プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

去年主人が仕事を定年退職でやめ、家でのんびりとしてる日が多くなりました。
しかし、一向に家事を手伝ってくれようとはしません。
仕事があったときと一切変わらずです。

男の人というのは仕事を辞めてもこういう部分は変わらないのでしょうか?

A 回答 (18件中1~10件)

変わらないですね。



奥さんが今までしてくれた事の延長でしかありません。

定年で仕事も辞めたから家事を手伝えと言われてもやりたくないのです。

理屈は、今まで家事を一人でやってこれたでしょ。 仕事を辞めたからといって家事が増えた訳じゃないんだから大丈夫でしょ。

家事をしない、手伝わないと愚痴を言われるのは真っ平です。

奥さんが病気になったとか、やらざるを得なくなったときにはやりますよ。
    • good
    • 4

私の母は、70歳くらいから急に体力が落ちてしまい、疲れて病気がちになりました。


今では、父が朝ご飯(トースト、コーヒー、牛乳、果物)の支度をしているようです。
お昼と夜のご飯は母が作っているようです。朝ゆっくり出来るだけでも楽になったと母は感謝しています。(以前から、母は朝に弱い人でした。)
ご主人もあなたが家事ができなくなったら、手伝ってくださいますよ、大丈夫。

ただ、義兄や義姉の一言が母を傷つけているようですが。
    • good
    • 2

定年退職すると決まったとき、連れ合いから条件を突きつけられました。


1)週二日は出かけること。
2)昼の食事は自分で作ること。
3)連れ合いの友達が訪れてくるときは家を開けるか、静かにしていて、お客に気を遣わせないこと。
亭主は定年があるが主婦には定年が無いとは不公平である。
まして、亭主の定年で主婦の労働強化は納得出来ない。(言葉使いは違いますが内容はそういうことでした)

主婦としては最低限現在と同じ生活が出来る様にして貰いたいという事でした。
(連れ合いは勤め人ではありませんが専業主婦でもなく経済的には対等です。時間的には亭主の会社勤めより効率的な結果を出していますが。)

結局、昼食事は夫担当(どうせ簡単なものしかやりませんが)、そのほか、アルバイトを始めましたので、週3日(但し午後から)は出かけます。それ以上の家事はどうもどうもです。時々洗濯とかその他も時々です。頼まれた時だけ。
そこらで折り合いをつけました。やはり決まって出かける仕事を持つことは生活のリズムに取って大切な事と思います。
ご主人のためにも生活設計を一緒に考えて上げてください。男は会社を離れると新しい関係を築くのが全く出来無い人もいます。特に地域で新しい関係は簡単には作れません。そこは地域にまだ詳しいしコネもある奥様が一緒に考えて上げてくださると何か突破口が開けるかも知れません。
 貴女も夫とは別に出かける用事を作って日中留守の日を作るのはどうでしょう。

貴女の大切な夫をぼけ呆けとしたズレ老人にするか、キチンとした男のまま生きさせるか、貴女の頑張りにかかっています。人生にそれなりに積極的に拘わる事は人間として大事な事と思います。

 よろしくお願い申し上げます。        後期高齢者爺
    • good
    • 2

うちの母が同じ悩みに突き当たっていました。



ただし悩まないタイプなので、どんどん自分で出かけるようにしていました。
保温したご飯にレトルトを温める=お湯を沸かすから、父に仕込んでいました。
お湯が沸かせたらしめたものです、ゆで卵→ご飯を炊く→みそ汁とレベルを上げて行きました。
小学生の家庭科の世界ですね、いきなりじゃなく基礎編から。

ご飯とみそ汁、野菜炒めの肉入りが出来た時点で、子供たち孫たちを集結させて「爺が作った御食事会」がありました、もちろん母から「とにかく褒めるのよ、母よりも上手と言ってね」と強制コメントあり。
今はうちの父、定年後にダシからみそ汁を作れる「出来る男」におだてられて持ち上げられて成長を遂げました。
    • good
    • 1

あんまり皆さん各論多発なので一言


定年になって一年・二年、おそらく戸惑いがあるのではありませんか。
毎日決まった生活パターンに慣らされてきて、突然緩んだ生活、しかも奥さんが居て家庭生活は全てやってくれる、変わったのは仕事に行かない自分の生活パターンだけ。
そんな中で家事を手伝って欲しいという貴女、以心伝心では貴女の願いは気づいてくれないご主人を投稿で晒すのは少し可哀想と思います。
多分、ご主人は過去の生活の中で家事を手伝う必要のない育ち方をされたのではないでしょうか。そういう方には声をかけて一緒にできる家事を一つ一つ教育していかれたら如何ですか。
個人差がありますから、回答者もNo1さんからNo10さんまでいらっしゃるように10人10色です、極論する30才さんの回答はあまりお勧めできませんネ。何十年のお付き合いを重ねてこられたわけですから、これからも一所懸命に二人三脚でペースを落としてもいい、二人の道をよりよく進まれるように声を掛け合っていかれるのが良いのではないですか。
愛情だ思いやりだと声を出す前に、今までのご主人(現役時代)の生活が貴女にとって不足、不自由なものであったとしても今日まで生活を共にできたのではありませんか。奥さんから優しく声を掛け合ってみたらいかがですか。やって欲しいことを「手伝って頂戴な」と。
お願いしても動かないのでしたらなお更「じっとしているより、手伝ってくれると嬉しいわ」と声をかけ続けてみませんか。
定年後の10年たった私は、妻が喜ぶことなら積極的に手伝っています。
    • good
    • 1

もとから頼まなくても協力的な人と、


きちんと結婚前や婚姻中にお願いや確認をしたから
育った人と、
定年後に変わる人と
質問者様の周りにもいろいろ例があるのではないですか?

うちは頼まなくてもやるタイプの夫で
その上、私も後であーだこーだ言うのは嫌い、
気になることはさくさく確認していくタイプなので
家事とは家族とは、あなたはどういう風に考える?と
しっかりインタビューしました(結婚前に)。

質問者様は文面からおそらく、
今までそういう根本的なことなど考えたことがなかった、とか
私はこう思うし、きっと向こうも同じように思ってるんだろう、とか
思い込みのみで片付けてきたのではないでしょうか。
つまり、重視してこなかったし、特に手も打っていない。

それがたまたま、思い通りにならなかったからと
「退職したのに、家事手伝いも無しってひどくない?」と
相手の責任であるかのように捉えてしまうと
いきなりで要求が高すぎるとも言えないでしょうか。
(質問者さんは別に、ひどく責めてはいらっしゃらないようですが)

夫婦の関係って、今だけをどうこう言ってもナンセンスで
ここにいたるのも2人の責任だったと思うので
旦那様にはぜひ、そういったことを考え直して頂く必要があり
質問者様は、
旦那様がそういったことに前向きになれるよう促す必要がある、
2人の課題と思うくらいが、妥当だと思います。

それから、現役世代でも定年世代でも、
家事と仕事に関する捉え方は、かなり個人差が(家庭差かな)ありますね。
夫は対外的な仕事のプロ、妻は内側をバックアップするプロ、
それぞれのプロとして人生まっとうする、という考え方の人は
今の若い世代でも、いるといえばいますよ。

物事なんて見る角度を変えれば、どんな見方もできるからこそ、
夫婦間のすりあわせは、大事ですよね。
    • good
    • 1

我が家は自営ではないのですが、主人が住居と併設している事務所で仕事をしている為、朝から晩まで毎日一緒にいるようなものです。



最近、主人が単行本「孤舟」渡辺淳一を買ってきて読み私にも薦めてきました。
夫の気持ちも、妻の気持ちも、子供達の気持ちもそれぞれに代弁してくれていてぜひ夫婦で読むべきだなぁと思いました。

読後主人は夕食後の食器洗いをしてくれるようになりました(笑)
    • good
    • 1

65.5歳 男です



幸いにも現役です。


《粗大ごみ 朝出したのに 夜帰る》

から

《ハラハラと散る枯れ葉 雨に濡れたアスファルト ベッタリくっ付き 箒で掃こうが 掃除器で吸おうが その場を動こうともしない》

そんな御仁にしたのは誰でしょう?

今は、現役ですが 正直9時5時の勤務で家に返っても 私の居場所は有りません(断言出来ます)

家内の用意した夕食を二人で食べて
そこにはTVという機械が二人の間に入ってきて、日常会話すら儘なりません。

夕食後 パソコンを取り出して(我が家では取り出すのです・・・TV台の中にに隠されています)

無言でホットカーペットの上に置いた化粧鏡の椅子の上、或いは畳の上にそのまま置いたパソコンを触ります。

家内は、好きなTVを見ています。

会話は 一つ
「風呂のスイッチを入れて・・・」と、家内が寝そべって指図します。
黙って 風呂場の窓を閉めて、風呂栓をして スイッチを入れるのが私の役目のようです。

「キンコン お風呂が沸きました・・・」可愛い女性の声にウトウトしながらTVを見ていた家内は起こされ、お化粧を落として・・・必ず先に入ります。

それまでの時間はお風呂が湧いてから2-30分後の時もあります。
私は急きたてません・・・叱られます。

お風呂から出て、
PCを触っている 或いは家内の居ない時間にTVを見ていた私には・・・
「早く入ってよ!」 2-3分毎にきつい言葉が降りかかって来ます。

私がその時TVに夢中になっていても、風呂から出るや否や チャンネルは家内のものです。
全く無言で チャンネルが変わります。

そしてまた 見下した声で 「早く入れば・・・!」

その声は勝ち誇った、素っ裸の鯔(とど)であります。


我が家のもので私が勝手に動かせるものは何一つとしてありません。
全て家内のお気に入りの状態でないと気が収まらないのです。

血圧計を常時使える場所にと 押し入れから取り出しても テーブルの上にも棚の上にも何処にも置く場所は有りません。
仮に置いていても 夕方、会社から帰った時にはその場には有りません。
また押し入れの奥の方に 隠されています。

前置きが長くなりました
私も恐らく、何もしない派になるでしょう。

ただ趣味が有りますので、
家でゴロゴロは しないつもりです。
いいえ 絶対出来ません。
たとえ熱があろうと、足の骨が折れようと・・・外に出て行きます。
ホームセンターは冷暖房完備ですから・・・。

離婚も出来ません
今まで働いた48年、
これから先に頂く年金の半分は家内の物になるらしいですから・・・。
私は我慢します。


可哀そうな質問者様にご同情申し上げます。
質問者さんが 我が家内でない事を祈りつつ・・・。

 
    • good
    • 5

こんにちは。

30代既婚女性です。

定年まで「家事=お前の仕事」って思ってる人なので、しないと思いますよ?
「俺の仕事は終わった」だから、のんびりしてるんでしょうね。

熟年離婚を匂わせてみては?
    • good
    • 0

私も質問者様のご主人と同様に昨年退職いたしました。


大変な時代を数十年間過ごした団塊世代は体力的にも精神的にも疲弊している人が多いのです。
大変失礼ではありますが「家では主婦が支配権を握っているので家事を手伝わないのは不満だ!」というニュアンスが伝わりました。
私は趣味で毎日の昼食を作ったり、家内が嫌いな掃除をしたりして過ごしていますが、人それぞれではないでしょうか。
何十年も家庭のために働いたご主人の好きなようにしていただいてはどうでしょう?
会社で命令され、家でもあれこれ命令されたら居場所が無くなってしまいます。
私の友人で人の良い男がいますが、家庭に入ってから奥さんに管理されて「うつ病」になっししまいました。
家でのんびりしていることを至福の喜びとして頑張ってきたのではないのですか?
自由を与えてあげて欲しいと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

goo of things でんきゅう