木造住宅の基礎の高さを上げたいのですが
(配管の都合上ベタ基礎のスラブ部分を)
いま現在北側制限の高さ制限ギリギリの状態です
前面道路と敷地はほぼ同じレベルです
基礎を上げた場合、上げた分だけ盛り土を
したいのですが、北側の高さの測定は純粋に
地盤面(この場合盛り土したところのGLから)
からの測定なのでしょうか?
ちなみに盛り土の上げ幅は20センチくらいです
北側には住宅が建っていますが むしろ隣地
のほうの敷地が高いくらいです
北側の地盤面からの測定なら多少敷地全体を
上げられそうですが
(基礎を上げて 盛り土をする)
前面道路や隣地との高さのかねあいもあります
上げられるなら上げられるだけ 上げたいのです
基礎を上げたら 北側斜線制限にひっかかるので
盛り土をする・・
可能でしょうか・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あくまでも、北側斜線規制は「自分の敷地が基準」だそうです。



ただし、あくもでも基準になるのは *地盤* なので、北側だけ
盛り土をしてOKというわけではなさそうです。

計算の仕方などが参考URLに詳しいです。

でも、あくまでも「建築基準法」に定められるところによるので、
施工を頼むところに相談するか、役所の都市計画課などの窓口に
相談するのが一番です。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/houritu/ho-01/ho-02 … http://www.ads-network.co.jp/houritu/ho-01/ho-01 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました
すごくわかりやすく知りたいことがわかりました
ありがとうございました

お礼日時:2001/04/17 19:07

北側斜線の考え方は、a-kumaさんの紹介されているサイトが詳しいです。



kyukyuさんは施主の場合、建築確認申請を依頼し、作成した設計事務所に任せた方がよいでしょう。

建築確認申請をすでにされているのかこれから申請するのかによって少し異なって来ます。

確認申請をすでにされている場合は、確認申請書に北側斜線が記入されていますので、行政庁の判断は確認申請書に記入されている地盤面を元に判断すると思います。
隣地との高低差が1m以上あって、確認申請書では緩和を利用していないならば、確認申請を受け付けた建築審査課(地方により違いますが)に相談するのが良いでしょう。それでもクリア出来ない場合は、行政庁の担当者に相談して、地盤面を修正することも可能な場合はあります。基本的には、地盤面を上げる為に盛土をするのは、無理ですが、周辺の事情等考慮して、認めてもらえる場合もあります。

これから、確認申請をする場合も、同じですが、北側斜線の基準の地盤面は建物が接する地盤高さの平均(平均GL)ですので、計算してみれば良いと思います。
私の個人的な考えとしては隣地よりも高く盛土をしない限度内では多少の盛土は、地盤の衛生上という観点からも許されてしかるべきではないかと考えます。確認申請を審査する担当者と打合せる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど勉強になりました
ありがとうございました

お礼日時:2001/04/17 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北側斜線の緩和

北側斜線の緩和について教えてください。
今度、建築予定地に北側斜線が該当するのですが北側に公園があり公園が80センチ低くなっている場合は緩和がなにかあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

距離的な緩和は道路・水路の場合だけです
高さ的な緩和は計画地が北側隣地より1m以上低い場合だけです。
計画地が高いので(有利側なので)、
どの部分に緩和を受けたいのかがイマイチ解り辛いです。
スイマセン。

天空率と比較して有利な方法で計画されては如何でしょう?
御参考まで。。

Q隣地境界部のフェンスの高さ

隣地境界部(自己敷地内)のフェンスの高さ制限について教えてください。

私の家は東南の角地にあります。
敷地内の北側に家を建て、南側を庭にしました。
隣の家(西側)は、1階のリビングがうちの庭に面しており、うちの庭は丸見えです。
隣の家は、カーテンを開けっ放しにしていることが多いため人がいるのが外からわかります。
覗いてると勘違いされたくないので、私が庭に出るときはできるだけ見ないようにしてきました。
逆に隣からの視線が気になってしまい、庭に出ることが辛く感じてきたため、2.2mの高さのフェンス(三協アルミ ニューカムフィ6型)を目隠しとして設置しました。

もちろん、工事の一週間前くらいに挨拶に行って目隠し用のフェンスを設置することと高さについても話をしました。
その時は不機嫌そうにですが「しょうがないですね」と言われたので、了解してもらったものと考え工事をしました。
しかし、あとになって「そんな話は聞いていない、フェンスのために陽が入らなくなったから取ってほしい」と言われています。

うちの地域には土地の販売業者と役所で協議して定めた「街づくり規約」というものがありますが、それには制限はないことは確認をとったのですが、何か別の法律などで制限があるのでしょうか?

隣地境界部(自己敷地内)のフェンスの高さ制限について教えてください。

私の家は東南の角地にあります。
敷地内の北側に家を建て、南側を庭にしました。
隣の家(西側)は、1階のリビングがうちの庭に面しており、うちの庭は丸見えです。
隣の家は、カーテンを開けっ放しにしていることが多いため人がいるのが外からわかります。
覗いてると勘違いされたくないので、私が庭に出るときはできるだけ見ないようにしてきました。
逆に隣からの視線が気になってしまい、庭に出ることが辛く感じてきたため、...続きを読む

Aベストアンサー

隣の家の人は多分いやがらせと感じたのだろうと思いますが、自分の敷地ですから、法的にはどう使おうと原則自由です。他人の視線が気になるので、塀を隣地境界ぎりぎりに建てることは、法的には何にも問題ないと思います。

ただ隣の家が我慢できない程度、日照が阻害されたということで裁判を起こされるかもしれません。そしたら堂々とプライバシーの侵害なり事情を説明して判断を仰げば宜しいかと思います。隣の家だって間取りを変えれば良い話ですから。

逆にフェンスを取り去って、日照と眺望を確保するための地役権を設定して賃料を取ることもできます。

あるいはある程度隣の家の人に費用を出してもらってフェンスを壊して垣根にする位でしょうか。

いずれにしてもこれは話し合いによる解決しか思いつきませんので、利益の均衡を図るのは当事者ではいろいろ難しい面もあるでしょうから、第3者を交えて話し合いをする場面だとおもいます。民事調停などいかがでしょうか?

Q北側斜線の規制の緩和について疑問がある時

以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると
おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。
そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、
役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。
その節はありがとうございました。

南の家の件につきましては、
役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で
土地の西側を少しあけて家を建てていて、
午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので
それで制限を緩和出来たのであろうと推測して、納得致しました。

そして先日、その左隣(我が家の南東)に家がたち始めました。
出来れば北側斜線に準拠した…と望んでいましたが、
こちらも屋根の高さが南の家と同じ位でした。
ですがこちらの家は、南のお宅と違い、
北東西にギリギリ(境界から1m以内と思われる)に基礎があり、
北側の屋根の一部を低くするような造作にもなっていません。

私の中では以前相談した時に調べた限りで、北側に面する部分の一部に空き地を設けたり、屋根を低くする等して部分の北側への日照を多めに確保する事によって、北側斜線の規制の緩和を受けられる、と認識していたのですが
件の家は、そのような処置をしているように見えず、私の認識が当てはまりません。
他にも緩和が認められる方法があるのでしょうか。

役所への確認で天空率を許可した根拠となる、
規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。
若しくは建設会社に、図面を見せて頂くとか屋根の高さについて伺っても良いものでしょうか。

せっかく得た筈の私の認識が間違っているなら正して、
前のお宅と同じように納得が出来れば良いのです。

上棟しても施工主も工務店も挨拶に来ないので、
ついでに聞いてみるという手も使いかねています。
ご助言をお願い致します。

以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると
おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。
そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、
役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。
その節はありがとうございました。

南の家の件につきましては、
役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で
土地の西側を少しあけて家を建てていて、
午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので
それで制限を緩和出来たのであ...続きを読む

Aベストアンサー

<役所への確認で天空率を許可した根拠となる、
規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。>
はい、役所でこの建物は確認申請書通り建っているかどうか聞いてみてください。
役所で問題ないとの回答ならどうしようもありません。
ただ、役所も間違えることもあります。どうしても納得いかないなら、設計事務所に調査を依頼することです概略くらいはつかめると思います。(余所の建物にスケールをあてることは出来ませんので、あくまで概略ですがね)

Q土留基礎のコンクリート仕上げ面について(基礎高さ70センチ)

土留を現場打ちでコンクリを流し込み、昨日型枠を外したのですが、表面に小さな穴(気泡?)が沢山あります。大きいものは直径3センチ位です。コンクリを流したのは年末で時間はお昼過ぎ頃です。次の日やその次の日も朝方マイナス5度位になりました。気温のせいなのでしょうか?硬さは24です。表面の上の方は白い部分と黒い部分があります。特に見た目ではヒビはないのですが強度は大丈夫でしょうか?それと、枠を固定する為のボルトと鉄筋?がそのまま入っているのですが抜かなくてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

1 コンクリートの強度(28日後20度に置いていたもの)が24N(ニュートン)のコンクリートを流し込みました。誤解を恐れずに言いますと1平方センチ当り約240kgのものがのっかても大丈夫なコンクリートです。公共構造物設計の基準になっている強度です。
  よって○です(若干問題もありますが)

2表面に気泡がある。入念に施工しなかった証です。
  よって×です。
施工するにあたって通常採用するものより軟らかい(流動性のある)コンクリートを選んだようです。結果流し込みに人手がかからずにすんだはずです。施工にあったってはバイブレーター(振動機)で型枠内のコンクリートを十分に「締め固め」します。そのときにコンクリート内の大きな気泡がバイブの周りに集まり抜け出します。(型枠表面から余計な気泡がなくなります)

3.年末に施工して1/9に型枠をはずした。
  ○です。ただし問題ありです。コンクリートを流し込んで工事が終了した後、どんな寒さ対策をしたかです。「養生」といいます。ほったらかして帰ったとしたら養生をしなかった部分では×です。

4表面のぶちについては2の締め固め不足が原因の場合があります。一部凍結してしまっている場合もそうなるかもしれません。週末当りコンクリートの表面(天端がいいです)を釘で引っかいてみてください。側面と同じくらい硬かったらOKです。部分的に弱いところが見つかったらそこは多分凍結で劣化している部分だと思います。劣化していたとして深さが浅いと思いますので構造上の問題はないかと思いますが。

5ひびはまだ出ません発生するのはこれからです。

6ボルトと鉄筋そのまま残置になると思います。基本的に問題なしです。

>強度は大丈夫でしょうか。

今の状況でコンクリートにストレスをかけたりした場合大丈夫とは言い切れません。(強度が出るまで時間がかかります。)工事自体は手抜きはあるようですが工事としては許容ぎりぎりセーフです。見解の相違でアウトと判断する方もいるかもしれません。

1で説明した強度が出るには多分2~3ヶ月必要かと思います。業者に「コンクリートの配合計画書を提出してください。それと打設3ヵ月後に試験業者に委託してシュミットハンマー試験をしてください。試験成績書もいります。」と連絡しましょう。多くは話さずに電話を切りましょう。見積どおりの工事をしていない(悪さをしていれば)業者はビビリます。
配合計画書と試験成績書の費用を請求されたとして高くても3万程度でしょう(シュミット試験費が3万程度、自信なし)。事の成り行き次第では配合計画書だけ入手してシュミットハンマー試験は直前にキャンセルしてしまえばいいんですから。

1 コンクリートの強度(28日後20度に置いていたもの)が24N(ニュートン)のコンクリートを流し込みました。誤解を恐れずに言いますと1平方センチ当り約240kgのものがのっかても大丈夫なコンクリートです。公共構造物設計の基準になっている強度です。
  よって○です(若干問題もありますが)

2表面に気泡がある。入念に施工しなかった証です。
  よって×です。
施工するにあたって通常採用するものより軟らかい(流動性のある)コンクリートを選んだようです。結果流し込みに人手がかからず...続きを読む

Q北側斜線について

建築士の勉強をしているものです。

敷地に2以上の前面道路があり、令132条において北側にある前面道路の幅員が6mから10mに緩和された場合、北側斜線制限における前面道路は10mとして考えるのだと思ってたのですが、問題集の解説にそれが加味されていませんでした(6mとして処理されていました)。

令132条における前面道路の緩和は北側斜線の際は関係ないのでしょうか?
また、関係ないのであれば何処にそれが明記されているのでしょうか?

回答の程宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ややこしい役人用語の確認のために私も読み直してみました(笑

北側の前面道路についての緩和の規定範囲(限定)は【令135条の4】。

【法56条6項】(2以上の道路に接する場合)の高さの緩和の措置で、北側斜線適用地域(同1項3号)に係わるものは【令135条の4】のここにある考え方だけだよ、と書いてある。

Q隣地との境界の塀はどのくらいの高さまで作ることができますか?

土地を購入し住宅を建築中です。隣の人が日当たりや窓や換気扇の位置などをうるさく文句を言ってきて閉口しています。こうした文句が昂じてとなりの人の視線が気になり、いつ文句を言われるかもしれないと思い、境界のところ(もちろんこちらの敷地内)に塀を作りたいと思います。

今も塀は建っているのですが、背が低くて女性の肩ぐらいしかありません。というのも、隣の土地の方が30cm程度低くなっているからです。
ここで、むやみに高い塀を作ると「日照権を侵害される」と文句を言ってくるのは目に見えてますし、かといって、このままだと、逆にとなりの人の視線が気になって仕方がありません。

最後は話し合いだとは思いますが、アドバイスをいただければと思います。

Aベストアンサー

ご質問を拝見しながら、我が事の様に考え込んでいます。物理的な条件は非常に似通っています。当方の場合は、塀と言っても腰高のフェンス。そして、有難いことに、隣は今のところはうるさくありません。と、言うことで、質問者の立場にあるなら、先ずは、(既に回答されているような)正確な情報を隣家に提供し、境界付近の塀についての、共通の認識をもつことに努めたいと思います。

その上で、次のように申し出をします。勿論、見積書等を添付します。

1 出来れば費用を折半して境界線上に、新たな塀を設置したいこと。
2 それは、両家のプライバシーを保護するに足る高さにしたいこと。
3 材質と意匠は、別添図面通り予定しているが、希望があれば聞きたいこと。
4 工事の都合もあり、出来れば1ヶ月以内に回答が欲しいこと等

その回答次第では、自らの敷地内で、かつ自らの負担で、任意の材・意匠・高さの塀を作るとする姿勢を、言外に伝える訳です。勿論、それを明言してもよいのですが、それは相手の出方次第。なるべく穏便に事を運ぶと言うのが肝要です。逆に、何センチか低くする見込みで予定しておくと、隣家の顔も立つというものです。また、当方からの申し出でもありますから、費用の負担割合を増やしても構わない。フーム、回答しながら、何だか自分でも攻め方が見えてきましたね(^^)。

ご質問を拝見しながら、我が事の様に考え込んでいます。物理的な条件は非常に似通っています。当方の場合は、塀と言っても腰高のフェンス。そして、有難いことに、隣は今のところはうるさくありません。と、言うことで、質問者の立場にあるなら、先ずは、(既に回答されているような)正確な情報を隣家に提供し、境界付近の塀についての、共通の認識をもつことに努めたいと思います。

その上で、次のように申し出をします。勿論、見積書等を添付します。

1 出来れば費用を折半して境界線上に、新たな塀を...続きを読む

Q北側斜線で質問があります。

北側斜線で質問があります。

北側斜線なのですが、検討する際に樋先と樋上端で検討する例が多いとおもうのですが、樋先は一番出ているところなので分かりますが、上端は瓦のほうが、高いと思うのですが、一番高いところから斜線を引いたら樋は関係なくなると思うのですが、この考え方は間違っているのでしょうか?

お願いします。

5M+●*1.25

Aベストアンサー

立面や断面で、北側斜線を引いて、一番近いところでの検討になります。

今回のケースの場合、樋と瓦の両方で検討して、厳しい方が検討するポイントになります。

尚、私どもでは、確認申請などで、どこが検討のポイントか解りずらい場合、
全てのポイントを検討・記載して申請します。

Q隣地業者が我が家の境界ブロックを土止めにした場合

 隣地に建築業者(以下A社)が建て売り物件を建築中です。当該物件は、敷地境界から50cmピッタリに壁面をもってくる近づきようで、屋根やサッシはそれ以上に境界に近づいているのですが、調べる限り、民法上は違法ではないようなので、この近づきようはA社の確信行為とは思いますが、文句を言うのは諦めています。
 一方で、調べても分からず、現在気になっているのは、当該物件の水道メーターや管の地表からの突出具合を見る限り、今後、我が家の地表面から見て30cm程の盛土あるいは土間コンを打つと思われるのですが、隣地側で土止めを設けていません。今後も隣地側で土止めを設ける気配はないので、我が家の敷地内に収めた境界ブロック(高さ約60cm)を、土止めに利用することになると思うのですが、こちらに断りもなく、そのようなことって出来るのでしょうか?また、隣地側が土間コンを、我が家敷地内のブロックにくっつけてもよいのでしょうか?

 A社は、建築にあたり挨拶もなくいきなり工事を始め、足場の最上部の火打ちみたいな棒は我が家敷地内に越境しており、問い合わせたところ「安全上必要」とのことだったので、渋々事後承諾はしました。しかし、事前に説明があってもいいようなものです。
 境界への近づきようの確信的行為といい、法律に触れなければいい、物件も売ってしまえばそれまで(あとは買い主の問題)という姿勢が垣間見え、そのような業者なので、こちらからA社に質問し、もし問題ないと説明を受けたところでイマイチ信用ができません。
 もし承諾なしに我が家の敷地内境界ブロックを土止めに使用することが、慣例や法的に問題がある事象であれば、今後の盛り土の予定の有無を含め(ただし、現場を見る限り、まず間違いなく盛り土等をすると見受けられるのです)、A社に問い合わせしようと思っています。
 そして、足場の火打ち棒のように、結局は安全上の問題ということであれば、以下の要望をA社が受け入れるのであれば、こちらも、我が家のブロックが土止めに利用されてもやむなしと思っているのですが、このような要望は度を超えたものなのでしょうか?
1 将来、我が家の境界ブロックを取り壊す所要が発生したとき、意義を申し立てず、また、隣地側で必要な土止め処置はA社あるいは当該物件の買い主側で実施する(その旨をA社は買い主に説明した上で物件を売る)。
2 もし、土止めに利用した事が原因で、今後将来にわたり、我が家のブロックが損壊あるいは傾斜などが生じ、修復する必要が生じた場合、工事費用はA社が負担する(もしA社が倒産していた場合、買い主が引き継ぐ。その旨も買い主に説明した上で、物件を売る)。

 我が家の敷地内境界ブロックは、土地分譲時に既に施工されていたのですが、土止めを想定した作りとは思えず、一方で維持管理は敷地内に設置されている以上、こちらの責任なので、こちらの都合で取り壊す事由も生じるでしょうし、その際土止めを理由に隣地側から反対されても困りますし、一方でこちらの事由以外でブロックを壊されても困るのです。

 長文で申し訳ありません。質問をまとめますと、以下3件です。
・A社は、建築にあたり、我が家の承諾なしに、我が家敷地内ブロックを土止めに利用できるのか。
・A社が隣地に土間コンを施工する場合、我が家敷地内ブロックにコンクリートをくっつけて施工してもよいのか?
・A社によって、我が家敷地内ブロックを土止めとして利用されてしまう場合、A社に対し、上記1及び2を要望することは、度を超した行為なのか。

 以上、御回答いただけると助かります。
 隣地は建て売り物件なので、買い主には非はまったくないと思うので・・・

 隣地に建築業者(以下A社)が建て売り物件を建築中です。当該物件は、敷地境界から50cmピッタリに壁面をもってくる近づきようで、屋根やサッシはそれ以上に境界に近づいているのですが、調べる限り、民法上は違法ではないようなので、この近づきようはA社の確信行為とは思いますが、文句を言うのは諦めています。
 一方で、調べても分からず、現在気になっているのは、当該物件の水道メーターや管の地表からの突出具合を見る限り、今後、我が家の地表面から見て30cm程の盛土あるいは土間コンを打つと...続きを読む

Aベストアンサー

一級建築士です。

どんな状況か見ていないので、断言まではしかねますが、土留めは土圧を受けさせる側の土地の所有者が土留めを設置し、土間コンは縁を切るというのが理想的ではあります。

しかしながら、今の上記の問題は「今後そう思われる」という質問者さまの推測にすぎないので、隣地の現場の責任者にごく普通に気になる事を聞くか、要望すれば良いだけのことだと思いますよ。
そのうえでの対応で判断すればいい話です。

それと民事上の今後の被害保障を事前に個別条件であらかじめ定める事なんて、まず個人では出来ません。
なので、我慢をため込まずに普通に要望するなりすればいいわけです。
「すいませんがそちらの敷地の土留めはそちらでお願いしますね。もうすぐ改修しますので」
と、言えば良いだけですよね。

最初から隣で工事をする業者が悪くて不良業者と決めてかかるのは良くありません。
なんらか対応してくれればいいわけですし。

Q北側が道路になている場合の北側斜線と道路斜線

北側が道路になている場合には、北側斜線、道路斜線はどのように考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトを読んでください。分らなかったら、また質問をしてください。

http://juutakuro-n.livedoor.biz/archives/51643225.html

Q35坪の土地を50cm盛り土してコンクリする費用

35坪の更地があるとします。
2方向は既にブロック塀がある状態です。

これを残り2方向に50cmの壁を作成して、50cm盛り土して鉄製の棒?を設置してその上にコンクリ(安いならアスファルト)する場合ザックリといくらくらいするものでしょうか?

Aベストアンサー

まず費用の内訳と仕事の進め方から考えて、
・擁壁=壁の設置に大きなお金がいります。
 材料代はともかく、重機で仕事を進めていかなくてはならないので機械代がバカになりません。
 既製品のL字径のモノを使うか、コンクリートの型枠を組んで作るかです。
 後者は、中に鉄筋も組み立てますので手間代と消耗品にもお金がかかります。
・自己責任ということであれば(基礎均しコンクリートも含め、自分でブロックを積むのが
 一番安くつきます。

・土間はコンクリートかアスファルト舗装ということになりますが、その前に土を入れれば
 転圧(踏み固める)と言う仕事があります。これには専門の機械が必要です。
 土の量は大型ダンプ約10車分になりますから、これまた均すのに機械を使用します。
 人夫代もともかく、面積にかかわらず一通りの機械と道具が必要です。
 また、周りに既に塀のあることは作業性を阻害しますから割高になります。
 (今回は面積的に考えると割高感はあります)

・アスファルトはそれなりの特殊な機械も必要ですし、コンクリートには鉄筋の組立を伴います。
 普通車対応なら、最低でも10CMの厚みは確保したいですね。

・何やかやで材料代だけでも100万は下ることはないでしょう。
 あとは何日間でできるか、工賃と経費、業者の見積もり次第です。
 現場次第で進入路や仮設の条件も加味されます。

まず費用の内訳と仕事の進め方から考えて、
・擁壁=壁の設置に大きなお金がいります。
 材料代はともかく、重機で仕事を進めていかなくてはならないので機械代がバカになりません。
 既製品のL字径のモノを使うか、コンクリートの型枠を組んで作るかです。
 後者は、中に鉄筋も組み立てますので手間代と消耗品にもお金がかかります。
・自己責任ということであれば(基礎均しコンクリートも含め、自分でブロックを積むのが
 一番安くつきます。

・土間はコンクリートかアスファルト舗装ということになります...続きを読む


人気Q&Aランキング