困っております。

この春、住宅の賃貸開始時に保証人がいなかったことから保証委託契約を交わし保険料を支払いました。契約期間は5年で初回保証委託料2万とあわせ合計8万円を支払いました。

このたび、家族の事情で他の街に引越しとなりました。
保証委託金は契約から1年未満でもあり保険料はだいぶ戻ってくると思い、契約書を見直したところ途中解約時は保険料は返還しない旨記述がありました。
契約時に何の説明もなかったのでやられたと正直思いました。
これは泣き寝入りするしかありませんでしょうか。
詳しいお方どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

残念ですが、『思い込み』でよく確認しなかった質問者様に責任があると思います。



私が知る限り、途中解約時に返金する保証会社はありません。

高い契約金を支払うのですから、ちょっとでも疑問に思ったことは確認するべきです。
    • good
    • 0

 お気の毒ですが、保証会社と質問者様との契約ですから大家も仲介業者も関係ありません。



 『途中解約時は保険料は返還しない』という契約書の条項が『公序良俗に反する規定』とも思えませんので、一次的にはその条項に従うしかないでしょう。

 『契約時に何の説明もなかった』とありますが、おそらく契約時には契約書の提示はあって署名捺印されたものと推察いたします。「読めなかった」(=文盲)は無効を主張する理由にはなりますが、「よく読まなかった」は免責理由にはなりません。

 あとは裁判所にその条項の無効なり、契約自体の無効を訴えることになりますが、その根拠を何に求めるかは弁護士さんと相談でしょう。専門家ならどこかに“穴”を探してくれるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の質問です。保証、保障、補償?

すいません。
いろいろ調べたのですがわからないので是非お知恵をおかしくださいませ。

返金ほしょうの時の「ほしょう」の漢字は

保証
保障
補償

のどれを使えばいいのでしょうか?
私は今まで返金保証と使っていたのですが、
いろいろな人のサイトを見ていると保障を使っている人も大勢います。

正確なものをアドバイス頂けませんでしょうか?
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

保証は、請合う(法律)賠償の責任を負う。身元を保証する、連帯保証
    人
保障は、(権利・自由・安全を)守る。『生活を保障する、社会保障』
補償は、(損害を)償う、「損失を補償する、災害補償」
のように使い分けます。
したがって、質問の場合、返金することを約束するのであれば、保証が
正しいことになります。

Q賃貸住宅の保証人について賃貸住宅の保証人を頼まれました。保証人になった時のリスクを教えて!あと印鑑と

賃貸住宅の保証人について賃貸住宅の保証人を頼まれました。保証人になった時のリスクを教えて!あと印鑑と印鑑証明書がいるっていう事なのですが証明書は、本当に必要なのですか?

Aベストアンサー

>保証人になった時のリスクを教えて!

大家に対して賃借人と全く同じ責任を負います。

・賃借人が家賃を滞納したら全額払う。
・賃借人が建物を毀損した場合、賃借人が賠償できなければ全額払う。
・賃借人が火事を起こし、火災保険に入っていないあるいは火災保険を超える損害を大家にあたえた場合、その損害を補償する。
・賃借人が部屋で自殺し、その後大家が後始末の金をかけたり、あるいは安い金額でしか次の人に貸し出せなくなったならその損害を補償する。

早い話が、賃借人が大家にあたえるかもしれない損害すべてについて、賃借人と同じ責任を負うということです。


あと印鑑と印鑑証明書がいるっていう事なのですが証明書は、本当に必要なのですか?


>あと印鑑と印鑑証明書がいるっていう事なのですが証明書は、本当に必要なのですか?

当然です。三文判では連帯保証人にはなれません。実印を押し、印鑑証明を相手に渡すことにより、間違いなくその当人が連帯保証人であることを確認します。(三文判だと後になって、「俺そんな判子押した覚えはねぇ」という奴が出てくるからです。)

Q「補償」と「保障」の違い

「補償」と「保障」の違いと使い方が今ひとつしっくりわかりません。

例えば、
「ゆうパックは事故の際、5万円までの補償が有ります。」と使われています。

「当方では「ほしょう」できません。」の場合、「保障」と使っているものと「補償」と使っているものがあります。

「補償」と「保障」の違いとは何でしょうか。

大きな意味の違いや使い方のポイントを教えてください。

Aベストアンサー

 大きな違いは、
「保障」は「守り防ぐ」という意味で、
「補償」は「被害が起きてから」損害等を金銭などで補うということでしょうか。

 「起きないように」が「保障」
 「起きてから」が「補償」です。

 ご参考まで。

Q法人での居宅賃貸着契約(借り上げ社宅) オーナーチェンジで契約更新拒絶された時の 敷金の返還は、保証

法人での居宅賃貸着契約(借り上げ社宅)
オーナーチェンジで契約更新拒絶された時の
敷金の返還は、保証は引き継がれますか?
安い家賃の代わりに敷金120ケ月納めています。

Aベストアンサー

>オーナーチェンジ理由は、オーナーの破産で競売中です。

この場合は引き継がれません。
「短期賃貸借保護制度の廃止」を検索してください

借主が借地借家法で守られない制度です

Q保証と保障の違い

保障と保証の使い方に悩んでいます。
辞書でも調べたのですが、どうも違いがつかめなくて…
昔勉強したのですが、思い出せません。

保障と保証、この場合どちらかわかります??
============
「約束」を「命が有る限り」貫き通すための〈愛〉を互いが継続していける保障はどこにもない。
============

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

3つの「ほしょう」の違いについては、わたしも #2 の Spur さんと同じ理解です。

>保証…これがイメージとしてはしっくりくるような気がするのです。

わたしも「保証」だと思いますヨ~。
今回の例文では、「ほしょう」する対象は「互いの愛が継続すること」ですよね。
例文を言い換えれば、
「命のある限り約束を貫き通すだけの愛を互いに継続していけるかどうかは、
誰にもわからない(=確実に継続していけるとは限らない。
当事者の二人を含め誰もそれを請け合うことができない。)」
ってことを言ってるんですよね。

「保証」だと思いますヨ~。

互いの愛を継続する "ための" 「ほしょう」なら、「保障」かもしれませんけど。

Q賃貸契約の保証委託更新料について

1年前にアパートを賃貸契約した際、不動産会社から保証人として保証会社と契約が必須と言われ
株式会社casaと保証委託契約を結びました。

更新のため1万円の請求書が届いたのですが、払わないといけないものなのでしょうか?
また、払わなければどうなるのでしょうか。

私の両親が近所に住んでいるため両親に保証人になってもらえばいいような気がするのですが
最近は保証会社との契約も多いと聞き・・よくわかりません。
不動産会社もあまり信頼できないのでこちらに質問させていただきます。

Aベストアンサー

No1さんの回答通りです。
その約束で契約した以上は払う必要があります。

払わないとどうなるか?については、
その保証会社から保証料を払えとしつこく言ってきます。
そのために電話連絡や訪問も度々してきて、払うまで
続けます。

運良くそれを切り抜けられたとしても、
「保証更新料を払わなかった人」としてマークされて、
その保証会社だけでなく、他の保証会社にもその情報が
共有されて、今後、賃貸物件を契約する時に審査が
おりなかったり、厳しくなったりすることも、ないとは
言えません。

保証料や保証更新料は、各保証会社によって違ってきます。
1年毎に1万円というのは、どちらかといえば、借主の負担が
大きい方の部類に入るかもしれませんが、一応は許容範囲と
言えます。

可能性としてはかなり低いですが、保証更新料が一切不要な
保証会社もありますので、そういう保証会社を扱っていないか、
不動産会社に聞いてみるのもいいかもしれません。
だた、それがあっても変更可能なのか、という問題もあるし、
変更ができたとしても、再度、新規保証料を払うことに
なるかもしれないので、その点は注意が必要です。

しかし、滞納する借主が多いためか、倒産する保証会社が
多いです。
実感として、そのような保証更新料が0円だったり、
保証料を安く設定している保証会社が倒産しているイメージが
強いので、変更できても、倒産されたら、また元に戻され、
さらなる出費になる危険性もあります。

No1さんの回答通りです。
その約束で契約した以上は払う必要があります。

払わないとどうなるか?については、
その保証会社から保証料を払えとしつこく言ってきます。
そのために電話連絡や訪問も度々してきて、払うまで
続けます。

運良くそれを切り抜けられたとしても、
「保証更新料を払わなかった人」としてマークされて、
その保証会社だけでなく、他の保証会社にもその情報が
共有されて、今後、賃貸物件を契約する時に審査が
おりなかったり、厳しくなったりすることも、ないとは
言えません。

保証...続きを読む

Q医療費実費補償は、日額保障の医療保険と比べてどうですか?

医療費実費補償の、AIUの「スーパー上乗せ健保」という保険に興味があります。富士火災でも似たような保険があったと思います。
実費補償は、保険のあり方を考えると理に適っているように思うのですが、生命保険の日額保険金保障型と比べて、特長と弱点を教えていただけますか。

Aベストアンサー

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若いうちから保険に入る意味合いは、健康じゃないと加入できないという面と、分割払いの分割回数を増やすようなもので、負担感を軽減する効果があります。
病気の実費補償の取扱もあるのですが、敢えて「けが」の実費補償+日額保障の医療保険を提案する事も多いです。ケガの実費補償(傷害医療費用保険)は保険料が安い割にケガの入院では持ち出しが出ません。(全年齢一律の保険料)
実費補償+日額保障を考えるのであれば、怪我実費補償+日額保障にして差額は貯蓄しておくと言うのも良いように思います。
いずれにしても、月10万円の医療費負担のために多額の保険を掛けるより、困りそうなものを中心に掛けておくのが肝要です。がん保険や傷害後遺障害、先進医療辺りの方がなる確率は低くてもなったら困る(費用が多額に掛かる)ものなので、むしろ保険とはそう言うもしも、に備えた方が良いでしょう。

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若い...続きを読む

Q賃貸マンションを解約時の保証金返還と原状回復について

11月に引越しの予定をしているので、今住んでいる部屋の賃貸借契約書を確認したら保証金70万円、解約時引金45万円、返還保証金25万円となっていました。
それと原状回復は「借主が解約明渡しに際し、物件を契約時の原形に回復するものとする。回復工事は貸主の指定業者にて借主の負担により施工するものとする。」
となってます。それで質問なのですが、解約の際、解約時引金は全く返ってこないのでしょうか?回復工事の施工費は別途請求されるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大家してます

普通の契約として回答します

・解約時引金45万円は返らないでしょう

・回復工事の施工費は別途請求されるでしょう

25万円の金額以上に原状回復費用が生じれば追加請求も考えられます

Q「保証」と「保障」の違いについて

「保証」と「保障」の違いがいまいち良くわかりません。
不動産業で家賃の一括借上げホショウという場合どちらの保障になるのでしょうか?(一括借上げホショウと言うのはマンションなどの入居率が悪かったとしても最低額をホショウしてオーナーに支払うという制度)
また、経営をホショウすると言う場合もどちらを使うのか教えてください。(同じような気もしますが・・・)

ちなみに前者はネットで調べると「保証」というほうが多いですが、「保障」の方も結構見かけます。辞書で調べても微妙で良くわかりませんでしたのでお願い致します。

Aベストアンサー

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品

保証の意味は「保証人」でおわかりのように、範囲は限定的でその分運用は厳格です。「保障」のように、範囲が広く漠然としてたものではりません。ANo.5さんの辞書の引用文↓

●「保障」
 (1)(「保」は「小城」、「障」は「とりで」の意)とりで。要塞
 (2)民の生活を守ること。また、その政治
 (3)安全を請け合うこと

「保障」の元の意味は砦です。堅固な構築物に拠って、外敵から民を「長期にわたって守る」わけです。
兵隊が身を伏せて、矢の飛来から自分の身体を守るのではありません。
「生命に関するような大事なことを長期的に守る」ということですね。
そういうことで安全保障や社会保障などの言葉に使われています。

「保障」という言葉は生命保険によく出てきます。
それで生死に関わることは「保障」かと思ってしまいます。
しかし、よく誤解されるのですが、生命保険は生命を「保障」するものでもなければ、「保証」するものでもありません。
生命保険の意義は、大黒柱が死んだときに、残された家族の生活を守る(保障する)ためです。
これは遺族の生活を「保障する(守る)」ということで、「保証すること」はありません。
保険金が支払われることによって、遺族の生活が(漠然と)守られるということです。
保険会社が「保証する」のは、大黒柱が死んだら「定められた保険金を支払う」ということだけです。遺族の生活の保証はできません。

まあ、そういうことで、「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。

>1、「一括借上げ保証」なら私はあなたの長期的な経営の安定をホショウ(約束)できます。
>2、「一括借上げ保証」システムはあなたの長期的な経営をホショウ(サポート)します。
>1は「保証」、2は「保障」になると思うのですがあっていますか?

大方合っているように思います(^-^ 。
しかしご提示の文では、「保証」や「保障」よりも、括弧内の「サポート」の方がいいと思います。
文頭に「一括借上げ保証」の「保証」があるわけです。似たような「ホショウ」という語句は避けた方がいいと思います。
「このホショウという字はあっているのかな?」と、読んだお客さんの頭を悩ましてしまいます(^-^ 。
そして、長期的な経営の安定をどの程度「約束」できるものか不明ですので、サーポートぐらいのところが無難かと思います。

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品
...続きを読む

Q賃貸住宅の途中解約について

こんにちは、来春から社会人となる学生です。

現在、関西に在住しているのですが就職に伴い関東に引越しするのですが、そこで分からないことがあるので質問させてください。

質問
賃貸住宅を2~3ヶ月で解約した場合、不都合は生じるのか?

入社する会社では、配属が入社から2~3ヶ月後に決定することになっており、それまでは東京近郊に住むことになっています。その間の住居を確保しなければならないのですが、マンスリーマンションやウィークリーマンションはどうにも賃料が高すぎて手が出せません。それに、現在1人暮らしをしているので持っていく家具は十分にあり、わざわざ家具付きのマンスリーマンションなどを契約する必要性を感じません。
そこで、できれば普通の賃貸住宅を借りたいのですが、前述したように配属が東京以外になった場合に2~3ヶ月で引っ越さなければいけません。この場合、何か不都合は生じるのでしょうか。例えば年間契約を3ヶ月で解消しても残りの賃料を請求されるなど

長文になり大変申し訳ありませんが、何かアドバイス頂ければと思います。よろしくお願い致します。

こんにちは、来春から社会人となる学生です。

現在、関西に在住しているのですが就職に伴い関東に引越しするのですが、そこで分からないことがあるので質問させてください。

質問
賃貸住宅を2~3ヶ月で解約した場合、不都合は生じるのか?

入社する会社では、配属が入社から2~3ヶ月後に決定することになっており、それまでは東京近郊に住むことになっています。その間の住居を確保しなければならないのですが、マンスリーマンションやウィークリーマンションはどうにも賃料が高すぎて手が出せません。...続きを読む

Aベストアンサー

一般に1年以上の期間の定めをした契約は途中解約することはできないことになっています。しかし、それでは不都合なので、1~3ヶ月前に申し出ることを条件に解約できる特約をつけるのが普通です(特約がないと原則として全期間分の家賃の支払い義務が発生します。ただし、判例では3ヶ月程度の家賃を支払えば解除を認める物があります)。
つまり申し出てから特約で定めた期間の家賃の支払い義務が発生します。

なお、期間の定めのない契約の場合および1年未満の契約期間を定めた一般の賃貸契約の場合、いつでも解約を申し出ることができることになっています。しかし解約ができるのは申し出から3ヶ月後です(特約がない場合)、つまり3ヶ月分の家賃の支払いが必要となります(1ヶ月の途中解約特約がついている物件の方が1年未満の契約をするよりも有利です)。

また礼金は返金されない金銭ですので、礼金のない物件を当たるとよいのではないかと思います。

敷金は基本的に全額返金されるのですが、借り手は原状回復義務を負いますので、元の状態に戻すのにかかる費用と清算することになります。この原状回復の負担内容が契約に盛り込まれていることがあり、基本的に契約に従うことになります。契約書の原状回復に関する項目はよくチェックして契約することをお勧めします。

また、先の中途解約条件以外に、短期解約に対する違約金が別途必要になる特約がついている場合もありますので、重要事項説明や契約内容をよく確認して契約することをお勧めします。

このほか仲介手数料が2度発生することになります。

この他転居にかかる費用については(引越代や仲介手数料・礼金の取扱)、会社の規定でいろいろ異なりますので、会社に確認して見るとよいのではないでしょうか?

一般に1年以上の期間の定めをした契約は途中解約することはできないことになっています。しかし、それでは不都合なので、1~3ヶ月前に申し出ることを条件に解約できる特約をつけるのが普通です(特約がないと原則として全期間分の家賃の支払い義務が発生します。ただし、判例では3ヶ月程度の家賃を支払えば解除を認める物があります)。
つまり申し出てから特約で定めた期間の家賃の支払い義務が発生します。

なお、期間の定めのない契約の場合および1年未満の契約期間を定めた一般の賃貸契約の場合、い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報