分解されますが、合成洗剤は1ヶ月経っても70%くらいしか分解されないからです。
注)自然に優しく安全といった無公害のうたい文句で売られている洗剤も、実は合成洗剤だと表示してあれば避けたほうが賢明です。
表示が無い場合の見分け方は、
コップに3分の1くらい水を入れて、調べたい洗剤や石鹸(液体でも粉でも)を入れてかき混ぜ泡立たせます。
次にその中にお酢を入れると、
石鹸は泡が消えて白く濁ります。
合成洗剤は泡のままで中々液体に変化しません。
洗剤を使わない方法として上げられるのが、
①揚げ物をした時に使った油はすぐに捨てないで、炒め物などになるべく使いましょう。そして、フライパンに残った少しの油でも、洗い流さず紙でふき取ってから洗いましょう。(と言うのも、小さじ1杯の油を捨てたとき、魚が住めるきれいな水に戻す為には1tの水で薄めないと元に戻りません。)
②そばやうどんのゆで汁も食器洗いに使えます。
③コップ洗いには卵の殻がおすすめです。

そして、洗剤についてですが、
「コズグロ」と言う製品があります。(洗剤・シャンプー・ボディソープ等)
詳細は参考URLにアドレスを記載しておきます。

もう1つは「エサンデス」と言う所に、クレンザー・ボディソープ・歯磨き粉があります。
http://www.mmjp.or.jp/SANDS/

参考URL:http://www.kozgro.co.jp/index3.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレトルトパック ご飯の戻し方

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした。
→家のガスでこれだと山では気圧(標高1500-3000m)もあってやはり無理?

ただ、レンジに入れて2分チンすると中まできれいに出来ています。(結構おいしい)

そこで、質問です。
  Q1)湯煎でうまく戻す方法(山での話です)はありますでしょうか?(圧力鍋などありません)
  Q2)日帰りの場合、前日夜にレンジで戻して持って行き、山で軽く湯煎(暖める)ではどうでしょうか?
  Q3) Q2)で一度家で戻して、行かなかった場合、また元の保管に戻してOKでしょうか?
     →当日 行かないこともソコソコあるので、、、  スグ腐ってしまう? 時期は真夏以外です。」
経験のある方お願いします。

なお、レトルトご飯の調理に関する回答のみでお願いします。

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした...続きを読む

Aベストアンサー

山だといっそのこと全部なべにあけ、水を加えておじや風にしてみたらどうでしょう。
(水の量を加減して、あまりゆるくしないようにする。)
あるいはお湯をわかしてそのなかにごはんをいれ、すこし煮たったところでお湯を捨ててもいいかもしれないです。

やってみたことはないですがやわらかくはなると思います。

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Q登山ザックの外付け荷物について

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている方も良く見ますが、コーヒーなどを作って飲む場合でしたら、他の器具や材料をザックから出すので、マグカップだけ外にある必要はないと思いますし、水場で水を飲むためだとすると、腰ベルト辺りにあれば、すぐ手にとって飲む事が出来ますが、ほとんどの方がされているザックの後部に吊り下げている場合は、ザックを下さなければ手に取る事が出来ず、ザックの出しやすい場所に収納してるのと使い勝手は変わらず、あえて不衛生な外に吊り下げる必要が無いように思えます。
ザック後部にマグカップを吊り下げる目的を教えてください。

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている...続きを読む

Aベストアンサー

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザックは横に出っ張らないように
体の幅に合わせた縦長軽量タイプがほとんどです。
しかし、かつては横長のキスリングが主流でした。
帆布製でしっかりしていましたが、
その分重量もあって担ぐのには体力が要りました。
このキスリングは横長であるがために上部の面積が広く、
主にテントやポールなどを外付けで載せたものです。
キスリングはきれいに詰めれば上部はほぼ平らになり、
そこにテントを載せても縦方向にはさほどかさばりません。
この状態ですと雨の場合にはポンチョが被れたのです。
ポンチョは自分+背荷物をカバーできるので重宝します。

ところが、今の縦長ザックでは上部が高くなってしまうので
この便利な雨具であるポンチョが使えません。
被ったところで襟足から一旦生地が上方に上がり、
ザックを超えるようにして下方に垂れ下がります。
つまり、ザックが上に飛び出ている分ポンチョの後方は短くなり、
下半身の後ろが雨に濡れ易くなるのですね。
これを避けるにはカッパの下+ポンチョの組み合わせがいいかもしれません。

さて、マグカップやシェラカップをザックにぶら下げる。
たしかに不衛生ですし、カチャカチャと音がうるさい場合もあります。
水場で水を飲む場合はそこで休憩することが多いでしょう。
この時にザックは下に下ろすことが多いと思います。
下ろしたついでにぶら下げてあるカップをはずす。
つまり、一連の動作の中でカップを手に取れるので便利♪となるのかも
しれませんが、見た目の格好よさというのが本音であることが多いです。

因みに、私は質問者さんと同じような考え方で、
カップは手作りの袋に入れてザックの取り出しやすい場所に入れています。
キスリングを使う時はサイドの大きなポケットの一番上に入れていますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザック...続きを読む

Q山でお肉を食べたい

山でお肉を食べたい
8月単独でテント泊縦走を行ったのですが、重さや傷みで食料はマジックライスとインスタントラーメンにしました。
「肉系」を断って3泊目、テントの受付に入った小屋でたまらず牛丼食べたのですが、下界で食べた松阪牛なんかより美味しく感じてしまいました。

今度はぜひ肉を持って行きたいのですが、常温保存できるものは「魚肉ソーセージ」しか見当たりません。
レトルトのハンバーグとかは「要冷蔵」。

登山の食事で「お肉」はどうしていますか?

Aベストアンサー

#8です

 長期保存は要冷蔵だけど数日なら常温でも大丈夫です、日に晒してずっと置いておくわけじゃないですし、それに焼けば大丈夫、というのもありますから

なお焼肉は無駄に燃料を消費するのでご注意くださいね。

Qキャンプでの食器洗剤

ソロキャンプで自炊はほとんどしないので食器洗い洗剤を忘れることが多いです。

時々洗物が出る時の洗剤は以下どれが良いでしょうか?
(以下はまず持参しています、スポンジなし)
水だけで洗える場合はそうしますが、どうしても油っぽい場合など(ラーメンや買って来た焼き鳥など)

(1)シャンプー
(2)石鹸
(3)洗濯洗剤

やはりシャンプーあたりが無難でしょうか?
他に何か方法などもあればお願いします。

Aベストアンサー

Q登山テント泊での食器の洗い方

この夏、登山で標高2000m位のところでテント泊しようと思っています。
徐々に道具を揃えているのですが、
調理道具や食器は、どうやって洗ったらいいのですか?
だいたい許可されたところにはトイレがありますが、そこに洗い場があるのでしょうか。
それとも、それ用の水を持参するのでしょうか。
また、もし食べ残したり、こがしてどうしても食べられないものは、処分できるのでしょうか。

もうひとつ。
私は絵をかくのが趣味で、山でハガキサイズの水彩画を描きたいのですが、
筆を洗った水はトイレへ捨てるとして、
パレットを洗う場所はありますか?

自然を大切にしながら楽しみたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の回答者の方々と同様の答えになってしまいますが、
基本的には「自分で持ち込んだ物は全て持ち帰る」が原則だと思います。

食器などは洗わずに拭き取ります。ボクの場合はペーパーの
他に成分に害のないウエットテッシュなども使います。
または紙皿などを使いゴミとして持ち帰るかです。
仮に水場や設備があっても食器を洗う場所では
ありませんのでご注意ください。

絵がご趣味とのことですが、筆を洗った水をトイレに
捨てるというのも設備によっては問題があるかと思います。
その水は不純物なわけですから。
できれば水を使わない描写方法がよろしいかと。

どうしても可能性を確認したいということでしたら、
例えばテン場を管理している小屋があるなら、
お伺いをたてるのも一考ではあると思いますが・・・

再検討されて絵を楽しまれてください。

Q下山時に足の親指の爪が痛くならない工夫

最近、山歩きを始めましたが、下山時に足の親指の爪が痛くなってしまいます。爪というか爪の付け根あたりです。

最近テニスをするときもそうだったんですが、今回は特に痛くなってしまいました。

たぶん足の親指が他の指よりも出ているためと思います。

登山靴を大きくすればブカブカになってしまうと思いますので、テーピングとかそういう方法で工夫することはできないでしょうか?

同じような悩みをもっていらっしゃる人で何か良い方法があったら教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

私は長年使っていて問題なかった登山靴が、下山中に爪先があたり、痛めるようになりました。歳を取ると土踏まずが崩れて足が扁平になり、少し長くなることが原因らしい。靴ひもをしっかり締めるなど、いろいろやったのですが効果はありませんでした。履き慣れた靴で、捨てるのももったいないので行きつけの登山店で聞いたところ、足首が細いので紐がしっかり締まらず、下りで爪先が当たってしまうと言われました。それを防ぐため、薄い靴下をはいて、足首の前面に厚めの靴下を切断した物をあてがったところ、靴ひもがしっかり締まり、爪先が泳がないようになりました。かなり効果があったと思っています。お試しになったら如何でしょう。

QOPINELナイフの黒錆加工について

アウトドアに興味を持って、OPINELナイフの購入を検討しております。
炭素鋼とステンレス刃があると思いますが、炭素鋼刃は黒錆加工を施さないとすぐに錆びてしまうと書かれているのをよく見ます。
そこで質問ですが、黒錆加工はナイフを使うたびに施さなければならないものなのですか?

また、初回の1度だけ施せばいいのですが、上記の様に毎度使用後に黒錆加工を施すのはめんどくさいのでステンレス刃を考えています。

ステンレス刃の方でも質問があります。
ステンレスの材質は錆びにくくても、傷があると保護膜のないそこから錆びると聞いたことがあります。
つまり、切れ味が悪くなったと思い、安易に研ぐと錆びやすくなるのではないかと考えてしまいます。

どちらの刃が良いと思われますか

お詳しい方、OPINELナイフを実際に使っている方、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

毎回やる必要はありませんが、研げば落ちます。刃物なので研がなきゃ話にならない。というわけで、うちにも30年近く使っているオピネルがありますが加工はしていません。
使わない間は錆びてるし、使うときはあらかじめ研ぐ。使用中は油を引く(と言っても気が向けば、程度のものですが)。
ステンレスは切れ味も研ぎ味も悪いので嫌いです。

いずれにしても、失くしても惜しくない使い捨てナイフに近いものですから丁寧に扱いすぎるよりガンガン使い倒す方が似合ってるナイフだと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報